著作権侵害で訴えられた幻のクソゲー『ドラちゃん』は単体のゲームとして見ても中身スッカスカ
2018年3月5日 更新

著作権侵害で訴えられた幻のクソゲー『ドラちゃん』は単体のゲームとして見ても中身スッカスカ

「あんなこといいな、できたらいいな」と考えて、つい作っちゃったのかもしれないこのゲーム。1980年、クラール電子がアーケードゲームとして発売してしまった”著作権侵害”ゲームです。皆さん御馴染みのあの主題歌まで流しちゃって、もう言い逃れできません。どうしてこうなった…。

12,376 view

概要

ドラえもん(1) (てんとう虫コミックス)

ドラえもん(1) (てんとう虫コミックス)

念のためドラえもんの画像でも貼っておこうと思って…。
本作『ドラちゃん』は、名作アーケードゲーム『クラッシュローラー』で知られるクラール電子が発売してしまった負の遺産(アーケードゲーム)です。一応。『クラッシュローラー』と同様に開発自体はアルファ電子(後のADK)が行っています…。

問題点が目白押し!

超☆著作権侵害!

まず第一に、小学館に無許可で「ドラえもん」のキャラクターなどを使用しています。

『ドラちゃん』は名前で分かるとは思いますが、ドラえもんの登場するゲームです。
しかし本作はあろうことか、事前に小学館の了承を得ずに勝手に製作しリリースまでされていました。
映画ドラえもん のび太の恐竜 [DVD]

映画ドラえもん のび太の恐竜 [DVD]

ちなみに1980年は映画ドラえもん第1作目「のび太の恐竜」が公開された年でもありました。

音楽まで無断で使用されている

本作はステージクリアするごとにボーナスステージが現れるのですが、そこではなんとあの「ドラえもんのうた」が(当時の技術故、音楽のみで歌はありませんが)超大音量かつ超スローで流れてきます。
ドラえもんのうた (OP)

ドラえもんのうた (OP)

「あんなこといいな、できたらいいな」でお馴染みのアレです。
一度だけハートを画面下から発射してドラえもんに当たるようハートを左右に操作するというつまらないボーナスステージの内容と相まって、プレイどころか見ているだけでイヤな気分になってくることうけあいです。
音楽はゲームを盛り上げる重要な要素です。せめて「ドラえもんのうた」を流すのであれば、アップテンポにした明るい曲調にアレンジしてステージ中で流してくれれば、それだけで本作の印象は多少異なったものとなっていたかもしれませんね。まあ、著作権法には触れていますのでアウトですが。
『クレイジー・クライマー』パッケージ

『クレイジー・クライマー』パッケージ

尤も、当時のゲーム業界全体の風潮であり、同年の『クレイジー・クライマー』でも「ドラえもんのうた」が使用されていましたけども。

ゲームシステムも「ドラえもん」である意味がない

レバーで自機である『ヘッドオン』みたいな車?を東西南北に動かして敵から逃げながらドットを集めて画面上部の赤い壁に付いたトゲを取り除き、トゲがなくなって赤い壁にあいた穴を通れるようになったらドラえもんに体当たりしてステージクリア。…以上です。

やる事は本当にこれだけで、ひみつ道具を使ったりのび太達が登場したりといったドラえもんならではの要素は一切ありません。普通にオリジナルでは駄目だったのでしょうか…。
『パックマン』パッケージ

『パックマン』パッケージ

つまり「ドットイートゲーム」だったわけです。
「ドットイートゲーム」と言えば『パックマン』ですね。
ステージにいる敵キャラは本作オリジナルの犬や猫、猿といった動物で、絵柄も全く藤子タッチではありません。
この敵キャラのデザインは後に『クラッシュローラー』でもカラー化されて背景に流用されています。それだけならまだしも、これらの敵は動きが妙にトリッキーで先を読みにくく、おまけに縦への移動がなぜか8ドット単位で急に動くという雑な仕様なため頻繁にぶつかりやすいです。

なんとかして評価点を…

ドラえもんの絵は1980年という時代にしては良くできている

また、基板には日本語フォントのデータがないにも関わらずタイトル画面で複数の球体を並べて「ドラちゃん」と日本語表記しているのも芸が細かいですね。
…肝心のゲーム内容の方にも力を入れろと言わざるを得ないわけですが。

総評……

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 2019/5/13 11:58

    この記事自体が無断転載レベルですよね

    転載ですか? 2019/4/5 06:47

    内容が某wikiと同じですが
    引用の域を超えてませんかね?
    wiki側が転載したのでしょうか

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

1986年に発売され、現在に至るまで野球ゲームの傑作として認知されている「ファミスタ」シリーズについて振り返ってみましょう。
「いっき」はクソゲーと呼ばれながら皆に愛され続ける、微笑ましくもコミカルなアクションゲーム。

「いっき」はクソゲーと呼ばれながら皆に愛され続ける、微笑ましくもコミカルなアクションゲーム。

「いっき」1985年にアーケードゲームで登場し、同年にファミコンに移植されたアクションゲーム。いわゆる「クソゲー」としての知名度が高いゲームでしたが、実際はアクションゲームのヒット作でした。「一揆なのに一人で戦う」とか「一揆なのに相手が忍者」などツッコミ要素が強い作品だった「いっき」について振り返ってみます。
青春の握り拳 | 32,918 view
小室友里、夕樹舞子、「洗濯屋ケンちゃん」監督にインタビューを敢行!『伝説のAV女優~黄金時代を築いた女神たち』が発売!!

小室友里、夕樹舞子、「洗濯屋ケンちゃん」監督にインタビューを敢行!『伝説のAV女優~黄金時代を築いた女神たち』が発売!!

彩図社より、80年代から90年代におけるアダルトビデオ黄金時代を築き上げたAV女優らへのインタビューを収録した書籍『伝説のAV女優~黄金時代を築いた女神たち』の発売が決定しました。
隣人速報 | 4,439 view
1987年の松田聖子ベスト「Snow Garden」が最新技術で蘇る!当時の活動は?

1987年の松田聖子ベスト「Snow Garden」が最新技術で蘇る!当時の活動は?

ソニー・ミュージックダイレクトより、1987年11月にリリースされた松田聖子のベストアルバム「Snow Garden」を最新のデジタル・リマスタリングしたBlu-spec CD2『Snow Garden』が発売されます。
隣人速報 | 191 view
「東京ラブストーリー」で関口さとみを演じた!女優・有森也実(53)が19年ぶりに写真集を発売!!

「東京ラブストーリー」で関口さとみを演じた!女優・有森也実(53)が19年ぶりに写真集を発売!!

ワニブックスより、女優・有森也実(ありもり なりみ)の写真集『prayer』が発売されることが明らかとなりました。発売予定日は10月22日、価格は3300円(税込)。
隣人速報 | 16,945 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト