みんなハッピーエンド!?おなじみ童話の今と昔
2016年10月9日 更新

みんなハッピーエンド!?おなじみ童話の今と昔

子供のころ、誰もが読んだ、読んでもらった童話。大人になって子供のために読み聞かせしたら、あれ!?結末が違うぞ!ほとんどの童話がハッピーエンドになっているのです。そこで、ここでは童話の今の昔を比較してみましょう。

5,018 view

みんなハッピーエンド!?おなじみ童話の今と昔

子供のころ、誰もが読んだ、読んでもらった童話。大人になって子供のために読み聞かせしたら、あれ!?結末が違うぞ!ほとんどの童話がハッピーエンドになっているのです。そこで、ここでは童話の今の昔を比較してみましょう。
 (1756815)

桃太郎

 (1760501)

ある日、お婆さんが川で洗濯をしていると、そこに大きな桃が流れてきました。桃を切ると、そこからは男の子が。桃から生まれた桃太郎が、成長して、きびだんごを渡して犬、猿、キジを仲間に引き連れて、街を荒らす憎き鬼退治のため、鬼ヶ島へ・・・。鬼退治に成功した桃太郎は、鬼が奪っていたお宝を持ち帰り、おお金持ちに。

桃太郎の今と昔

(昔)鬼を退治して、宝物を取り返し、自ら持ち帰る
 ↓
(今)鬼と和解をして、宝を元の持ち主に返す

かちかち山

 (1756827)

お爺さんが畑を耕して、豆を蒔こうとしていると、いじわる狸が全部豆を食べてしまったのだ。怒ったお爺さんはタヌキをつるし上げて縄で縛ったのだ。
ずる賢いタヌキは、反省したふりをして縄を解いてもらうと、杵をつくのを手伝うと言ってお婆さんを杵でつき殺してしまうのだった。
お爺さんは悲しみにくれ、お墓の前から動けないほどになってしまった。それを見たウサギが、仇を討つと約束する。
ウサギは、タヌキに、薪を拾うのを手伝ってくれと言い、狸の背負った薪に火をつけて狸に大やけどを負わせ、更には魚を食べさせると言って泥船に乗らせて溺れ死なさせるのだった。

かちかち山の今と昔

(昔)お婆さんはタヌキに殺されてしまう
 ↓
(今)お婆さんは一命をとりとめる

(昔)泥船でタヌキは溺れ死ぬ
 ↓
(今)ウサギに助けられ、狸は心を入れ替える。爺さん婆さんの元で手伝いをして暮らす。

昔はもっと酷かった「かちかち山」

元々のお話だと、タヌキはお婆さんを殺しただけでなく、婆汁にして飲んだという、今だったら完全にR指定になりそうな内容だった。

三匹の子ブタ

 (1756838)

昔、三匹のコブタがいました。それぞれ生活をするために、一匹は藁の家を、一匹は木の家を、そしてもう一匹はレンガの家を建てました。そんなところに、オオカミが襲ってきたのです。藁の家、木の家のコブタはオオカミに吹き飛ばされ、食べられてしまいました。しかし、レンガの家は、オオカミがいくら息を吹き付けても吹き飛ばされず、逆にコブタが用意した煮えたぎる鍋一杯の熱湯で茹でられ、コブタに食べられてしまうのだった。
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

あのメガネドラッグのCMに正面から行進するバージョンがありました!

あのメガネドラッグのCMに正面から行進するバージョンがありました!

首都圏の方には懐かしいメガネドラッグのCM。桃太郎のモモちゃんが勇ましく行進するCMは画面の右から左に行進していきます。ところがこのCM、正面に向かって歩いてくるバージョンがあるんです。ご存知でしたか?
「アンデルセン童話」「イソップ童話」「グリム童話」なぜか部屋にあった世界三大童話集。

「アンデルセン童話」「イソップ童話」「グリム童話」なぜか部屋にあった世界三大童話集。

幼いころ、なぜか家の本棚には童話集が揃っていませんでしたか?親の代から持っていたり親戚から譲ってもらったり、セットで買い揃えてくれたりと。ところでその童話は「アンデルセン」「イソップ」「グリム」いずれの童話集でしたか?世界三大童話集といわれる3つの童話について。
大人になるとホロっときちゃう?…泣けるまんが日本昔ばなし5選

大人になるとホロっときちゃう?…泣けるまんが日本昔ばなし5選

昔、TBS系の朝に放送されていた『まんが日本昔ばなし』。これまで数え切れないほど多くの地域に伝わる逸話や昔話を放送してきた同番組では、大人になった今見ても涙を誘うような感動話もいくつか存在します。今回はそんな思わずホロっとくる「泣けるまんが日本昔ばなし」を5つ紹介していきたいと思います。
こじへい | 4,013 view
「名犬といえば…?」思い出す童話、映画、アニメ、マンガなどなど18選!

「名犬といえば…?」思い出す童話、映画、アニメ、マンガなどなど18選!

日本では約1,000万頭と、猫と並んですっかり私たち人間のパートナーでもある犬。子供の頃、愛らしい犬の姿や犬との友情を描いた作品に心動かされて「犬飼いたい!」なんて親にせがんだ経験を持つ方も多いのではないでしょうか。そんな犬たちが描かれた作品を童話、映画、アニメ、マンガなどから18選、思い出してみました。
チロルチョコ | 6,643 view
ちょっと怖かったドイツの児童文学「大どろぼうホッツェンプロッツ」シリーズ。

ちょっと怖かったドイツの児童文学「大どろぼうホッツェンプロッツ」シリーズ。

「大どろぼうホッツェンプロッツ」はドイツの田舎町を舞台にした、大泥棒ホッツェンプロッツと彼を捕まえようとする2人の少年の物語。「ふたたびあらわる」「三たびあらわる」まで続いたシリーズでした。「どろぼう」というにはもっと凶悪なホッツェンプロッツ、挿絵の画風も相まってちょっと怖かった覚えがあります。
チロルチョコ | 4,113 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト