全部で7本作られた映画「女番長シリーズ」。主役の池玲子と杉本美樹はスケバンのイメージを決定付けました!
2018年10月2日 更新

全部で7本作られた映画「女番長シリーズ」。主役の池玲子と杉本美樹はスケバンのイメージを決定付けました!

女番長と書いて「スケバン」。1971年から始まった映画「女番長シリーズ」で初めて「スケバン」という言葉が使われたのをご存知でしたか?スケバン役をお色気たっぷりのポルノ女優「池玲子」と「杉本美樹」にやらせたところが成功の原因でしょうね!スケバンのイメージがこれで決定されたと言っても過言ではないでしょう。

9,588 view

スケバン

女番長と書いて「スケバン」。はじめてスケバンという言葉が使われたのは1971年10月27日に公開された東映映画「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」で、助監督、脚本を担当した皆川隆之の造語とされています。
そしてスケバンのイメージを決定づけたのは池玲子と杉本美樹のご両人。
杉本美樹vs池玲子

杉本美樹vs池玲子

70年代、この2人のおかげで世の青少年たちは怖いお姉さんも色っぽいのだということを知ることになるのです。と同時に、怖いお姉さんとはすぐにエッチが出来るという間違ったイメージをインプットしてしまい、痛い思いをすることにもなります。

女番長ブルース 牝蜂の逆襲

先述しましたように、スケバンという言葉を世に知らしめた記念すべき作品。それが「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」です。「女番長」という言葉は以前からありましたが、そのまま「おんなばんちょう」と読んでいたんです。スケバンのスケは「スケコマシ」のスケからとられたのだそうですよ。
女番長ブルース 牝蜂の逆襲

女番長ブルース 牝蜂の逆襲

監督:鈴木則文
脚本:皆川隆之、鈴木則文
出演者:池玲子、賀川雪絵、杉本美樹、弓恵子、池畑慎之介、山城新伍、天知茂
音楽:鏑木創
撮影:古谷伸
編集:神田忠男
配給:東映
公開:1971年10月27日
上映時間:86分
但し、ポスターではまだ「スケバン」ではなく「すけばん」と平仮名表記ですね。

しかし、なんと言っても読み方の違いもさることながら、他の女番長ものの作品との大きな違いは「バイカー映画」となっているところです。
そして、山城新伍が出演していることからも分かるように、お笑いの要素も取り入れているのはポイント高いです。

「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」(公開年月日 1971年10月27日) 予告編

う~ん、当時歌手として人気だったピーターこと池畑慎之介が今観ると新鮮ですねぇ。
そして問題のオートバイセックスです。狂気。そう言い切って問題ないでしょう。なかには自分も「やってみたい」、そう思う方もおられるかと思いますが、冷静になってもう一度考え直すことをお勧めします。

池玲子

「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」の主役を務めたのは池玲子です。池玲子といえば、ポルノ女優第一号として傑作「温泉みみず芸者」で主演デビューしたあの池玲子です。
巨乳を惜しげもなく披露するという初のトップレス番長として若者を魅了しました。

監督も「温泉みみず芸者」の鈴木則文で、「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」が大ヒットしたこともあり監督、主演ともにそのままで2作目の「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」が制作されます。
女番長ブルース 牝蜂の挑戦

女番長ブルース 牝蜂の挑戦

監督:鈴木則文
脚本:皆川隆之、鈴木則文
出演者:池玲子、杉本美樹、岡八郎、由利徹、山城新伍、梅宮辰夫
音楽:鏑木創
撮影:古谷伸
編集:神田忠男
配給:東映
公開:1972年2月3日
上映時間:84分
池玲子、カッコイイですよね。このポスターからでも魅力が十分に伝わってきます。カーセックスはもう古い、これからはオートバイセックスだと言われたら、誰だって思わず「はい、お願いします」と即答してしまいますとも。

女番長ブルース 牝蜂の挑戦(予告編)

2作目もヒットしたことで女番長といえば池玲子のイメージが定着したのですが、なんと池玲子、女優を辞めて清純派歌手になることを決意します。ポルノ女優から脱却したかったのでしょう。実際、歌手になってしまうんですね。

女番長ゲリラ

池玲子が歌手になってしまったことで、シリーズ3作目の主役は、それまで脇役だった杉本美樹が演じることになります。昇格といっていいでしょう。
女番長ゲリラ

女番長ゲリラ

監督:鈴木則文
脚本:皆川隆之、鈴木則文
出演者:杉本美樹、岡八郎、鳳啓助、京唄子、大泉滉、あがた森魚、池玲子
音楽:津島利章
撮影:赤塚滋
編集:神田忠男
配給:東映
公開:1972年8月12日
上映時間:84分
シリーズ3作目の「女番長ゲリラ」。出演者を見て「おやっ」と思われた方もいるかと思います。そうです。脱ポルノ宣言をして歌手となった池玲子の名があります。
実は池玲子、歌手としての活動に限界を感じ早くも復帰したんですね。その為に、「女番長ゲリラ」は池玲子と杉本美樹のダブルキャストになったという次第です。
41 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

オトナ女子必見!不二家のジュース「レモンスカッシュ」「ネクター」がレトロな香水になって登場!!

オトナ女子必見!不二家のジュース「レモンスカッシュ」「ネクター」がレトロな香水になって登場!!

不二家のロングセラー飲料「ネクター」「レモンスカッシュ」が、香水などを扱う専門商社・ウエニ貿易とのコラボ商品「不二家 ネクターの香り」「不二家 レモンスカッシュの香り」を発売することが明らかとなりました。
隣人速報 | 958 view
日本人の性生活を徹底調査した「ニッポンのセックス2018年版」が公開!浮気率ナンバーワンの都道府県とは?

日本人の性生活を徹底調査した「ニッポンのセックス2018年版」が公開!浮気率ナンバーワンの都道府県とは?

相模ゴム工業株式会社が、全国を対象におこなった調査「ニッポンのセックス2018年版」の結果を特設ページで発表しました。果たして現代人のセックスはどうなっているのでしょうか?
隣人速報 | 19,754 view
ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ランキングサイト「ランキングー!」にて、40~60代の男女3,222名に「かつては美少女だったと思う美熟女は?」というアンケート調査が実施されました。注目の第1位は誰なんでしょうか?10位から順にご紹介したいと思います!
隣人速報 | 57,599 view
ミドルエッジ世代が夢中になった「東映まんがまつり」が29年ぶりに復活!!

ミドルエッジ世代が夢中になった「東映まんがまつり」が29年ぶりに復活!!

1967年から1990年まで上映されていた、ミドルエッジ世代御用達の「東映まんがまつり」が29年ぶりの復活を果たすことが明らかとなりました。2019年4月26日より、新宿バルト9ほか全国で上映されます。
隣人速報 | 5,227 view
「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト