往年の吉本新喜劇〜岡八郎、花紀京、室谷信雄、船場太郎、原哲男〜
2015年9月16日 更新

往年の吉本新喜劇〜岡八郎、花紀京、室谷信雄、船場太郎、原哲男〜

最近では「吉本」と聞いても知っている人がほとんどです。でも一昔前は関西の泥くさい、コテコテの喜劇集団だったんです。あの頃の吉本新喜劇をもう一度。

59,509 view
小学生の頃、土曜日の学校が終わると急いで家に帰っていました。
理由はひとつ、吉本が始まるからです。
テレビで吉本を見ながらお昼ご飯を食べるのが、いつもの土曜日だったのです。

http://magicnakajima.fc2web.com/yosimoto-nanba-heikann.jpg (1226037)

1988年(昭和63年)5月31日閉館しました。跡地はスイング吉本ビルになっています。
http://pds.exblog.jp/pds/1/201411/17/11/c0208011_1133639.jpg (1226038)

老朽化したなんば花月に変わる劇場として、1987年(昭和62年)に新築開場しました。

懐かしの吉本新喜劇 - YouTube

このオープニングの曲が懐かしすぎる〜!
出典 youtu.be
『Somebody Stole My Gal(英語版)』(レオ・ウッド(en:Leo Wood)作曲。1918年。ピー・ウィー・ハント(en:Pee Wee Hunt)の1954年頃のアルバム「Swingin' Around」収録)
このフンワカパッパーフンワカフンワカ〜♪の曲の方が有名ですが、私的には上の動画の中で流れる曲も思い出がいっぱいです。

吉本新喜劇の1代目スター5人衆!

岡八郎

こう見えても学生時代は、ピンポンやっとったんじゃ。

こう見えても学生時代は、ピンポンやっとったんじゃ。

1938年4月16日ー2005年7月26日 大阪府尼崎市出身。
花紀京、船場太郎、山田スミ子、原哲男、のちには木村進、間寛平らと共に活躍した。
その風貌から「奥目の八ちゃん」と親しまれ、「くっさー」、「えげつなー」、「隙があったらかかってこんかい!」等のギャグを多数持つ。そのギャグは定番として、いまだに明石家さんまなどが演じている。
新喜劇では、調理帽をかぶった昔ながらの大衆食堂の店主、はちまきにシャツ、腹巻、ニッカボッカの工事現場の労働者などといった出で立ちで登場。"二枚看板"の花紀とは特に息の合ったかけあいを披露して、多くの新喜劇ファンの笑いと涙を誘った。
しかし舞台上での立ち振る舞いとは逆に、実は極度のあがり症で、出番前の極度の緊張を紛らわすために多量の飲酒することが多くなり、私生活でも「一にも二にも三にも健康法は酒です」と本人が語る程の酒好きであった。

花紀京

絶対ここだけは開けるなよ。え、なんでわかったん?

絶対ここだけは開けるなよ。え、なんでわかったん?

1927年1月2日ー2015年8月5日
大阪府大阪市天王寺区出身。
1962年に吉本興業入り。1963年には早くも吉本新喜劇の座長に抜擢され、岡八郎や原哲男、のちには桑原和男らとのコンビで活躍する。また、岡とは漫才ブームの時期にコンビを組んで漫才をしたこともあった。
トレードマークとも言われるニット帽にシャツ、腹巻、ニッカーボッカーで目の下に隈、鼻を赤くしてのスタイルが多く、泥棒役や土木作業員役が主な役どころ。特に原との独特のボケツッコミで知られ、新喜劇では本名の「京三」を役名として使っていた。同時に『てなもんや三度笠』などのテレビ番組にも出演する。
1989年、「新喜劇やめよっカナ!?キャンペーン」を開始した吉本新喜劇を退団。

原哲男

誰がカバやねん。

誰がカバやねん。

1934年3月21日ー2013年1月11日
熊本県熊本市上近見町出身。
1963年(昭和38年)、吉本興業に入社する。以後、吉本新喜劇で活躍し、1969年(昭和44年) には座長になる。また、『てなもんや三度笠』では、毎回CM時に藤田まこと、白木みのると掛け合いで登場し、レギュラー出演していた。新喜劇では四角い顔と黒ぶち眼鏡から「カバ」の愛称で親しまれ、「誰がカバやねん!」とか「死なん程度に殺したる」などのギャグで笑いを誘った。1990年に新喜劇を脱退。以降、『部長刑事』や『てなもんや三度笠』時代から親交があった藤田まことの作品などのドラマに出演し、幅広い活躍をした。その一方、新喜劇退団後も、ABC朝日放送で毎週日曜日に放送されていた『日曜笑劇場』に、ゲストとして出演や地方公演での新喜劇出演などをした。
1983年に大阪市天王寺動物園のカバが出産した際、名前を一般公募したところ圧倒的多数で「テツオ」に決まったことはよく知られている。テツオは現在も天王寺動物園で健在である。

室谷信雄

ごちゃごちゃ言うてたらしばきあげんで、よぅ、わ〜れ〜!

ごちゃごちゃ言うてたらしばきあげんで、よぅ、わ〜れ〜!

1946年2月11日ー
大阪府泉佐野市出身。
1964年6月に吉本興業に入り、白木みのる、ルーキー新一に師事する。付き人生活を終えて、吉本新喜劇に入団。やがて、木村進、間寛平らが新喜劇に入団し、若手の活躍が増えると共に室谷も、次第に薄くなってきた髪の毛のネタで脚光を浴びる。1980年頃から木村進、間寛平と共に新喜劇の主役として出演した。1982年には座長に昇格した。
故郷の泉佐野市がタマネギの生産地で有名だった為に、若くして頭髪が薄かったことを「タマネギの食い過ぎ」「タマネギの祟り」などという弄られギャグや、最もインパクトの有るギャグはラバーカップ(トイレの詰まり取り)をその禿げた頭につけられ、そのまま引っ張り回されるというギャグ、また「ごちゃごちゃ言うとったら、しゃーきまっそー、ようワ~レ~」という泉州弁の叫び声で、当時、関西の子どもたちの間でよくマネをされていた。テレビ番組では『モーレツ!!しごき教室』にレギュラー出演し、『あっちこっち丁稚』では小番頭の役で、人気を博した。

船場太郎

コーッ! みちこさん、みっちゃん、みちみち…

コーッ! みちこさん、みっちゃん、みちみち…

1939年1月18日ー
大阪府大阪市旭区出身。
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

マルチタレントを目指した若き日から一転、猪木モノマネ一筋16年!アントニオ小猪木!!

マルチタレントを目指した若き日から一転、猪木モノマネ一筋16年!アントニオ小猪木!!

お笑いプロレス「西口プロレス」を代表する人気タレント、アントニオ小猪木!小柄ながらそのキレッキレの動きを武器に「とんねるずのみなさんのおかげでした」名物コーナー「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で一躍ブレイクしたことを憶えている方も多いのでは?猪木モノマネ一筋16年、アントニオ小猪木がそこに辿り着いた道程を伺った。
山田花子、12年ぶり吉本新喜劇に復帰し、 持ち前の天然キャラでギャグを披露!!

山田花子、12年ぶり吉本新喜劇に復帰し、 持ち前の天然キャラでギャグを披露!!

5月に第2子を出産したお笑いタレントの山田花子が活動拠点を東京から大阪に移し、なんばグランド花月で行われた吉本新喜劇へ12年ぶりに出演した。花子は、持ち前の天然キャラを全開になつかしいギャグを次々に披露した。
red | 1,247 view
プリンセス天功×吉本新喜劇  『NEWイリュージョン新喜劇ツアー』初日を迎える

プリンセス天功×吉本新喜劇 『NEWイリュージョン新喜劇ツアー』初日を迎える

『NEWイリュージョン新喜劇ツアー プリンセス天功×吉本新喜劇 ~横須賀大脱出!~』が横須賀芸術劇場にて初公演を迎えた。プリンセス天功がとにかく明るい安村に高度なイリュージョンを披露する。
red | 390 view
吉本新喜劇は緊張と緩和の連続だ

吉本新喜劇は緊張と緩和の連続だ

吉本新喜劇といえば大衆演劇である。多くの人々に愛されて長い年月が経った。しかしわれわれが本当に吉本新喜劇を知っているのだろうか?知らないことや知っていることそれにおもしろさも今回はお伝えしよう。そして誰がそれを作っているのか、座長についてもここで明らかにしておこう。
moboo | 5,401 view
「○○じゃあ~りませんか」で大人気だったチャーリー浜の「ごめんくさい」「僕チャーリー」などのギャグ、吉本新喜劇での定番ムーブを振り返る。

「○○じゃあ~りませんか」で大人気だったチャーリー浜の「ごめんくさい」「僕チャーリー」などのギャグ、吉本新喜劇での定番ムーブを振り返る。

「○○じゃあ~りませんか」「ごめんくさい」といえばチャーリー浜を思い出しますよね。90年代初頭に流行語にまでなったこれらのギャグで、一躍全国区の人気者になったチャーリー浜。そんなチャーリー浜について振り返ります。
青春の握り拳 | 21,550 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト