映画モスラVSキングギドラ 99分間の特撮を超えた超特撮です
2017年1月31日 更新

映画モスラVSキングギドラ 99分間の特撮を超えた超特撮です

1998年に公開されたモスラ三部作の最後の作品。製作は東宝映画、配給は東宝。

3,518 view

「モスラ」って誰?いや、何??

モスラ

モスラ

あの「ゴジラ」とも戦ってます。
モスラ (Mothra) は1961年(昭和36年)の映画『モスラ』を始めとする東宝製作の怪獣映画に登場する架空の怪獣。ゴジラ、ラドンと並び東宝三大怪獣と称される。

"moth" の名の通り、翼開長100メートルあまりの巨大なガの怪獣である。卵から孵化した幼虫は繭を作って蛹化し、さらに成虫へと羽化する。また、幼虫が繭を作る際に吐く糸は、戦闘時には敵を絡め取る手段として使用される。繭の形状はカイコに似るが、成虫の姿はカイコガやその原種クワゴには全く似ていない。幼虫期は一齢しかなく、初齢幼虫が直接蛹に変態する。成虫の前翅には大きな目玉模様がある。
成虫はヤママユガがモデル(羽の模様のみヨロイチョウがモデルともされる)と言われており、白一色のカイコ蛾と比べてカラフルな色合いとなっている(このことから「極彩色の怪獣」とも呼ばれる)。また、カイコ蛾の羽は退化して羽ばたけないのに対してモスラは強靭な羽を持っており、太平洋も楽々と渡れるほどの飛行能力を有する。

対する「キングギドラ」の生態を解説!

キングギドラ

キングギドラ

チャームポイントは頭が三つある事です!
キングギドラ (King Ghidorah) は、東宝の特撮怪獣映画ゴジラシリーズに登場する架空の怪獣である。
1964年に公開された映画『三大怪獣 地球最大の決戦』で初登場して以来、同社の多くの怪獣映画に登場している。

龍を思わせる3つの頭部と、それを支える長くしなやかな3本の首、2本の長い尾、全身を覆う黄金色のウロコ、腕の代わりに巨大な1対の翼を持つ。口からは稲妻のような形状の引力光線を吐く。
出演作品における扱いはそのほとんどが悪役・敵役となっており、ゴジラとの交戦回数が最も多い怪獣でもある

映画のストーリーをざっくりとご紹介します

宇宙から飛来した隕石から宇宙超怪獣キングギドラが出現し、日本全国を飛び回り、子供たちをさらって富士山麓に現れたドームに閉じ込めていく。危機を察知した妖精エリアスの姉妹は、インファント島からモスラを呼び寄せ、キングギドラに立ち向かう。
インファント島は、太平洋上にある南洋諸島に存在する島らしいです。モスラが住む島。
モスラはキングギドラに戦いを挑むが、攻撃は全く効かず、恐竜エキスで強大に成長したその圧倒的な力の前に敗北してしまう。その上、エリアス姉妹の妹ロラがキングギドラにマインドコントロールされ、敵になってしまった。
モスラが負けちゃって、味方も敵になるって絶体絶命じゃないですかっ!?
白亜紀へタイムトラベルするという壮大な設定のもと、モスラが新形態・鎧モスラに変身して強大な怪獣キングギドラに立ち向かう。白亜紀型キングギドラも登場。
壮大過ぎっっ!!
鎧モスラはキングギドラの攻線をものともせず、体格では上回るキングギドラを圧倒するパワーで押しかえし、激戦の末に必殺技のエクセル・ダッシュ・バスターをくり出して倒した。そして子供たちを解放。鎧モスラ・エターナルに変身し、モルを生き返らせた。親や先生と再会する子供たちを見守りながら、モスラはインファント島へと羽ばたき帰っていくのだった。
紆余曲折を経て、モスラは鎧モスラに変化します。これで無双。

東宝映画初のデジタル化作業を行った作品でした

音響面ではドルビーデジタル方式が標準使用され、東宝映画としては初めて日本国内のみでデジタル化作業が行われた。
特技監督は川北紘一のもとで助監督を務めていた鈴木健二。これまではミニチュア・セットを使って撮影していたキングギドラによる都市の破壊シーンを実景との合成で描くなど、目を見張るデジタル技術の進歩を巧みに取り入れている。鈴木はこの後、『ゴジラ2000 MILLENIUM』(1999/監督・大河原孝夫)、『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』(2000/監督・手塚昌明)でも特技監督を務め、新時代のゴジラを作り上げる。

主人公より人気のある名脇役、その名もキングギドラ!

このシルエットは・・・

このシルエットは・・・

元祖怪獣はやはり「コイツ」とゆう方も多いのではないでしょうか。
そんな彼ともキングギドラは戦っています!
「モスラ3 キングギドラ来襲」主役のモスラはゴジラとも戦っていますが、なんとキングギドラもゴジラと戦っています。
昔の映画って、番組の枠を越えた「キャスティング」が多くて、子供心をくすぐりましたよね。

キングギドラは、モスラやゴジラの映画などに多数出演する超売れっ子バイプレイヤー(脇役)です。その出演作品は2004年時点で10作にものぼります!!

ゴジラは欧米でも大人気!ゴジラVS〇〇!!最強の敵ベスト10をご存知ですか?

欧米のゴジラファンが選んだベスト10の中から上位「三匹」をお伝えします!
予想を裏切らない!欧米のゴジラファンが選ぶ最強の敵ベスト10
こういった企画があったんですね。この企画からも海外での人気ゴジラを知る事ができますね!
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 2,899 view
世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

1996年3月に公開されたディズニー配給のフルCGアニメーション『トイ・ストーリー』。アプリ『ディズニー マイリトルドール』に、同作の人気キャラ、ウッディとバズ・ライトイヤーがリトルドールとなって登場した。
あの「ママレード・ボーイ」が20年の時を経て実写映画化!2018年公開決定!

あの「ママレード・ボーイ」が20年の時を経て実写映画化!2018年公開決定!

吉住渉の人気少女漫画「ママレード・ボーイ」が、このたび実写映画になることが決定しました。原作者も待望していた実写映画化だけに、かつてママレード・ボーイに夢中になった方は必見ですよ!
隣人速報 | 626 view
全高192センチのゴジラが発売!448万円のフィギュア!1991年のキングギドラとの対決時を基に製作!

全高192センチのゴジラが発売!448万円のフィギュア!1991年のキングギドラとの対決時を基に製作!

特撮映画「ゴジラ vs キングギドラ」(1991年公開)に登場するゴジラの巨大フィギュア「HUMAN SIZE ゴジラ(1991 北海道Ver.)」が、バンダイから10体限定で発売される。価格は448万2000円(税込み、配送料別)。
平成VSゴジラシリーズに登場する怪獣とヒロインたち

平成VSゴジラシリーズに登場する怪獣とヒロインたち

平成VSゴジラシリーズに登場する怪獣とヒロインたちを振り返ります。平成ゴジラシリーズの原点となる『ゴジラ』(1984年)のヒロインを演じた「沢口靖子」さん、平成VSゴジラシリーズの全作品に出演する超能力少女・三枝未希役を演じた「小高恵美」さんほか。
トントン | 11,586 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト