現在の日本映画の隆盛の礎を築いたかもしれない(!?)バブルの残り香いっぱいの『ヒーローインタビュー』を観る!!
2017年5月8日 更新

現在の日本映画の隆盛の礎を築いたかもしれない(!?)バブルの残り香いっぱいの『ヒーローインタビュー』を観る!!

鈴木保奈美の髪形、真田広之の肉体美、大多亮の野望(?)・・・この映画には見どころがたくさんある。さらに、バブルの残り香をただ懐かしむもよし、現在のフジテレビの凋落ぶりと比べるのもよし、豪華な脇役陣の若き日を見て楽しむもよし、いずれにしても意外と見るべきところが多い映画なのである。もしかしたら、現在の日本映画の隆盛の礎の、ひとつの側面を担った作品ともいえるかもしれないのだ。

4,845 view

『ヒーローインタビュー』はフジテレビ、トレンディドラマの集大成だったか!?

『ヒーローインタビュー』は、大手新聞社で左遷さながら突然、スポーツ部に異動させられたキャリアウーマンと、かつてはチームの主力バッターだったバツイチの2軍選手、轟仁太の恋の物語。キャリアウーマンの沢木霞を鈴木保奈美、2軍選手の轟仁太を真田広之が演じた。
 制作は1994年。まさにトレンディドラマの流れをくみ、絶頂期のフジサンケイグループによる映画作品。脚本・野島伸司、監督・光野道夫、プロデューサー・大多亮という「東京ラブストーリー」「101回目のプロポーズ」など、フジサンケイグループのヒットドラマを手掛けたスタッフが手掛けている。
 この映画は、1990年前後のトレンディドラマを楽しんだ人たちはそれなりに楽しめるはずだ。あの時代(バブルの残り香いっぱい)の雰囲気がふんだんに盛り込まれていて、郷愁を感じること間違いなし。フジ・トレンディドラマの集大成的な作品だからだ。
 まあ、なんにしても、走馬灯のように、あの頃の思い出が頭の中を駆け巡るのは必至で、最近ちょっと疲れていて、楽しかった時の自分の姿を思い浮かべるにはちょうどいい映画だ。難しいことを考えずに、頭を空っぽにして観られる(ここが意外と大事なんだと思う)。
 (1863115)

こんな鈴木保奈美のしぐさに何を想う・・・!?
 (1863544)

『ヒーローインタビュー』のサントラのジャケットだが、何の映画か全然わからない。東京タワーを象徴的に扱い、トレンディドラマの雰囲気全開だ。

鈴木保奈美の髪形……。

 1991年の「東京ラブストーリー」でトップに登り詰め、1992年の「愛という名のもとに」でその地位を不動のものにしながら、人気絶頂の1994年にF1解説者の川井一仁と結婚。世間を驚かせたが、この結婚には正直、違和感があった。大多亮や江口洋介と交際しながら、そこか!と誰もが思っただろう。案の定、3年で離婚してみせたのはさすが。
 その後、とんねるずの石橋貴明と結婚するという離れ業にはもっと驚いたが、まあ、現在も仲良くやっていて、その美しさも健在なところを考えると、幸せなのだろう、きっと。人の人生はわからないものだ、余計なお世話だけど。
 ところで、この映画での鈴木保奈美の髪形はいかがなものか。あれが当時のキャリウーマン的なのかどうかは知らないが、やはり、「東京ラブストーリー」の赤名リカ役の髪形が最高だった。あの頃、あんな髪形の可愛く活発な女子に、男は誰もが「カンチ!」と呼ばれたかったに違いない。
 ちなみにこの映画では、役どころとしては、別に鈴木保奈美でなくても良かった気がしてしまう。彼女の魅力があまり引き出されてないと思えるからだ。
 (1863112)

個人的には微妙な髪形。
当時は、本当にキャリアウーマンはこんな感じだったのか・・・。
 (1863113)

なんといっても、保奈美ちゃんはこの髪形。
赤名リカは男たちの夢だった・・・。

真田広之の肉体美……。

 真田広之の野球選手というのもなかなかに違和感がありまくりだ。真田広之と言えば、まずはジャパンアクションクラブ。千葉真一率いる、アクション軍団のイメージが個人的には強かったのだ。とはいえ、ふと思い起こしてみると、『道頓堀川』で松坂慶子とベッドシーンをやり、『麻雀放浪記』では雀ゴロもやっていた。いつも闘っていたわけでもなく、アクションをやっていたわけでもなかったのだ。でも野球選手ではなかろうと・・・思う。
 ただ、劇中の真田のサービスシーンは女性必見! さすがの肉体美。素振りをしているシーンだが、元強打者のスイングとしては、これも納得できない部分があるが、その鍛えられた肉体は、見ごたえがある。
 (1863110)

まったくもって見事なカラダ。
すぐ「影の軍団」として闘えそうだ!

世界的俳優、真田広之の軌跡

 日本では渡辺謙のアメリカ成功が大きく取り上げられることが多いが、実は海外では、真田広之の評価も高いのだ。アクションスターから実力派俳優に転身をし、2000年頃からの世界進出。その活躍ぶりはかなりのものだ。以下はそのエピソード。ほかにも数多くのハリウッド映画や海外ドラマに出演している。
1999年から2000年にかけて、イギリスのロイヤル・シェイクスピア・カンパニー公演『リア王』(蜷川幸雄演出)に唯一の日本人キャストとして出演。全編17世紀の英語の台詞でナイジェル・ホーソーンなどイギリス演劇界の俳優達と共演した。その演技力と共に日英両国の文化交流の架け橋としての功績を評価され、同国の女王エリザベス2世より名誉大英帝国勲章第5位(Honorary Member of the Order of British Empire: MBE)を授与された。
2002年に公開されアカデミー外国語映画賞にもノミネートされた『たそがれ清兵衛』で各映画賞を総なめにしたことや、翌2003年公開の『ラストサムライ』に出演したことで、日本を代表する俳優の一人となった。
『ラストサムライ』では、主演のトム・クルーズに真田が殺陣や日本語を親身になって教え込んだエピソードを、各方面でのインタビューなどで語っていた。また、真田のアクションがあまりにも素晴らしいため、自分が食われてしまうと危惧したクルーズは、プロデューサーに真田の出演シーンをかなりカットさせたという。
ロサンゼルスに拠点を移してアメリカ映画への出演してきたが、英語の他には2006年公開の映画『PROMISE 無極』で全編に亘り中国語のセリフをアフレコまで全て自ら行った。
2007年には『ラッシュアワー3』において、古くから互いにアクションスターとして親交を深め合っていたジャッキー・チェンと共演を果たした[5]。チェンはインタビューで、真田のアクションへの賞賛と交友関係の長さ、将来的には共に後進の育成や映画のプロデュースを希望していることを明かした。
2010年3月、第1回グリーンプラネット・フィルム・アワードにおいて「ハリウッドで最も活躍しているアジア俳優」に選出された[6]。
2013年、キアヌ・リーブス主演映画『47RONIN』に大石内蔵助として出演[7]。公開に先立って開かれた記者会見において、リーブスは、真田が作品について語った「シンプル&ディープ」という発言に感銘を受けたといい、献身的で気配りのできる姿勢を「まさに大石であった」と絶賛し、「師匠(マスター)」と呼んで尊敬の意を表した。
 (1863530)

『ラストサムライ』(2003年)
 (1863528)

『ウルヴァリン: SAMURAI 』(2013年)
 (1863529)

『47RONIN』(2013年)

とはいえ、真田広之といえばアクションシーン。この映画でも飛んでます!

 (1863108)

これぐらいのアクションならおちゃのこさいさいです。JACですから。

今年、MLBで実現した、真田広之さながらの宙を飛ぶ生還プレー。
ハリウッド映画『メジャーリーグ2』の再現ともいえるシーン。
そちらを続けての動画。

ちなみに、公開年はどちらも1994年だが、『メジャーリーグ2』はアメリカ3月30日、日本6月11日、『ヒーローインタビュー』は9月3日だ。二番煎じはやはり・・・。
48 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

映画「ヒーローインタビュー」 鈴木保奈美がずぶ濡れ!真田広之が泥だらけ!記者と二軍選手の恋のキャッチボールが描かれた!

映画「ヒーローインタビュー」 鈴木保奈美がずぶ濡れ!真田広之が泥だらけ!記者と二軍選手の恋のキャッチボールが描かれた!

1994年公開「ヒーローインタビュー」。鈴木保奈美と真田広之が共演。当時、ドラマでも好調だったフジテレビが手掛けたラブストーリー。ヤクルトスワローズのユニフォームの真田広之の熱演が光る!
ひで語録 | 4,608 view
【ドラマ最終回シリーズ!】愛という名のもとに【ネタバレしてます】

【ドラマ最終回シリーズ!】愛という名のもとに【ネタバレしてます】

「あのドラマの最終回が気になる」そんなアナタの期待にお答えしちゃう【ドラマ最終回シリーズ!】 浜田省吾の名曲「悲しみは雪のように」が切なく流れる名作「愛という名のもとに」です。浜田省吾は新作アルバムが絶好調みたいで昔のファンも嬉しいですね。
ななこ撫子 | 29,525 view
【ドラマ最終回シリーズ!】101回目のプロポーズ【ネタバレしてます】

【ドラマ最終回シリーズ!】101回目のプロポーズ【ネタバレしてます】

「あのドラマの最終回が気になる」そんなアナタの期待にお答えしちゃう【ドラマ最終回シリーズ!】 第1回は「僕は死にましぇ~ん」でお馴染みの『101回目のプロポーズ』をお届けしちゃいます♪
ななこ撫子 | 18,578 view
フジテレビドラマ【リップスティック】について語ろう!野島伸司作品らしい名作

フジテレビドラマ【リップスティック】について語ろう!野島伸司作品らしい名作

フジテレビドラマ【リップスティック】放送は1999年4月~6月、主な出演者は三上博史/広末涼子/いしだ壱成、 主題歌はレベッカの「フレンズ 〜remixed edition〜」【リップスティック】ついて語ろう!
【もしアナタがカンチだったら…】どっちを選ぶ?「赤名リカ V.S. 関口さとみ」

【もしアナタがカンチだったら…】どっちを選ぶ?「赤名リカ V.S. 関口さとみ」

柴門ふみのコミックを映像化した、90年代恋愛ドラマの金字塔『東京ラブストーリー』。もしアナタが織田裕二演じる永尾完治だったら…「赤名リカ」(演:鈴木保奈美)と「関口さとみ」(演:有森也実)。あなただったら「どっち」を選んだ?選んだ理由や、作品に対する感想などのコメントもお待ちしております!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト