ボーカルが決まっていなかった【HIM】歌い継がれる名曲と今!
2020年9月20日 更新

ボーカルが決まっていなかった【HIM】歌い継がれる名曲と今!

「HIM(エイチアイエム)」というボーカル&ダンスユニットを覚えているでしょうか。SPEEDのプロデューサー伊秩弘将によるプロジェクトユニットで、パンチのある女性ボーカルと当時流行ったダンスミュージックで聞いたことがあるのではと思います。そんなHIMですが当時ボーカルがハッキリ決まっていなかったそうです。そこで今回はその真相とHIMのヒット曲などまとめてみました。

1,035 view

HIM(エイチアイエム)とは

右:SHUNGO MAKIHASHI(HIMK/ボーカル)
中央:SHIZUKA NAKAJIMA(HIMS/ボーカル)
中央背後:NON(ダンサー)
左:YOCCO (現:YOSHIKO/ダンサー)
「HIM(エイチアイエム)」とは、1995年4月21日にSony Recordsから「BECAUSE OF LOVE」でデビューしたボーカル&ダンスユニット。伊秩弘将がプロデューサーの様に思われがちですが、和田将志がプロデューサー、コーラスアレンジ以外のアレンジは水島康貴によるもの。

事務所はSD NETWORK(Sony Music Entertainment(Japan) Inc. Sound Development Network)レーベルはSony Records。

ユニット名は「Hiromasa Ijichi Melodies」と主宰である伊秩の名を冠した頭文字を略したものとなっている。事務所と伊秩サイドでユニットの方向性等で決裂し、1997年突然の解散となった。

HIM 本当はボーカルが決まっていなかった!

HIM - ETERNAL


歌い手がいるユニットは、決まったボーカルが居るという事が一般的だが、HIMは本来決まったボーカルを置くものではなく、楽曲に合わせた様々なボーカリストをフィーチャリングしてゆくというもので、流動的で型にはまったものではないスタンスで活動を開始。

つまり最終的に私たちの知るボーカル「HIMS(SHIZUKA)」においても当初はプロジェクトの初めての女性ボーカルという立ち位置のみであったと言います。

また、本来歌録りに必要な見本となる「仮歌(スタジオミュージシャンが歌っているもの)」が用意されるものがHIMはその準備がなく、デビュー曲「BECAUSE OF LOVE」はSHIZUKAが制作準備の際に仮上京してきた日に何テイクか録音したものがそのまま商品化されたのだとか。
ヤフオク! -伊秩弘将(え)の中古品・新品・未使用品一覧 (2224078)

なお、1stと4thシングルはアマチュアボーカリストの声をフィーチャリング5thシングル前半のラップは別声で、男性ボーカル「HIMK(SHUNGO)」においては3rdシングル「AQUARIUS」から正式加入

デビュー以降メインボーカルを置いた動きに変動した5thシングル以降はSHIZUKAとSHUNGOのボーカルで雑誌やメディアなどへの進出を見せて行きます。

ちなみに、HIMプロジェクト発足後のメインボーカルとして小室プロデュース「dos」​でボーカルを務めた元アイドル西野妙子が内定予定していた。
ヤフオク! -dos 西野妙子の中古品・新品・未使用品一覧 (2224071)

他にも1stアルバム内のブックレット・5thシングルのジャケットとPV、6thシングルのジャケットにはモデルの増田可奈子を起用、4thシングルのフィーチャリングボーカルにTOMOKO SAWACHI(HIMT)が起用されてるなど、5thシングルまでは本来の意向だった”流動的”な動きを見せていました。

HIMのボーカル選出には当時J-POPの主流であった小室サウンドを例にした音作りを1つの指針としていて、当時大人気だった小室サウンドの主軸「TRF」のボーカルYUKIの声質や似た歌い方が出来ることが条件にあげていたので、SHIZUKAのボーカルで正解だったと思います。

HIM(エイチアイエム)ディスコグラフィー

HIM シングル集

シングル


① BECAUSE OF LOVE 
  ※1995年4月21日発売
  ※TBS系「 '95 Jリーグ中継」テーマソング
② NO MORE KISS, NO MORE CRY
  ※1995年7月21日発売
  ※朝日放送ドラマ「Change!」挿入歌
③ AQUARIUS
  ※1995年11月22日発売
  ※TBS『ランク王国』OPテーマ
④ HEARTBEAT SNOW 〜THEME OF SNOW BEAT
  ※1995年12月1日発売
  ※テレビ東京「SNOW BEAT」テーマソング
⑤ SHOOTING STAR
  ※1996年5月2日発売
  ※TBS系「ランク王国」OPテーマ
  ※c/w「LOVE GOES」映画「魔法陣グルグル」EDテーマ
⑥ ETERNAL
  ※1996年9月1日発売
  ※ニチレイレディース'96 大会(テニス)イメージソング
⑦ HEAVEN
  ※1996年12月1日発売
  ※NHKアニメ「YAT安心!宇宙旅行」OPテーマ

アルバム

Amazon.co.jp: HIMAX GREATEST: 音楽 (2224080)


① HIMAX! GREATEST HITS AND MORE
  ※1996年2月1日発売
② HIMIX A2Z
  ※1997年6月21日

【その他】
① コンピレーションアルバム『MAX JAPAN 3』
 ※1996年11月11日発売
 ※「SHOOTING STAR」収録
② サウンドトラック『YAT安心!宇宙旅行 SOUNDTRACK』
 ※1997年2月21日発売
 ※「HEAVEN」収録
③ サウンドトラック『YAT安心!宇宙旅行 SOUNDTRACK 2』
 ※1997年9月21日発売
 ※「HEAVEN(TV SIZE VERSION)」収録

継がれているHIMのヒット曲!

50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

最近はどうしてる?「3年B組金八先生」や「仮面ライダーアギト」の女優『藤田瞳子』!!

最近はどうしてる?「3年B組金八先生」や「仮面ライダーアギト」の女優『藤田瞳子』!!

1995年の第4シリーズの「 3年B組金八先生」や「仮面ライダーアギト」に出演されていた「藤田瞳子」さん。2013年頃から、メディアの出演が減り気になり追ってみました。
ギャング | 23,774 view
【90年代J-POP】PAMELAH(パメラ)って覚えてる?珍しかった男女音楽ユニット

【90年代J-POP】PAMELAH(パメラ)って覚えてる?珍しかった男女音楽ユニット

90年代の小室ファミリーブームが巻き起こるなか、ギターリストであり、作曲家、音楽プロデューサーの小澤正澄と女性ヴォーカリストの水原由貴との音楽ユニットがデビュー。男女ペアでの音楽ユニットは珍しく、後に続くTWO-MIX、Favorite Blueの先駆けとなりました。懐かしいビーイングサウンドのPAMELAH(パメラ)をまとめました。
Himasasa | 1,620 view
1995年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!

1995年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!

1995年に解散した日本の芸能グループ、バンド、音楽ユニットを年代順にまとめてみました。何回も解散と再結成を行っているバンドは始めて解散を発表した年を記しています。
ギャング | 10,801 view
バンド『Jungle Smile』ストレートな歌詞に感動した!”生まれ変わったとしても私の心は必ずこの場所たどりついてる”

バンド『Jungle Smile』ストレートな歌詞に感動した!”生まれ変わったとしても私の心は必ずこの場所たどりついてる”

1995年にヤマハThe 4thミュージッククエストでJAPAN FINAL優秀賞を受賞後、ビクタースピードスターレコードからデビューしたユニットです。切ないメロディーとリアルな歌詞が印象的でした。
星ゾラ | 7,270 view
【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 156,615 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト