「走れコウタロー」山本コータローの懐かしい深夜放送の思い出~エコロジストの現在
2017年12月2日 更新

「走れコウタロー」山本コータローの懐かしい深夜放送の思い出~エコロジストの現在

「走れコウタロー」を歌っていた。山本コータローの学生時代や音楽活動、懐かしい深夜放送について。 ドラマ出演や司会・キャスターと多方面で活躍していたこと、エコロジストとしての現在を紹介。

653 view

60年代の山本コータローは、東京大学を目指していた!

山本コウタロー、本名:山本 厚太郎(やまもと こうたろう)は、1948年9月7日、東京都千代田区出に生まれた。千代田区立番町小学校、麹町中学校で学んだ。
Amazon | 一橋大学 by AERA (AERAムック) | 朝日新聞出版 | 大学・大学院 (1946450)

山本コウタローは東京都立日比谷高等学校卒業後、上智大学法学部に入学するが、東京大学受験を目指していた。

しかし東大紛争による入試中止※により、受験は叶わず、一橋大学社会学部に転学。一橋大学社会学部を卒業。

※1968年学生運動全盛期に全共闘が安田講堂を占拠する「東大紛争」が起きるの勃発した。
機動隊が突入して武装解除されたが、その影響で、翌1969年の入試が中止された。

ソルティー・シュガー「走れコウタロー」

Amazon | ソルティ・シュガー茶歌集<走れコウタロー> | ソルティー・シュガー | J-POP | 音楽 通販 (1946449)

大学在学中の山本コウタローは、フォーク・グループ「ソルティー・シュガー」のメンバーとして音楽活動をはじめる。

1969年12月(昭和44年)「ソルティー・シュガー」は、メンバー(山本コウタロー、池田謙吉、手塚通夫、高橋隆)の4人グループとしてデビューした。
Amazon | 走れコウタロー (MEG-CD) | ソルティー・シュガー | ミュージック | 音楽 通販 (1946445)

1970年7月5日発売された、ソルティー・シュガーの2作目のシングル「走れコウタロー」は、100万枚近いセールスを記録するヒットとなる。

ソルティー・シュガーは1970年の第12回日本レコード大賞新人賞を受賞した。

あれから半世紀近く経った現在でも運動会の徒競走のBGMとして流れることがある。

「走れコウタロー」YouTube動画

実在した競走馬「コウタロー」

Free photo: Architecture, Grandstand, Sit - Free Image on Pixabay - 2725219 (1946444)

「コウタロー」は、実在する競走馬で、1962年(昭和37年)~1966年(昭和41年)に中央競馬に在籍していた。主戦騎手は加賀武見。

日本ダービーには出走していないが、66戦15勝。

阪神3歳ステークス、阪神大賞典などの重賞を3勝。
皐月賞や菊花賞、天皇賞、八大競走などにも出走している。

山本コータローの思い出、深夜番組『パック・イン・ミュージック』

Amazon | パック・イン・ミュージック | オムニバス, 菅原文太, いずみたくシンガーズ, 風, さだまさし, ウィッシュ, 石川セリ, あのねのね, 河島英五, 柴田まゆみ, 岡崎友紀 | 歌謡曲 | 音楽 (1946447)

山本コータローは、1971年4月~1978年3月まで、『パック・イン・ミュージック』土曜(金曜深夜)のパーソナリティを担当していた。

『パック・イン・ミュージック』では、吉田拓郎や小島一慶、 愛川欽也、南こうせつなど多数の著名人がパーソナリティを務めていた。

ラジオの深夜番組は、高校生や受験生から圧倒的な支持を得ていた。
学校で友だちがいなかったり、悩みがあっても深夜放送を聴くと元気になれた。
山本コータローの『パック・イン・ミュージック』は孤独な若者に寄り添ってくれた。
一人ぼっちでも孤独を感じなかった、若き日の思い出。

山本コウタローの『パック・イン・ミュージック』

1975年当時の『パック・イン・ミュージック』恥の上塗りコーナー1

「恥の上塗りコーナー」は、リスナーから郵便はがきで投稿される恥ずかしい体験を番組で紹介した。

特に下ネタ系の恥が人気だった。

山本コウタローとウィークエンド 「岬めぐり」

1974年にフォークグループ「山本コウタローとウィークエンド(1976年以降はウィークエンドに改称)」を結成
Amazon | ハロー!ウィークエンド | 山本コウタローとウィークエンド, 山本厚太郎, 森一美, 吉田真由美, 板垣秀雄, 山上路夫, 瀬尾一三, ウィークエンド | J-POP | 音楽 通販 (1946439)

「山本コウタローとウィークエンド」のメンバーは、3人。

山本コウタローと元・黒崎とかずみの森 一美、元ピピ&コットの板垣秀雄。
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

元アイドル加納竜が32歳年下妻と再婚!全財産は前妻に

元アイドル加納竜が32歳年下妻と再婚!全財産は前妻に

70年代にアイドル歌手としてデビューした加納竜。その後俳優としてテレビ、舞台で活躍しています。そして54歳の時に32歳年下の妻と再婚、全財産を前妻に渡したとか。還暦で赤ちゃんも誕生しています。元イケメンアイドル加納竜の結婚、離婚そして現在。
「おじさん!」というドドンパ「東京娘」桜たまこがヌードに!

「おじさん!」というドドンパ「東京娘」桜たまこがヌードに!

1976年、ピンクレディーがデビューした年に石坂まさの門下生、14歳の桜たまこはデビューした。セカンドシングルの「東京娘」がヒット。変わった芸名と「おじさん!」という曲の出だし、優れた声量と歌唱は記憶に残っている。歌手引退後に発表したヌード画像もあわせて紹介していく。
ケメ=佐藤公彦「フォーク界の貴公子」65歳の生涯、思い出の『あおい君と佐藤クン』

ケメ=佐藤公彦「フォーク界の貴公子」65歳の生涯、思い出の『あおい君と佐藤クン』

1970年代に「ケメ」の愛称で活躍していたシンガーソングライターの佐藤公彦は、中性的な外見と女性ファンの多さから「フォーク界の貴公子」と呼ばれていました。その佐藤公彦さんは、2017年6月に65歳の若さで亡くなりました。ケメの音楽や深夜放送『あおい君と佐藤クン』などを振り返ってみました。
カルメン・マキ「時には母のない子のように」からロック歌手に!

カルメン・マキ「時には母のない子のように」からロック歌手に!

1969年に17歳のカルメン・マキ「時には母のない子のように」を歌い、デビューしました。その後ロック歌手に転向したカルメン・マキの軌跡。逮捕と現在の活動。
尾崎紀世彦「和製トム・ジョーンズ」と呼ばれた歌手

尾崎紀世彦「和製トム・ジョーンズ」と呼ばれた歌手

1972年に「また逢う日まで」が大ヒットした歌手の尾崎紀世彦のルーツ。名曲の動画の動画の紹介。結婚と二人の妻、子供。死因と家族について。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト