2015年9月15日 更新

最高2億5千万円!?バブル期に日本でプレミア価格を掲げたクルマたち

バブル期には、クラシックカーから当時の最新モデルまで、さまざまな珍しい輸入車が日本に上陸を果たしました。

15,795 view
バブル期には、希少価値のあるクルマたちは投機対象とされてしまい、新車価格をはるかに上回る価格で販売されていました。その結果、本来手に入れたいと思っていた方たちの手の届かない存在となってしまったのです。

そこで今回は、当時新車で購入できた(デッドストックを含む)クルマたちを集めてみました。

フェラーリ テスタロッサ

最高額は約5,000万円。定価のほぼ倍でした。

最高額は約5,000万円。定価のほぼ倍でした。

初回点検を通すことなく、そのまま転売してしまう自体が続発したとか…。
正規ディーラーでテスタロッサを新車で購入した方が、初回点検を迎えるまえに売却するということも珍しくありませんでした。その結果「ディーラー車で低走行、程度良好なテスタロッサ」が市場に流通することとなりました。バブル崩壊後に適正相場で手にすることができた方は、まさに千載一遇のチャンスをモノにした方…なのかもしれません。

フェラーリ 288GTO

日本にも、1台が正規輸入されたと言われています。推定7...

日本にも、1台が正規輸入されたと言われています。推定7,000万円

正規輸入車は、とある有名なコレクターが所有されていましたね。
グループBのホモロゲーションを取得するため、272台だけ製作されました。スタイリングベースとなった308GTBの雰囲気を残しつつ、筋肉のように盛り上がったオーバーフェンダーによって横幅は+190mmもワイドになり、フロントの4灯フォグランプと共に一目で288GTOと分かる特徴になっています。ダックテールやリアフェンダーのスリットは、車名の由来ともなった60年代のレーシングカー「250GTO」をモチーフとしたもの。308より 110mmホイールベースの長いシャシーは、鋼管スペースフレーム製。アウターはケブラーやグラスファイバーで強化した樹脂パネルで構成されています。

フェラーリF40

最高額は2億5千万円!約60台のF40が正規輸入されました。

最高額は2億5千万円!約60台のF40が正規輸入されました。

未だに根強い人気を誇るF40。世界中のオークションでも注目度が高い1台です。
創業40周年を記念した、最も過激かつ純粋な市販フェラーリ。カーボンモノコックと鋼管フレームによる1100kgの超軽量シャシーに、478psのV8 ツインターボエンジンを搭載。1psあたり2kg未満の強烈なパワーウェイトレシオを誇ります。人気が高かったため、高価格にも関わらず生産台数は 1311台と言われています。

ケーニッヒ・コンペティション・エボリューション

F40を圧倒するスタイリング。最終的には1000psを...

F40を圧倒するスタイリング。最終的には1000psを標榜。推定1億円以上。

果たして本当に1000ps出ているのか?当時から議論が交わされた1台です。
そのケーニッヒが生み出した傑作コンプリートカー、コンペティション・エボリューションは、フェラーリ・テスタロッサをベースに、フェラーリF40を意識した迫力のアピアランスへとモディファイされています。そのボディパネルはカーボンケブラーを使用し、150kgとも200kgとも言われる軽量化を果たすと書いてあったと記憶しております。(実際はターボシステム等の重量増もあり、そこまで軽くはなっていない可能性が高いです)

そしてパワーは公称1000ps、100kg-m以上で、最高速は370km/h、0-100km/hは3.5秒、0-200km/hは10秒を標榜していました。デビュー当初はツインターボにスーパーチャージャーというシステムでしたが、複雑で重いということでツインターボのみに変更されたということです。色々な情報を総合すると、ターボスシステムはオーストリアのアルベルト社のものでタービンはT04Eツイン、そしてターボチューンを行ったのはローテックだそうです。

ポルシェ959

最高額は約1億円!6台が正規ディーラーから販売されたと...

最高額は約1億円!6台が正規ディーラーから販売されたと言われています。

「脳みそが口から出るッ!」の名言(迷言?)が生まれたのもポルシェ959でした。
959は、911モデルのテクノロジーをベースに開発され、292台のみが限定生産されました。4バルブのシリンダーヘッドを備えた水冷式水平対向ツインターボエンジン、電子制御シャシー、4WDシステム、そしてエアロダイナミクスを最適化したボディに至るまで、ポルシェが当時の自動車エンジニアリングの粋を結実させたモデルです。420,000ドイツマルクという価格にもかかわらず、959はすぐに完売となりました。

ランボルギーニ カウンタック

モデルによって差異はあるものの、推定3,000万円以上。

モデルによって差異はあるものの、推定3,000万円以上。

当時はもちろん、いまでも景気に左右されることなく高値で取り引きされているモデルです。
ベルトーネによる未来的なデザインのボディにV12を縦に搭載。初期のLP400(4.0リッターV12、385ps)は最高速度300km/hを謳い、フェラーリと性能を競いました。78年にオーバーフェンダーを備えた「LP400S」となり、その後も「LP500S」、「5000S」、「クワトロバルボーレ」と進化。ランボルギーニ25周年記念の「アニバーサリー」を最後に生産終了しました。

ランボルギーニ ディアブロ

38 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

走る不動産と言われた車【フェラーリF40】見たことありますか?

走る不動産と言われた車【フェラーリF40】見たことありますか?

バブル時代の車と言えば、何台もありますが1987年にフェラーリが創業40周年を記念して製作した車は、なんとプレミアが付き、一時は2億5,000万円で取引されたこともあった。
M.E. | 5,825 view
スーパーカーブームを覚えていますか?

スーパーカーブームを覚えていますか?

70年代後半から巻き起きたスーパーカーブーム。 スーパーカーの撮影会なんかも各地で開催されました。
BMイワ王 | 13,055 view
カーアクション映画『ノーマンズ・ランド』チャーリー・シーン主演のポルシェしか盗まない窃盗団?!

カーアクション映画『ノーマンズ・ランド』チャーリー・シーン主演のポルシェしか盗まない窃盗団?!

この映画は、ポルシェ専門窃盗団のボスと潜入捜査官として彼に近づく新米警官の話です。また劇中では、カー・チェイスなどスリリングで魅力的な映像が多く観られます。
星ゾラ | 642 view
写真で見る昔の日本のパトカー

写真で見る昔の日本のパトカー

パトカーの車両は今では、「スバル・レガシィB4」や「トヨタ・クラウン」などが一般的ですが、昔の車両を見てみるとかっこいい車も多く使われています。
M.E. | 42,302 view
憧れの“4灯式丸型テールランプ”、スカイライン以外にもあった?

憧れの“4灯式丸型テールランプ”、スカイライン以外にもあった?

スカイラインのアイデンティティとして受け継がれた“4灯の丸型テールランプ”は、1972年発売の4代目スカイライン(通称:ケンメリ)から始まりました。スカイラインのイメージが強い“4灯の丸型テールランプ”ですが、実は他の車にも採用されていました。どんな車があったのか、振り返ってみたいと思います。
ヤマダゴロー | 35,309 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

懐かしい!記憶をくすぐる商品

(PR)アマゾンで購入可能