ゼロ・クラウンは一日にしてならず
2017年6月28日 更新

ゼロ・クラウンは一日にしてならず

2003年に発売された12代目トヨタ・クラウンは、「ZERO CROWN」のキャッチコピーとともに登場し、大ヒットをしました。しかし、ここに至るまで、トヨタは入念な準備を行っていました。今回は、9代目から始まった改革の経緯を見ていきましょう。

17,654 view

車体構造も独特だったクラウン

日本の乗用車で最も長い歴史を持つ名前は、トヨタ自動車のクラウンです。誕生は1955年。日本の国産乗用車の黎明期に登場し、以来、トヨタのトップブランドとして君臨し続けています。

当時の乗用車でも、現在の車と同様に車体とシャシーを一体で構成するモノコック構造の技術もありましたが、敗戦からわずか10年の日本の道路事情は悪く、乗り心地と丈夫さを両立させるため、多くの乗用車ではフレームにボディを載せた、いわばトラックのようなボディ構造をしていました。

初代クラウンでは、従来の国産車のようなトラックと共用のシャシーではなく、専用のシャシーを開発し、車高の低床化を図りました。1967年発売の3代目では、ペリメーター型フレームを採用し、2代目までの梯子型フレームよりも、さらに車高を低くしました。日産では1960年発売の初代セドリックですでにモノコック構造を採用していましたが、クラウンではペリメーター型フレームを使い続け、フレームがもたらす「重厚な乗り心地こそがクラウンらしさ」とされてきました。
クラウンらしいデザインの集大成ともいえた、1987年登...

クラウンらしいデザインの集大成ともいえた、1987年登場の8代目クラウン

5ナンバーボディが基準の時代なので車内は狭かったが、バブル経済の盛り上がりで大ヒットした。マイナーチェンジで、写真のV8エンジン搭載車が設定された。

二方面作戦でモノコックボディを試用

1980年代前半には、国産乗用車のほとんどはモノコック構造を採用していました。ペリメーター型フレームを使い続けることは、燃費や安全性などで不利な面が多いことは、開発陣にも分かっていました。不安なのは、フレームをなくすと長年の顧客が離れてしまうのではないか、ということです。

そこで、1991年発売の9代目(140系)では、新たな戦略に出ました。8代目(130系)のマイナーチェンジで投入した、セルシオと同じV型8気筒4000㏄エンジン搭載車を、新たに「マジェスタ」として独立させ、車体をモノコック構造としました。一方、従来のシリーズは「ロイヤルシリーズ」として展開し、引き続きペリメーター型フレームを採用するという、二方面作戦に出たのです。
すなわち、売れ筋のロイヤルシリーズは、安全パイとしてペリメーター型フレームで残し、上級モデルをモノコック構造とすることで、クラウンの一番重要な客層がどちらを選ぶかを判断できるわけです。

一見、ムダなようですが、当時は日産セドリック・グロリアの派生モデルとして上級のシーマが大ヒットしていましたので、市場ではマジェスタの誕生は当然の流れに見えました。

時代はバブル経済の絶頂期。セルシオのハードトップ版ともいえるクラウン・マジェスタは大いに売れ、特に従来の上級モデルを購入していた富裕層はこぞってマジェスタに買い換えました。これにより、クラウンはモノコック構造でも受け入れられることが証明されました。
なお、この9代目は、クラウン初の3ナンバー専用ボディ(過去にはクラウンエイトというイレギュラーなモデルも存在)となり、デザイン面でも新たなことにチャレンジしよう、としていました。

そこで、ロイヤルシリーズでは、丸味のあるボディ形状でリアに向けてトランクが高くなる、当時のトヨタの潮流に乗ったデザインが採用されました。しかし、ボディ構造よりもこのデザインが長年のユーザーに受け入れられず、販売面で苦戦。1993年にビッグマイナーチェンジが行われ、トランクは従来のテイストを色濃く残した形状に変更されました。後期型の販売途中にバブル経済がしぼみ始め、ややスポーティなロイヤルツーリングの格安グレードを充実させました。
ペリメーター型フレームを使用した最後のクラウンとなった...

ペリメーター型フレームを使用した最後のクラウンとなった9代目。

クラウン初の、完全な3ナンバー専用ボディとなった。
マーク2やコロナなどと同じく、フロントからリアにかけて...

マーク2やコロナなどと同じく、フロントからリアにかけて高くなるデザインを採用。

保守的なデザインからの脱皮を試みた。
上級モデルとして誕生したクラウン・マジェスタ

上級モデルとして誕生したクラウン・マジェスタ

プラットホームは初代アリストと共用された。

トヨタCM 1991 9代目クラウン

9代目クラウンのデビュー時のCM。マジェスタとロイヤルシリーズをともに紹介している。
1993年にマイナーチェンジを受けた、ロイヤルシリーズ

1993年にマイナーチェンジを受けた、ロイヤルシリーズ

後部ドア以降を完全に作り替える大規模なマイナーチェンジで、保守的なリアデザインになった

【自動車CM】 トヨタ クラウン (9代目・ビッグマイナー後) TOYOTA CROWN

マイナーチェンジ後のロイヤルシリーズ。顔よりもお尻に焦点が当てられているのが分かる。

保守的なデザインながらもモノコック構造に

マジェスタの成功により、モノコック構造がユーザーに受け入れられることが証明されたクラウンは、1995年にフルモデルチェンジした10代目(150系)ではロイヤルシリーズもモノコック構造に変更されました。ただし外観は、9代目の失敗をうけて角ばった保守的なデザインとなりました。

また、足回りを強化したモデルとしてロイヤルツーリングが引き続き設定されましたが、外観上の違いはわずかでした。
8代目のような保守的なデザインに戻った、10代目のロイ...

8代目のような保守的なデザインに戻った、10代目のロイヤルサルーン

ロイヤルツーリングでは、ヘッドライトまわりやアルミホイ...

ロイヤルツーリングでは、ヘッドライトまわりやアルミホイールに、ロイヤルサルーンとの違いが見られる。

トヨタ クラウン 10代目 前期型 CM 1995 TOYOTA CROWN Ad

さわやかな海岸線を走ってユーザー層の若返りを図るが、10代目の保守的なデザインには不釣り合いかも。

スポーティグレードを独立設定

1999年発売の11代目(170系)では、4ドアハードトップが廃止され、すべてセダンボディとなりました。これまで、個人向け(オーナー自身が運転する)はハードトップ、法人向け(運転士が運転する)はセダンという棲み分けがされていましたが、ハードトップでは側面からの衝突安全性を確保するのに限界があるため、すべてセダンボディとなったのです。

こうして11代目ではセダン一本となり、従来の上級セダン需要もこちらで吸収。一方で、法人の安価なセダン需要に応えるため、10代目セダンも引き続き生産されました。
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

やっちまった~!?失敗車種シリーズ『トヨタ・クラウン』編!!

やっちまった~!?失敗車種シリーズ『トヨタ・クラウン』編!!

乗ってた方には大変申し訳ございませんが、トヨタ・クラウンの中でも9代目にあたるGS141型のクラウン、とくに7・8代目が爆発的にヒットしたせいか、あれ?何やってんの~と言う印象が強かった9代目クラウン・・・
ギャング | 40,159 view
憧れの“4灯式丸型テールランプ”、スカイライン以外にもあった?

憧れの“4灯式丸型テールランプ”、スカイライン以外にもあった?

スカイラインのアイデンティティとして受け継がれた“4灯の丸型テールランプ”は、1972年発売の4代目スカイライン(通称:ケンメリ)から始まりました。スカイラインのイメージが強い“4灯の丸型テールランプ”ですが、実は他の車にも採用されていました。どんな車があったのか、振り返ってみたいと思います。
ヤマダゴロー | 142,062 view
【恐怖の9番打者】打者顔負けのバッティング!18年ぶりの優勝に貢献したトレイ・ムーア投手

【恐怖の9番打者】打者顔負けのバッティング!18年ぶりの優勝に貢献したトレイ・ムーア投手

大谷翔平の活躍で注目を集める "二刀流" ですが、実は20年前、阪神タイガース18年ぶりの優勝に大きく貢献した "二刀流" の投手がいました。それがトレイ・ムーア投手。愛嬌のある風貌、変則的な投球フォーム、打者顔負けのバッティングが特徴でした。そんな頼もしい助っ人を振り返ります。
izaiza347 | 872 view
懐かしい!今は亡き竹内結子や田中邦衛などが出演する名作映画「黄泉がえり」

懐かしい!今は亡き竹内結子や田中邦衛などが出演する名作映画「黄泉がえり」

2003年に公開された映画「黄泉がえり」は、亡くなった大事な人が黄泉から帰ってくるという死者と生者の愛をテーマにした映画です。主演は草彅剛さんと竹内結子さんが務めました。亡くなってしまった人を愛し続ける人達の愛と優しさが全編に漂う映画です。竹内結子さんや田中邦衛さんなど今は亡き俳優さんも出演していてとても懐かしさを感じますよね。今回は映画「黄泉がえり」をご紹介します。
そうすけ | 343 view
【PR】映画「ONE PIECE ワンピース THE MOVIE デッドエンドの冒険」をフルで無料視聴できる動画配信サービスを比較!

【PR】映画「ONE PIECE ワンピース THE MOVIE デッドエンドの冒険」をフルで無料視聴できる動画配信サービスを比較!

2003年公開の日本のアニメーション映画「ONE PIECE ワンピース THE MOVIE デッドエンドの冒険」。原作は尾田栄一郎のコミック。監督は宇田鋼之介。脚本は菅良幸。田中真弓、中井和哉、岡村明美、山口勝平、平田広明らが出演したこの作品を無料視聴できる動画配信サービスをご紹介します。
無印 | 101 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト