視聴率50%越えの朝ドラ女優【高橋洋子】のヌードを画像と共に振り返る。
2016年4月18日 更新

視聴率50%越えの朝ドラ女優【高橋洋子】のヌードを画像と共に振り返る。

デビュー作からヌードを披露し、NHKの朝ドラでは清純派のヒロインを演じた「高橋洋子」さん。後に作家として、第7回中央公論新人賞を受賞するなど、多彩な才能の持ち主。彼女のヌードは、今でも雑誌などで特集されるほど人気が高い。そんな彼女のヌードを振り返ってみましょう。

30,964 view

高橋洋子って、どんな人?

高橋 洋子(たかはし ようこ 戸籍名・三井 洋子 旧姓...

高橋 洋子(たかはし ようこ 戸籍名・三井 洋子 旧姓・高橋 1953年5月11日)

1972年、東京都立三田高等学校を卒業。文学座付属演劇研究所に入所。同期に松田優作がいた。
同年、斎藤耕一監督の『旅の重さ』の主役オーディションに合格し、ヒロインを務める。翌1973年には、NHK朝の連続テレビ小説『北の家族』のヒロインに選ばれ、知名度が上がった。
続いて1974年、熊井啓監督の『サンダカン八番娼館 望郷』で、主人公、娼婦おさきの10代から30代を演じ、女優としての地位を確立した。
1981年、小説『雨が好き』で第7回中央公論新人賞を受賞する。1983年には、その小説を自らの監督、脚本、主演で映画化した。
2016年秋に山口県で先行公開される『八重子のハミング』(2017年春から全国展開)で、『パイレーツによろしく』(1988年)以来28年ぶりに映画出演。
ギタリストで作曲家の三井誠(元・クラフト)は夫。

(引用:wikipedia)
映画『旅の重さ』

映画『旅の重さ』

家出をした少女は、旅先であらゆる人々に出会いながら、四国を巡礼する。足摺岬の近くでは、旅芸人・松田国太郎一座と出会い、一緒に過ごす。一座のひとりで情熱的な政子と特に仲良くなり、二人でパンツひとつになり海に飛び込んだりして過ごす時間…。一座には他に、色男役の吉蔵、竜次、光子など少女にとっては初めて知る人生経験豊かな顔ぶれに映る。やがて、少女は、政子に別れを告げた。政子が不意に少女の乳房を愛撫し始める。初めて経験するレスビアン。沸騰するような愛撫を交わす。10日足らずの後、ふたたび少女は旅をつづける。しかしわずか数日後、風邪をこじらせ路傍に倒れる。少女を助けたのは40歳を過ぎた魚の行商人、木村であった。二人は奇妙な新婚生活を始め、少女は行商に出る。「ママこの生活に私は満足しているの。この生活こそ私の理想だと思っているの。この生活には何はともあれ愛があり、孤独があり、詩があるのよ」母への手紙には1000円を同封し、そう告白する。

(引用:wikipedia)
映画『旅の重さ』の主役オーディションに合格!

映画『旅の重さ』の主役オーディションに合格!

同じオーディションを受けた、「秋吉久美子」で決まりかけていたのだが、遅刻して走ってオーディションへ駆けつけた「高橋洋子」を監督が見て「汗が似合う子が欲しかったんだ!」と即答。
監督以外は、「秋吉久美子」を押していたが、監督が譲らず「高橋洋子」で決まったそうだ。

デビュー作からヌードというところが凄い!彼女は後のインタビューで、「日活ロマンポルノみたいにアダルトじゃなかったし、共演の横山リエさんと並んで、上半身だけ脱いでいる感じだったから。」とコメントしている。

2011-0081 - YouTube

予告篇:「旅の重さ」 キネ旬ベストテン(1972年)4位 監督:斎藤耕一 脚本:石森史郎 原作:素九鬼子 出演者: 高橋洋子 岸田今日子 富山真沙子 田中筆子 新村礼子 森塚敏 山本紀彦 谷よしの 三谷昇 三國連太郎 横山リエ 中川加奈 園田健二 砂塚秀夫 高畑喜三 小野寺久美子 大塚国夫 高橋悦史
1973年、NHK朝の連続テレビ小説『北の家族』のヒロ...

1973年、NHK朝の連続テレビ小説『北の家族』のヒロインに選ばれ人気者に。

『北の家族』(きたのかぞく)は、1973年(昭和48年)4月2日から1974年(昭和49年)3月30日まで放送されたNHK連続テレビ小説の第13作。
2人の兄妹の成長をメインに、親と子、兄と妹など家族のあり方や心の葛藤を描いた。物語は中盤から函館から金沢へ移った。それに合わせてオープニング映像も函館の元町の景色から金沢の瓦屋根と石川門に変わった。ただし、収録も内幸町から渋谷へ移転しても、内幸町時代が残っている。NHK公式には第1回、第226回、第295回、第301回、第308回(最終回)および話数不明の回が1話現存する。なお、1984年7月26日放送の『NHKライブラリー選集』(NHK総合)にて本作の第1回と最終回が再放送されている。1973〜74年の平均視聴率は46.1%、最高視聴率は51.8%であった(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

(引用:wikipedia)
1981年、小説『雨が好き』で第7回中央公論新人賞を受賞。

1981年、小説『雨が好き』で第7回中央公論新人賞を受賞。

現代に生きる若い二人の女性の愛と、その愛の終わりを描く。原作・脚本・監督は、この映画で主演も兼ねている高橋洋子、撮影は松下時男がそれぞれ担当。主題歌は、愛田洋子(「雨が好き」)。

(引用:映画.com)

今も雑誌などで特集が組まれる彼女のヌードを振り返ってみましょう!

高橋洋子

高橋洋子

高橋洋子

高橋洋子

高橋洋子

高橋洋子

高橋洋子

高橋洋子

高橋洋子

高橋洋子

高橋洋子

高橋洋子

高橋洋子

高橋洋子

高橋洋子

高橋洋子

高橋洋子

高橋洋子

高橋洋子

高橋洋子

高橋洋子

高橋洋子

高橋洋子

高橋洋子

32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

関連する記事こんな記事も人気です♪

90年代後半の朝ドラヒロイン一覧!今は何してる?

90年代後半の朝ドラヒロイン一覧!今は何してる?

今の時代も昔も、競争激しい芸能界ニュースターへの片道切符が約束されているようなものの、朝ドラヒロイン。毎回凄い数のオーディションを勝ち抜くだけあって、朝ドラらしいピュアで可愛いイメージのコばかりですよね。そこで、ここでは90年代後半の朝ドラヒロインは今は何しているのか?リサーチしていきましょう。
yt-united | 11,707 view
元宝塚【純名里沙】朝ドラ女優が魅せた、水着やセクシー画像を振り返る。

元宝塚【純名里沙】朝ドラ女優が魅せた、水着やセクシー画像を振り返る。

現役タカラジェンヌが、朝ドラ「ぴあの」のヒロインに選ばれたことで話題になった「純名里沙」さん。その後も、『ラブジェネレーション』など女優として活躍されていた彼女。実は、ラブジェネレーション出演後の1999年にセクシーな写真集を発表されております!元タカラジェンヌの彼女をセクシー画像と共に振り返ってみましょう!
【美少女出身】ミラ・ジョヴォヴィッチ☆青い珊瑚礁・続編にも出演バイオハザード他

【美少女出身】ミラ・ジョヴォヴィッチ☆青い珊瑚礁・続編にも出演バイオハザード他

今年3人目のお子さんを出産したミラ・ジョヴォヴィッチは親日家としても有名です。そんな彼女のまだ有名でなかった頃と、有名になった彼女のざっくばらんな画像を集めてみました。
ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ランキングサイト「ランキングー!」にて、40~60代の男女3,222名に「かつては美少女だったと思う美熟女は?」というアンケート調査が実施されました。注目の第1位は誰なんでしょうか?10位から順にご紹介したいと思います!
隣人速報 | 63,915 view
宮沢りえだけじゃない!10代の頃からヌードを披露していた女優まとめ!!

宮沢りえだけじゃない!10代の頃からヌードを披露していた女優まとめ!!

いつの時代も観る者を惹きつける女優のヌード。体当たり演技のひとつとして、高く評価されることも多いですよね。そんなヌードを10代のうちから披露していた方々が意外に多いのをご存知でしょうか?
となりきんじょ | 103,352 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト