90年代に”渋谷系”ミュージックを牽引した永遠のポップ王子『カジヒデキ』
2017年2月1日 更新

90年代に”渋谷系”ミュージックを牽引した永遠のポップ王子『カジヒデキ』

1996年にソロデビューしてからコンスタントに作品をリリースし続けるシンガーソングライターのカジヒデキさん。爽やかでポップなメロディは当時も今も変わりません。

4,595 view

1990年代後半の”渋谷系”音楽を牽引した

カジヒデキ

カジヒデキ

本名:加地 秀基
生年月日:1967年5月8日
出身地:千葉県富津市
1967年5月8日生まれ、千葉県富津市出身のシンガーソングライター『カジヒデキ』さん。1989年に結成した男女混成バンド『bridge』にてベースを担当。1993年にアルバム「Spring Hill Fair」をリリースしました。1995年に同バンドは解散し、その後、1996年8月に「マスカットe.p.」でソロデビューを果たします。1997年にはオリジナルアルバム「MINI・SKIRT」をリリース。「ラ・ブーム ~だって MY BOOM IS ME~」など数々の ヒット曲を放ち、90年代後半の”渋谷系”と呼ばれたミュージックシーンの牽引役の一人となりました。
カジヒデキさんは、そのポップでキャッチーな音楽性とキャラクターが幅広い音楽ファンの支持を受け、一躍人気ミュージシャンに。また、他アーティストの楽曲提供やプロデュースなども多数手がけながら、コンスタントにアルバムなど音楽ソースのリリースを重ね、2012年3月には自身のレーベル「BLUE BOYS CLUB」を立ち上げるなど活躍。

ミュージシャン活動の枠を超え、DJイベント「BLUE BOYS CLUB」を主宰。TBSラジオ「オーディナリーミュー ジック」、bayfm「SPACE SHOWER MUSIC RADIO」渋谷のラジオ「渋谷のラジオ の渋谷系」などのパーソナリティを務めたり、音楽フェス「PEANUT CAMP」のキュレーションなど、 音楽の紹介者としても幅広く業界に貢献しています。

”渋谷系”と呼ばれるアーティストのひとりに

渋谷系とは?…主なアーティスト

1980年代のニューウェーブやギターポップ、ネオアコ、ハウス、ヒップホップ、1960年代・1970年代のソウル・ミュージックやラウンジ・ミュージックといったジャンルを中心に、幅広いジャンルの音楽を素地として1980年代末頃に登場した都市型志向の音楽であるとされる。
ミュージシャン自身は「渋谷系」への区分を喜ばないことが多かったが、多くの音楽的要素を取り込んだ彼らの音楽を表現する言葉としてよく用いられた。
カジヒデキ

カジヒデキ

ピチカート・ファイヴ(小西康陽・野宮真貴)

ピチカート・ファイヴ(小西康陽・野宮真貴)

ORIGINAL LOVE(田島貴男)

ORIGINAL LOVE(田島貴男)

フリッパーズ・ギター(小山田圭吾・小沢健二)

フリッパーズ・ギター(小山田圭吾・小沢健二)

2008年には映画『デトロイト・メタル・シティ』 へ楽曲提供も

映画『デトロイト・メタル・シティ』

映画『デトロイト・メタル・シティ』

2008年8月23日より、実写映画が全国東宝系にて公開

キャッチコピーは、「僕がしたかったのは…こんなバンドじゃない!!」
2008年に公開された映画『デトロイト・メタル・シティ』に出演。『SATSUGAI/甘い恋人 〜for the movie〜』などの楽曲を提供。オリコン最高7位を記録しスマッシュヒットに。また、カジヒデキさんをモチーフとしたキャラクターが登場し、当時話題になりました。

カジヒデキ - 甘い恋人

そんな彼のアルバムディスコグラフィ コンスタントに作品を発表

”渋谷系”と呼ばれた彼のCDのジャケットデザインの中には、1960・70年代のデザインを引用し解釈しなおした斬新なものも。年月を経てもなおオシャレな作品ばかりです。
『MINI・SKIRT』

『MINI・SKIRT』

1.ラ・ブーム~だってMY BOOM IS ME~
2.マスカット
3.ベイビー・ベイビー、ミー・ミー・ミー
4.ポニーテールの頃
5.トウキョウ・トゥ・ロンドン
6.ボブの匂い
7.ウィークエンダーズ
8.ハートじかけのオンガク
9.ポップ・ソングをつくろう
10.ブルー
11.たまごの中の欲望 *イライザ・アンド・ザ・マスカット・スマイル~リプライズ~
12.君のハートのナチュラル
13.ランブラーでランデブー
14.夏物語
15.@曲名クレジットなし@
50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

あの安室奈美恵が、公式HPにて2018年9月16日をもって引退することを電撃発表しました。今年デビュー25周年を迎え、地元・沖縄で凱旋公演を行ったばかりでの今回の発表。日本中が衝撃に包まれています。
隣人速報 | 11,722 view
【イントロクイズ】1990年(平成2年)の邦楽ヒットチャートをクイズで振り返る!

【イントロクイズ】1990年(平成2年)の邦楽ヒットチャートをクイズで振り返る!

1990年(平成2年)の邦楽ヒットチャートをイントロクイズにしました。音声を聴かずに答えてもOK!
今なお色褪せない歌声と美貌で活躍する女性シンガーソングライター『遊佐未森』

今なお色褪せない歌声と美貌で活躍する女性シンガーソングライター『遊佐未森』

日本のバブル真っ只中の1988年にシンガーソングライターとしてデビューを飾った遊佐未森さん。50歳を超えた現在でもコンスタントに活躍される彼女についてまとめました。
gogo-one | 9,478 view
あの小沢健二が20年ぶりに雑誌の表紙に!「週刊ビッグコミックスピリッツ」32号は夏本番に向けたフェス特集!

あの小沢健二が20年ぶりに雑誌の表紙に!「週刊ビッグコミックスピリッツ」32号は夏本番に向けたフェス特集!

7月9日発売の小学館の漫画雑誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」32号にて、「スピリッツ文化特集“この夏、フェスへ!”」と銘打った、これからのシーズン本番を迎える音楽フェスが特集されます。
隣人速報 | 322 view
[渋谷系POP]独自の音楽で幅広い層から支持をされていた小沢健二の名曲

[渋谷系POP]独自の音楽で幅広い層から支持をされていた小沢健二の名曲

王子と呼ばれ愛され続ける小沢健二。90年代渋谷系POPといわれた名曲とその魅力!
ロングアゴー | 2,773 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト