【由美かおる】お色気たっぷりの入浴シーンから経歴・代表作まで一挙紹介!
2020年5月5日 更新

【由美かおる】お色気たっぷりの入浴シーンから経歴・代表作まで一挙紹介!

いくつになっても変わらぬ美貌をもち、実年齢とはかけ離れた色気を放つ女優の由美かおるさん。今回は彼女の経歴・代表作から、お色気たっぷりでドキドキしてしまう名シーンを紹介させていただきます。由美かおるさんの魅力について、どんどんピックアップしていきますので、ぜひ記事をご覧になってください。

4,774 view

美魔女として名高い由美かおるさん

由美かおるさんのプロフィール

由美かおるさんのプロフィール

本名  :西辻 由美子
職業  :女優
生年月日:1950年11月12日
出身地 :京都府京都市
血液型 :B型
身長  :157cm
体重  :44kg
由美さんやミーコと愛称で呼ばれていることでも有名ですよね。スリーサイズはバスト86cm、ウエスト58cm、ヒップ86cmと公表されており、デビュー当時から現在までそのままのスタイルを維持していると言うから驚かされます。

由美かおるさんの経歴

京都府京都市に生まれた由美かおるさんは、6歳から兵庫県川西市に移って育ちました。
高校を中退して、1962年に西野バレエ工団に入り、1965年には『サンデー志ん朝』、1966年には『11PM』といった人気番組に出演することで注目を集めるようになります。
そして、1967年に出演した音楽番組『レ・ガールズ』では、ミニスカート姿でマリリン・モンローのレパートリーを歌って踊るシーンが大きな話題となり、歌手として活動をするきっかけにもなりました。この当時、レコード会社を転籍しながら、『レモンとメロン』『炎の女』『しなの川~雪のさだめ』『別れる前に』『ちぎれ雲』といった楽曲を発表しています。

歌手として

『レモンとメロン』

【作詞】水島哲
【作曲】浜口庫之助
【編曲】小杉仁三
【歌手】由美かおる

『炎の女』

【作詞】千家和也
【作曲】井上忠夫
【編曲】馬飼野俊一
【歌手】由美かおる

『炎の女~雪のさだめ』

【作詞】阿久悠
【作曲】市川昭介
【編曲】竜崎孝路
【歌手】由美かおる
全ては紹介しきれませんが、由美かおるさんは、まだまだこの他にも多くの楽曲を歌っていて、多くのレパートリーを持っています。

女優として

女優としては、1973年に公開された映画作品『同棲時代-今日子と次郎-』で初めてヌードを披露して、同年公開の映画『しなの川』では色っぽい和服姿やオールヌード、処女喪失の場面が大きな話題となりました。
それ以降の脱ぎっぷりも凄く、『ノストラダムスの大予言』『エスパイ』『超高層ホテル殺人事件』といった映画作品でも美しいヌードを露わにしています。
これだけだとヌードだけの印象が強くなってしまいますが、大ヒット映画の『トラック野郎』シリーズのマドンナ役として出演。そして、人気時代劇『水戸黄門』といった作品はミドルエッジ世代の記憶にも新しいところなのではないでしょうか。
『同棲時代-今日子と次郎-』

『同棲時代-今日子と次郎-』

1973年公開
監督:山根成之
出演:由美かおる
   仲雅美
   入川保則
   進千賀子
   岩崎和子

ストーリー

ある日、雑踏のなかでばったりと再会した今日子(由美かおる)と次郎(仲 雅美)。一夜を過ごしたふたりはそのまま次郎の部屋で一緒に暮らすことを決めた。
ある日、今日子は会社の社長の上条(入川保則)から結婚してほしいとプロポーズをされる。しかし「わからない部分の多い完成された男よりも、やることなすこと丸見えで未完成の男の方が私には愛しい」と今日子は次郎を想った。
結婚には縛られない、純粋な愛のかたち。ふたりだけの自由でしあわせな同棲時代。そんな時、今日子は自分が妊娠していることを知る。次郎にそのことを打ち明けると…。
当時はイケメン俳優として人気が高かった仲雅美さんのデビュー作でもあり、由美かおるさんとの大胆な絡みは見逃せないポイントです。色んな意味でお世話になった男性はきっと多いはず。
『しなの川』

『しなの川』

1973年公開
監督:野村芳太郎
出演:由美かおる
   仲雅美
   岡田祐介
   仲谷昇
   岩崎加根子

ストーリー

昭和初期の激動の時代。新潟県の十日町にある織元の娘、雪絵(由美かおる)は丁稚奉公にやってきた竜吉(仲 雅美)と恋に落ちる。お互いに母親を知らないという境遇に心を寄せ合ったのだ。
逢瀬を重ね、愛を誓い合う雪絵と竜吉。しかし、そのことを知った父の淳三郎(仲谷 昇)は雪絵を長岡の女学校に入れてしまう。そして、新任の国語の教師として赴任してきた沖島(岡田裕介)に恋心を抱く雪絵。
幸せを壊す悪い癖…。男を裏切る悪い癖…。身体なんかなければいい。心なんかなければいい。悩み、傷つきながらも、雪絵は自分の生き方を見つけていく。
『同棲時代-今日子と次郎-』と同じく、こちらもイケメン俳優・仲雅美さんと由美かおるさんの絡みを見せる映画作品です。しかし、仲雅美さんだけではなく、女学校の教師役である岡田祐介さんとも…
監督が違うことで作風が違い、またガラッと変わった印象で楽しめます。由美かおるさんのヌード目当てなら、断然、こちらの方がおすすめです。
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

「The・かぼちゃワイン」で有名な漫画家・三浦みつるが自身のTwitterにて、新作描きおろしである「バック・トゥ・The・かぼちゃワイン」をもって漫画家を引退することを発表しました。
隣人速報 | 11,488 view
時代劇での、超あるあるお決まりシーン・フレーズのまとめ《水戸黄門編》

時代劇での、超あるあるお決まりシーン・フレーズのまとめ《水戸黄門編》

「時代劇での、超あるあるお決まりシーン・フレーズのまとめ《時代劇一般編》」では時代劇に共通したものをご紹介しましたが、今回は『水戸黄門』に特化したお決まりシーン・フレーズを列挙してみようと思う。さて、どのようなものがあるでしょうか?
Tバックの進化系?過激なコスチュームTフロントで衝撃を与えた『ピンクサターン』

Tバックの進化系?過激なコスチュームTフロントで衝撃を与えた『ピンクサターン』

飯島愛などによって流行したTバックを超えるTフロントを着用した『ピンクサターン』について紹介。
きちんとチキン | 96,316 view
あの“崖っぷちアイドル”熊切あさ美(39)が15年ぶりに写真集を発売!インスタなどで必死にアピール!!

あの“崖っぷちアイドル”熊切あさ美(39)が15年ぶりに写真集を発売!インスタなどで必死にアピール!!

かつて「崖っぷちアイドル」と呼ばれ、バラエティ番組などで人気を博したタレント・熊切あさ美(39)が、15年ぶりの写真集を6月19日に発売することが明らかとなりました。
隣人速報 | 242 view
【大沢逸美】不作の83年組でも売れっ子!光と影を平行してきた人生

【大沢逸美】不作の83年組でも売れっ子!光と影を平行してきた人生

大映ドラマの影響もあり何故か不良グループ幹部のイメージが強く、姉御的存在の大沢逸美さん。数々のビックアイドル誕生の80年代にデビューした大沢逸美さんは他のアイドルとは異なり、デビュー当初からボーイッシュで落ち着いた貫禄たっぷりのアイドルでした。そんな大沢逸美さんはドラマでは名脇役として欠かせない存在。今回、大沢逸美さんの華やかな芸能生活とは正反対であったとされるプライベートに関して調べてみました。
チャーミー | 13,087 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト