陽気なカウボーイが捲き起こすニューヨークの西部劇『警部マクロード』
2017年5月31日 更新

陽気なカウボーイが捲き起こすニューヨークの西部劇『警部マクロード』

西部の田舎町からやって来たカウボーイが、ニューヨークの街中で馬に乗って暴れまくる。当のアメリカ人たちもビックリの時代遅れの装いで、70年代に刑事コロンボと人気を二分した『警部マクロード』について語っていきましょう。

1,619 view

警部マクロードってどんな番組?

 (1872942)

1970年~77年にかけて、7シーズンに渡ってアメリカNBCで放送された、クライム・サスペンスと西部劇をを足したような、痛快なアクションドラマです。
1970年にパイロット版「ミスアメリカ殺人事件」が製作され、シーズン1は60分ものの作品として放映されましたが、シーズン2以降は「NBCミステリームービー」という2時間枠で、4つの作品を月に1回ずつ放映するというものの一つとして放映されました。
因みに同枠の他の作品には、「刑事コロンボ」「署長マクミラン」「マッコイと野郎ども」などがあります。

McMillan & Wife NBC Mystery Movie Opening Theme

NBCミステリームービーのオープニング
日本では、シーズン1は『マクロード警部』としてNETテレビ(現在のテレビ朝日)で放映、シーズン2以降はNHKで放映され、かなりの人気を博しました。
アメリカでの人気も非常に高く、放送終了から12年も経った1989年には、『The Return of Sam MacCloud』(帰ってきた警部マクロード)が製作放映されています。

ストーリー

McCloud theme NBC Mystery Movie 1973

警部マクロード/オープニング
ニューメキシコ州タオスから、ニューヨーク市警に研修でやって来た警部マクロードが、大都会の最新の捜査方法や、官僚的なルールを完全に無視し、独自の野性味溢れる型破りな捜査方法で、ニューヨーク市警や周囲の常識的な偉いさんを巻き込みながら、事件を解決に導くという、痛快ポリスアクションです。
シリーズ開始当初は人の心理の裏を描いた、ペーソス感のある、大人しめなエピソードが多かったのですが、マクロードのキャラが立つにつれ、次第に西部劇的で、コミカルなアクション度合いが増して行きます。
 (1872946)

カウボーイハットにシープスキンのコート、ウェスタンブーツに45口径のマグナムという出で立ちで、犯人を追って、駐車中の路線バスや消防車を拝借したり、セントラルパークやマンハッタンの街中を馬に乗って駆け回るという、現在観ても画的なインパクトの大きい作品になっています。
 (1872950)

ニューヨーク市警の組織捜査では、証拠の有無、命令系統の徹底が絶対的。また古参の刑事は、容疑者の職業や前歴によって判断しがち。
でもマクロードは違います。容疑者が犯行を否認すれば、人を信じ、自分の推理や洞察を信じ、命令指揮系統にお構いなく、独自の捜査で事件を追います。
しかもその根拠が、ほとんど勘。
刑事としての読みと言えば、もう少し聞こえが良いでしょうか。
しかし馬やコヨーテ、ガラガラヘビを友人として育った、西部男の勘はひと味違います。事件の本質や真犯人を見極める力は、ほとんど本能と言ってもいいでしょう。破天荒な行動力と相まって、長期間に渡って人々に愛されるシリーズになりました。
ドラマの舞台もニューヨークに留まらず、ニューメキシコやテネシー、コロラド、ハワイなど、アメリカ全土に渡る他、ロンドン、パリ、モスクワ、シドニー、メキシコなど、世界各国を股にかけての活躍です。
しかもどこへ行っても西部男は西部男。マクロードらしさを発揮して、各国の関係者を困惑させながら大暴れする様が、痛快かつ明快で、視聴者の高い支持を得たのです。

キャスト

サム・マクロード警部:デニス・ウィーバー

 (1872935)

日本語版の吹き替えは宍戸錠さん。見事にはまり役でした。
ニューメキシコ州タオスから研修のためニューヨーク市警に配属された警部。(実際は保安官補)そもそもは、ニューヨークに証人を護送中に逃げられ、そこで出くわした殺人事件を勝手に捜査して解決に導いたのがきっかけ。(パイロット版・ミスアメリカ殺人事件)
都会の慣習やルールよりも自分のやり方を重視。人情に厚いお人好しで、誰が相手でもハッキリものを言い、ユーモアに溢れ、女性には優しいジェントルマン。
48 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

よしだたくろう が吉田拓郎になるまでの5年間。この僅か5年間で日本の音楽シーンは塗り替えられてしまいます

よしだたくろう が吉田拓郎になるまでの5年間。この僅か5年間で日本の音楽シーンは塗り替えられてしまいます

よしだたくろう はデビューしてからの5年間で、日本の音楽シーンを見事なほどに塗り替えてしまいます。それまでのフォークシンガーには成し得なかったポピュラリティを獲得し、アイドルのような存在となり、そして、大人社会にフォークは商売になると知らしめたのです。
obladioblada | 6,639 view
70年代にアルバート・ハモンドが歌った美しいメロディは、今でもひっそりと日本のアーティストの楽曲の中に潜んでいます

70年代にアルバート・ハモンドが歌った美しいメロディは、今でもひっそりと日本のアーティストの楽曲の中に潜んでいます

70年代前半のアルバート・ハモンドはそれはもう光り輝いていましたが、今ではあまり語られることがなくなったように思えます。しかし、彼が生み出した美しい曲は多くの人の心に今も残っているんです。若い世代がリスペクトしちゃってますからね。
obladioblada | 202 view
【70年代歌手】独特の訛りとキャラクターで歌手として活躍した演歌歌手、新沼謙治

【70年代歌手】独特の訛りとキャラクターで歌手として活躍した演歌歌手、新沼謙治

数々の歌手を輩出したマンモスオーディション番組「スタ誕」から出てきた男性歌手、新沼謙治。その独特な雰囲気と特徴のある東北訛りでアイドルのような活躍で一躍トップスターとなった新沼謙治の全てを知りたい!
梅宮辰夫といえばプレイボーイで女を泣かす男の不良番長シリーズ。個性強すぎの歌がまた魅力。

梅宮辰夫といえばプレイボーイで女を泣かす男の不良番長シリーズ。個性強すぎの歌がまた魅力。

君は辰兄ぃの「不良番長」を知っているか?!そして、恐ろしいという言葉さえ浮かぶ辰兄ぃが歌う「番長シャロック」を知っているか?!ブルースもロックも数え唄も、全てを一瞬にして演歌に変えてしまう男、それが辰兄ぃこと梅宮辰夫だ!
obladioblada | 1,865 view
ウルトラ警備隊のアンヌ隊員「ひし美ゆり子」は、その後ヌードも辞さない大胆な演技を披露しています

ウルトラ警備隊のアンヌ隊員「ひし美ゆり子」は、その後ヌードも辞さない大胆な演技を披露しています

アンヌ隊員といえばウルトラ警備隊のマドンナ。笑顔が最高です。演じたのは ひし美ゆり子ですね。今なお人気の高いアンヌ隊員ですが、その後の ひし美ゆり子も素晴らしいのです。70年代はヌードも辞さない大胆な演技で私たちを楽しませてくれました。
obladioblada | 13,062 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト