『アリエスの乙女たち』(1987年)アリエス・・・愛のためなら死ぬ事さえも喜び。見極めてみたい、そんな愛を
2017年1月30日 更新

『アリエスの乙女たち』(1987年)アリエス・・・愛のためなら死ぬ事さえも喜び。見極めてみたい、そんな愛を

スケバン刑事では仲間同士だった南野陽子と相楽ハル子の松村雄基をめぐる激しい愛の戦いが見所でした。高飛車だった南野陽子が失明してしまう松村雄基との壮絶な愛を通じて成長していきます。80年代の大映ドラマらしい激しい展開や名言も多数。このアリエスの乙女たちをじっくり、おさらいしていきましょう。大映ドラマの常連の松村雄基は不良高校生とは思えない名言をあいかわらず連発します。いつ見ても勉強になります!

61,102 view

『アリエスの乙女たち』(1987年・大映テレビ制作・フジテレビ系列放送)

『アリエスの乙女たち』(1987年・大映テレビ制作・フ...

『アリエスの乙女たち』(1987年・大映テレビ制作・フジテレビ系列放送)

『アリエスの乙女たち』(アリエスのおとめたち)は、里中満智子作の少女漫画。1973年より『週刊少女フレンド』(講談社)にて連載された。
1987年に南野陽子主演でテレビドラマ化され、大映テレビ制作・フジテレビ系列で放送された。

アリエスとは牡羊座。天駆ける金色の牡羊は、愛の為なら死ぬことさえ喜びとするという。男女共学の私立の名門・仰星高校がこの物語の舞台。

演劇部でヒロインを演じる2年生の久保恵美子(佐倉しおり)は生徒会長で馬術部のキャプテンの3年生・磯崎高志(石橋保)に想いを寄せていたが、その気持ちを伝える事が出来ずにいた。

仰星高校にも結城司(松村雄基)をリーダーとするツッパリグループがおり、高志と対立していた。そんなある日、恵美子のクラスにパリ帰りの水穂薫(南野陽子)が転校してきた。

エレクトラと名付けられた馬を連れて馬術部に入部した薫は、司たちの脅しにも毅然とした態度で臨み、たちまち校内注目を浴びる。恵美子は薫が自分とはほぼ1歳違いの同じアリエス生まれだと知り、何故か胸の高鳴りを覚える。

同じアリエスの星座の下に生まれた二人の運命的な出合いだったが、二人の間には意外な事実が隠されていた。

アリエスの乙女たち オープニング - YouTube

アリエス…天翔る金色の牡羊。その星の運命(さだめ)…愛のためなら死ぬ事さえも喜び。見極めてみたい、そんな愛を…。(オープニング・ナレーションより)

名門私立・仰星高校に、水穂薫(南野陽子)が転校してくる。

名門私立・仰星高校に、水穂薫が転校してくる。

名門私立・仰星高校に、水穂薫が転校してくる。

担任教師・大下直樹(宅麻伸)は、パリからの帰国子女だと一同に紹介した。
水穂 薫 - 南野陽子

水穂 薫 - 南野陽子

久保恵美子:佐倉しおり

久保恵美子:佐倉しおり

同級生・久保恵美子(佐倉しおり)は、同性でありながら薫に恋愛感情を抱いていた。恵美子にとって、薫は憧れの存在だった。
不良の1人が、恵美子の肩にわざとぶつかった。その拍子で、不良は本を床に落とした。エロ本だった。

不良「拾ってくれよ」

不良に言い掛かりを付けられて恵美子が困っていると、丁度通りがかった高志が割って入った。

高志「馬鹿な真似は止めろ。女の子にこんな物を見せて何が面白いんだ」

待ってましたとばかりに不良の1人が高志に詰め寄った。番長の結城司(松村雄基)だった。
結城司(松村雄基)「こんな物(エロ本)って言ったな。生...

結城司(松村雄基)「こんな物(エロ本)って言ったな。生徒会長さんはこんな物には興味が無いって言うのか?こんな物見たくもねえって言うのかよ?」

お互いに気に食わない不良と優等生、ライバルの二人。
磯崎 高志(石橋保)「見たくないと言えば嘘になるな。 ...

磯崎 高志(石橋保)「見たくないと言えば嘘になるな。 俺だって男だ。 綺麗なヌードには興味がある」

非常にレベルが低い言い争いをする二人・・・さすが80年代の大映ドラマだ。
高志と結城が言い争っている間に、恵美子はそそくさとその場から逃げ出した。

恵美子は少々複雑な気持ちだった。高志がかばってくれて助かった。しかし、ヌードに興味があると言い返した高志の台詞はショックだった。

「あの人があんな事言うなんて、信じられない」
多感な恵美子は、高志に抱いていた憧れが急に崩れ去るのを感じていた。

薫は愛馬エレクトラに乗り颯爽と馬術部に現れ、大会への選手として抜擢されたことから、部員たちの反感を買ってしまう。

新入部員の薫が、自分の馬であるエレクトラ以外には乗らな...

新入部員の薫が、自分の馬であるエレクトラ以外には乗らないと主張したことで、 先輩部員たちと衝突している。

馬場では数人の不良たちがエレクトラを追い掛け回していた。薫は乗馬用ステッキを手に取ると、不良たちを相手に鞭を振り回した。

薫「よくも私のエレクトラを」

それに怒った不良たちが薫を取り囲むと、騒ぎに気付いて駆け付けた番長・結城が一同を諌めた。

司「テメエら。何をやってるんだ。誰がこんな事しろって言った」

遅れて駆け付けた恵美子が間に割って入った。

恵美子「止めて!私の薫さんに手を出したら承知しないわよ」

騒ぎを見守っていた一同が静まり返った。普段大人しい恵美子の予想外の一言だった。恵美子と薫はレズビアンなのか。唖然とする一同・・・
薫(南野陽子)「エレクトラは私の命よ。 この馬を傷つけ...

薫(南野陽子)「エレクトラは私の命よ。 この馬を傷つけたら誰であろうと私は殺す!」

結城司の恋人・津川敬子(相楽ハル子)は「司が薫に強い関...

結城司の恋人・津川敬子(相楽ハル子)は「司が薫に強い関心を持っている」ことを不安に思っている。

馬術部の部室に閉じ込められた司と薫

女子高生・水穂薫(南野陽子)は、シャワーから出て異変に気付いた。部室に閉じ込められている。
ドアは外から施錠され、窓には鉄格子が嵌っている。
密室となった部室に、部員は誰も居なかった。
居たのは、以前馬場で薫を襲った番長・結城司(松村雄基)だけだ。
司「安心しな。俺だってレディーへの礼儀くらい守ってやるさ」

司「安心しな。俺だってレディーへの礼儀くらい守ってやるさ」

薫「何するの!礼儀を守るって言ったじゃない」

薫「何するの!礼儀を守るって言ったじゃない」

113 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

連載40周年を迎えた「ガラスの仮面」スピンオフアニメが10月からTOKYO MXで放送!

連載40周年を迎えた「ガラスの仮面」スピンオフアニメが10月からTOKYO MXで放送!

今年、連載40周年を迎えたベストセラー少女漫画「ガラスの仮面」のスピンオフアニメ「3ねんDぐみガラスの仮面」が、10月3日からTOKYO MXで放送されることが明らかとなった。累計発行部数5000万部を超える不朽の名作のアニメ版に期待が膨らむ。
「この物語は…」ナレーションにハマった【大映ドラマ】オープニングテーマ曲

「この物語は…」ナレーションにハマった【大映ドラマ】オープニングテーマ曲

心をワシ掴みされるオープニングナレーションからはじまる大映ドラマのテーマ曲をまとめました。『スクール☆ウォーズ』や『不良少女とよばれて』等、「この物語は…」からはじまるナレーション&テーマ曲が流れ出した時の高揚感はハンパない!
ヤマダゴロー | 63,084 view
1980年代の『大映ドラマ』の最盛期(1983年~89年)第一弾4選:スクール☆ウォーズ・ヤヌスの鏡・スチュワーデス物語・少女に何が起ったか

1980年代の『大映ドラマ』の最盛期(1983年~89年)第一弾4選:スクール☆ウォーズ・ヤヌスの鏡・スチュワーデス物語・少女に何が起ったか

極端なキャラクター設定、時代錯誤的なくさい演技や名言のオンパレードの大映ドラマはまさに昭和ドラマの最高傑作です。その中でも特に人気のスクール☆ウォーズ・ヤヌスの鏡・スチュワーデス物語・少女に何が起ったかの4作品を振り返ってみましょう。
ガンモ | 49,796 view
明るい気持ちになれる名曲!【南野陽子】の「はいからさんが通る」

明るい気持ちになれる名曲!【南野陽子】の「はいからさんが通る」

映画『はいからさんが通る』の主題歌となったこの曲は、聴いているとこちらまで明るくなれました。今回はそんな南野陽子さんのシングル「はいからさんが通る」をしっかり聴き直してみたいと思います!
つきねこ | 422 view
あの名作がカムバック!!今度の舞台は少年院!?実は名作『スクールウォーズ2』

あの名作がカムバック!!今度の舞台は少年院!?実は名作『スクールウォーズ2』

滝沢賢治(演:山下真司)がラグビー部に帰ってきた!しかし、その高校は少年院の中にあった!第1作の出演者も多数出演しているが、なんと別の役として登場していた。あの人も出ていた『スクールウォーズ2』をもう一度見てみたい!
レイルウェイズ | 46,576 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト