2017年5月31日 更新

陽気なカウボーイが捲き起こすニューヨークの西部劇『警部マクロード』

西部の田舎町からやって来たカウボーイが、ニューヨークの街中で馬に乗って暴れまくる。当のアメリカ人たちもビックリの時代遅れの装いで、70年代に刑事コロンボと人気を二分した『警部マクロード』について語っていきましょう。

873 view

警部マクロードってどんな番組?

 (1872942)

1970年~77年にかけて、7シーズンに渡ってアメリカNBCで放送された、クライム・サスペンスと西部劇をを足したような、痛快なアクションドラマです。
1970年にパイロット版「ミスアメリカ殺人事件」が製作され、シーズン1は60分ものの作品として放映されましたが、シーズン2以降は「NBCミステリームービー」という2時間枠で、4つの作品を月に1回ずつ放映するというものの一つとして放映されました。
因みに同枠の他の作品には、「刑事コロンボ」「署長マクミラン」「マッコイと野郎ども」などがあります。

McMillan & Wife NBC Mystery Movie Opening Theme

NBCミステリームービーのオープニング
日本では、シーズン1は『マクロード警部』としてNETテレビ(現在のテレビ朝日)で放映、シーズン2以降はNHKで放映され、かなりの人気を博しました。
アメリカでの人気も非常に高く、放送終了から12年も経った1989年には、『The Return of Sam MacCloud』(帰ってきた警部マクロード)が製作放映されています。

ストーリー

McCloud theme NBC Mystery Movie 1973

警部マクロード/オープニング
ニューメキシコ州タオスから、ニューヨーク市警に研修でやって来た警部マクロードが、大都会の最新の捜査方法や、官僚的なルールを完全に無視し、独自の野性味溢れる型破りな捜査方法で、ニューヨーク市警や周囲の常識的な偉いさんを巻き込みながら、事件を解決に導くという、痛快ポリスアクションです。
シリーズ開始当初は人の心理の裏を描いた、ペーソス感のある、大人しめなエピソードが多かったのですが、マクロードのキャラが立つにつれ、次第に西部劇的で、コミカルなアクション度合いが増して行きます。
 (1872946)

カウボーイハットにシープスキンのコート、ウェスタンブーツに45口径のマグナムという出で立ちで、犯人を追って、駐車中の路線バスや消防車を拝借したり、セントラルパークやマンハッタンの街中を馬に乗って駆け回るという、現在観ても画的なインパクトの大きい作品になっています。
 (1872950)

ニューヨーク市警の組織捜査では、証拠の有無、命令系統の徹底が絶対的。また古参の刑事は、容疑者の職業や前歴によって判断しがち。
でもマクロードは違います。容疑者が犯行を否認すれば、人を信じ、自分の推理や洞察を信じ、命令指揮系統にお構いなく、独自の捜査で事件を追います。
しかもその根拠が、ほとんど勘。
刑事としての読みと言えば、もう少し聞こえが良いでしょうか。
しかし馬やコヨーテ、ガラガラヘビを友人として育った、西部男の勘はひと味違います。事件の本質や真犯人を見極める力は、ほとんど本能と言ってもいいでしょう。破天荒な行動力と相まって、長期間に渡って人々に愛されるシリーズになりました。
ドラマの舞台もニューヨークに留まらず、ニューメキシコやテネシー、コロラド、ハワイなど、アメリカ全土に渡る他、ロンドン、パリ、モスクワ、シドニー、メキシコなど、世界各国を股にかけての活躍です。
しかもどこへ行っても西部男は西部男。マクロードらしさを発揮して、各国の関係者を困惑させながら大暴れする様が、痛快かつ明快で、視聴者の高い支持を得たのです。

キャスト

サム・マクロード警部:デニス・ウィーバー

 (1872935)

日本語版の吹き替えは宍戸錠さん。見事にはまり役でした。
ニューメキシコ州タオスから研修のためニューヨーク市警に配属された警部。(実際は保安官補)そもそもは、ニューヨークに証人を護送中に逃げられ、そこで出くわした殺人事件を勝手に捜査して解決に導いたのがきっかけ。(パイロット版・ミスアメリカ殺人事件)
都会の慣習やルールよりも自分のやり方を重視。人情に厚いお人好しで、誰が相手でもハッキリものを言い、ユーモアに溢れ、女性には優しいジェントルマン。
デニス・ウィーバーは、シリーズ開始当初40代半ば。並外れた運動神経の持ち主で、馬に乗るのはもちろん、カーチェイスも、馬車の屋根の上での殴り合いも、高層ビル屋上での格闘も、ヘリコプターでの宙吊り移動も、スタントマンを使うことなく、全て自分で演じたそうです。
1959年名作ドラマ「ガンスモーク」でエミー賞を受賞。スティーヴン・スピルバーグの監督デビュー作「激突」の主演でも有名ですね。
 (1872944)

スピルバーグ監督の「激突」
デニス・ウィーバーはマクロードについて、こう語っています。
マクロードの人気の原因は、彼がニューヨーク市警のなかにあって、ことごとく官僚主義を嫌っている点にあるのではないかと思います。その結果、いろんな困難にぶつかりますがね。彼はいってみれば、まあ負け犬の立場にいるんですね。田舎者ですし。でも、それが、つまり彼の忍耐力が最後には勝者となるわけです。
出典 二見書房発行/ディヴィッド・ウィルソン著『ニューメキシコの顔』訳者井上一夫あとがきより

ピーター・B・クリフォード刑事部長:J.D.キャノン

 (1872917)

日本語版吹き替えは加藤武さん。マクロード相手にカリカリした様が最高でした。
ニューヨーク市警の官僚的な捜査官で、マクロードの直属の上司で、実は一番の理解者。マクロードの破天荒な振る舞いに対して、ニューヨーク市長や市警本部長から小言を言われるので、マクロードには常にガミガミ言うハメに。しかし全く言う事を聞かないマクロードにカンカンになる、という件のやり取りが、ドラマの人気の一つにもなっています。
J.D.キャノンは「暴力脱獄」や「逃亡者」でも知られていますが、マクロードについて「これほど夢中になれるドラマに出会った事はない」と、熱く語っていたそうです。

ジョー・ブロードハースト刑事:テリー・カーター

 (1872928)

ニューヨーク市警所属の黒人刑事。保守的で真面目な若手のホープという位置づけですが、マクロードと相棒を組んだ結果、騒動に巻き込まれ、失態を晒す事もしばしば。
テリー・カーターは「宇宙空母ギャラクティカ」などで知られていますね。

クリス・コフリン:ダイアナ・マルドー

 (1872932)

マクロードの彼女。コラムニストでニューヨーク警察本部長のいとこ。自立心の強い都会のレディーです。
ダイアナ・マルドーは、「新スタートレック」や「LAロー七人の弁護士」などで知られています。
 (1872954)

キュートでコミカルな婦警さんとして、テリー・ガーも好演。

映画『マンハッタン無宿』との関係

1968年製作、ドン・シーゲル監督、ハーマン・ミラー脚本、クリント・イーストウッド主演の映画『マンハッタン無宿』という映画がありました。
 (1872936)

クリント・イーストウッド演じる、アリゾナ州のクーガン保安官がニューヨークに派遣され、ニューヨーク市警の官僚主義と戦いながら、独自の手法で犯人を追い詰めていくという、大都会のロンサムカウボーイもの。
実はこの『マンハッタン無宿』が、『警部マクロード』誕生の大きな鍵になっているのです。
48 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

あなたにおすすめ

   

関連する記事こんな記事も人気です♪

70年代のロックが好きならこれを聴け!マイケル・シェンカーを輩出したブリティッシュ・ハードロックバンド“UFO”

70年代のロックが好きならこれを聴け!マイケル・シェンカーを輩出したブリティッシュ・ハードロックバンド“UFO”

ギターヒーローと言う呼び方がピッタリなマイケル・シェンカーがUFOに参加したのは、なんと若干17歳の時です!70年代のロック好き、特にブリティッシュ・ハードロック好きには避けて通ることが出来ないマイケル・シェンカー在籍時のUFOをご紹介します。
obladioblada | 31 view
【70年代歌手】「私バカよねぇ」から始まった細川たかしの演歌歌手人生の天国と地獄

【70年代歌手】「私バカよねぇ」から始まった細川たかしの演歌歌手人生の天国と地獄

70年代半ばに妻子を故郷に残し1人上京した細川たかしがデビューから紅白常連歌手へと変わっていく歴史を振り返る。数々のヒット曲はもちろんその歌唱力、声量に驚かされる歌声をじっくり堪能してみよう!
はんまのまま | 3,974 view
YMOを結成する前、70年代の細野晴臣は日本の音楽界にとってある意味YMO以上に重要な作品を残しているんです。

YMOを結成する前、70年代の細野晴臣は日本の音楽界にとってある意味YMO以上に重要な作品を残しているんです。

確かにイエロー・マジック・オーケストラは、日本の音楽の歴史を塗り替え、世界的にも多くのアーティストに多大な影響を与えました。しかし、細野晴臣がYMOを結成する前に作り上げた一連のソロ・アルバムの素晴らしさときたら筆舌に尽くし難いものがあります。全作名盤というマニアのものだけにしておくには勿体ないですよ!
obladioblada | 1,181 view
今やスナック菓子は星の数ほどあり、おやつに困ることはありませんが、「それにつけてもおやつはカール」。この言葉に嘘はありません。

今やスナック菓子は星の数ほどあり、おやつに困ることはありませんが、「それにつけてもおやつはカール」。この言葉に嘘はありません。

飽食の時代と言われて久しいのですが、カールが生まれた1968年はまだまだおやつを選べるほど豊かではありませんでした。そんな時代から現在まで我々のおやつ事情をささえてきたカールのキャラクター「カールおじさん」をまとめてみました。
obladioblada | 679 view
70年代のセックス・シンボル「ファラ・フォーセット」。全世界で1200万枚も売れた伝説のポスターは今でも新鮮!

70年代のセックス・シンボル「ファラ・フォーセット」。全世界で1200万枚も売れた伝説のポスターは今でも新鮮!

70年代にセックス・シンボルとして世界中の男性をとりこにしたファラ・フォーセット。ファラ・フォーセット・メジャーズと名乗って出演していたテレビ番組「チャーリーズ・エンジェル」は日本でも大ヒットしました。その当時発売されたファラ・フォーセットのポスターは、なんと1200万枚も売れたそうですよ。
obladioblada | 5,681 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト