2017年5月18日 更新

トヨタの革命児、初代カムリ&ビスタは偉大だった

国産車のFF方式が一気に採用され始めた1980年代前半、トヨタでは1台のセダンを発売しました。それがカムリとビスタでした。※カムリについては「セリカ・カムリ」を初代と数えることも多いですが、ここでは1982年発売のV10型を初代と定義します。

8,180 view

本格投入前の徹底した準備

カムリ&ビスタの発売を前に、トヨタは相当な準備で臨みました。まず、カムリを扱うカローラ店には上級車種がなかったため、1980年1月に「セリカ・カムリ」という名のFR車を投入し、市場を開拓しました。車名にはカローラ店の取扱車種であるセリカの名を冠し、メカニズム的にはカリーナの姉妹車でした。

一方、ビスタの方は、同じく1980年4月に新たなディーラー網「トヨタビスタ店」を開設。セリカ・カムリのほか、クレスタ、ターセルなどを扱いました。
カリーナセダンの姉妹車、セリカ・カムリ。

カリーナセダンの姉妹車、セリカ・カムリ。

カローラ店で扱っていたセリカ。写真は1979年のモデル。

カローラ店で扱っていたセリカ。写真は1979年のモデル。

クラウンよりも広いミドルセダン

1982年、満を持して3月にカムリを、4月にはビスタを投入しました。初代カムリ&ビスタ(V10型)は、従来のトヨタ車の概念を打ち壊すようなクルマでした。駆動方式に前輪駆動を採用したため、走行系をコンパクトにまとめ、広大なキャビンを設け、「クラウンよりも広い」と評されました。

メカニズム面では、駆動方式は前輪駆動のみ、エンジンは新開発の直列4気筒1800cc(1S-LU型)を横置きし、変速機は5速MTのみの設定でした。

トヨタでは、新機軸を盛り込んだカムリを新たな国際戦略車と位置付け、コロナに代わって輸出の主役としました。

カムリはその後、1982年7月に4速AT車を、8月には2000ccが追加されました。さらに翌1983年8月には1800ccディーゼルターボ車が追加され、ラインナップを急速に拡大していきました。
本当の意味での初代といえるV10型カムリ。

本当の意味での初代といえるV10型カムリ。

前輪駆動のメリットを最大限に活かした広大なキャビンが特徴。
カムリの輸出仕様。北米向けのヘッドライトは当初、角形4...

カムリの輸出仕様。北米向けのヘッドライトは当初、角形4灯だった。

1983 TOYOTA CAMRY Ad

初代カムリのCM。CMキャラクターには田中邦衛を起用。広い室内が売りなので、CMでも車内を写している。

リフトバックでスポーティな印象に

ビスタとは「展望」の意味ですが、大きなグラスエリアはビスタの名にふさわしいものでした。当初はカムリと同じく1800cc・5速MTのみの設定でしたが、1982年8月には5ドアリフトバックが発売されました。5ドアは、日本ではビスタのみに設定(カムリも海外向けには設定)され、セダンよりも車高が低いため、スポーティな印象を与えました。

併せて、1800ccの4速ATと、2000ccが追加されました。1983年8月には、カムリと同じく1800ccディーゼルターボも追加されました。

筆者が子どもの頃、初代カムリに乗っている親戚がおり、窓の大きなセダン、という印象が残っています。無駄のないデザインは、それまでのコテコテしたFRセダンを一気に古臭く感じさせました。また、友人の家ではビスタの5ドアリフトバックに乗っており、こちらも従来の日本車にない、進歩的なイメージがありました。
初代ビスタに追加された5ドアリフトバック。

初代ビスタに追加された5ドアリフトバック。

ファミリーカーのカムリ、ややスポーティなビスタというイメージが定着した。写真は後期型。

初代トヨタビスタCM

初代ビスタのCM。CMキャラクターには多岐川裕美を起用。

マイナーチェンジでFF初のDOHC誕生

1984年6月、カムリとビスタは同時にマイナーチェンジを受けました。2000ccにはツインカム16V搭載車が追加され、横置きFF車では日本初のDOHCエンジン搭載車となりました。

また、1800ccエンジン(ガソリン車)には電子制御インジェクションが搭載され、グレードの見直しなども行われました。1985年8月には、ディーゼルターボ車のエンジンが2000ccに変更されました。

キャッチコピーは「長距離クルージングサルーン」。直列4気筒の2000cc車でありながら、広大なキャビンとFFの安定した走りを武器に、マーク2シリーズにはない、世界標準のサルーンをPRしました。
マイナーチェンジで引き締まったデザインになったカムリ。

マイナーチェンジで引き締まったデザインになったカムリ。

2000cc・DOHCエンジン搭載車は、リアドアに「2000 TWIN CAM 16」の文字が入れられた。

カムリCM

マイナーチェンジしたカムリのCM。2000cc・DOHCエンジン車が主役だ。CMキャラクターは引き続き田中邦衛。

TOYOTA VISTA ビートたけし

マイナーチェンジしたビスタのCM。CMキャラクターにはビートたけしを起用。

3代目以降は再びビッグキャビンに

カムリ&ビスタは、1986年8月に2代目に移行します。先進的な試みに満ちた初代はそれなりに売れましたが、トヨタでは充分な成功と評価されてはいないようです。2代目では、コロナの上、マーク2の下、という位置付けがはっきり分かるデザインになり、室内の広さを売りにした初代のコンセプトは消えてしまいました。

ビスタは5ドアリフトバックが消え、代わりに4ドアハードトップが設定され、セダンとの2本立てになりました。1987年4月にはV型6気筒2000ccエンジン搭載の「プロミネント」がカムリに追加され、プロミネントには4ドアハードトップも設定されました。

一方で、国際車としてのカムリは2代目で開花します。1987年にオーストラリアで、1988年にはアメリカで現地生産を開始し、特にアメリカではホンダ・アコードと並ぶ人気を二分し続けています。
3代目カムリ&ビスタは国内専用車種となりますが、設計ベースは国際車(のちにセプターの名で日本でも販売)のため、室内の広さというコンセプトは帰ってきました。

ビスタは5代目で終わってしまいましたが、カムリは8代目が発売中。そしてアメリカでは、2017年1月の北米国際自動車ショーで9代目が発表されました。日本でも9代目へのモデルチェンジが予定されています。

カムリは地味なセダンですが、前述の通り、親戚や友人の家が乗っていて、筆者にとって思い入れのあるクルマです。本稿で、革命的だった初代カムリ&ビスタを思い出していただけたら幸いです。
高級感を重視し、普通のセダンになった2代目カムリ(V20型)

高級感を重視し、普通のセダンになった2代目カムリ(V20型)

22 件

20世紀交歓所この記事に関連する商品一覧

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

   

関連する記事こんな記事も人気です♪

ゆるキャラ「イプー」も懐かしいミニバン、イプサム

ゆるキャラ「イプー」も懐かしいミニバン、イプサム

今や日本車の主流となった3列シートのミニバン。5ナンバーミニバンの中で、一世を風靡したものの、今ではなくなってしまったクルマにトヨタのイプサムがあります。「イプー」のCM、覚えていますか?
篠田恵三 | 2,193 view
トヨタが『ハイラックス』を再び日本市場へ導入!タフな作りは健在!夢広がる荷台を使ってレッツアウトドア!

トヨタが『ハイラックス』を再び日本市場へ導入!タフな作りは健在!夢広がる荷台を使ってレッツアウトドア!

9月12日、トヨタ自動車は、国内でのラインナップから外れていた大型ピックアップトラック『ハイラックス』を、日本市場へ導入、販売を開始した。5人乗りのダブルキャブの日本仕様となっている。
平成の「聖子ちゃん」を探せ!あの「実話ナックルズ」がグラビアオーディションを開催中!!

平成の「聖子ちゃん」を探せ!あの「実話ナックルズ」がグラビアオーディションを開催中!!

「実話ナックルズ極ベスト 平成の聖子ちゃんを探せグラビアオーディション」が現在開催中!グランプリに輝くと「ナックルズ極ベスト」の表紙を飾れます!参加するなら今しかない!!
隣人速報 | 5,430 view
アゴ&キンゾーの「あご勇」が観光バス添乗員に挑戦!冠ツアー「アゴーハツアー」を催行します!!

アゴ&キンゾーの「あご勇」が観光バス添乗員に挑戦!冠ツアー「アゴーハツアー」を催行します!!

9月より、観光バスツアーのVIP Tourより「あご勇」が添乗員を務める観光バスツアー「アゴーハツアー」が催行されます。往年のお笑い芸人のトークを生で体感したい方は要チェック!
隣人速報 | 507 view
カーマニア必携!「国産名車 昭和を駆け抜けた日本のスポーツカー」8月7日より発売開始!!

カーマニア必携!「国産名車 昭和を駆け抜けた日本のスポーツカー」8月7日より発売開始!!

66年~88年に販売された国産スポーツカーを厳選した「国産名車 昭和を駆け抜けた日本のスポーツカー」が8月7日より発売されます。全107車種の懐かしい国産スポーツカーの姿とデータが収められた、カーマニア必携の一冊!
隣人速報 | 2,253 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト