ショートヘアが似合う、元気でボーイッシュな70~90年代アイドル
2015年9月16日 更新

ショートヘアが似合う、元気でボーイッシュな70~90年代アイドル

見ているだけで元気をもらえそうな 明るく、元気でボーイッシュなアイドルたちを集めてみました!

57,730 view

70年代

山口百恵

山口百恵

1959年1月17日生まれ。
1972年オーディション番組『スター誕生!』で、準優勝、20社から指名を受ける。
榊原郁恵

榊原郁恵

1959年5月8日生まれ。
高校2年の時に「第1回ホリプロタレントスカウトキャラバン」で優勝、芸能界入りを機に上京し堀越高等学校へ転校している。

歌手デビューは翌年の1977年、CMや映画への出演は1976年(昭和51年)からである。

80年代

松田聖子

松田聖子

1962年3月10日生まれ。
1980年に、「裸足の季節」でレコードデビュー(同時期「サンデーズ」としても活躍)。
トレードマークであったヘアスタイルの「聖子ちゃんカット」や、新しいアイドルとしての生き方に関しても多くの話題を集めた。

大宅壮一文庫創設以来の人名索引総合ランキングでは「松田聖子」が1位(2013年3月)となっており、「日本の雑誌にもっとも頻繁に登場した著名人」とされている。
河合奈保子

河合奈保子

1963年7月24日生まれ。
中学2年の秋に日本テレビ系列『スター誕生!』に応募するが、この時は書類選考の段階で選外となる。

1979年12月、芸映プロが主催した「HIDEKIの弟・妹募集オーディション」に応募。翌年開催された決勝大会で優勝する。
小泉今日子

小泉今日子

1966年2月4日生まれ。
1981年1 - 3月、日本テレビ系のオーディション番組『スター誕生!』に出場。

1982年「私の16才」でアイドル歌手としてデビュー。
キャッチフレーズは「微笑少女。君の笑顔が好きだ」
堀ちえみ 

堀ちえみ 

1967年2月15日生まれ。
1981年に開かれた第6回ホリプロタレントスカウトキャラバンの優勝をきっかけとして芸能界入り。
1982年に「潮風の少女/メルシ・ボク」で歌手デビュー。
早見優

早見優

1966年9月2日生まれ。
1980年 14歳の時、ハワイ三越のエレベーターで「サンミュージックプロダクション」にスカウトされ、単身帰国し、「サンミュージック」と契約。
日本のアメリカンスクールに通いながら、タレントとしてのレッスンを受ける。
石川秀美

石川秀美

1966年7月13日生まれ。
中学3年生だった1981年の夏、「HIDEKIの弟・妹募集オーディション」に応募。
決戦大会で、応募総数55,460名の中から選ばれる。
1982年4月21日、「妖精時代」でデビュー。
薬師丸ひろ子

薬師丸ひろ子

1964年6月9日生まれ。
角川映画『野性の証明』(1978年)の長井頼子役オーディションで選ばれ、スクリーン・デビュー。
1981年に主演した映画『セーラー服と機関銃』が大ヒットする。
また、同名主題歌を歌い、歌手デビューする。
43 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

80年代女性アイドルの直筆サインまとめ!!(1980年~1982年デビュー編)

80年代女性アイドルの直筆サインまとめ!!(1980年~1982年デビュー編)

いつの時代も、アイドルファンにとって憧れのアイテムってありますよね。それが貴重であればあるほど、他のファンに自慢出来たりしたものです。この記事では、そんな貴重な品の筆頭である「直筆サイン」について特集してみたいと思います。
音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「‘70 ‘80 ‘90 Best」シリーズ!今回はその集大成と言える「昭和J-popに酔いしれる!!」に収録した84曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。曲のチョイスは「何故この曲?」なんて堅いことは言いっこなし(笑、有線さながらのバックミュージックに使えて、そして懐かしむミドルエッジの王道を是非ご堪能ください。
【週刊 20世紀Walker】特番! 「ただのアイドルとは違うのだよ!」S級、A級アイドル達のアナログレコードの世界!Vol6

【週刊 20世紀Walker】特番! 「ただのアイドルとは違うのだよ!」S級、A級アイドル達のアナログレコードの世界!Vol6

ミドルエッジがオススメする昭和の男子女子が泣いて喜ぶフリマサイト「20世紀交歓所」。その中の逸品を所長の「山本圭亮」と編集部アルバイト「富田葵」がナウくキャッチーに紹介するコーナーです!
音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする第四弾!「'70'80'90名曲Cover Song Best 永久保存版」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする第四弾!「'70'80'90名曲Cover Song Best 永久保存版」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「'70'80'90 Best」シリーズ!今回の第四弾は怒涛の100曲!「'70'80'90 名曲Cover Song Best 永久保存版」です!そこで今回もプレイリストに収録した100曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。あんな曲やこんな人が「カバー」をしていたんだ!?と言う曲を懐かしみ、そして新鮮に感じて頂ければありがたいです!是非このラインアップをミドルエッジでご堪能ください。
どれだけ覚えてる? 80年代アイドルのキャッチフレーズ 「ちょっとエッチな美新人娘」って?

どれだけ覚えてる? 80年代アイドルのキャッチフレーズ 「ちょっとエッチな美新人娘」って?

薬師丸ひろ子=「ひろ子という字何度ノートに書いたっけ」、松田聖子=「抱きしめたい!ミス・ソニー」…など、思わずツッコミを入れたくなるようなモノも含め、1980年代の女性アイドルには必ずといっていいほどキャッチフレーズがついていました。
Mr.Lonely | 18,351 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト