『ガンプラり歩き旅』その003 ~1/144ザクの登場が、キャラクタービジネスを変えた!?~
2017年3月24日 更新

『ガンプラり歩き旅』その003 ~1/144ザクの登場が、キャラクタービジネスを変えた!?~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第3回! 今回は、ジオン驚異のメカニズムでお送りします!

17,070 view
シ、シャアだ。……あ、あ、赤い彗星だ! ルウム戦役で五...

シ、シャアだ。……あ、あ、赤い彗星だ! ルウム戦役で五隻の戦艦がシャアひとりの為に撃破された! ……に、逃げろ……

私、市川大河が、書評サイトシミルボンで連載している、 『機動戦士ガンダムを読む!』での、 再現画像で使用しているガンプラを、古い物から最新の物まで片っ端から紹介していこうというテーマのこの記事。
さぁ連載3回目にして、いきなり山場に突入してまいりました『ガンプラり歩き旅』!(え? もう?)
『宇宙戦艦ヤマト』(1974年)ではともかく、過去のロボットアニメでは、 ほとんどプラモデル化されることはなかった「悪の敵メカ」が、早くもこのタイミングで登場です!

量産型ムサイ 1/1200 1980年8月 300円

確かに、ヤマトのメカコレを思わせるパッケージデザイン!

確かに、ヤマトのメカコレを思わせるパッケージデザイン!

ベストメカコレクションNo.5のナンバーが与えられている、ジオン軍巡洋艦 量産型ムサイ。
栄えあるガンプラの歴史上で、1/144と1/100ガンダムの次に発売されたのは、ザクでもガンキャノンでもなく、この地味な敵戦艦ムサイ(しかも量産型の方)であったという時系列はそれなりに有名であり、またその理由が「ガンプラ以前で一番売り上げを誇った、バンダイのアニメプラモシリーズが、『宇宙戦艦ヤマト』(放映1974年)の艦船プラモシリーズ・メカコレクションだったから」というのも有名である。
量産型ムサイ 1/1200

量産型ムサイ 1/1200

一説には、『スタート〇ック』のエンタープライズ号を、上...

一説には、『スタート〇ック』のエンタープライズ号を、上下逆さにしただけとも言われてるムサイ!

今回紹介する1/1200量産型ムサイも、ヤマトメカコレクションシリーズのノウハウが見事に昇華されていて出来は完璧。艦橋部分を手直しされただけで、翌1981年2月には「1/1200シャア専用ムサイ」として金型が流用される。
原図の出図は、翌月発売の1/144シャア専用ザクとほぼ同時というか、むしろ、そのシャア専用ザクより一日遅い4月23日であり、その原図を手掛けたのは『宇宙戦艦ヤマト』艦船プラモデルでも凄腕を発揮していた八木技師。
設定画に忠実で、かつスケールモデル並みにシルエットや構造が正確という、ヤマトメカコレクションシリーズで培われた固定モデルのクオリティは、この後、ガンプラでも、モビルアーマーのプラモデルなどにも受け継がれ、艦船やモビルアーマーはそれゆえ、21世紀になっても、ガレージキット的立ち位置のEXモデル等の高価格帯商品でリファインされた以外は、正規ガンプラではどれも、この時期の商品で充分な出来を今でも保っている。
ただ、ムサイ(に限った話ではないが)は設定画と異なるバージョンや作画ミスが、TV本編や劇場用映画版などでも見られ、その一番有名なパターンが「主砲が2門しかないムサイ」なのだが、これなどは特に、劇場用映画版『機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編』(1982年)冒頭で、宇宙に出陣したホワイトベースを待ち受ける、シャアの部下・ドレン大尉のキャメル艦隊のムサイが代表例として挙げられるので、当時から腕に覚えのあるモデラーなどは、わざと主砲を一つ外して、砲座台を1門分埋め立てて2門バージョンを創るなどが流行っていた。
一年戦争の序盤は、ムサイ艦隊とザクの力が圧倒的だったのだ!

一年戦争の序盤は、ムサイ艦隊とザクの力が圧倒的だったのだ!

ギミック的には、唯一ともいえる、大気圏突入用カプセル機「コムサイ」が分離可能だが、収納状態が特にロック機構もないので外れやすいとはいえ、玩具ではなくプラモデルである気概も併せて、むしろディティールは完璧。
今回も、オレンジやミディアムブルーの部分塗装だけで、合わせ目消しもなし。
ちなみにベストメカコレクションは、No.4 1/144ガンダム、No.5 1/1200ムサイ、No.6 1/144シャア専用ザクの後は、『ウルトラマン80』(1980年)地球防衛隊UGMの戦闘機が、No.7スカイハイヤー、No.8シルバーガルと続くことになる。つまりそもそも“そういうラインナップ”の商品カテゴリの中から、生まれたのがガンプラなのだ。

シャア専用ザク 1/144 1980年9月 300円

先行して発売された、仮面の貴公子・シャアの愛機・赤いザク!

先行して発売された、仮面の貴公子・シャアの愛機・赤いザク!

量産型ザク 1/144 1981年1月 300円

当時のガンプラ者では、何個買っても足りなかった、量産型...

当時のガンプラ者では、何個買っても足りなかった、量産型ザクの初キット!

ガンダムと言えばザク!
ザクと言えばザク!
ザクとはちがうのだよとかいうなザク!
みんな大好きザク!
ガンダムの人気の成分表の54%を占めると言われているザク!
ガンプラでも、ガンダムを凌ぐ勢いと売り上げ(当時瞬間最大風速計算)で売れたザク!
まぁ筆者はそこまでザクマニアではないのだけれども、世間のガンダム(の、メカとかプラモデルとか)周辺は、ザクマニアがまだまだ筆頭であることは事実であるし、実際「もはや、出てくるメカがどれもこれもガンダム」というガンプラ、フィギュア界隈でも、根強くガンダムを凌駕するバリエーションと商品数で拮抗しているのは、後にも先にもザクだけである。
こういった現象は、ザク以前の子ども番組キャラクター玩具・模型の界隈では、ウルトラマンシリーズの怪獣でも、仮面ライダーシリーズの怪人でも起きなかった、ガンダムだけの特殊な現象とはいえる。一応敵のライバル、ガンダムで言えば「シャア専用」に当たるキャラやメカが、主人公に匹敵する人気を獲得している例はガンダム以前でも見当たる(『人造人間キカイダー』(1972年)のハカイダーなど)が、こと量産型で“その現象”を起こしたキャラ(メカ)は、ザクの前に例なく、ザクの後も例がないと言い切れるだろう。
なので、ガンプラ黎明期のベストメカコレクションラインナップでも、本命路線の1/144ガンダム、クローバー合金玩具フォーマット準拠の1/100ガンダム、ヤマトメカコレクション準拠の量産型ムサイと、三方向からの保険をかけたアプローチの中で、やはり、というか当初から「1/144スケール(本当は300円サイズのこと)で、モビルスーツの可動アクションフィギュア方式」が一番のフラッグシップコンテンツとして想定はされていたので、少なくともシャア専用ザクに関しては、それら三種の売り上げの結果を待つまでもなく、すぐさま発売に持ち込んだという流れはある。
42 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その005 ~「やっぱり武器はたくさんあったほうがいい!」~

『ガンプラり歩き旅』その005 ~「やっぱり武器はたくさんあったほうがいい!」~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第5回は、以前紹介したムサイのシャア専用型と、1/144各種モビルスーツに持たせられる武装類をアソートした、武器セットの紹介です”!
市川大河 | 12,411 view
『ガンプラり歩き旅』その29 ~シャアがくる! 20年目の復活のザク! 前編 シャア専用編~

『ガンプラり歩き旅』その29 ~シャアがくる! 20年目の復活のザク! 前編 シャア専用編~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第29回は、みなさんお待ちかね! ガンダムファイト! ……じゃなかった、皆さんお待ちかねの、シャア専用ザク、HGUC版です!
市川大河 | 4,535 view
『ガンプラり歩き旅』その004 ~『ガンダム』企画段階での主役メカ 木馬のペガサスプラモデルで登場!~

『ガンプラり歩き旅』その004 ~『ガンダム』企画段階での主役メカ 木馬のペガサスプラモデルで登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第4回は、ガンダム主役メンバーたちの母艦で、シリーズを通して活躍した、ホワイトベースの1/1200キットの紹介です!
市川大河 | 9,178 view
『ガンプラり歩き旅』その002 ~1/100 ガンダムは、果たして「リアルじゃない玩具」だったのか?~

『ガンプラり歩き旅』その002 ~1/100 ガンダムは、果たして「リアルじゃない玩具」だったのか?~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第2回!「1/100ガンダム」です。
市川大河 | 26,654 view
『ガンプラり歩き旅』その9 ~ジオンのびっくりどっきりモビルアーマー登場!~

『ガンプラり歩き旅』その9 ~ジオンのびっくりどっきりモビルアーマー登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第9回は、映画版ではその存在を(ほぼ)抹消されたビグロと、劇場版でもメインの活躍のソロモン戦が描かれたビグ・ザムの、ジオンの2大モビル・アーマーのご紹介です!
市川大河 | 7,628 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト