『フィーバー 機動戦士Zガンダム』プレス発表会に森口博子と草刈正雄が登場!
2017年11月6日 更新

『フィーバー 機動戦士Zガンダム』プレス発表会に森口博子と草刈正雄が登場!

今冬導入予定の『フィーバー機動戦士Zガンダム』のプレス発表にZガンダムの主題歌「水の星へ愛をこめて」を歌った森口博子と草刈正雄が登場し、新機種の魅力や遊びどころなどを発表した。森口博子は新機種オリジナル楽曲「鳥籠の少年」を初披露!

4,418 view
東京お台場にあるグランドニッコー東京お台場にて、フィーバーモビルスーツZガンダムのプレス発表会が行われた。

プレス発表会は、ゲストの登場に先んじて今回発売予定の機種「フィーバーモビルスーツZガンダム」の紹介からスタート。
 (1938412)

今回の新機種Zガンダムは現在の基準における最大の高スペックを搭載。最大出玉もシリーズMAXの2,400発を搭載し、全ての当たりに時短モードもセットなど、今までの機種に比べると高スペックの台となっているとのこと。

また今回はCMキャラクターとして、ANZEN漫才を起用。webCMなどのキャラクターとして、フィーバーモビルスーツZガンダムの人気を確立すべく色々なチャレンジを行いweb動画で公開していく。

~失われたZを取り戻せ~ 第 1 弾「ANZEN漫才が日本一記録を樹立!」篇

Zガンダムに関わりが深い森口博子さんと草刈正雄さんがゲスト!

プレス発表会には、Zガンダムの主題歌「水の星へ愛をこめて」を歌った森口博子さんと草刈正雄さんが登場した。
ゲストのお二人(森口博子さんと草刈正雄さん)

ゲストのお二人(森口博子さんと草刈正雄さん)

草刈正雄さんと森口博子さんが登場し、その2人の間にはベールに隠された1台が置かれており、草刈さんが戦国の名将「真田昌幸」として出演されていた大河ドラマ「真田丸」での名セリフ「えらいことになった!」の掛け声とともにベールに隠されていた今回発表の新機種「フィーバーモビルスーツZガンダム」が初お披露目となった。

その後、ゲストのお2人に機動戦士Zガンダムについての思い出やパチンコの経験などの質問が行われ、草刈さんは「パチンコは小さいころに叔父さんに連れられて行った。最近は忙しいので、なかなか行けていないが10年前くらいに妻と行きましたね。」などの珍しいエピソードを披露。
ガンダム愛が溢れる森口博子さん

ガンダム愛が溢れる森口博子さん

一方、森口博子さんは、やはりZガンダムの主題歌「水の星へ愛をこめて」がデビュー曲ということもあり、今回の新機種は感慨深そうに「ガンダムは自分の人生を変えてくれた作品です。32年前のデビュー曲にもかかわらず、色々と思いだして頂けたり、国境や世代を超えて知って頂けている素晴らしい作品となりました。」とコメント。

森口博子さんの新曲『鳥籠の少年』が新機種に搭載!

新機種については、なんと数百曲の中から選びに選んだ1曲「鳥籠の少年」がオリジナル曲として「フィーバーモビルスーツZガンダム」に搭載されていることが発表され、プレス発表会の場で初披露された。
「鳥籠の少年」を熱唱する森口博子さん

「鳥籠の少年」を熱唱する森口博子さん

相変わらずの美声で会場を包み込み、プレス発表会に来ていた記者たちも新曲を披露する森口博子さんにうっとり。曲の終わりと共に大きな拍手が会場を覆った。
舞台裏で新曲「鳥籠の少年」を聴いていた草刈さんも感動した様子で、「やっぱり舞台裏じゃなくて舞台前の特等席で見たかった。」との感想。

もちろん、森口博子さんのデビュー曲である「水の星へ愛をこめて」も新機種には登場するとのことなので、是非新機種の登場を楽しみにしたい。

この後のサプライズでイベントは大盛り上がりに!

その後、プレス発表会に来ていた記者への懇親会などが開かれ、そこではなんと森口博子さんのスペシャルパフォーマンスとして、『水の星へ愛をこめて』が生歌で披露された。これには会場に来ていたプレス関係者も大喜び。
「水の星へ愛をこめて」を歌う森口博子さん

「水の星へ愛をこめて」を歌う森口博子さん

どこから来ていたのか、熱烈なZガンダムファンと思われる記者たちを巻き込んで、さながら森口博子オンステージとなっていた。かく言う記者も「Zガンダム」ど真ん中世代のため、森口博子さんの生歌を聴けたことは非常にうれしい出来事となった。是非、コンサートなどにも足を運んでみたい。

新機種「フィーバーモビルスーツZガンダム」は今冬導入予定

画面中央が「フィーバー機動戦士Zガンダム」

画面中央が「フィーバー機動戦士Zガンダム」

ゲストの草刈正雄さんと森口博子さん
中央がSANKYO執行役員の尼子勝紀氏。
22 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

元祖バラドル、森口博子の苦労と栄光の歴史を振り返る

元祖バラドル、森口博子の苦労と栄光の歴史を振り返る

90年代、元祖バラエティアイドルとして一世を風靡し、芸能界でも独自のポジションを築き上げた森口博子。そんな彼女の活躍の裏側には、数多くの苦労と挫折がありました。そんな彼女の歴史を振り返ってみます。
t.yoshidati | 37,335 view
ファミコン「機動戦士Ζガンダム・ホットスクランブル」!「水の星へ愛をこめて」のBGMが耳に残っています。

ファミコン「機動戦士Ζガンダム・ホットスクランブル」!「水の星へ愛をこめて」のBGMが耳に残っています。

バンダイの「機動戦士Ζガンダム・ホットスクランブル」を憶えていますか?森口博子のデビュー曲「水の星へ愛をこめて」も懐かしい「横スクロール+3Dシューティングの本作」、ファイナルバージョンと称した本数限定の特別版が存在しましたね。
青春の握り拳 | 12,223 view
『ガンプラり歩き旅』その80 ~あり得たかもしれない「もう一つのZガンダム」旧1/144HGキット版完全紹介!~

『ガンプラり歩き旅』その80 ~あり得たかもしれない「もう一つのZガンダム」旧1/144HGキット版完全紹介!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 7,481 view
【週刊 20世紀Walker】Vol.16 「アイドル」だけがレコードじゃない!熱い「アニメ主題歌」を忘れちゃ困ります!!アナログレコードの世界!Vol5

【週刊 20世紀Walker】Vol.16 「アイドル」だけがレコードじゃない!熱い「アニメ主題歌」を忘れちゃ困ります!!アナログレコードの世界!Vol5

ミドルエッジがオススメする昭和の男子女子が泣いて喜ぶフリマサイト「20世紀交歓所」。その中の逸品を所長の「山本圭亮」と編集部アルバイト「富田葵」がナウくキャッチーに紹介するコーナーです!
“ガンダムの歌姫”森口博子が32年ぶりにZガンダムとコラボ!新曲「鳥籠の少年」を発表!!

“ガンダムの歌姫”森口博子が32年ぶりにZガンダムとコラボ!新曲「鳥籠の少年」を発表!!

森口博子の新曲でSANKYO「CRフィーバー機動戦士Zガンダム」の使用曲、「鳥籠の少年」のミュージックビデオが「GYAO!」で現在公開中です。森口博子が「Zガンダム」の楽曲を歌うのはデビュー以来実に32年ぶり!
隣人速報 | 2,850 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト