【高橋惠子】女優として現役でポルノにも出演!経歴やエピソード・代表作まとめ
2020年8月31日 更新

【高橋惠子】女優として現役でポルノにも出演!経歴やエピソード・代表作まとめ

大人びた雰囲気を漂わせ、成人向け映画以外にも、幅広いジャンルで活躍された女優・高橋惠子さん。今回は、そんな彼女に注目して、経歴やエピソード・代表作をまとめました。ぜひ記事をご覧になり、ご一緒に彼女の魅力を振り返っていきましょう。

4,605 view

女優として現役でポルノにも出演した高橋惠子さん

高橋惠子さんのプロフィール

高橋惠子さんのプロフィール

本名  :同じ
旧姓  :関根恵子
生年月日:1955年1月22日
出生地 :北海道
血液型 :AB型
活動期間:1970年~

高橋惠子さんの経歴

北海道で牧場を営む両親の元に生まれた高橋惠子さん。小学6年生のとき、父親の東京で育てたいという育児方針から東京に引っ越してきました。中学生になると芸能スカウトの目に止まり、大映の研究所に通って、本格的に演技レッスンを受けます。
すでにデビュー作品は決まっていましたが、1970年に公開を予定していた『高校生ブルース』の主演・南美川洋子さんが降板したため、高橋惠子さんが代役に抜擢され、旧姓の本名である関根恵子の名義で主演デビューを飾りました。当時は15歳という年齢ながら、ヌードだけに留まらず、真っ白なパンツに透けた陰毛、明らかに薄手で透けているネグリジェ姿まで披露して注目を集めることになります。
二作目の出演となる映画『おさな妻』ではゴールデンアロー賞の新人賞を獲得しました。
1971年、大映が倒産したことで東宝に移籍。テレビ朝日のドラマ作品『新・だいこんの花』にレギュラー出演されました。さらには日本テレビの人気ドラマ『太陽にほえろ!』にも婦人警官役で2年間に渡ってレギュラー出演して女優としての地位を固めます。
1977年、仕事のストレスから精神的な負担を負い、睡眠薬の大量服用による自殺未遂を起こしてしまいました。その後、2年間は休業され、女優としての活動に空白期間があります。
1979年には女優復帰を申し出て、舞台公演の出演が決まりました。しかし、公開初日の前日に、演技することが急に怖くなって、タイのバンコクに国外逃亡してしまいます。約3カ月後に帰国して謝罪会見を行ない、芸能界から引退することを表明。しかし、翌年の1980年には復帰会見を行ない、女優としての活動を再開しました。
1982年、日活ロマンポルノの映画『ラブレター』に出演。大胆にフルヌードや濡れ場を披露すると、日活ロマンポルノでは史上最高の興行成績を残しました。その後、『太陽でほえろ!』で共演した萩原健一さんからの勧誘を受け、規模が小さい事務所に移籍されます。
それ以降も女優としてのキャリアを積み、現在も、現役としてマルチな活躍をしています。

高橋惠子さんの主な出演作品

成人向け映画
『高校生ブルース』

『高校生ブルース』

公開:1970年
監督:帯盛迪彦
出演:関根恵子
   内田喜郎
   伊藤幸子
   篠田三郎

内容&あらすじ

どうして私を抱いたの?
揺れ動く十六歳の性。関根恵子衝撃のデビュー作!

◆ストーリー

16才の美子は、同じクラスの昇と自然な成り行きで関係を持った後、自分の胎内に生命のめばえが息づくのを感じた。
性に関して無知だった美子は、葛藤のあげく狼狽する昇に「私のお腹を思いっきり踏みつけて欲しいの」と告げる…。
『新高校生ブルース』

『新高校生ブルース』

公開:1970年
監督:帯盛迪彦
出演:関根恵子
   内田喜郎
   水谷豊

内容&あらすじ

童貞をもてあましている高校生3人組の健次(内田喜郎)、正樹(水谷豊)、亘(菅野直行)は1か月後の学園祭までに童貞を捨てるべく“フラレタリア同盟”を結成し、手当たり次第に女性に声をかけていく。そんな中、健次は幼なじみの京子(関根恵子)にアタックするが…。
『ラブレター』

『ラブレター』

公開:1981年
監督:東陽一
出演:関根恵子
   加賀まりこ
   仲谷昇

内容&あらすじ

30以上も年のちがう、妻ある詩人を愛したオンナ。他人に白い目でみられながら、ひとりぼっちでオトコが通って来るのをひたすら待つ。そして二人をつなぐのは、あまりのいとおしさからくる激しい肉欲である。「焦れ死」にも似た女の哀れを見据える、日活ロマンポルノ・10周年記念作品。「金子光晴のラブレター」を下地に、現代から遮断されたような二人の生活を、愛欲シーンたっぷりに描く。出演は、成人映画初体験者ばかりである。待ち焦がれる主人公に話題の関根恵子、詩人に中村嘉葎雄、隣家の女に加賀まりこ、その別れた夫に中谷昇、とそれぞれに適役を得た。監督は「サード」「もう頬づえはつかない」「四季・奈津子」と話題作を撮り続け、日活映画初演出の東陽一。(映画は、物語を現代におき替え、原作に手を加えたものである)
一般向け映画
『おさな妻』

『おさな妻』

公開:1970年
監督:臼坂礼次郎
出演:関根恵子
   新克利
   渡辺美佐子

内容&あらすじ

才色兼備の女子高生・玲子は母とふたりで暮らしていたが、突然母に先立たれ、優しい叔母に引き取られた。しかし、その息子に襲われ危ういところを逃げ出す。 やがて、かつて通った幼稚園で恩師の手伝いをするうち、母を亡くした園児・まゆみに慕われ、まゆみの父・吉川にも好意を寄せられるようになり、ふたりは結婚を決意する・・・。
『高校生心中 純愛』

『高校生心中 純愛』

公開:1971年
監督:帯盛迪彦
出演:関根恵子
   篠田三郎
   若倉慶
   加藤武
   荒木道子
   塩島昭彦
48 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ミドルエッジ男子必見!美保純「OH! !タカラヅカ」、泉じゅん「感じるんです」など日活ロマンポルノ作品が多数復刻!!

ミドルエッジ男子必見!美保純「OH! !タカラヅカ」、泉じゅん「感じるんです」など日活ロマンポルノ作品が多数復刻!!

1971年から1988年にかけて制作された「日活ロマンポルノ」が2016年に45周年を迎えたことを記念し、往年の名作10作品がDVD・Blu-rayとして発売されることが決定しました。
隣人速報 | 1,257 view
【加山麗子】清純派として人気だったポルノ女優!プロフィール・代表作など

【加山麗子】清純派として人気だったポルノ女優!プロフィール・代表作など

ポルノ女優でありながら、清純派の存在として多くの男性ファンを魅了した加山麗子さん。今回は、そんな彼女の活躍ぶりを振り返っていきたいと思います。プロフィールや代表作をご紹介させていただきますので、ぜひ記事をご覧になって、加山麗子さんの魅力を堪能なさってください。
tsukumo2403 | 2,309 view
【赤坂麗】僅か1年で引退した伝説のポルノ女優!プロフィール・代表作まとめ

【赤坂麗】僅か1年で引退した伝説のポルノ女優!プロフィール・代表作まとめ

1984~1985年に日活ロマンポルノの映画作品に出演していた赤坂麗さん。今回は、そんな彼女に注目して、プロフィールや代表作を紹介していきます。まぶしいほどに光り輝いていた当時の彼女の魅力を一緒に振り返っていきましょう。
tsukumo2403 | 3,575 view
【志麻いづみ】ポルノを中心に幅広く活躍した女優!経歴・代表作まとめ

【志麻いづみ】ポルノを中心に幅広く活躍した女優!経歴・代表作まとめ

1970年代から1980年代にかけて活躍した美人女優で、ポルノから一般映画・テレビドラマまで幅広い活躍をみせた志麻いづみさん。今回は、そんな彼女の美しさを振り返っていきたいと思います。経歴や代表作なども紹介していきますので、ぜひ記事をご覧になり、彼女の美貌を堪能なさってください。
tsukumo2403 | 4,886 view
【沢口みき】元祖・爆乳系のAV女優!略歴やエピソード・代表作など

【沢口みき】元祖・爆乳系のAV女優!略歴やエピソード・代表作など

1990年代の後半、バスト101cmのJカップといったダイナマイト級の肉体を武器に活躍されたAV女優・沢口みきさん。今回は、そんな彼女に注目して、略歴やエピソード・代表作などを紹介していきます。ぜひ記事をご覧になって、下着から溢れんばかりに成長した爆乳を堪能してください。
tsukumo2403 | 7,762 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト