GB初のRPG「魔界塔士SaGa」からの3部作!伝説はここから始まった…!
2017年1月23日 更新

GB初のRPG「魔界塔士SaGa」からの3部作!伝説はここから始まった…!

1989年にゲームボーイ初のRPGとして発売されたSaGaシリーズ3部作を個性的な音楽とともに振り返りました!

19,751 view

サガシリーズの原点はゲームボーイから始まった!

 (1685967)

サガシリーズはスクウェアのRPGゲーム。
1989年、ゲームボーイで第一作目「魔界塔士Sa・Ga」が発売された。
ゲームボーイで3部作が開発発売され、その後もタイトルをアレンジしながら現在も続いている人気シリーズ。
叙事詩の「サガ」が語源ではないとのこと。
1作めのボス戦会話で「生き物の性(さが)か…」というセリフがあるがそれも後付けらしい。
ゲームボーイ初の本格RPGと言うこともあり斬新なゲームシステムや物語を盛り上げる音楽に当時のゲーマーやこどもに大ヒット。
私自身も幼少期、大ハマリして小さいゲーム画面にかじりついてプレイしました。
思い出深いゲームソフトの1つです。

音楽も素晴らしかった、ゲームボーイSa.Ga3部作!

魔界塔士Sa・Ga part1 - YouTube

出典 youtu.be
サガシリーズを語る上で忘れてはいけないのが「音楽」。

1作目の魔界塔士SaGaは「植松伸夫」さん。
2作目の SaGa2秘宝伝説は「植松伸夫」さん、「伊藤賢治」さん。
3作目の時空の覇者SaGa3は「笹井隆司」さん(引き継ぎ曲以外)が作曲。

ゲームボーイのシンプルな音源を可能な限りフル活用した音源はプレイヤーの耳に今でも力強く残っている。
それぞれの作品の作風に合わせた音楽はどれも完成度が高く特にボス戦の音楽はゲーマーの中では神曲として今でも伝説となっている。
同世代の人間と好きなゲームソングの会話をすると高確率でサガシリーズは話題に上がるほど人気。

第一作「魔界塔士SaGa」

 (1685964)

1989年にスクウェアより発売。
平和だった世界にモンスターが蔓延るようになり徐々に世は荒れていった。
世界の中心に立つ塔の頂上には「楽園」があると言う。
人々は楽園を求めて塔に挑み消えて行く…そしてまた1人…という物語。

23階(意外に低いw)塔の階層には玄武、青龍、白虎、朱雀の四天王が君臨しておりそれぞれの物語とともに待ち構えている。
各階層によって世界観も異なり、不安と期待を煽る演出が楽しめた。

ワンダースワン版、携帯ゲーム版とリメイクされた。

種族ごとに成長が異なるゲームシステム。

 (1685968)

人間、エスパー、モンスターの3種の種族があり、人間とエスパーは性別も選べた。
主人公、パーティメンバーともに自由に選択することが出来る。
人間は最も多くのアイテムを所持装備できるが成長は「ちからのもと」「すばやさのもと」「HP200」薬を使ったものとなるためコストがかかる。
エスパーは所持装備枠が少ない分、特殊能力を覚える。戦闘後に突然変異として各種パラメーターや特殊能力の変化が行われる。
モンスターは一切装備が出来ないが、倒した敵の肉を食べることにより別のモンスターへと変化。特殊能力枠は最も多い8枠あるが、よく考えないとかえって弱くなってしまうこともある。

武器等のアイテムは使用回数が決まっている。
数字としてレベルが上がるシステムではなく、基本的には戦闘による熟練度による強化、アイテムでの強化となっている。

プレイヤーを震撼させたラスボス「神」伝説。

創造者の神 4 Mutants Flare Creator - 伝説 魔界塔士 SaGa Final Boss Battle - YouTube

出典 youtu.be
今まで現れていた謎の紳士の正体がラスボスの「神」だった。
なんだかよくわからないけど最後の神との会話は印象的でした。

「やっときましたね。おめでとう!」
「これもいきもののサガか…」

BGMの「怒闘」のカッコよさとともにその強さが当時話題に。
 (1685977)

しかしその後、チェーンソーで1撃で仕留められるというバグ?技がさらに伝説となってしまいました……。

植松伸夫氏の神曲メドレー

魔界塔士Sa・Ga 全曲メドレー (Final Fantasy Legend - medley) 1 of 3 - YouTube

#01. プロローグ (Let It Begin) #02. メインテーマ (Overworld) [2:12-] #03. 街のテーマ (Peaceful Town) [3:50-] #04. 戦闘 (Battle Theme) [5:37-] #05. Eat the meat (Victory) [7:11-]
出典 youtu.be

魔界塔士Sa・Ga 全曲メドレー (Final Fantasy Legend - medley) 2 of 3 - YouTube

#06. 魔窟 (Cave Bandits) #07. Hurry up! (Sky World) [1:47-] #08. 激闘 (The Fierce Battle) [3:06-] #09. レクイエム (Rest In Peace) [4:32-] #10. 禁断の塔 (Beyond The Tower)...
出典 youtu.be
68 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「サガシリーズ」の原点、何でもありのRPG!『魔界塔士 Sa・Ga』はゲームボーイでここまでできた!

「サガシリーズ」の原点、何でもありのRPG!『魔界塔士 Sa・Ga』はゲームボーイでここまでできた!

『魔界塔士 Sa・Ga』はスクウェアが1989年12月に発売したゲームボーイ用RPGです。本作は『ファイナルファンタジー』をゲームボーイに上手く落とし込んだ作品といった感じで、北米版のタイトルは『The Final Fantasy Legend』というそうな。後に「サガシリーズ」として続編が次々に作られることとなる名作です。今回は記念すべき一作目のご紹介!
『ロマンシングサ・ガ3』のゲームでは描かれなかった隠された物語を舞台化!「サガ」シリーズの作曲家・伊藤賢治氏も参加決定

『ロマンシングサ・ガ3』のゲームでは描かれなかった隠された物語を舞台化!「サガ」シリーズの作曲家・伊藤賢治氏も参加決定

1995年にスクウェア(現:株式会社スクウェア・エニックス)から発売された、「サガ」シリーズを代表するゲーム作品『ロマンシングサ・ガ3』を原作にした舞台が4月15日から公演を開始する。その舞台の音楽監修では、「サガ」シリーズでおなじみの作曲家・伊藤賢治氏が参加する。
red | 1,540 view
「ゲームボーイ版」テトリス発売の裏で起きていたライセンス問題。日本初のRPGザ・ブラックオニキス開発者が単身ソ連に乗り込み解決のきっかけを作った。

「ゲームボーイ版」テトリス発売の裏で起きていたライセンス問題。日本初のRPGザ・ブラックオニキス開発者が単身ソ連に乗り込み解決のきっかけを作った。

1989年6月14日に任天堂から発売された「ゲームボーイ(GB)版テトリス」。書籍『テトリス・エフェクト―世界を惑わせたゲーム』(白揚社)には、日本初のRPGザ・ブラックオニキス開発者ヘンク・ロジャースが、ゲームボーイ版発売に尽力した様子がスリリングに描かれています。
これは昭和か平成か、二つの時代を満喫したミドルエッジ世代に贈る挑戦状10問!

これは昭和か平成か、二つの時代を満喫したミドルエッジ世代に贈る挑戦状10問!

昭和と平成。いずれも去り行く元号となる2つの時代を満喫した(?)ミドルエッジ世代。ついアバウトになりがちな当時の記憶を思い出す、脳みそライザップ的なクイズを10問どうぞ!!
ゲームボーイソフトの新作発売?スマホでゲームボーイ?ミニゲームボーイ発売?関連情報をまとめた!

ゲームボーイソフトの新作発売?スマホでゲームボーイ?ミニゲームボーイ発売?関連情報をまとめた!

任天堂がゲーム&ウオッチに続けとばかりに、1989年4月に発売した「ゲームボーイ」。今月ゲームボーイの新作ソフトが発売され、スマホのゲームボーイ化が実現し、ミニゲームボーイの発売が噂されています。それらの情報をまとめました!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト