思い出とセットで口ずさむ、Epicソニー80’sソング
2015年9月15日 更新

思い出とセットで口ずさむ、Epicソニー80’sソング

最近、ちょうどEpicソニー80’sの音楽を青春時代にドンピシャで聞いた方々が、テレビ局やラジオ局の管理職になる年代のようで、よく聞くようになりました。そんな80’sを席巻したアーティストをまとめてみました。

5,416 view

Epicソニーとは

80年代に青春まっただ中を過ごしたアラフォー世代にとっては、懐かしさ全開の「Epicソニー」。
初めて聞く方もいると思いますので、まずは基礎知識から。

1971年、CBSソニーより発足されたのが「Epic」というレーベル。
その後、邦楽部門が統廃合してできたレーベルが「Epicソニー」です。

アイドルでもフォークソングでもない、自分たちで個性的な音楽を作り演奏し歌う、J-POPの先駆けともいえるアーティストが数多く在籍し、雑誌や音楽番組など、当時の若者を熱狂させました。
特にこの時期は、レコードからCDへの転換期でもあり、誰でも手軽に高音質の音楽を手に入れることができるようになったのも、流行が生まれた要因だったと思います。

そんなEpicソニーに在籍していたアーティストをまとめてみましたので、アラフォーの方は目を細めて懐かしみながら、この世代を知らない若者に語り継いでいただきつつ、コミニュケーションのお供になれば幸いです。

低いほうのピアノをがしがしかき鳴らす優等生 大江千里

まずは、この方、大江千里です。

当時、不良は学ランみればわかるし、優等生はメガネと決まっていた時代に、見た目まじめで中身不良っぽい、でも弾くのはギターじゃなくピアノなのねっていうアンバランスな感じにかなりあこがれました。
「rain」は今でもカバーするアーティストの多い、隠れた名曲ですし、代表曲として出るのは「格好悪いフラれ方」でしょうか・・・。

しかしながら、あえてここで紹介するのはこの曲「サヴォタージュ」です。なんだか影を背負った感じが、当時はかっこよく感じたものです。

サヴォタージュ 大江千里 - YouTube

セクシーさが、もうはみ出してます・・・。

「岡村ちゃん」といえば、この人「岡村靖幸」。
独特の歌い方と感性によって、得も言われぬ生々しさがすんごいです。
ライブをデートと呼び、ステージ中央にベッドを据えるあたり、ファンにはたまりません。

当時、なんだかんだでやっぱり男は渋さやカッコよさが先行する中で、ここまで男性が「かわいい」を平気な感じでやりとげるあたり、さすが岡村ちゃんです。
森山直太郎の「ヘポタイヤソング」は、この「大好き」という曲に出てくるフレーズを引用しているんだとか。

岡村靖幸 だいすき Peach Show'89 【高画質Ver】 - YouTube

ガウンと子供?

同じにフレーズの連続で、耳から離れない初体験

はい、ご存じTM NETWORKです。
同じフレーズをループすることで、脳裏にこびりつく感じは、関西で言えばキダタローのCMソング以来の経験です。
特にこの曲は、アニメ「City Hunter」のエンディングテーマなので、通常の5割増しで耳に残ります。

またなんといっても、バンド形態のにおいて、今までエレキギターに主役の座を奪われ細々と脇役を担ってきたシンセサイザーに、ビカーっと光を当てた立役者が、後にAvexを牽引する小室哲也ではないでしょうか。

【MAD】 GET WILD ful CITY HUNTER - YouTube

懐かしいとしか言いようがない。

Epicソニーのディーバ、MISATO

エピックソニーの名だたるアーティストと組み、ヒット曲を連発した、女性ボーカリストのパイオニア、渡辺美里。
Epicソニー発足以来30年と一番長く在籍しているそうです。

一般的には「My Revolution」がメジャーですよね。
1989年に行われた西武球場ライブで、豪雨により中止となったどしゃ降りのステージで、スタッフの制止を振り切って、聞くのを楽しみにしていたファンのために、アカペラで「My Revolution」を歌ったのは、有名な伝説として残っています。

とそこまで「My Revolution」を語っておきながら、紹介するのは、個人的な好みで、缶コーヒーのCMとセットの「恋いしたっていいじゃない」なんです。
このCM、マジで懐かしい。ビターを無理して飲んだモノです。(そういえば最近売ってないなぁ)

【懐かCM】UCC 缶コーヒー 渡辺美里(1988年) - YouTube

こちらは缶コーヒーのパイオニア。

アヴァンギャルド感がまぶしい

BARBEE BOYZのアヴァンギャルド感は、当時も今も唯一無二の存在感です。

男女のツインボーカル、声の高い男性に女性が音程を寄せる手法、ソプラノSAX挿入など、全体的に乾いて廃れた感じは、独特の雰囲気をかもしだしていました。

なんだか、ぱっつん前髪のアーティスティックな雰囲気を出している子に憧れつつ、なんとなく遠巻きに憧れるような、そんなイメージです。
おそらく、カラオケなんかで歌っても、全然雰囲気出せないんだろうなぁ。

BARBEE BOYS 目を閉じておいでよ [Mewo Tojite Oi Deyo] PV - YouTube

カッコいい・・・。

この名前がかすむほどのソウル感

その名も「小比類巻かほる」、通称kohhy。
彼女を語るのに、決して「あ~、あの変わった名前の?」と必ずしもならないのは、歌唱力が並はずれているからにほかなりません。

あまりテレビに出ていないので、ご存じない方も多いと思いますが、渡辺美里とはまた違ったタイプのパワフルボイスです。最近音楽番組に久々出ているのを見たら、三つ編みいっぱいして、皮パン履いていたので、やっぱりブラックミュージックからの影響を受けているんだと思われます。またその姿がファンキーでよだれ出る・・・。

色々ヒット曲はありますが、ご紹介するのは、「愛よ消えないで」です。気づけば、この曲もアニメ「City Hunter」の主題歌ですね・・・。
(もはや、私が好きなのは「City Hunter」の方なんじゃないのかというツッコミなきようお願いします)

小比類巻かほるのボーカルで、「City Hunter」のハードボイルド感も5倍増しです。

小比類巻かほる CITY HUNTER~愛よ消えないで~ - YouTube

かなりファンキー。
25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

マニア感涙!ドラゴンボール「人造人間18号」のセクシーなフィギュアが登場!!

マニア感涙!ドラゴンボール「人造人間18号」のセクシーなフィギュアが登場!!

プレミアムバンダイより、漫画「ドラゴンボール」に登場する人気キャラクター・人造人間18号をフィギュア化した『HG GIRLS 人造人間18号』が、抽選販売されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 2,207 view
京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

ミドルエッジ女子必見!集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、京都・高島屋で開催されます。開催日程は、10月30日から11月10日まで。
隣人速報 | 941 view
少女漫画の元祖「キャンディ・キャンディ」の漫画家・いがらしゆみこが期間限定カフェをオープン!!

少女漫画の元祖「キャンディ・キャンディ」の漫画家・いがらしゆみこが期間限定カフェをオープン!!

少女漫画の元祖「キャンディ・キャンディ」の漫画家で知られるいがらしゆみこが、銀座のランドマークのひとつ「GINZA SIX」6Fのプレミアムフードホール「銀座大食堂- GINZA GRAND Premium Food Hall -」にて、期間限定カフェをオープンしました。
隣人速報 | 952 view
「貝殻ビキニ」の武田久美子(51)がセクシー過ぎる水着姿を披露!とてもアラフィフに見えないと話題に!!

「貝殻ビキニ」の武田久美子(51)がセクシー過ぎる水着姿を披露!とてもアラフィフに見えないと話題に!!

80年代に「貝殻ビキニ」で人気を博したタレントの武田久美子(51)が自身のインスタグラムにて、ハワイのビーチで撮影した若々し過ぎる水着姿を披露。とてもアラフィフに見えないと大きな話題となっています。
隣人速報 | 9,874 view
80年代の少女漫画の「ふろく」を特集した「'80s少女漫画ふろくコレクション」が刊行!!

80年代の少女漫画の「ふろく」を特集した「'80s少女漫画ふろくコレクション」が刊行!!

グラフィック社より、80年代の「少女漫画ふろく文化」をビジュアルから一望出来る書籍「'80s少女漫画ふろくコレクション」の刊行が決定しました。発売予定日は2019年10月8日。
隣人速報 | 1,185 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト