戸川純の前身バンド、『ゲルニカ』が築き、壊したもの
2016年3月20日 更新

戸川純の前身バンド、『ゲルニカ』が築き、壊したもの

『お尻だって洗ってほしい』-TOTOのCMで一躍脚光を浴びた元祖不思議ちゃんヴォーカリスト、戸川純の前身は、『ゲルニカ』という男女のユニットだった。その独特な世界観は何を生み出し、また、何を破壊していったのか。

17,765 view

’82~’84年、お茶の間に3度デビューした戸川純 

’82年、お茶の間を混沌と困惑に陥れたTVCMがあった。
可愛いことは可愛いのだが、なんだか視線が定まらないというか、ろれつが回らないと言うか・・・そんな女性が突如TOTOのウォシュレットの前でおしりを突き出し、「おしりだって、洗ってほしい」と宣う姿に、見る者は衝撃を受けた。
彼女こそ女優であり日本の歌謡史に残る異色のヴォーカリスト、戸川純だった。

TOTO ウォシュレット CM 戸川純(当時21歳) ▼1980年代 CM集 http://www.youtube.com/playlist?list=PLIvK0JXVaPzi5tvdsuBIO2F7UDzH4FoDi

今も語り草・・・衝撃的だったスゥイート・キッスのCM曲

戸川純をTOTOのCMで知った僕らは、再びビックリすることとなる。
おしりを突き出していたあの不思議ちゃんが今度はレトロな銀幕の歌姫になりきって、朗々と昭和歌謡風の歌を歌っている。
しかも、なんて綺麗な高音・・・同一人物とはすぐには気付かなかったくらいだ。
このとき横にいる人物が上野耕路で、クレジットには『唄、ゲルニカ』とあった。

Commercial Film of Japan of 80's

ゲルニカ(GUERNICA)とは

『ゲルニカ』。
元の意味はスペインの小都市の名前で、パブロ・ピカソによる、戦争の悲劇を表現した同名の版画が有名だ。
日本のゲルニカは、上野耕路と戸川純、それにイラストレーターの太田螢一という、それぞれ稀代の天才アーティスト3名が意気投合し、’81年に結成された音楽ユニット名である。
当時のアート界を震撼させた太田螢一は、ゲルニカにおいて歌詞とヴィジュアル面を担当している。
太田螢一のアート

太田螢一のアート

レトロとサイケをミックス、どこかおっとりした、不気味なのに上品な画風を身上とする

ゲルニカの作曲とキーボード担当、上野耕路の前身

ボーカル=戸川純
作詞・アートコンセプト=太田螢一
では作曲とキーボード(主にオルガン調)担当の上野耕路とは何者なのだろう。
上野の前身は、佐伯健三がボーカルを担当していた、ハルメンズというバンドのメンバーだった。
ハルメンズの『昆虫軍』は、のちにソロになった戸川も歌い、アルバムに収録している。

01. 昆虫軍 - 0:00 02. 暗いところへ - 4:13 03. フリートーキング - 6:49 04. 電車でGO - 9:32 05. モーター・ハミング - 12:06 06. ライフ・スタイル - 15:09 07. キネマの夜 - 18:30 08. リズム運動 - 20:48 09. 私ヤヨ ...
ソロの戸川の代表曲の一つになっている『レーダーマン』も、元歌はハルメンズの佐伯ボーカルによるものだ。

ちなみに、時々ZABADAKの吉良知彦とゲルニカの上野耕路を混同している人がいるが、ZABADAKのボーカル、上野洋子とごっちゃになっていると思われる。
両上野氏にもちろん関連はない。
ゲルニカの上野耕路と戸川純

ゲルニカの上野耕路と戸川純

上野=作曲・キーボード
戸川=澄んだ高音の独特な女性ボーカル
出典 prcm.jp
ZABADAKの吉良知彦と上野洋子

ZABADAKの吉良知彦と上野洋子

吉良=作曲・主にギター
上野=澄んだ高音の独特な女性ボーカル

ちょっとこんがらがる・・・

レトロブームの火付け役となった、ゲルニカのコンセプト

’80年代はバブルの波に乗り、ワンレンやボディコンといったイケイケのファッションが流行する一方、自制の意味を込めたものか、懐古趣味のレトロブームも何種類か起こった。
海外コンセプトならアメリカのロカビリーや、アジアン・レトロ(中国雑貨屋『大中』さんにお世話になった人も多かった)。
国内コンセプトなら、モボ・モガに象徴される昭和初期~戦前、戦後あたり。
昭和初期の雰囲気を醸したゲルニカは、後者のブームをけん引することになった。

戸川純が好んで曲をカヴァーした昭和初期の代表的な歌手で女優が、李香蘭である。

46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

蜷川幸雄、遠藤賢司、遠藤ミチロウ、町田康…戸川純に影響を与えた人物のエッセー集「ピーポー&メー」が発売!!

蜷川幸雄、遠藤賢司、遠藤ミチロウ、町田康…戸川純に影響を与えた人物のエッセー集「ピーポー&メー」が発売!!

80年代より個性的なキャラクターで女優・歌手として活躍する戸川純が、音楽作品のレビューなどを扱うサイト「ele-king」での連載をまとめたエッセー集「ピーポー&メー」を発売しました。
隣人速報 | 198 view
ミドルエッジ世代の給食が家庭で蘇る!昭和の味「ソフトめん」の一般販売が開始される!

ミドルエッジ世代の給食が家庭で蘇る!昭和の味「ソフトめん」の一般販売が開始される!

ミドルエッジ世代であれば給食でお世話になったことがあるであろう「ソフトめん」。長らく口にしていない方が多いのではないでしょうか。このたび、ソフトめんを家庭で気軽に味わえる「近江ソフトめん」が滋賀県内で発売されました。
隣人速報 | 4,798 view
年齢も性別も不詳!?謎のアイドルグループ「スターボー」を覚えてますか?

年齢も性別も不詳!?謎のアイドルグループ「スターボー」を覚えてますか?

巨額のプロモーション費用をかけ、松本隆や細野晴臣も動員し「太陽系第10惑星・スターボー星から脱出し、地球に“A・I(愛)”を伝えるためにやってきた」謎のアイドル「スターボー」を覚えてますか?
となりきんじょ | 11,887 view
知る人ぞ知る“超展開”マンガ「バレエ星」が48年の時を経て単行本化!サブカル好き必見!

知る人ぞ知る“超展開”マンガ「バレエ星」が48年の時を経て単行本化!サブカル好き必見!

かつて、小学館の学年誌に頻繁に掲載されていた「バレエ漫画」。そんなバレエ漫画の中でも異色の作品、谷ゆき子の「バレエ星」が、連載から50年近い時を経てついに単行本化を果たしました。その超展開ワールドを是非堪能してみましょう!
隣人速報 | 1,958 view
少女漫画家・松本かつぢの世界観を蘇らせる「7つの絵本プロジェクト」が進行中!優しい色合いの原画を絵本に!

少女漫画家・松本かつぢの世界観を蘇らせる「7つの絵本プロジェクト」が進行中!優しい色合いの原画を絵本に!

少女漫画「くるくるクルミちゃん」などで知られる昭和初期の漫画家・松本かつぢ。「松本かつぢ×ニジノ絵本屋」7つの絵本プロジェクトとして、50年以上前に描かれた絵本原画を忠実に、現代版として再出版される。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト