911シリーズに新たなグレード!シンプルかつ高い性能を誇る新型「911 カレラ T」を発表
2017年10月24日 更新

911シリーズに新たなグレード!シンプルかつ高い性能を誇る新型「911 カレラ T」を発表

ポルシェAGは、911シリーズの新グレード「911 カレラ T」を発表した。外観は911カレラを基本とし、エンジンは272kW(370PS)を発生、また同等の装備の911カレラより20kgの軽量化に成功している。

1,495 view

ポルシェジャパン、新型「911 カレラ T」を発表!

ポルシェAGは、911カレラ Tによって、1968年にデビューした911 Tの根底にあった純粋なスポーツカーファン向けのコンセプト、つまり、軽量、クロスレシオのマニュアルトランスミッション、パフォーマンス向上のための機械式ディファレンシャルロックを装備した後輪駆動、それらによってさらに強烈なドライビングプレジャーを復活させます。

このニューモデルのユニークな外観は911カレラを基本とし、エンジンは272kW(370PS)を発生します。ツーリングを意味する「T」を冠した911カレラ Tには、車高を20mm低くした標準装備のPASMスポーツシャシー、重量最適化されたスポーツクロノパッケージ、レッドのシフトパターンと短縮されたシフトレバー、Sport-Texシートセンターなど、911カレラにはないいくつもの装備が与えられています。911カレラでは選択できないリアアクスルステアリングもオプションで装備可能です。
 (1933131)

911カレラ Tの装備は、あらゆる面で最適なスポーツ性と軽量構造を実現するために設計されています。リアウインドウとリアサイドウインドウは軽量ガラス製で、ドアトリムにはドアオープナーストラップを採用しています。

吸音材を大幅に削減し、リアシートはオプション装備となり、さらにはポルシェコミュニケーションマネージメント(PCM)なしのオプションも用意されています。
その結果、この2シーターの空車重量は1,425kgとなり、同等の装備の911カレラより20kg軽量です。
 (1933129)

《スポーティなデザインとユニークな外観》

911カレラ Tのデザインは、トランスミッションをリアに搭載したクーペのエモーショナルでスポーティな性格を強調するものです。このモデルは、ボディパーツとホイールで明確に差別化されます。911カレラ Tのフロントには、空力的に最適化されたフロントスポイラーリップが装備され、スポーツデザインのドアミラーはアゲートグレーメタリックに塗装されます。

また、このニューモデルはチタングレー塗装の20インチ カレラ Sホイールを装備し、サイドからも一目瞭然です。さらに“911 Carrera T”のロゴもサイドの大きな特徴です。リアビューでは、リアリッドグリルのスラット、Porscheのロゴ、アゲートグレーの“911 Carrera T”のモデル名、およびセンター出しのテールパイプがブラック塗装された標準装備のスポーツエグゾーストシステムが特徴です。

ボディカラーのオプションとして、キャララホワイト、ジェットブラックおよびGTシルバーのメタリックカラーに加え、ブラック、ラバオレンジ、ガーズレッド、レーシングイエロー、ホワイトおよびマイアミブルーが用意されています。
 (1933143)

《純粋主義のインテリアコンセプトと新たなインテリアパッケージ》

パッセンジャーコンパートメントの外観も、スポーティかつ純粋主義が強調されています。運転席にはシートセンターをSport-Texファブリックとしたブラックの4-way電動スポーツシートが採用され、ヘッドレストには“911”ロゴがブラックで刺繍されています。

このニューカレラTモデルでは、初めてオプションでフルバケットシートを選択することもできます。ステアリングホイールは、レザーリムのGTスポーツステアリングホイールで、標準装備されたモードスイッチを使って、さまざまなドライビングプログラムを選択できます。

レッドのシフトパターンとショート化されたシフトレバーは911カレラ T専用です。ダッシュボードとドアのデコラティブトリム、およびドアオープナーストラップはブラック仕上げです。新たに追加されたTインテリアパッケージは、レーシングイエロー、ガーズレッドまたはGTシルバーのコントラストカラーで、さらにスポーティなルックスを創り出します。

これらのカラーを使って、シートベルト、ヘッドレストの“911”ロゴ、ドアオープンループやSport-Texのシートセンターなど、さまざまなインテリアコンポーネントにアクセントを付けることができます。
 (1933139)

 (1933140)

《パワーウエイトレシオの向上とパフォーマンスの強化》

3リッター6気筒水平対向ツインターボエンジンは、最高出力272kW(370PS)、最大トルクは1,750rpm~5,000rpmの間で450N・mを発生します。パワーウエイトレシオは3.85kg/PSに向上し、パフォーマンスの強化およびさらに俊敏なドライビングダイナミクスを実現しています。クロスレシオのマニュアルトランスミッションと機械式リアディファレンシャルロックにより、911カレラ Tは4.5秒で0‐100 km/hに達します。

これは、911カレラ クーペより0.1秒速いタイムです。このモデルは、200km/hまで15.1秒で達します。また、カレラ Tにはポルシェ ドッペルクップルング(PDK)も装備可能です。この場合、0-100km/h加速が4.2秒、0-200km/h加速が14.5秒となります。いずれのトランスミッションのタイプでも、最高速度は290km/hを超えます。

※日本仕様はすべて7速PDK仕様となります。MTの設定はありません。
14 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

マラネッロ発『Ferrari Portofino(フェラーリ ポルトフィーノ)』が発表

マラネッロ発『Ferrari Portofino(フェラーリ ポルトフィーノ)』が発表

新型 GT、マラネッロ発『Ferrari Portofino(ポルトフィーノ)』が発表された。同車は9月のフランクフルト国際モーターショーでワールドデビューする。
1971年に日本で販売が開始された名車「日産フェアレディ240Z」の無線マウスが販売中!!

1971年に日本で販売が開始された名車「日産フェアレディ240Z」の無線マウスが販売中!!

1971年に日本でも販売が開始された日産「フェアレディ240Z」。今も人気の名車が、なんとパソコンのマウスになるというユニークなアイテムが販売されている。カラーバリエーションは青、赤、白の三色での展開となっている。
90年代の名車・スカイライン GT-Rが運転できる!スポーツカーに特化したレンタカーショップがオープン!

90年代の名車・スカイライン GT-Rが運転できる!スポーツカーに特化したレンタカーショップがオープン!

「Auto Produce NOW」は、千葉県・松戸にクルマ好きの夢を叶える“スポーツカーに特化した”レンタカーショップ「カーレンタル東京」をオープンさせた。アバルト「500」をはじめ、日産「スカイライン GT-R(R32)」などを取り扱う。
スーパーカーブームを覚えていますか?

スーパーカーブームを覚えていますか?

70年代後半から巻き起きたスーパーカーブーム。 スーパーカーの撮影会なんかも各地で開催されました。
BMイワ王 | 26,740 view
不朽の名車【RX-7】の40周年記念グッズが登場。限定のエンジンモデルや純金プレートなど!!売切御免!

不朽の名車【RX-7】の40周年記念グッズが登場。限定のエンジンモデルや純金プレートなど!!売切御免!

名車RX-7を記念した「RX-7誕生40周年記念オリジナルグッズコレクション」の受注受付が7月17日に始まりました。エンジンモデルや純金プレートの他、タペストリー、ピンバッジセット等が用意されています。
ニュースFレン | 3,205 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト