祖父母の愛がすごい!「がんばれ元気」
2016年3月14日 更新

祖父母の愛がすごい!「がんばれ元気」

「ほっほっ」という声でジョギングする姿が印象深い、ボクシング漫画「がんばれ元気」。ボクシングの熱い戦いが面白いのはもちろん、元気のまわりにいるたくさんのキャラクターたちが魅力的な作品です。その中でも元気の祖父母の、元気への愛がすごいんです。こちらでは元気の祖父母の感動的な愛情をご紹介します。

30,493 view

「がんばれ元気」

http://csbs.shogakukan.co.jp (1601905)

小山ゆう先生作。
小山先生は近年では「あずみ」が映画化され、有名ですが、幅広いジャンルの作品を描かれています。
どの作品もキャラクターが魅力的で、特に家族愛が素晴らしいものが多いと思います。
週刊少年サンデーで1976年~1981年連載。
コミックスは全28巻。
元気は幼い頃、父一人子一人で育ち、プロボクサーである優しい父を尊敬し、自分もボクサーになることを夢みています。ところが、父が試合中のケガで亡くなり、母方の祖父母のもとに引き取られます。
祖父母は元気を溺愛していますが、ボクシングをやることには反対。ひそかに練習を続ける元気はやがて成長し、プロボクサーになるため、家を出ます。
小山ゆうは一般人を主人公のイベントに注目させる、という場面を作るのがとても上手で、この作品でも随所にあります。
大人になり、物を書いたり、演出したりする立場になると、「がんばれ元気」が不朽の名作であることを読むたびに実感します。他のマンガではそうない「……」という沈黙を使った、人物の内面描写や、昭和のリアルな生活描写。人の生き様や思いが圧縮されていて、とても感銘を受けます。
本棚の中の本たち、減らそうと思ってこの夏これを1巻から最終巻まで読み切ったら手放そうかと考えて数年ぶりに読み始めたんですが..
第1巻から泣かされました。
何度読んでも、というか歳を取るごとに泣かされる度合いも、いや増しに増していく思いです。

アニメ「がんばれ元気」

がんばれ元気 OP

アニメは1980年~1981年、全35話放送。
「ほっほっほっ」の走るときの声は、主題歌「風になれ!」の歌詞にもなり、今でも走る時に「ほつほっほっ」と、言ってしまう人はいるのではないでしょうか。
ホンマに再放送してほしいですね 今こそこんなアニメを放送してほしい
懐かしい。子供の頃にテレビで見た時は少し悲壮感も感じましたが、境遇がどうであれ明るく元気で生きようというこのアニメに、人生を教えられたような気がしました。

主な登場人物

堀口元気

堀口元気

幼い頃から、父の影響でボクサーを目指す少年。
漫画では5歳・10歳・15歳~の姿が描かれていて、元気の成長を見ることができます。
天才的なボクサーの才能を持っていて、人の恩を忘れない優しい性格。
堀口秀樹

堀口秀樹

元気の父。リングネームはシャーク堀口。
芽のでないボクサーで貧しいが、元気の前では苦しみを見せず明るく育てます。
元気が5歳の時、試合中のケガが原因で死亡。
出典 naruseriri
田沼愛子(左)田沼樹三郎(右)

田沼愛子(左)田沼樹三郎(右)

元気の母方の祖父母。お金持ち。
大切な愛娘・美奈子が貧しいボクサーと結婚し、元気を産んで亡くなったことを、秀樹のせいと思っています。
しかし、たった一人の孫の元気は宝物で、秀樹の死後、元気を引き取り溺愛して育てます。
お互いを「愛ちゃん」「樹三郎ちゃん」と呼び合います。
出典 naruseriri

祖父母の元気への愛情エピソード紹介

「がんばれ元気」はボクシング漫画なので、ボクシングシーンや試練の数々などがメインのお話です。
一方で「がんばれ元気」が愛された理由の一つは、元気を応援する人々との絆を丁寧に描いているからだと思います。
その中でも、特に元気への愛がすごい、祖父母のエピソードに感動した方もいるのではないでしょうか。
そんな、おじいちゃんとおばあちゃんの愛情をご紹介します。

悲しい過去

元気の母・美奈子はお金持ちの家で、大事に育てられました。しかし、秀樹と出会い、親の反対を押し切り結婚。もともと病弱だったため、元気を産んで亡くなります。
娘の訃報を聞き駆けつけた祖父母ですが・・・
naruseriri (1602006)

一年ぶりに会った愛娘の姿は亡骸だった・・・悲しみと怒りで、秀樹をビンタします。
出典 naruseriri

父、死亡

43 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • らくだ 2018/10/3 00:03

    帰省した元気を門前払いするおじいちゃん。
    そのおじいちゃんの体調を気にする元気。
    その元気に心配をかけまいと、踏切で体操して元気に元気な姿を見せるおじいちゃん。
    涙で目が潤む...

    2017/11/26 05:16

    最高のエンディングですよね!

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【むさしのけん】80年代の人気マンガは「武蔵の剣」じゃなくて「六三四の剣」!

【むさしのけん】80年代の人気マンガは「武蔵の剣」じゃなくて「六三四の剣」!

「むさしのけん」で検索すると「武蔵の剣」と変換されてしまう。「六三四の剣」に辿り着くには、、、「六、三、四、の、剣」!剣道が題材のマンガ「六三四の剣」をみて剣士を目指した人もいたのでは?懐かしいな、おいら、剣道強かったわ。。。
モグりっち | 7,756 view
小山ゆう「スプリンター」スプリンターの精神世界を描いた異色のスポーツ漫画

小山ゆう「スプリンター」スプリンターの精神世界を描いた異色のスポーツ漫画

「がんばれ元気」や「お~い!竜馬」など、数々の名作漫画を生み出す小山ゆう先生の、異色の短距離走漫画「スプリンター」。努力し、ライバルに勝利するというスポーツ少年漫画と一味違うのは、スプリンターたちの精神世界を描いているところです。どのような作品だったか振り返ります。
成瀬梨々 | 28,536 view
京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

ミドルエッジ女子必見!集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、京都・高島屋で開催されます。開催日程は、10月30日から11月10日まで。
隣人速報 | 565 view
80年代の少女漫画の「ふろく」を特集した「'80s少女漫画ふろくコレクション」が刊行!!

80年代の少女漫画の「ふろく」を特集した「'80s少女漫画ふろくコレクション」が刊行!!

グラフィック社より、80年代の「少女漫画ふろく文化」をビジュアルから一望出来る書籍「'80s少女漫画ふろくコレクション」の刊行が決定しました。発売予定日は2019年10月8日。
隣人速報 | 991 view
ジャンプ、マガジン、サンデー、チャンピオン!四大少年漫画雑誌の歩み。

ジャンプ、マガジン、サンデー、チャンピオン!四大少年漫画雑誌の歩み。

四大少年漫画雑誌といえばジャンプ、マガジン、サンデー、チャンピオンという認識で共通しているかと思います。多くの人にとっては「ジャンプ最強」だったと思いますが、年代によってメインで読んでいた雑誌が違うかもしれませんね。四大少年漫画雑誌の歩みについて。
青春の握り拳 | 5,272 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト