あぁ、ハレンチ。大信田礼子が魅せます、魅せます。ずべ公番長シリーズ!
2019年10月15日 更新

あぁ、ハレンチ。大信田礼子が魅せます、魅せます。ずべ公番長シリーズ!

ずべ公ではありますが、お色気たっぷり、大信田礼子の魅力満載です。ずべ公とはいえ、ドスは振り回すわ、マシンガンはぶっ放すわのやりたい放題。これが伝説の「ずべ公番長」シリーズ全4作です。

3,995 view

大信田礼子

あぁ、大信田礼子。抜群のスタイルで色気を絵に描いたようなイイ女。そう、それが大信田礼子。1967年に映画「青春太郎lに出演し、歌手としても1970年に「女の学校」でデビューしています。なんと言うかこの曲、タイトルがいかにもな感じ。このタイトルからも推察できるように、22歳とは思えない色気です。特に太もも、当時の男性諸君はこれにやられました。そう、大信田礼子は太ももだ!!
大信田礼子

大信田礼子

本名:大信田 礼子(同じ)
生年月日:1948年9月15日
出生地:京都府京都市
血液型:B型
職業:女優、歌手
活動期間:1966年 - 現在
配偶者:都倉俊一(1974年 - 1978年)
女優としても歌手としても順調にキャリアを積み上げていった大信田礼子ですが、熟女となっても太ももの魅力は健在!
大信田礼子

大信田礼子

「カナリアン・ドリーム」より
その魅力を決定づけたのは東映映画「ずべ公番長」シリーズ全4作でしょう。そりゃぁ、もう、大信田礼子の魅力バクハツですわ。では、その「ずべ公番長」シリーズ、順にご紹介しましょう。

第1弾 ずべ公番長・夢は夜ひらく

シリーズの第1作「ずべ公番長・夢は夜ひらく」が公開されたのは1970年9月です。一足早く大信田礼子は「不良番長・一攫千金」、「不良番長・出たとこ勝負」の不良番長シリーズに出演していて、これが好評ということで「ずべ公番長」シリーズの主演を勝ち取りました。大信田礼子、22歳かぁ。。。太ももが目に焼き付いて離れません!
ずべ公番長 夢は夜ひらく

ずべ公番長 夢は夜ひらく

企画:吉峰甲子夫
脚本:宮下教雄、山口和彦
監督:山口和彦
撮影:仲沢半次郎
録音:小松忠之
照明:川崎保之丞
美術:北川弘
音楽:津島利章
編集:長沢嘉樹

キャスト:大信田礼子、橘ますみ、賀川雪絵、宮園純子、藤圭子、谷隼人、金子信雄、梅宮辰夫
【解説】
新宿(じゅく)での啖呵も颯爽と、女だてらに仁義をきる。
とびきりはくいずべ公どもが、魅せて!聞かせて!暴れます!「ずべ公番長」シリーズ第1弾!!
生まれは横浜、育ちは孤児院。北は北海道、南は九州まで、女だてらに全国を練り歩き、付いた通り名は「ハマぐれおリカ」。ノーブラ、シースルールックにジーンズも颯爽と、新宿を根城に暴力団相手に派手なアクションを繰り広げる。人気爆発!藤圭子(宇多田ヒカルの母親)が唄う「圭子の夢は夜ひらく」の主題歌をバックに大信田礼子、宮園純子、橘ますみ、賀川雪絵、夏純子ら東映若手女優が一堂に集まって色気とパンチとアクション満開で競う「ずべ公番長」シリーズ第1弾!
サブタイトルの「夢は夜ひらく」は、藤圭子の大シングルからのものですね。タイアップというか、便乗というのか、おかげで映画は注目を集めました。藤圭子は宇多田ヒカルのお母さんですね。今や娘の方が有名になっていますが、若い頃の藤圭子はキレイですよぉ。

「ずべ公番長 夢は夜ひらく」(公開年月日 1970年09月22日) 予告篇

この予告編にも藤圭子がチラリと出てきますが、宇多田ヒカルより美人だと思いますけどね。

さて、この「ずべ公番長」シリーズ、監督は山口和彦です。山口和彦といえば、他に梶芽衣子の「銀蝶シリーズ」、志穂美悦子の「女必殺拳シリーズ」や千葉真一の「けんか空手シリーズ」といったシリーズものの映画で知られています。でも、まぁ、一般的にはテレビ・ドラマ「スクール☆ウォーズ」が印象深いですかね。

第2弾 ずべ公番長・東京流れ者

シリーズ第2弾「ずべ公番長・東京流れ者」は1970年12月に公開されました。1970年は「ずべ公番長」シリーズの2本意外に、大信田礼子は「不良番長・一攫千金」(4月公開)、「盛り場流し唄・新宿の女」(5月公開)、「不良番長・出たとこ勝負」(8月公開)、「経験」(10月公開)、「不良番長・口から出まかせ」(12月公開)と実に5本の映画に出てるんです。勢いがあったということですね。その勢いに乗った「ずべ公番長・東京流れ者」ですから、悪かろうはずがありません。
ずべ公番長 東京流れ者

ずべ公番長 東京流れ者

企画:吉峰甲子夫、高村賢治
脚本:宮下教雄、山口和彦
監督:山口和彦
撮影:中島芳男
録音:広上益弘
照明:元持秀雄
美術:藤田博
音楽:津島利章
編集:長沢嘉樹

キャスト:大信田礼子、橘ますみ、賀川雪絵、宮城千賀子、集三枝子、左とん平、南原宏治、渡瀬恒彦
大信田礼子扮する“ハマぐれおリカ”が全国を練り歩き大暴れするというのがこのシリーズ。第2弾も大信田礼子、橘ますみ、賀川雪絵のずべ公トリオのお色気がたまらんわけです。お色気はたまらんのですが、アクションが思いのほか激しいというのもこのシリーズの特徴ですね。
【解説】
イキなダボシャツ、ドス一本。恐喝・強盗なんでもやるぜ!
ハマぐれおリカのネリカン仕込み、喧嘩仁義をたっぷりご披露。「ずべ公番長」シリーズ第2弾!
大信田礼子、橘ますみ、賀川雪絵のずべ公トリオのお色気アクションが大評判となった「ずべ公番長」シリーズ第2弾。マキシーロングコートにダボシャツ姿も颯爽と登場するずべ公たちが、落ち目のテキ屋一家の身内となって家業に励むが、この一家の金看板を狙う暴力団相手に派手な大暴れを斬新なタッチで見せる。大信田礼子、橘ますみ、賀川雪絵が揃いの真っ赤なマキシーロングコートで殴り込むスタイリッシュなラストシーン!パンチ!お色気!アクションの三拍子揃った元祖コスプレアクションの会心作。

「ずべ公番長 東京流れ者」予告編

渡哲也と松原智恵子で1966年に「東京流れ者」という映画が公開されていますが、言うまでもなく全く別物です。が、面白いのはテーマ曲の「東京流れ者」。これは同じです。只この曲、渡哲也の他にも竹越ひろ子、渡哲也盤などが歌っているのですが歌詞がみんな違うんですよね。「ずべ公番長 東京流れ者」で歌っているのは藤圭子ですが、これまた歌詞が違います。因みに、作曲者は不詳となっています。
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

懐かしい!インパクトがあるHな映画・笑えるタイトル

懐かしい!インパクトがあるHな映画・笑えるタイトル

懐かしい映画館で観たHな映画、テレビやビデオが普及する前、60年代のピンク映画や70年代のポルノ映画。 1971年から1988年にかけて、制作され、映画館で公開されていた日活「ロマンポルノ」、東映「ニューポルノ」。懐かしい!インパクトがあるHな映画や笑えるタイトルと内容をご紹介します。
熟女ファン必見!五月みどり の色気が半端ない!

熟女ファン必見!五月みどり の色気が半端ない!

熟女エロスの女王の名をほしいままにした五月みどり。そのきっかけとなった映画「かまきり夫人の告白」は今でも語り草です。3年連続で紅白歌合戦に出場していた人気歌手が、突然ポルノ映画に出演したのですから当時は大騒ぎでした。その色気は今見ても半端ありません。
obladioblada | 41,678 view
ポルノという言葉は東映映画「温泉芸者」シリーズの「温泉みみず芸者」で初めて使われたって知っていましたか?

ポルノという言葉は東映映画「温泉芸者」シリーズの「温泉みみず芸者」で初めて使われたって知っていましたか?

ポルノというと一般的には日活を連想するのではないかと思いますが、その言葉を作ったのは実は東映なんです。温泉芸者シリーズの第4弾「温泉 みみず芸者」でその言葉は生まれました。全部で6本作られたこのシリーズ、実は大爆笑ものなんですよ。お色気は満載ですが、きっとポルノのイメージが覆されることでしょう。
obladioblada | 6,651 view
そのリアリティゆえか、思わずヤクザに憧れてしまうという危険などカッコいい「仁義なき戦い」

そのリアリティゆえか、思わずヤクザに憧れてしまうという危険などカッコいい「仁義なき戦い」

甚だ不謹慎ではありますが、「仁義なき戦い」を観てヤクザに憧れたという男性は数知れません。当時、見終わって映画館から出てくる際には、誰もが肩で風を切っていたと言われています。裏切りの連続というヤクザ抗争を描いたこの映画、さすがに実録ものだけあってリアリティが違います!
obladioblada | 3,916 view
「あぶない刑事」の名セリフ15選をYoutube動画とともに。

「あぶない刑事」の名セリフ15選をYoutube動画とともに。

「あぶ刑事」でタカとユージが連発した気障でクサいセリフ、最高でしたよね。休み時間に友達と真似したのもいい思い出。現代社会ではまず使えないセリフもありますが、名セリフ15選を東映ビデオのYoutubeと共にご覧ください。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト