ホビーパソコンの雄「PC-8801mkⅡSR以降」のSR以降には何があった?
2019年7月26日 更新

ホビーパソコンの雄「PC-8801mkⅡSR以降」のSR以降には何があった?

パソコンゲームユーザーだったら誰もが知っている「PC-8801mkⅡSR以降」。8bitパソコンのスタンダード、私たちはPC88と認識していましたね。でもPC88って一体、mkⅡSR以降に何が出たんだ??ってことでおさらいです。

4,637 view
PC88のホビーパソコンとしての確立はPC-8801mkⅡSRからでした。

PC-8801mkⅡSR(1985年1月)

PC-8801mkⅡSR

PC-8801mkⅡSR

1985年1月、PC-8801mkⅡSRが登場。

これがホビーマシンとしてのPC-8800シリーズの地位を確立した機種で、パソコンゲーマーのPC88といえばおのずと「PC-8801mkⅡSR以降」を指すものでした。

PC88自体はそれ以前にPC-8801(1981年)、PC-8801mkⅡ(1983年)がありましたが、8bit時代のライバルだった富士通FM-7やシャープのX1がホビー用途を前面に打ち出してきたことに対抗して、NECが満を持してリリースしたのがこのマシンでした。

機能面でいえばグラフィック機能の改良。解像度は640×200ドットと先行機と変わらなかったものの同時発色数が原色8色からアナログRGBによる512色中8色に。そして処理が高速化された“V2モード”が搭載されました。サウンド面ではFM音源が標準搭載されて美しいBGMや効果音が鳴らせるようになりました。
なお、3つのモデル用意されておりmodel10はFDドライブなし、model20は2Dドライブ1基、model30は2Dドライブ2基搭載となっていました。

NEC PC-8801mkⅡSR CM 1985年 武田鉄矢

以降PC88の後継機が登場するわけですが、PC88向けゲームソフトはいつも対象機種がPC-8801mkⅡSR~と表記されていましたよね。

当時MSXユーザーだった私の目には「??」だったのを憶えています。
ですのでここにPC-8801mkⅡSR以降の機種を書き記しておきたいと思います。

PC-8801mkⅡTR(1985年9月)

PC-8801mkⅡTR

PC-8801mkⅡTR

SR model30に全2重300bpsのモデム電話を追加した実験的要素の強いモデル。
なお、この機種以降は縦置き用の脚が削除されました。

PC-8801mkⅡFR(1985年11月)

PC-8801mkⅡFR

PC-8801mkⅡFR

SRの廉価版、model10では10万円を切りました。
当時、私の周りのPC88ユーザーはこのmkⅡFRが多かったです。

PC-8801mkⅡMR(1985年11月)

PC-8801mkⅡMR

PC-8801mkⅡMR

2HDと2Dの読み書きに両対応したFDD、JIS第2水準の文字まで含んだ漢字ROMを搭載するなど、当時としては非常に先進的なマシンでした。

PC-8801FH(1986年11月)

PC-8801FH

PC-8801FH

やっとmkⅡが消えました(笑

こちらも廉価モデルだと10万円を切りました。
処理速度の向上などに加え、付属キーボードには設定メニューの表示用にPCキーや日本語入力用の変換キーが追加されるなど大幅に更新されました。またPC88には珍しい筐体が黒色のモデルも登場。
旧機種の弱点であった部分を補強し機能と処理速度を向上させていったSR以降のシリーズは、SR発売当初に登場したアクションゲーム「テグザー」をはじめ、FM音源による音声合成を実現した「シルフィード」「ぎゅわんぶらあ自己中心派」、RPGでは「イースシリーズ」や「ハイドライド3」「ソーサリアン」「ドラゴンスレイヤー英雄伝説」など、SLGでは、「スーパー大戦略」や「三國志II」などのシリーズを生んだ。この頃にはPC-8800シリーズが次第に8ビットパソコン市場で一人勝ちの様相を呈するようになり、ゲームソフトが優先的に発売されるほか、PC-8801mkIISR以降用だけで発売されたタイトルも存在するようになった。
1986年は8bitPCがホビーパソコンとして全盛期を迎えた年だったと思います。
ファミコンとは違った魅力的なゲームが多々登場し、その中心にはPC88が常にありました。
56 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

あのエニックスや光栄が世に送り出した「80年代前半のエロゲー」の数々!!

あのエニックスや光栄が世に送り出した「80年代前半のエロゲー」の数々!!

80年代から大ヒットゲームの数々を生み出し続けている「エニックス」と「光栄」。前者は「ドラゴンクエスト」、後者は「信長の野望」などが有名ですが、そのヒット以前にお色気系のゲームを制作していたのをご存知でしょうか?
となりきんじょ | 10,425 view
【懐かしのPC対決!】あなたはどっち?「FMシリーズ V.S. PC88・98XXシリーズ」

【懐かしのPC対決!】あなたはどっち?「FMシリーズ V.S. PC88・98XXシリーズ」

あなたの意見がリアルタイムに反映される投票コーナー「あなたはどっち?」!今回は、【懐かしのPC対決!】あなたが持っていた、もしくは欲しかったPCは、富士通の「FMシリーズ」それとも、NECの「PC88・98XXシリーズ」?
パソコンRPGの雄、日本ファルコムが手掛けた名作ARPG「Ys(イース)シリーズ 」!1987年の第1作『イース』から振り返ってみよう。

パソコンRPGの雄、日本ファルコムが手掛けた名作ARPG「Ys(イース)シリーズ 」!1987年の第1作『イース』から振り返ってみよう。

80年代のパソコンゲームには様々なRPGが存在しました。とくに日本ファルコムからは「ドラゴンスレイヤー」「ザナドゥ」「ソーサリアン」など、当時を代表する作品が数多く生まれました。なかでも「Ys(イース)シリーズ」は、日本ファルコムを代表する作品として、1987年のリリース以降、多くのゲーマーの支持を得続けてきたのです。
青春の握り拳 | 14,434 view
【ソーサリアン】本体と独立して追加可能なシナリオと拡張性のあるシステム、古代祐三サウンドでユーザーを魅了した日本ファルコムの名作です。

【ソーサリアン】本体と独立して追加可能なシナリオと拡張性のあるシステム、古代祐三サウンドでユーザーを魅了した日本ファルコムの名作です。

80年代、パソコンのゲームユーザーなら知っていた日本ファルコムの「ソーサリアン」。いくつも追加シナリオが提供され、奏でるサウンドの秀逸さとともに、パソコンならではの横スクロールアクションRPGに燃えた人は多かったでしょう。そんなパソコンゲームの名作「ソーサリアン」について。
青春の握り拳 | 7,052 view
【Xak(サーク】他機種のFM音源に比べて貧弱だったMSXが、もっとも美しい音色を奏でたとされる名作RPG「Xak(サーク)」はPSGの丁寧な「重ね」がスゴイ!

【Xak(サーク】他機種のFM音源に比べて貧弱だったMSXが、もっとも美しい音色を奏でたとされる名作RPG「Xak(サーク)」はPSGの丁寧な「重ね」がスゴイ!

MSXユーザーならばマイクロキャビン社の名作ARPG「Xak(サーク)」に衝撃を受けた人も多いことでしょう。他のパソコンと比して貧弱なゲームサウンドだったMSXが、唯一といっていいほど他を圧倒する音色を奏でたこのゲーム。そんな「Xak(サーク)」MSX版の美麗な音色に、今一度触れてみませんか?
青春の握り拳 | 10,385 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト