1980年に発覚した大胆な集団裏口入学!「早稲田大学入試問題漏洩事件」とは?
2020年9月1日 更新

1980年に発覚した大胆な集団裏口入学!「早稲田大学入試問題漏洩事件」とは?

古今東西行われている、難関校への不正入試・裏口入学。この記事では、1980年に発生した早稲田大学商学部における入試問題漏洩事件について特集したいと思います。

2,078 view

1980年の入試で発覚した「早稲田大学入試問題漏洩事件」

皆さんは「早稲田大学商学部入試問題漏洩事件」をご存じでしょうか?大学受験バブル期の直前である1980年に、早稲田大学商学部で行われた入試において試験問題が事前に漏洩していたことが発覚した事件であり、受験戦争へと突入していた当時の日本社会に大きな影響を与えました。この記事では、同事件の経緯及びその後の展開について書いてみたいと思います。

当時の新聞報道。

 (2218070)

事の発端となった、2月24日の商学部入試。

事の発端となったのは、1980年2月24日に行われた早稲田大学商学部の入学試験。当時、早稲田の商学部は定員1100人に対し23000人の受験生が集まる非常に狭き門として、私大最難関の一角として受験生の憧れの的でした。そんな商学部の入学試験に、試験監督として現役の早大生が立ち会っていたのですが、その際チラっと目に入った試験問題にその早大生が違和感を覚えました。
 (2216829)

当時の早稲田の募集定員など。
なぜ違和感を覚えたのかと言うと、その早大生が入学試験から一週間以上前の2月12日に、とある予備校で「どこかの入試問題の解答速報」として、当日の試験問題と全く同じ問題の模範解答を作っていたためです。

解答速報を作った問題と一字一句同じ問題に、これは問題が漏洩したに違いないと早大生は大学教員に報告、すぐに商学部長にまでその話は伝わったものの、この時点で既に試験時間はほぼ終了していたため、とりあえず試験自体は最後まで行い、その後に極秘調査をすることとなりました。
 (2216823)

早稲田大学商学部の入試問題(1984年)。

※画像はイメージです。
試験終了後、早稲田大学の関係者は模範解答の作成を依頼した予備校に出向き、どういうことなんだと問い詰めました。そして依頼した予備校講師に詰め寄ったものの「何も言えない」と、はぐらかされるばかり。埒が明かないと判断した大学側は「そもそも問題の出所はどこなのか?」の調査を開始しました。そこで浮上したのが「印刷所」です。
 (2216818)

早稲田大学商学部の入試問題(1988年)。

※画像はイメージです。
商学部の入学試験問題は、1948年に開設された「早稲田大学印刷所」で例年印刷されており、試験問題の印刷が完了し、印刷所の倉庫に保管されたのが2月7日、早大生が模範解答を作成したのが2月12日、印刷所から試験問題が商学部の金庫に持ち込まれたのが2月18日だったため、印刷所で保管されていた間か、印刷中に問題が漏れた可能性が浮上しました。

しかし、印刷所は印刷所で厳重なチェック体制を敷いており、印刷に携わる職員は印刷期間中は大学の敷地を出られないなど、不審な動きが無いか常にチェックをしていました。そのため印刷所の所長は試験問題の管理に自信を持っており、「全く心当たりがない」と印刷所からの漏洩を否定しました。
 (2218097)

※画像はイメージです。

毎日新聞にタレコミが入り、新聞記者が捜査を開始!

大学側の捜査が難航する中、マスコミ側に動きがありました。毎日新聞社の社会部にタレコミがあり、商学部の試験問題が漏洩したことをマスコミがキャッチしたのです。そして記者は例の模範解答を作らせた予備校にたどり着き、根強い説得を行い「問題を持ち込んだのは知り合いの会社員」との言質を取りました。
 (2218099)

※画像はイメージです。
そして今度はその会社員のところに出向き、事件の真相を聞き出そうとしたのですが「勘弁してくれ」の一点張りで埒があきません。しかし、記者の10時間に及ぶ説得の結果、会社員は折れ「その問題をもって依頼してきたのは、私の高校時代の恩師だ」と告白したのです。その人物は2年前に教師を退職し、当時運輸会社で働く人物でした。すぐに記者はその人物を当たったのですが、その元教師は「知らぬ存ぜぬ」と白を切り続けました。ここで一旦調査がストップしてしまったと思った矢先、事態は大きく動き始めます。

3月6日、合格発表前日に「問題漏洩」が新聞一面で報道される!!

元教師の調査に当たる記者がいた一方で、早稲田大学の理事宅を張っていた記者もおり、その記者が理事からこの時点ではまだ公表していなかった「問題漏洩の事実」の言質を取ったのです。そのため、商学部の合格発表前日である3月6日の毎日新聞の一面には「早大で入試問題漏れる」の文字が踊り、翌日の合格発表への影響は必至となりました。そのため、商学部長は合格発表とともに記者会見を開き、真相究明に全力を挙げるとコメントしました。
 (2218101)

※画像はイメージです。
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

学校を休まず毎日通い続けることで貰える「皆勤賞」。皆勤賞を目指して毎日頑張る子供たちも多くいるかと思いますが、このたびの新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「皆勤賞って本当に必要か?」という疑問の声が各所から上がっています。
隣人速報 | 1,245 view
買った帰りにソッコー狩られる!?行列に並んでも欲しかった商品たち

買った帰りにソッコー狩られる!?行列に並んでも欲しかった商品たち

80年代から90年代にかけて爆発的に流行したアイテムの数々。手に入れるために人々が行列を作り、時には「狩り」が発生し社会問題となった商品をいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。
大阪の風物詩!あいりん地区で定期的に発生していた『西成暴動』!!

大阪の風物詩!あいりん地区で定期的に発生していた『西成暴動』!!

日本で唯一(?)定期的に暴動が発生する西成・あいりん地区における「西成暴動」について振り返ってみたいと思います。
「謎のSOS」に「助けてくれ」のカセットテープ。北海道・旭岳で発生した『SOS遭難事件』とは?

「謎のSOS」に「助けてくれ」のカセットテープ。北海道・旭岳で発生した『SOS遭難事件』とは?

1989年7月に発覚し、謎の「SOS」や「助けてくれ」という男性の声が収められたカセットテープが発見されたことで有名な『SOS遭難事件』を振り返ってみたいと思います。
となりきんじょ | 79,128 view
美濃部亮吉、鈴木俊一、青島幸男、石原慎太郎…歴代都知事を振り返る『東京都知事列伝』が好評発売中!!

美濃部亮吉、鈴木俊一、青島幸男、石原慎太郎…歴代都知事を振り返る『東京都知事列伝』が好評発売中!!

時事通信社より、戦後の歴代東京都知事の業績を振り返る書籍『東京都知事列伝 ―巨大自治体のトップは、何を創り、壊してきたのかー』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 692 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト