日本人だけ特別!?おにぎり、お寿司、佃煮など私たちの胃袋を癒してくれる「海苔」。
2017年10月2日 更新

日本人だけ特別!?おにぎり、お寿司、佃煮など私たちの胃袋を癒してくれる「海苔」。

食欲の秋がやってまいりましたので、今回は食べ物コネタをば。日本人にとって最も身近な食材のひとつ・・・海苔!おにぎり、お寿司、佃煮など私たちの胃袋を癒してくれる存在です。

1,498 view

おにぎり、お寿司、佃煮など私たちの胃袋を癒してくれる「海苔」

食欲の秋がやってまいりましたので、今回は食べ物コネタをば。
日本人にとって最も身近な食材のひとつ・・・海苔!
海苔

海苔

おにぎり、お寿司、佃煮など私たちの胃袋を癒してくれる存在です。
が!

生海苔については日本人しか消化できない!?

この海苔。
海苔の消化酵素を持っているのは日本人だけと言われております。2010年、フランスの微生物学研究チームが発表し、当時は話題になりました。
こちらも美味しい韓国海苔

こちらも美味しい韓国海苔

海苔に火を通せば万国誰でも食べられるのですが…。
「韓国にも海苔あるじゃん!」と言うソコのアナタ。ありますよね、韓国海苔。あれは焼いた海苔。焼くと消化を阻害するポルフィラン多糖の細胞壁が壊れて消化吸収が良くなるためだから消化できるのだそうです。つまり、海苔に火を通せば万国誰でも食べられるのですが、生海苔については日本人しか消化できない、という事なのです。

これは日本人が昔から海苔を食べてきた結果ゆえ。

古くから海苔を愛してきた日本人

古くは8世紀、『常陸国風土記』に海苔の記述があります。「海苔」「乃理」など書かれております。同時期に成立した『出雲国風土記』にも記述が見られます。そして、日本初の法制『大宝律令』に、朝廷への調(今でいう税)のひとつとして海苔が登場します。この大宝律令が施行されたのが大宝2年(702)1月1日。これを西暦でカウントし直すと2月6日だったことから、昭和41年(1866)、全国海苔貝類漁業協同組合連合会さん2月6日を「海苔の日」と提案され、今日に至ります。ちなみに、海苔は10世紀ごろ成立の日本初の百科辞典『和名類聚抄』にも登場します。そういえば、この書物には山葵(ワサビ)も「和佐比」として登場しています。

江戸時代に入ってからは庶民にも身近な食材に

これらの記述がある平安時代頃の海苔は貴族の食べ物で、しかも生海苔がメインでした。干した海苔や佃煮も食べられていたようですが、いずれにせよ庶民には高級食材でした。
その後、鎌倉時代に入ってからは精進料理にも用いられますが、庶民にも身近な食材になったのは江戸時代に入ってから。海苔の歴史は浅草の門前町が作りました。明和元年(1764)創業の山形屋海苔店さんのサイトによると、浅草の「門前にたつ定期市には江戸近郊の農産物、水産物が並べられ、特に年の瀬には葛西浦から漁師が持参した海苔が売られ、その柔らかさと色香はたちまち人目をひくようになったそうです。 それまでは海苔といえば生海苔が主でしたが、生海苔として消費できなかった分を手で押し広げて乾したものの評判が高まりました」とのこと。

1717年、浅草の漁師が品川の海で海苔の養殖に初めて成功

そんな海苔の歴史で外せないのが享保2年(1717)。浅草の漁師が品川の海で海苔の養殖に初めて成功したのです。
海苔の養殖

海苔の養殖

この時、和紙のような状態の海苔が誕生しました。今私たちがよく見る、あの板状の海苔です。この海苔の存在が、寿司にも影響し、江戸時代に海苔巻き寿司が生まれました。寿司の歴史も書くと長いので、この辺で(笑顔)

お寿司食べたい・・・
16 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

日本の国土はスサノオの体毛に覆われているってどういうこと??

日本の国土はスサノオの体毛に覆われているってどういうこと??

秋になりました。「読書の秋」「食欲の秋」。夏の暑さで心身ともにウンザリしていたところに涼しい風が流れて動きやすくなり、色々な意欲が湧く季節。そんな秋に、日本神話的コネタをば。
山崎敬子 | 272 view
「イロモノ」の由来をご存知ですか?

「イロモノ」の由来をご存知ですか?

9月に入り、秋を意識しだすこの頃。夏の風物詩のひとつ「ビアガーデン」が姿を消してしまう…そんなこの頃。先月、横浜市の「餃子の酔葉」さんで開催されていたビアガーデンに伺いました。このビアガーデンは何と、ビートきよしさんが企画されたものです。
山崎敬子 | 516 view
神様に性交渉のノウハウを教えた鳥が私たちの身近に今もいます。それは…?

神様に性交渉のノウハウを教えた鳥が私たちの身近に今もいます。それは…?

夏といえば思い出すテレビCMがあります。“キンチョーの夏、日本の夏”そう、“金鳥”こと大日本除虫菊株式会社さんのCMです。ミドルエッジ世代にはお馴染みだと思います。今回は、その金鳥さんの商標「鶏」を思い出し、日本神話の鳥のコネタです。
山崎敬子 | 1,896 view
流しそうめんのルーツをご存知ですか?

流しそうめんのルーツをご存知ですか?

夏の食べ物と言えば?ぱっと思いつくのはスイカ、かき氷…そして、そうめん。民俗コネタ的流しそうめんルーツのお話と「ひやむぎ」って何?というお話。
山崎敬子 | 946 view
北海道の地名の由来をご存知ですか?キーワードは「海」と「道」でした。

北海道の地名の由来をご存知ですか?キーワードは「海」と「道」でした。

ミドルエッジ世代ですとお子さんたちがいらっしゃる方も多いかと思います。そうしますと、きっと今頃、お子さんたちは夏休み。ああ夏休み。夏休みに家族でどこかに行かれた方も多いかもしれません。私が国内旅行先としてあこがれたのは北海道でした。ふと、思いませんか?「北海道」。なんでホッカイドウと言うのだろうか?と。
山崎敬子 | 968 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト