「足のいいやつ」のキャッチコピーが懐かしいトヨタ・カリーナ
2017年8月21日 更新

「足のいいやつ」のキャッチコピーが懐かしいトヨタ・カリーナ

印象に残るキャッチコピーは数多いですね。「白いクラウン」のように車名そのものが入るものもあれば、日産セフィーロの「くうねるあそぶ」のようにコピーだけのものもありました。では、「足のいいやつ」といえば? 今回はトヨタ・カリーナを紹介しましょう。

6,110 view

セリカのシャシーを使った4ドアセダン

トヨタ・カリーナは1970年から2001年まで発売されていたトヨタの小型セダン。直列4気筒・後輪駆動のごく普通の成り立ちですが、シャシーは同クラスのコロナではなく、スペシャルティカーのセリカと共用したため、スポーティさを売りにしていました。

1971年に追加されたGTは、セリカGTと同じ2T-G型エンジンを搭載。直列4気筒1600ccのDOHCエンジンは、三國工業製のソレックスキャブレターを2連装し、最高出力は115PSと高性能でした。
初代カリーナの4ドアセダン

初代カリーナの4ドアセダン

Cピラーからトランクにかけて、流麗なデザインをしている。
CMには俳優の千葉真一が起用され、「足のいいやつ」のキャッチコピーを初めて使用。ファミリーカーのコロナよりもスポーティで、日産ブルーバードの中でもスポーツグレードのSSSをライバルとする位置付けられていました。

1974年のマイナーチェンジでは、2ドアハードトップに直列4気筒2000ccの18R-G型エンジンを搭載した2000GTが追加され、スポーティイメージを強固なものにしました。

デザインは一般的な4ドアセダンですが、Cピラーからトランクにかけての流麗なラインと、縦長のテールランプが特徴です。ボディ形状は4ドアセダンと2ドアセダンをラインナップ。1972年に追加された2ドアハードトップは、ボンネット以外はセダンモデルとまったく異なるデザインとなりました。また、1975年にはライトバンが追加されました。
初代カリーナの2ドアセダン

初代カリーナの2ドアセダン

縦長のテールライトが特徴だった。
普通のセダンボディに、1600ccのDOHCエンジンと...

普通のセダンボディに、1600ccのDOHCエンジンとセリカの足回りを備えた1600GT

ボンネット以外は、セダンとはまったく異なるデザインとな...

ボンネット以外は、セダンとはまったく異なるデザインとなった2ドアハードトップ。

トヨタCM 1970 初代カリーナ

千葉真一が出演する初代カリーナのCM。「足のいいやつ」のキャッチコピーが使われている。

スポーツセダンとしてのイメージを確立

初代は7年に渡って製造され、1977年にセリカとともに2代目にモデルチェンジ。初代よりも角張ったデザインになり、小型スポーツセダンとして精悍なデザインになりました。ボディ形状は4ドアセダンと2ドアハードトップ、さらにライトバンが設定されました。

当初は丸型4灯のヘッドライトでしたが、1979年のマイナーチェンジで、当時流行していた斜めに傾斜したスラントノーズを採用。ヘッドライトも角形4灯に変更されました。
角張ったセダンボディを採用した2代目

角張ったセダンボディを採用した2代目

初代の後半から引き続いて排ガス対策に悩まされた時代でしたが、スポーツグレードとして直列4気筒1600ccの2T-GEU型エンジンを搭載する1600GTと、直列4気筒2000ccの18R-GU型エンジンを搭載する2000GTを設定。標準的なエンジンを搭載するスポーティグレードとしてSTが設定されました。

初代から続いて「足のいいやつ」のキャッチコピーが使われ、カリーナのスポーティなファミリーカーというイメージは定着していきました。
角形4灯のテールライトが、カリーナ流のスポーティデザイン

角形4灯のテールライトが、カリーナ流のスポーティデザイン

マイナーチェンジで、前面が傾斜したスラントノーズを採用...

マイナーチェンジで、前面が傾斜したスラントノーズを採用。ヘッドライトが角形4灯になり、スポーティ感が増した。

トヨタCM 1977 2代目カリーナ

「足のいいやつ」が踏襲された2代目カリーナのCM。迫力あるラリーシーンに注目。

長寿になった最後のFRモデル

1981年にフルモデルチェンジをした3代目は、やや複雑な歴史をもちます。フルモデルチェンジでは4ドアセダン、2ドアクーペ、ライトバンを設定。遅れてステーションワゴンが「サーフ」の名で追加されました。

スポーツグレードとしては、直列4気筒1600ccの4A-GE型エンジンを搭載する1600GTと、直列4気筒2000ccの18R-GEU型エンジンを搭載する2000GTが設定されました。

さらに1982年、直列4気筒1800ccの3T-GTEU型エンジンを搭載するGT-TとGT-TRが追加されます。このエンジンは日本初のDOHCターボエンジンで、同じエンジンを搭載するモデルがセリカ、コロナでも同時発売されました。
3代目は、2代目の後期型を踏襲したデザイン

3代目は、2代目の後期型を踏襲したデザイン

写真は豪華仕様のSEエクストラ。
しかし、モデル途中にFF車が追加され、併売されることになりました。その結果、非常に長いモデル寿命を保つことになったのも、3代目の特徴といえるでしょう。

ちなみに、筆者も3代目カリーナの記憶はありますが、どちらかというとお買い得モデル「マイロード」の方が、街で見かけたものです。カリーナにとって、スポーティなイメージは営業ツールでもあったのです。
日本初のDOHCターボとなった1800GT-T

日本初のDOHCターボとなった1800GT-T

走りのカリーナの面目躍如だった。
37 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【自動車クイズ】車種当てクイズ!テールランプ・フロント編!オジさんならすぐ分かる!?

【自動車クイズ】車種当てクイズ!テールランプ・フロント編!オジさんならすぐ分かる!?

自動車の写真を見て車種当てクイズに答えよう!今回は、テールランプやフロントライト等にフォーカスして写真をピックアップしました。
【自動車クイズ】懐かしい車の写真から車種名を当てよう!

【自動車クイズ】懐かしい車の写真から車種名を当てよう!

写真で振り返る懐かしい自動車クイズ!車の写真を見て車種名を3つの選択肢から選んでください。すべて正解できれば凄い!
【懐かしネタ自動車クイズ】車に関するクイズ10問!

【懐かしネタ自動車クイズ】車に関するクイズ10問!

自動車について懐かしいネタをクイズにしてみました。車好きならきっと分かるはず!
昔はCoCo壱番屋より有名だった!?『牛友チェーン』なんて覚えているかな・・・

昔はCoCo壱番屋より有名だった!?『牛友チェーン』なんて覚えているかな・・・

1970年代後半~1980年代始めに東京近郊で勢力を伸ばしていたカレーチェーン店の『牛友チェーン』。小中学校の時は友達と飯となると、大体『牛友チェーン』のカレーでした、懐かしく思いまとめてみました。
ギャング | 2,026 view
明日自慢したくなるコカ・コーラやマクドナルドなど有名企業ロゴに隠されたメッセージ!!

明日自慢したくなるコカ・コーラやマクドナルドなど有名企業ロゴに隠されたメッセージ!!

マクドナルドやサーティーワンなど、私達は有名企業のロゴマークを何の気なしに結構見ていると思います。いや数え切れないくらい目にしていると思います。しかし、有名企業ロゴに隠されたメッセージに気づいたことがあるだろうか?
ギャング | 12,397 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト