【大学サボって勉強しなかった】お勉強コーナー【資本論】
2017年3月27日 更新

【大学サボって勉強しなかった】お勉強コーナー【資本論】

私たちが大学の頃って、サークルやアルバイトに明け暮れて、何ひとつ勉強で身についたことってなさそうですよね。そんな不真面目な私は、当時留学生に難しいことを聞かれて恥ずかしい思いをしたことがあります。そんな方のために、一緒にお勉強しましょう。今回は、【資本論】を取り上げます。

603 view

お勉強コーナーについて

私たちの世代は、みんな高校までは、いい大学に入ろうと猛勉強して、浪人してまで行きたい大学に入ろうとしました。
大学はパラダイスでした。
楽しいサークルで学生生活を満喫し、アルバイトで必要なお金を稼ぎ、バラ色過ぎて留年、なんてこともありました。
大学は本来「勉強するところ」です。
しかし、実際は、「いかに単位の取れそうな授業を選ぶか」「出席しなくても簡単な試験を受ければ単位がもらえる授業の情報を集めるか」「いかに他人の書いたノートを集めるか」ということばかり考えていました。そんな人、多くないですか?
筆者も、大学で学んだことなど何一つ覚えていません。
また、バイト先で、海外からの留学生から、「商学部ならこれくらいは知っているだろう。このことについてはどう思う?」と聞かれ、恥ずかしい思いをしたことがあります。
今回、自分で、「資本論」を調べてみると意外と面白かったので、ご紹介します。

とりあえず「資本論」は、名前は聞いたことがあるのでは

カール・マルクス

カール・マルクス

カール・マルクスの著した「資本論」は、中学校の歴史で名前だけは習ったことがほとんどの人はあると思います。
しかし、その内容については、まったく知らない人も多いのではないでしょうか。
筆者もまさにそうでした。
論文ではないので、おおざっぱな記事になりますが、よろしければ読んでみてください。

資本論に書いてあることとは

資本論に書いてあることは、「社会主義」のことだと思っていましたが、実際はその名のとおり、資本主義のことが書いてあります。
「こういうわけで、資本主義はいずれ崩壊するだろう」という予言書のようなものです。
 (1847685)

資本主義の欠点をこう指摘している。

マルクスが資本主義の「ここがいけない」と示した欠点はこうです。
「資本家は労働者から限りなく労働力の搾取をする。そのため、労働者は資本家の奴隷のようになり、富がどんどん労働者から資本家に移動し、格差が広がってくる」ということを問題にしています。
この問題点が現代の格差社会とシンクロして、今、資本論があらためて見直されているようです。
「働くのが死ぬほどツライ」と、よく筆者も思うのですが、いわゆる「うつ病的な」人の仕事への愚痴を書くネット掲示板も大盛況です。みんな、「仕事(労働)」=「会社からの搾取」という思考が働いているんでしょうね。どう考えたら仕事が楽しくなるか、資本論はそのヒントもくれています。

資本論を読んで、理想に燃えた人がいた

資本論をよみ、「資本主義は少数の勝ち組と大多数の負け組を作り上げるとんでもないシステムなのか!」という人たちが増え、次第に団結して、ロシアがソ連という「社会主義国家」になりました。
結果的にソ連は崩壊してしまいましたが、ソ連を作った当時は、指導者は「理想の社会を作るんだ!」という信念に燃えていたのです。それでは、なぜ社会主義はうまくいかなかったのでしょうか。

資本論に書いてあること

 (1847690)

資本主義がいかに非人間的なものであるかを分析した本

資本論は、カール・マルクスによって150年前に書かれた古典です。
当時はまったく世の中に受け入れられなかった資本論ですが、やがて多くの言語に翻訳されていき、日本語版も累計400万部とも言われているほど販売されています。

資本主義では、「愛情」さえも商品に?

 (1847693)

恋愛もお金次第?身も蓋もない話ですが・・・。
資本主義では、ありとあらゆるものが商品になっている、という定義が資本論ではなされています。「カネで買えないものはない」ということですね。
愛情でさえ、商品となっており、金で買えるという理屈も成り立ちます。
「いやいや、愛情はカネでは買えないだろう」と思われる方もいると思いますが、
「では、好きな人なら、どんな貧乏でもいいのか」という問いに答えてみてください。
「働くのが死ぬほどツライ」と、よく筆者も思うのですが、いわゆる「うつ病的な」人の仕事への愚痴を書くネット掲示板も大盛況です。みんな、「仕事(労働)」=「会社からの搾取」という思考が働いているんでしょうね。どう考えたら仕事が楽しくなるか、資本論はそのヒントもくれています。

商品には「価値」がある

40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

元気が出るテレビの名物企画「東大に入ろうね会」って覚えてる!?

元気が出るテレビの名物企画「東大に入ろうね会」って覚えてる!?

80年代から90年代にかけて放送され人気を博していた「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」。「ダンス甲子園」など様々な名物企画がありましたよね。その中に「勉強して東大に入ろうね会」という、受験生が東大にチャレンジする企画があったのを覚えていますでしょうか?
首都大学東京が再び「東京都立大学」に名称変更!?他にもバブル期から名前が変わった大学が多く存在しています!

首都大学東京が再び「東京都立大学」に名称変更!?他にもバブル期から名前が変わった大学が多く存在しています!

数多くのバブル期受験生が目指した「東京都立大学」。早稲田大学などとの併願の相性も良く、私立大学を第一志望とする受験生にも人気がありました。そんな東京都立大学ですが、2005年に「首都大学東京」となったのはご存知の方も多いかと思います。しかしここに来て、首都大学東京の名称が「東京都立大学に戻されるかもしれない」と話題になっています。
隣人速報 | 4,698 view
女優・水野真紀が48歳にして女子大生に!4月から都内の名門女子大に入学した彼女の決意とは?

女優・水野真紀が48歳にして女子大生に!4月から都内の名門女子大に入学した彼女の決意とは?

衆議院議員・後藤田正純氏の妻で女優としても活躍する水野真紀が、4月から東京都内の名門女子大に通うことが明らかとなりました。48歳にしての大学進学に、果たして彼女にはどんな決意があったのでしょうか?
隣人速報 | 891 view
「TOKYOガンダムプロジェクト2018」が東京藝術大学とコラボ! 障がいを持つ子供とガンプラを共同制作!!

「TOKYOガンダムプロジェクト2018」が東京藝術大学とコラボ! 障がいを持つ子供とガンプラを共同制作!!

臨海副都心エリアの活性化と東京都のグローバル人材育成を目的とする「TOKYO ガンダムプロジェクト2018」実行委員会は、東京藝術大学とコラボし、障がいを持つ子供たちと学生の交流の機会を創出する新たなプログラムの実施を決定しました。
隣人速報 | 144 view
中日ファンは必見!?大阪桐蔭の根尾昂の愛読書『思考の整理学』が東大・京大生に絶大な支持を受けている理由とは?

中日ファンは必見!?大阪桐蔭の根尾昂の愛読書『思考の整理学』が東大・京大生に絶大な支持を受けている理由とは?

10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、中日が交渉権を獲得した大阪桐蔭・根尾昂。根尾は文武両道として知られ、寮に父親が毎月20冊の本を送ってくるほどの読書家でもあります。そんな彼の愛読書「思考の整理学」が、現在巷で大きな話題となっています。
隣人速報 | 1,354 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト