GB初のRPG「魔界塔士SaGa」からの3部作!伝説はここから始まった…!
2017年1月23日 更新

GB初のRPG「魔界塔士SaGa」からの3部作!伝説はここから始まった…!

1989年にゲームボーイ初のRPGとして発売されたSaGaシリーズ3部作を個性的な音楽とともに振り返りました!

26,802 view

第三作「時空の覇者 SaGa3」

 (1686049)

1991年にスクウェアより発売。
ゲームボーイのサガシリーズ最後の作品となった。

はるか昔、サガ世界に異次元の神々の侵略してきた。
サガ世界の神ソールは、戦闘機ステスロスを用い、異次元の神々を封印した。
しかしその後の未来で異次元の神々が復活し、世界は再び滅亡の道へ。
滅亡しかけた世界を救う為、サガ世界の戦士の1人ボラージュは3人の幼児に希望を託しタイムマシンに乗せ過去に送り込んだ。
成長した3人の若者とギルの孫娘シリューは歴史を変える為、ステスロスを復活させる旅に出る。
過去・現在・未来と時間移動を繰り返しながら戦い続ける物語。

キャラクター設定された主人公たち。

 (1686057)

メインキャラクターである4人の若者に名前と個性が設定された。
人間の男・主人公「デューン」、エスパーの男「ポルナレフ」、エスパーの女「ミルフィー」、人間の女で、長老ギルの孫娘ヒロイン「シリュー」の4名。
設定され名前まで与えられたのにポルナレフとミルフィーにはセリフはなかった…切ない。

ゲームボーイ版はイラストを見ても誰が誰かわかりにくい(笑)
戦闘時に小さなアイコンで主人公たちが表示されるようになったのも新しかった。

新たに一新されたゲームシステム。

 (1686081)

「時空の覇者 SaGa3」は今までの独自システムはほぼ廃止され、新たなゲームシステムが導入された為、今までのファンから「サガらしくない」と称されることも多々。
数字によるレベルアップが導入され普通のRPGに近くなった。
樹族は全6種に増え、「肉」「パーツ」の組み合わせで種族が決定・変身するシステムとなり、
「人間、エスパー」「獣人」「モンスター」「サイボーグ」「ロボット」に分類された。
能力はより細かく分類され、アイテムや種族によって大きく成長が異なる。

戦闘機「ステスロス」

 (1686060)

昔、異次元の神々とソール神が闘った際、使われた戦闘機「ステスロス」。(画像はリメイク版のもの)
時間を操ることが出来、タイムマシンとしても活躍。
ステスロスのパーツはソールにより世界に散りばめられており、主人公たちは序盤、パーツを集めることになる。
飛行時は戦闘でも活躍。
波動砲、メビウス砲、ステルスバリアなど特殊能力が使える。
カプセルホテルや浄化マシンも搭載され、時空の覇者 SaGa3では重要な位置にいる戦闘機。

創造神「ソール」「異次元の神々」の壮大な歴史がドラマチック!

 (1686083)

異次元のみずがめは子供心に怖かった記憶が…!
異次元の魔物と大量の水…魔物に水攻め…なんて恐ろしい!

時間旅行をしながらそれぞれの世界で様々なキャラクターと出会い、異次元の神々と闘っていくが、過去未来のつながりなどストーリーも面白かった。
創造神ソール神のもう1つの姿がラスボスのラグナ神であることが判明し、ソール神は自らを倒しラグナもろとも滅ぼうとするが最終的にはラグナ神に取り込まれた。

SAGA3 時空の覇者 ラスト - YouTube

出典 youtu.be

三作目の楽曲は「笹井隆司氏」が担当。

Sa•Ga 3: 時空の覇者 / SaGa3: Jikuu no Hasha / Final Fantasy Legend III Track 2 - YouTube

出典 youtu.be

Sa•Ga 3: 時空の覇者 / SaGa3: Jikuu no Hasha / Final Fantasy Legend III Track 11 - YouTube

出典 youtu.be
1,2とはまた違った魅力を放った笹井隆司氏の音楽も素敵でした。
神話的だったり未来的だったりと幅広く楽しませてくれました。
シリーズとして過去作品の曲もしっかり残っています。
68 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「サガシリーズ」の原点、何でもありのRPG!『魔界塔士 Sa・Ga』はゲームボーイでここまでできた!

「サガシリーズ」の原点、何でもありのRPG!『魔界塔士 Sa・Ga』はゲームボーイでここまでできた!

『魔界塔士 Sa・Ga』はスクウェアが1989年12月に発売したゲームボーイ用RPGです。本作は『ファイナルファンタジー』をゲームボーイに上手く落とし込んだ作品といった感じで、北米版のタイトルは『The Final Fantasy Legend』というそうな。後に「サガシリーズ」として続編が次々に作られることとなる名作です。今回は記念すべき一作目のご紹介!
『ロマンシングサ・ガ3』のゲームでは描かれなかった隠された物語を舞台化!「サガ」シリーズの作曲家・伊藤賢治氏も参加決定

『ロマンシングサ・ガ3』のゲームでは描かれなかった隠された物語を舞台化!「サガ」シリーズの作曲家・伊藤賢治氏も参加決定

1995年にスクウェア(現:株式会社スクウェア・エニックス)から発売された、「サガ」シリーズを代表するゲーム作品『ロマンシングサ・ガ3』を原作にした舞台が4月15日から公演を開始する。その舞台の音楽監修では、「サガ」シリーズでおなじみの作曲家・伊藤賢治氏が参加する。
red | 1,787 view
「サ・ガ」シリーズ30周年!Nintendo Switchから初期作品を集めた『サ・ガ コレクション』が発売!!

「サ・ガ」シリーズ30周年!Nintendo Switchから初期作品を集めた『サ・ガ コレクション』が発売!!

スクウェア・エニックスより、人気RPG「サ・ガ」シリーズの30周年を記念したNintendo Switch用ダウンロードコンテンツ『Sa・Ga COLLECTION(サ・ガ コレクション)』の発売が決定しました。
隣人速報 | 1,189 view
伊藤賢治、植松伸夫、浜渦正志…スクウェアの「サガ(SaGa)」シリーズに用いられた700曲以上の楽曲が聴き放題に!!

伊藤賢治、植松伸夫、浜渦正志…スクウェアの「サガ(SaGa)」シリーズに用いられた700曲以上の楽曲が聴き放題に!!

スクウェア(現スクウェア・エニックス)が輩出したRPGの金字塔「サガ(SaGa)」シリーズに用いられた700曲以上の楽曲が、Apple Music、Spotify、Amazon Music、ANiUTa、AWA、LINE MUSIC、SMART USENの各聴き放題サービス(サブスクリプション)にて、現在好評配信中です。
隣人速報 | 670 view
「ゲームボーイ版」テトリス発売の裏で起きていたライセンス問題。日本初のRPGザ・ブラックオニキス開発者が単身ソ連に乗り込み解決のきっかけを作った。

「ゲームボーイ版」テトリス発売の裏で起きていたライセンス問題。日本初のRPGザ・ブラックオニキス開発者が単身ソ連に乗り込み解決のきっかけを作った。

1989年6月14日に任天堂から発売された「ゲームボーイ(GB)版テトリス」。書籍『テトリス・エフェクト―世界を惑わせたゲーム』(白揚社)には、日本初のRPGザ・ブラックオニキス開発者ヘンク・ロジャースが、ゲームボーイ版発売に尽力した様子がスリリングに描かれています。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト