やっちまった~!?不人気車種シリーズ『TOYOTA ウィンダム』編!!
2018年4月17日 更新

やっちまった~!?不人気車種シリーズ『TOYOTA ウィンダム』編!!

乗ってた方には大変申し訳ございませんが、トヨタの中型高級車?初代ウインダム、たしか2・3代目ウインダムも不人気車の仲間入りを果たして2006年で販売終了してしまったしまったという悲劇の車。

9,864 view

トヨタ・ウィンダムとは

✈ TOYOTA WINDOM ( LEXUS ES ) junkyard car トヨタ ウィンダム VCV ( レクサス ES )

ウィンダム(WINDOM )は、トヨタ自動車が1991年から2006年にかけて販売した前輪駆動(FF)の中型高級車(Dセグメント)です。

日本国外では、同社が展開する高級ブランド「レクサス」の中級モデル「ES」として販売される一方、国内では日本名「ウィンダム」としてトヨタブランド(トヨタカローラ店)で販売されていました。

TOYOTA社によると

3.0G リア(前期型)

3.0G リア(前期型)

バブル景気で日本国内の高級車市場が拡大する中、大ヒットした三菱自動車工業の「ディアマンテ」に刺激を受けたトヨタ自動車が、従前の同社のラインアップから少々逸脱した新しいコンセプト(FF、V型エンジン)に基づき、北米市場をメインマーケットとし1991年9月に登場させたのがウインダムだそうです。

穴埋めの意味も

前期型 2.5

前期型 2.5

当時日本国内のトヨタ販売チャネルにおける2,500~3,000ccクラスの中大型セダンとして、
トヨタ店には「セルシオ」・「クラウン」、トヨペット店には「セルシオ」・「マークII」、オート店には「アリスト」・「チェイサー」、「ビスタ店」では「アリスト」・「クレスタ」がそれぞれ存在した反面、大衆車中心のカローラ店には当時ミディアムクラスのセダンがなかったため、ラインアップの穴を埋める意味もあったとか・・・

初代ウインダムスペック

ウィンダム(初代)3.0G (前期型)

ウィンダム(初代)3.0G (前期型)

販売期間 1991年 - 1996年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア ハードトップ
エンジン 3VZ-FE型 V6 3.0L 200PS
4VZ-FE型 V6 2.5L 175PS
駆動方式 FF
変速機 4速フロアAT
サスペンション ストラット式/コイルスプリング
(前/後)
全長 4,780mm
全幅 1,780mm
全高 1,390mm
ホイールベース 2620mm
車両重量 1,500-1,550kg
タイヤサイズ 205/65R15 94H(前/後)
製造事業者 トヨタ自動車九州
別名 レクサス・ES
先代 トヨタ・カムリプロミネント

キャッチコピーは

【車のCM昔】 トヨタ・ウインダム 初代(1991年-1996年)VCV10 VCV11 toyota windom lexus es300

テレビCMでは一般的な芸能人のタイアップを廃し、アメリカ人の実業家、大学教授、国際線の機長、NBAのヘッドコーチ(フィル・ジャクソン)など、
レクサスが想定する顧客層(高収入・高学歴のホワイトカラー)が北米仕様のES300に乗車する様子の最後に「レクサスES300=日本名ウィンダム」というナレーションを入れ
「Are You WINDOM?」というシンプルなキャッチコピーで締めくくるなど、北米での高評価を意識した特徴的な構成だったそうです。

何で不人気車に?

一説にはデザイン性も有りますが、1991年はまだバブル時期で、中型高級車を出すものの、当時は中大型セダンとして大人気だったトヨタ3兄弟の「マークII」「クレスタ」「チェイサー」が幅を利かせていました。
ウインダムの価格帯も3兄弟と、あまり変わらず、だったら下取りの事も考え人気車の方を購入するのが当たり前だったと思います。

トヨタ・マークII(7代目)前期型

トヨタ・マークII(7代目)前期型

トヨタ・クレスタ(4代目)前期型 2.0スーパールーセント

トヨタ・クレスタ(4代目)前期型 2.0スーパールーセント

トヨタ・チェイサー(5代目)2.0アバンテ(前期型)

トヨタ・チェイサー(5代目)2.0アバンテ(前期型)

う~ん、見比べると、やっぱり3兄弟の方が良く見えてしまいます。

金融屋の中でも不人気!!

その昔、金融業をやっていた私はウインダムの人気のなさを何度か目の当たりしました。

金融屋から車でお金を引っ張る(借りる)場合、ローンの残債が残っている車が多いです。(金融車・金融流れ物)
ローンが残っていても、貸しますが、大事なのは車検の残り期間(長い方が有利)と人気車か不人気車かで貸す金額も変わります。
大体車でお金を借りる方は8割方、飛ぶ(不渡り・返済不能)ので売れる金額以下しか貸しません。
例えば新車で300万円の車で残債が丸々残っていても人気車で車検が2年前後残っていれば7~80万円出す事もあります。
ウインダムの場合、出して50万以下でした。
金融屋は貸す前に車屋や同業者などに値踏みで、いくら出せるか調べます。
そんな経験からもウインダムは不人気車だと実感しました。

意外といいじゃん!

ギャング (1996420)

まるで図書館の様な静かさ・・・
出典 ギャング
車を預かれば、当然乗ってみます。(車庫に保管は建前です。)

エンジンをかけて気付く事が『静か~』本当にエンジンかかっているの?と驚きました。
また中型車のわりにはクラウン並みの広さも感じられました。
乗り心地も一般道ではキビキビと高速では安定した走りと、トランクも広くゴルフバッグ4本積めても問題なしだし・・・

ただ燃費が悪いのを除けば、何がウインダム悪いの?と言う印象でした。

画像はイメージです。

画像はイメージです。

ウインダムではありません。
プリウスPHVです。
出典 toyota.jp

結局2番3番手だから?

結局2・3着だから?
個人的な感想ですが、結局1番でなく2~3番手だったからなのでしょうか・・・

デザイン的には同じ中大型高級車のトヨタ3兄弟「マークII」「クレスタ」「チェイサー」より下だったし・・・
走りも、同じ91年に販売したアリストの方が走りは上だと思いました。
更に中型高級車を謳っているわりには高級車?と言うイメージがありました。

乗れば悪くない車ですが、その辺で損をしていたのかもしれません。
アリスト(初代)前期型 3.0Q

アリスト(初代)前期型 3.0Q

販売終了

3代目ウィンダム 最終型

3代目ウィンダム 最終型

ウインダムは2005年の 月販台数100台を割り込むなど販売不振が深刻化され、
ついに3代目の2006年をもっ販売終了となりました。

中古車相場は?

さすがに初代は、カーセンサー&GOO2社探しましたが1台もありませんでした。

【中古車】トヨタ ウィンダム 3.0GクルージングED 1オナ 黒革 ナビ クルコン AW|エールート草加店 (株)エールート|中古車なら【グーネット】

18万
トヨタ ウィンダム 3.0GクルージングED 1オナ 黒革 ナビ クルコン AWの中古車<車両詳細>情報|エールート草加店 (株)エールート。中古車・中古車情報のことなら【クルマ、まるごと。グーネット(Goo-net)】中古自動車登録台数が豊富だから、あなたにピッタリな1台が見つかるはず。中古車購入、中古車販売の情報も満載!「あんしん、まる見え」のID車両ならこだわりがある方も更に安心して中古車選び・車両検索(車検索)ができます。お役立ち情報も盛りだくさん。

【中古車】トヨタ ウィンダム 3.0G ブラックセレクション 黒革 ナビ 1オナ HID|エールート草加店 (株)エールート|中古車なら【グーネット】

15万
トヨタ ウィンダム 3.0G ブラックセレクション 黒革 ナビ 1オナ HIDの中古車<車両詳細>情報|エールート草加店 (株)エールート。中古車・中古車情報のことなら【クルマ、まるごと。グーネット(Goo-net)】中古自動車登録台数が豊富だから、あなたにピッタリな1台が見つかるはず。中古車購入、中古車販売の情報も満載!「あんしん、まる見え」のID車両ならこだわりがある方も更に安心して中古車選び・車両検索(車検索)ができます。お役立ち情報も盛りだくさん。
47 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

クラウンマジェスタ!!『すべては、クラウン。~この上ない満足のために~』

クラウンマジェスタ!!『すべては、クラウン。~この上ない満足のために~』

初代 S140型のお洒落なキャッチコピーから現在は6代目S210型まで製造販売されてるクラウンマジェスタ。中でも初代S140型にスポットをあてまとめてみました。
ギャング | 6,499 view
やっちまった~!?不人気車種シリーズ『トヨタ アバロン』編!!

やっちまった~!?不人気車種シリーズ『トヨタ アバロン』編!!

乗っていた方には大変申し訳ございませんが、「TOYOTA」の最上級車として誕生した初代アバロン・・・ハッキリ言って私は大き目のコロナ!?と言う印象でした。
ギャング | 7,755 view
やっちまった~!?失敗車種シリーズ『トヨタ・クラウン』編!!

やっちまった~!?失敗車種シリーズ『トヨタ・クラウン』編!!

乗ってた方には大変申し訳ございませんが、トヨタ・クラウンの中でも9代目にあたるGS141型のクラウン、とくに7・8代目が爆発的にヒットしたせいか、あれ?何やってんの~と言う印象が強かった9代目クラウン・・・
ギャング | 12,256 view
画期的だったハイパワー高級セダン、アリスト

画期的だったハイパワー高級セダン、アリスト

ハイパワー車が続々と登場した80年代末から90年代前半。トヨタでは、根強いユーザーを持つクラウンと、国際水準のクオリティで衝撃を与えたセルシオの間に、スポーツカー顔負けの新たな高級車を投入しました。圧倒的なトルクと独自の高級感で魅了したアリストです。
篠田恵三 | 4,686 view
「私をスキーに連れてって」時代の人気RV、サーフ&テラノ

「私をスキーに連れてって」時代の人気RV、サーフ&テラノ

昨今のバブル時代ブームもあって、この冬のスキー関連のCMは、1990年前後を感じさせるものが多いですが、自動車における「スキー」「バブル」といえば、クロカン4WDを忘れることはできません。今回は、時代の主役・三菱パジェロを追いかけた二大メーカーのトヨタ・ハイラックスサーフと、日産テラノを取り上げます。
篠田恵三 | 5,800 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト