ボーカルが決まっていなかった【HIM】歌い継がれる名曲と今!
2020年9月20日 更新

ボーカルが決まっていなかった【HIM】歌い継がれる名曲と今!

「HIM(エイチアイエム)」というボーカル&ダンスユニットを覚えているでしょうか。SPEEDのプロデューサー伊秩弘将によるプロジェクトユニットで、パンチのある女性ボーカルと当時流行ったダンスミュージックで聞いたことがあるのではと思います。そんなHIMですが当時ボーカルがハッキリ決まっていなかったそうです。そこで今回はその真相とHIMのヒット曲などまとめてみました。

4,044 view
HIMの楽曲を耳にしたことがあるという方も少なくないのですが、それはもしかしたら「カバー」の場合も少なくありません。それには主宰である伊秩弘将が、当時のライジングプロダクション(現ヴィジョンファクトリー)社長だった平哲夫にHIMにおけるサウンド・メイクを評価されたことからSPEEDのプロデューサーに抜擢されたことが由来されています。

HIMの楽曲は同事務所であるライジングプロダクションのアーティストによってカバーされ、今でも「聞いたことがある」「懐かしい」と人の記憶に残るものとなっています。では、ここでHIMのヒット曲をカバーされた方をご紹介しましょう。

HIM関連楽曲のカバーディスコグラフィー

Amika Hattan - SHOOTING STAR


・知念里奈「GOD BLESS THE WORLD」
 ※HIM「MIZU-NO-RAKUEN」をタイトル改題・カバー
・SPEED「アダムとイヴ(6thシングルのc/w)」
 ※HIM「SEVENTEEN DANCE〜I'VE BEEN LOOKIN'4 U」改題・一部歌詞変更。
・今井絵理子「EVERYDAY, BE WITH YOU(SPEED 10thシングルのc/w)」
 ※HIM「EVERYDAY, BE WITH YOU」カバー
・八反安未果「SHOOTING STAR」
 ※HIM「SHOOTING STAR」

銀河の誓い MAX


・HITOE'S 57 MOVE(新垣仁絵)「INORI」
 ※HIM「INORI」カバー
・dps(deeps)「HEARTBREAK DIARY」
 ※HIM「HEARTBREAK DIARY」カバー
・MAX「銀河の誓い」
 ※HIM「AQUARIUS」改題・カバー

最新!HIMを継ぐ【EnGene.(エンジン)】

【EnGene.】「ETERNAL feat. HIM(Future Pop remix)」ティザー映像【2020年9月1日リリース】

HIMのSHUNGOが音楽プロデューサー・作編曲家のy@suo ohtaniと共にプロデュースしている実力派男性ボーカルグループ「EnGene.(エンジン)」によってHIMの曲は令和の時代にも引き継がれました。

【EnGene.】HIM / AQUARIUS(MAX / 銀河の誓い)【凍てついた太陽照らし出すアカペラ】

2020/8/1に同曲のカバー曲をリリース、そして1ヶ月後9月1日に同曲をHIMとのフィーチャリング版をリリースと2種類の違う「ETERNAL」を楽しむことができます。フィーチャリング版はボーカルSHIZUKAのご子息もコーラス参加しているなどで注目を浴びています。
EnGene.の「ETERNAL feat. HIM」がランクイン。前週の5位から順位を上げた。2020年9月1日にリリースされるニューシングルのタイトル曲である。同曲では、HIMのメインボーカル・SHIZUKAこと中嶋静香を大々的にフィーチャー。なお、このコラボ作品にはミュージシャンの川口大輔がコーラスで特別参加している。さらに、中嶋静香の愛息子・Yuhki Nakajimaもコーラスに参加している点にも注目である。

HIM解散後から今(SHUNGO/現shungo.)

DA PUMP / U.S.A.

HIMKであるボーカルSHUNGOは、現在「shungo.」として作詞・音楽プロデューサーとして活躍中です。HIM解散後から今現在までの活躍は幅広く取りまとめるにも難しいほどですが、例えば男性ダンス&ボーカルユニットw-inds.に70作品以上の歌詞提供しているなど。

DA PUMP / P.A.R.T.Y. ~ユニバース・フェスティバル~ Long version

また、最も直近でわかりやすい作詞活動で言えば大ヒットしたDA-PUMP「U.S.A.」の作詞で、同曲は2018年第60回日本レコード大賞優秀作品賞及び特別賞を受賞、さらに2019年同グループ日の「P.A.R.T.Y. 〜ユニバース・フェスティバル〜」で第61回日本レコード大賞優秀作品賞を受賞しました。いわゆるヒットメーカーとして活躍されています。

Sin / GUILTY

HIM解散後翌年、avex主催のボーカルオーディションで最終通過したことで、男性R&BユニットSin(シン)のボーカルを務めたり、同時期に同社主催のクリエイターオーディションの最終通過しているなど、歌唱以外にも楽曲制作やプロデュースと実力を持って今があると言えます。
50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

最近はどうしてる?「3年B組金八先生」や「仮面ライダーアギト」の女優『藤田瞳子』!!

最近はどうしてる?「3年B組金八先生」や「仮面ライダーアギト」の女優『藤田瞳子』!!

1995年の第4シリーズの「 3年B組金八先生」や「仮面ライダーアギト」に出演されていた「藤田瞳子」さん。2013年頃から、メディアの出演が減り気になり追ってみました。
ギャング | 31,765 view
【90年代J-POP】PAMELAH(パメラ)って覚えてる?珍しかった男女音楽ユニット

【90年代J-POP】PAMELAH(パメラ)って覚えてる?珍しかった男女音楽ユニット

90年代の小室ファミリーブームが巻き起こるなか、ギターリストであり、作曲家、音楽プロデューサーの小澤正澄と女性ヴォーカリストの水原由貴との音楽ユニットがデビュー。男女ペアでの音楽ユニットは珍しく、後に続くTWO-MIX、Favorite Blueの先駆けとなりました。懐かしいビーイングサウンドのPAMELAH(パメラ)をまとめました。
Himasasa | 4,854 view
1995年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!

1995年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!

1995年に解散した日本の芸能グループ、バンド、音楽ユニットを年代順にまとめてみました。何回も解散と再結成を行っているバンドは始めて解散を発表した年を記しています。
ギャング | 13,335 view
バンド『Jungle Smile』ストレートな歌詞に感動した!”生まれ変わったとしても私の心は必ずこの場所たどりついてる”

バンド『Jungle Smile』ストレートな歌詞に感動した!”生まれ変わったとしても私の心は必ずこの場所たどりついてる”

1995年にヤマハThe 4thミュージッククエストでJAPAN FINAL優秀賞を受賞後、ビクタースピードスターレコードからデビューしたユニットです。切ないメロディーとリアルな歌詞が印象的でした。
星ゾラ | 10,125 view
ダウンタウンの浜田雅功と小室哲哉がユニットを組んで話題になったバンド『H Jungle with t(エイチ ジャングル ウィズ ティー)』

ダウンタウンの浜田雅功と小室哲哉がユニットを組んで話題になったバンド『H Jungle with t(エイチ ジャングル ウィズ ティー)』

お笑い界の売れっ子のダウンタウンの浜田雅功と小室ファミリーとして名を売っていた音楽業界でも有名な小室哲哉がユニットを組み、大ヒットしました。
星ゾラ | 12,094 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト