当時日本初のサッカーゲームがファミコンで発売!ウィイレの原点はここに!?
2016年9月20日 更新

当時日本初のサッカーゲームがファミコンで発売!ウィイレの原点はここに!?

今では実在する選手を操作できたり、超リアルに楽しめるようになったサッカーゲーム。昔はドット絵が可愛く動き、えげつないシュートを決めていた!? 今考えれば単純、しかし面白かったファミコン「サッカー」の魅力を、30年の時を経た今振り返ります!

14,408 view

サッカーのゲームなんて、当時は画期的でした!!

まだまだ野球全盛の時代、あるものがきっかけでサッカー少年が増加

 1983年に発売された任天堂ファミリーコンピュータ。やはり初のスポーツゲームソフトにはベースボールが選ばれました(同年発売)。当時はJリーグもなく、日本でサッカーはまだまだ少数派のスポーツ。グラウンドでは野球部が幅を利かせ、サッカー部は隅っこでゴールに蹴り込むぐらいしかできなかった時代です。

 そんな中、高橋陽一先生の漫画「キャプテン翼」の人気に伴い、少年サッカー人口は飛躍的に増加。「ボールはトモダチ」等の名言と共に、若林源三の真似をするキーパーや「ツインシュート」を練習する子供達がそこら中で見られるようになりました。
少年達の間で大流行

少年達の間で大流行

「サッカー」発売の2年前、1983年にテレビアニメ化。
ドリブルしていると地平線からゴールが見えてくる。
翼君・岬君に憧れたものです。

満を持して「サッカー」ついに発売!!

ファミコン発売から約2年、1985年4月に「サッカー」がついに発売!!
世のサッカー少年達を虜にしたゲームのデビューです。
1985年4月9日に発売

1985年4月9日に発売

ファミコンのスポーツゲームソフトとしては、ベースボール・ゴルフ・テニスに次いで4番目のデビュー!
『サッカー』は、1985年4月9日に任天堂から発売されたファミリーコンピュータ用スポーツゲームである。
サイドビュー横スクロール型画面のグラウンドで、単純にサッカーをプレイしていくという内容。ファミコン初のサッカーゲームで、その後の各種サッカーゲームの基本となった。1人用でコンピュータと対戦するほか、2人用でプレイヤー同士の対戦プレイもできる。

電源を入れたら、ワクワクの始まり!

タイトル画面

タイトル画面

軽快なBGMと共に、パチンコ屋のネオンみたいに「SOCCER」の文字が光るタイトル画面。
出典 labola.jp

ドキドキのチーム選択画面、日本は・・・ピ、ピンク!?

 電源を入れてスタートボタンを押すと、まずチーム等の選択画面。

 USA(アメリカ)、GBR(イギリス)、FRA(フランス)、FRG(西ドイツ)、BRA(ブラジル)、JPN(日本)、ESP(スペイン)の7チームから好きなチームを選びます。チームによってスキルが違うなどという事は全くありません(笑)。個人的には、イギリスの黒いユニフォームが強そうだったので好きでした。そして日本はなぜかピンク!?・・・選んだことは数える程しかありませんでした。ちなみに対CPU戦では相手チームは選べません。

 そしてレベルの選択ですが、レベルと言うより選手・ボールのスピードが変わる感じです。5(最高レベル)が動きが早くて本物っぽく見えました。

 最後に試合時間の選択。ゲーム上で時間はかなり短縮されていてものすごい勢いでカウントダウンするので、30分ハーフくらいが一番楽しめたと思います。(本当の45分ハーフだったら、後半のいい時間帯で親に怒られます)

 いよいよ、試合開始!どっちが先攻かは始まるまでわからない・・・ドキドキの瞬間です。
セレクト画面

セレクト画面

音楽が変わり、設定画面へ
出典 www.ne.jp

ついにキックオフ! あれ?人数が・・・ま、いっか(笑)

データ量の小さいファミコンソフト、コントローラには十字キーとA・Bボタンしかありませんので、操作はいたって単純。チームの人数においては、キーパー+フィールド5人の6対6です。フォワード3人とディフェンス2人といったイメージですね。画面が分割されているせいか、さほど違和感はありませんでした。歓声とともにキックオフ!
緊張のキックオフ!

緊張のキックオフ!

画面は自陣・センター・敵陣の3画面を横スクロールで移動します。ボールを持ったらドリブル開始。フェイントやタックルとかはなく、ドリブルの方向転換だけで相手を抜き去ります。選手によってスキルが違うなどという事は全くない(むしろみんな同じで見分けがつかない)ので、全員が主役です!パスを繋いで相手ゴールを目指します。
相手ゴールまで一直線!

相手ゴールまで一直線!

ボールを持ったら、ドリブル・パスを駆使して敵陣へ攻め込む!
Aボタン(本来はシュートボタン、弾道が低い)をうまく使用した芸術的なスルーパスや、少し難しいダイレクトシュートが決まろうものなら、自然と「自己実況中継」にも熱が入ります。

高等技術の「フェイント」

ドリブルで方向転換をする時は、まずボールから動くという特徴がありました。上から下に方向転換をすると、まずボールだけがプレーヤーの下に移動してから下向きのドリブルが始まります。この特徴をうまく利用し、ドリブル中に十字キーを1回転させると、プレーヤーはそのままにボールだけがプレーヤーの周りを1回転しました。これを「フェイント」と呼び、高等技術の1つとされていました。
フェイント

フェイント

出典 www.ne.jp

ゴールはやっぱり気持ちいいっ!

攻める方は、ドリブルをしながらカーソルを動かしてシュートコースを選択するのが難しかったのですが、守る方も、ディフェンダーを操作するとキーパーが連動して動いてしまう為、シュートを打たれた時にキーパーがゴールマウスから失踪している事がよくありました。

シュートが決まった瞬間はやっぱり何とも言えない!大歓声とともに自陣に引き上げる選手達をドヤ顔で見つめ、コントローラを置いて手の平の汗をズボンで拭いたものです。
ゴールが決まると?

ゴールが決まると?

盛り上がる日本、落ち込むブラジル
大歓声の観客席!ドット絵なのに感情が伝わってくるようです。

反則はオフサイドのみ!

ラフプレイもありませんし、キーパーはペナルティエリアから外に出られませんのでハンドもありません。ファウルはオフサイドのみ。フィールドプレーヤーは5人なので結構レアでした。そしてどこでオフサイドになってもスタートの位置は一定。スローイン・コーナーキック・ゴールキックは普通にありました。

コントローラは手放せない

ベースボールと違って攻守の交代もありませんし、ゴルフと違って制限時間もあるので、常に操作しっぱなし。コントローラを手放す余裕は、点が決まった時かハーフタイムしかありませんでした。麦茶を飲む余裕もなく、画面をずっと見つめながら手と口を動かす、結構奇妙な光景でした。

裏技もあった!?

また裏技として、ページがスクロールする瞬間にシュートすると、キーパーを操作する間もなくゴールに突き刺さるなんて「えげつない技」もありました。乱発すると友達をなくす技です。

ファミコン初期なのでバグも多く、いろんな裏技が実在した時代です。

サッカーの裏技 【デモを操作する 】

試合には全然関係ない、デモ画面の裏技もあった!

ハーフタイムはショータイム!

ハーフタイムになると登場してくるチアガール。友達とプレイしている時はさほど苦にならないのですが、一人でプレイしている時は妙に腹立たしく、スキップもできないのでボーっと眺める羽目になります。
ハーフタイムのチアガール

ハーフタイムのチアガール

5人が登場し、フォーメーションを変えながら踊ります。

勝負がつかなければPK戦へ

前後半戦って同点の場合はPK戦です。対戦プレイの時はシュート方向のカーソルが非表示でしたので、ヤマ勘でした。友達とお互いのコントローラが見えないように隠してプレイしたものです。フィールドプレーヤーはちょうど5人しかいないので、PKで決着がつかなければ引き分けです。

それぞれの楽しみ方で盛り上がりました

友達を集めてトーナメントを開催する

50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【クイズ】ファミコン大好きだった80年代、お世話になったあのソフトやゲーム機にまつわるクイズに挑戦!

【クイズ】ファミコン大好きだった80年代、お世話になったあのソフトやゲーム機にまつわるクイズに挑戦!

1980年代のゲームといえばみんな大好き?ファミコン!というわけで「もちろん知ってるよ!」なことから「ちょっと難しいかも!?」なことまで10問、クイズ形式にしてみました。ぜひぜひ、お気軽に遊んでみて下さいね。
ファミコン『バーガータイム』襲ってくる食べ物をコショウで攻撃!巨大なハンバーガーを作るアクションゲーム!

ファミコン『バーガータイム』襲ってくる食べ物をコショウで攻撃!巨大なハンバーガーを作るアクションゲーム!

ファミコン『バーガータイム』は、1982年にデータイーストから発売されたアーケードゲームの移植作品です。1985年にナムコから発売されました。追いかけてくる敵から逃げて、巨大なハンバーガーを完成させるというパズル要素を含んだアクションゲームでした。
星ゾラ | 3,180 view
4分57秒で全力疾走するスーパーマリオの世界!その神業達成に必要なチェックポイントを熱心に解説してみる。

4分57秒で全力疾走するスーパーマリオの世界!その神業達成に必要なチェックポイントを熱心に解説してみる。

世界でもっとも有名なゲームといっても過言ではないスーパーマリオ。リオオリンピックの閉会式でも世界を大いに沸かせてくれましたよね。そんなスーパーマリオをもっとも輝かせたゲーマーたち。そう、スーパーマリオを最短でクリアした男たちの軌跡。およそ5分弱の怒涛のマリオ疾走を、ポイントごとに解説していきましょう。
青春の握り拳 | 16,239 view
格闘ゲームの元祖!パソコン用ゲームをベースにした「カラテカ」のここがすごい!

格闘ゲームの元祖!パソコン用ゲームをベースにした「カラテカ」のここがすごい!

攻略不可能な罠や意味不明の攻撃等もあり、当時はくそゲーとして評価された「カラテカ」ですが、今見返してみるとそれなりに完成度も高く楽しめるゲームであったのではないかと思います。バグ(らしきもの)や理不尽なシステムを、「まあそんなものか」で流せる時代だったからこそこのゲームは一層輝いているのかもしれません。そんな懐かしいファミコンゲーム「カラテカ」を振り返ってみましょう。
乱鬼龍 | 7,387 view
狼なんか撃ち落とせ!~コマンドーかあさん奮闘記~「プーヤン」

狼なんか撃ち落とせ!~コマンドーかあさん奮闘記~「プーヤン」

「プーヤン」そのゆるい響きと、ほわほわしたタッチのブタのイラストは「簡単そう」という理由で手に取られたことでしょう。ところが、このゲーム、硬派インベーダーゲーム「ギャラガ」と双璧をなすほどの実に高度なシューティングゲームでもあったのです。その内容を振り返ります。
あずき | 3,100 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト