ちびまる子ちゃんでフューチャーされた昭和スターをまとめてみた!
2018年2月4日 更新

ちびまる子ちゃんでフューチャーされた昭和スターをまとめてみた!

ちびまる子ちゃんの舞台といえば、1974年から1975年にかけての静岡県清水市。そのため、同時代を生きた人ならば「分かる!」と思えるような小ネタの宝庫だったりします。中には、当時活躍したスターもたくさんフューチャーされていたりもするのです。

1,120 view

山口百恵

いわずと知れた昭和のスーパーアイドル。まる子はお母さんから「まる子ってちょっとだけ、百恵ちゃんに似てるわねぇ」と冗談半分で言われたのを真に受けて、以来、百恵ちゃんの大ファンになります。百恵ちゃんがテレビに出てると知れば茶の間まですっ飛んでいき、百恵ちゃんが真ん中分けのヘアスタイルにしたとあれば、そっくりに真似して髪をセットするなど、相当な心酔ぶりを見せていました。
山口百恵

山口百恵

そんなまる子の「百恵ちゃん・愛」炸裂回が、第77話「まる子百恵ちゃんのコンサートに行く」(単行本7巻)。幸運にも、地元で開催される百恵ちゃんのコンサートへ行けることになったまる子は、すっかり浮足立ちます。百恵ちゃんに手紙を書きたいけど、なんて書いたら読んでもらえるんだろう?…封筒の裏に「1万円入ってます」って書いておけばいいかな?…それに、贈り物はどうしよう…百恵ちゃんに受け取ってもらえるような高級品っていうと、やっぱりカニ缶とかかな…。などと、愚にもつかない考えをアレコレ巡らせている様がユーモラスに描かれています。
ちびまる子ちゃん・百恵ちゃんのコンサートに行く

ちびまる子ちゃん・百恵ちゃんのコンサートに行く

そして、コンサート当日。百恵ちゃんの歌う姿に見入り、終演後、贈り物を渡して握手もしてもらい、夢見心地のまる子…。ああ、当時の人たちはこんな感じで「山口百恵体験」をしたのだなと、リアルタイム世代じゃなくても、しっかりと伝わる説得力をもって描かれたこの回は、ちびまる子ちゃんの中でも屈指の神回です。

ちびまる子ちゃん 77B「まる子 百恵ちゃんのコンサートに行く(後編)」の巻

にしきのあきら

まる子が百恵ちゃん推しならば、お姉ちゃんはにしきのあきら推し。90年代は、『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』『めちゃ×2イケてるッ!』などでバラエティタレント化していたスターにしきのですが、『ちびまる子ちゃん』の時代(1974年から1975年)においては、「空に太陽がある限り」などのヒット曲を歌う、れっきとした正統派アイドルだったのです。

お姉ちゃんはファンレターを30通も書いて、そのお礼にプロマイドをもらったこともある筋金入りの大ファン。「私のために書いてくれたのよ」とまる子に見せびらかすも、そのすごさがわからずキョトンとされていました。
にしきのあきら

にしきのあきら

西城秀樹

女心は移ろいやすいもの…。ということで、あれだけ熱心にスターにしきのを応援していたお姉ちゃんですが、いつしかその熱も冷め、気づけば1972年デビューのニューフェイス・西城秀樹の熱狂的大ファンに。まる子たちの時代におけるヒデキは、TBS『寺内貫太郎一家』にレギュラー出演したり、『傷だらけのローラ』で紅白歌合戦初出場を飾ったりするなど、飛躍の年を迎えていました。
傷だらけのローラ/西城秀樹

傷だらけのローラ/西城秀樹

お姉ちゃんの入れあげっぷりは相当なもので、ヒロシが野球中継を見ていると「どうしても、ヒデキのスペシャル番組がみたいから」との理由で、土下座して頼み込んだことも。中でも強烈だったのが、お姉ちゃん作の「シークレットラブ」と書かれたノート。まる子がこっそりと盗み見たところ、こんなことが書かれていました。

「私の名前は西城さきこ(※さきこはお姉ちゃんの本名)。でも、誰にも言えない名前なの。だって、あなたはみんなのアイドル、ちょっぴり寂しいけど、我慢するわ、でも、でもね、時々さきこは不安になるの。テレビからアナタが私を見つめる視線。愛してるのは君だけだよって、みんなにわかってしまいそう。アナタが愛しているのは、このワ・タ・シだけ。ヒデキ、マイスィート・ハート」

当時、こんな感じでヒデキへの妄想を膨らませていた女子は、きっと星の数ほどいたことでしょう。
走れ正直者/西城秀樹

走れ正直者/西城秀樹

山本リンダ

そんなヒデキと共に、「アクション歌謡」の担い手として一世を風靡したのが、山本リンダでした。70年代前半におけるリンダの大ヒット曲といえば、『どうにもとまらない』と『狙いうち』。特にまる子のお気に入りは『狙いうち』であり、「うらら~うらら~」というお馴染みのフレーズをお正月に親戚一同が集まった際や、ヒロシとお花見に行った時などに歌っていました。
山本リンダ

山本リンダ

城みちる

『イルカにのった少年』のヒット曲で知られるアイドル歌手・城みちる。「胃腸が弱いキャラ」でお馴染みの山根くんが熱狂的に応援しています。やはりお気に入りの楽曲は、みちるの代表曲『イルカにのった少年』で、「あの歌は、イルカの素晴らしさ歌ったものなんだって気がついたんだ。イルカのすごさに目をつけた城みちるはやっぱりえらいよ」と賞賛の言葉を惜しみません。『フェスタしずおか』では、トップバッターとして登場した城みちるを前に「みちる~!」と絶叫。感動の涙を流しました。
22 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする第二弾!「昭和歌謡がくれた季節(男性編)」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする第二弾!「昭和歌謡がくれた季節(男性編)」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「‘70 ‘80 ‘90 Best」シリーズ!今回はその集大成と言える第二弾!(今回は‘60もあるよ!)「昭和歌謡がくれた季節(男性編!)」に収録した63曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。曲のチョイスは「何故この曲?」なんて堅いことは言いっこなし(笑、有線さながらのバックミュージックに使えて、そして懐かしむミドルエッジの王道を是非ご堪能ください。
Your&My | 2,328 view
音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする第四弾!「'70'80'90名曲Cover Song Best 永久保存版」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする第四弾!「'70'80'90名曲Cover Song Best 永久保存版」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「'70'80'90 Best」シリーズ!今回の第四弾は怒涛の100曲!「'70'80'90 名曲Cover Song Best 永久保存版」です!そこで今回もプレイリストに収録した100曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。あんな曲やこんな人が「カバー」をしていたんだ!?と言う曲を懐かしみ、そして新鮮に感じて頂ければありがたいです!是非このラインアップをミドルエッジでご堪能ください。
Your&My | 3,551 view
『ちびまる子ちゃん』が連載30周年!TVアニメでさくらももこ脚本まつり開催!

『ちびまる子ちゃん』が連載30周年!TVアニメでさくらももこ脚本まつり開催!

原作者のさくらももこが漫画誌『りぼん』(集英社)で連載を始めてから2016年で30周年を迎えたことを記念して、来年1月8日から3月12日の約3ヶ月間、「連載30周年記念! さくらももこ脚本まつり」と題し、さくらが手がけた脚本の中から選りすぐりのエピソードを放送することになった。
少女漫画雑誌「りぼん」の"ふろく"に焦点を当てた展覧会が12月8日から京都で開催!90年代をメインに展示!

少女漫画雑誌「りぼん」の"ふろく"に焦点を当てた展覧会が12月8日から京都で開催!90年代をメインに展示!

1955年の創刊以来、少女文化をリードし続けている少女漫画雑誌『りぼん』の「ふろく」に焦点を当てた展覧会「LOVE♥りぼん♥FUROKU」展が、12月8日から2017年2月5日まで「京都国際マンガミュージアム」(京都市中京区)で開催される。
ウララ ウララ ウラウラでウララ ウララ ウラウラよ。また山本リンダ ブームはやってくるのか?

ウララ ウララ ウラウラでウララ ウララ ウラウラよ。また山本リンダ ブームはやってくるのか?

第一次~三次リンダブームと言われていますが、他のシンガーにカバーされたり、アニメやCMやで採用されたりで、少し見ないな~と思っても、またブームがやってくる不思議な山本リンダさんの人生を振り返ってみました。 その彼女のヒストリーや著書などを見て、その活躍ぶりを振り返ってみました。
uratakaz | 3,964 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト