女子プロレス界でヒールのイメージを変えた筋金入りのヒール『尾崎魔弓』
2019年7月10日 更新

女子プロレス界でヒールのイメージを変えた筋金入りのヒール『尾崎魔弓』

みなさんの中でパッと頭に浮かぶ悪役レスラーは誰でしょう?男だったら、「アブドーラザ・ブッチャー」や「タイガージェットシン」等が代表的だと思います。では女子だったら誰を思い浮かべますか?「ダンプ松本」や「ブル中野」なんかじゃないでしょうか。かつての悪役選手って贔屓目に見ても女性的な印象は受けませんでしたよね。 しかしそこに現れたのが「尾崎魔弓」という、「イイ女系」のレスラーです。根っからのSっ気の雰囲気をまき散らしながらリング上で暴れまくる彼女を今回ご紹介していきましょう。

2,572 view

キミは「尾崎魔弓」の何を知っているだろう

尾崎魔弓を語るにはあまりにもキャリアが長いので、忘れてしまっている人もいるかもしれません。まずは尾崎魔弓のここまでの足跡や人となりを簡単に復習していきましょう。

【プロフィール】

♦本 名 : 尾崎 まゆみ(おざき まゆみ)
♦キャッチ: 美しき悪魔
♦誕生日 : 1968年10月28日(50歳) ※2019年7月現在
♦身 長 : 158㎝
♦体 重 : 57㎏
♦出身地 : 埼玉県川口市  
https://www.amazon.co.jp/%E5%B0%BE%E5%B4%8E%E9%AD%94%E5%BC%93-%E9%BB%92%E3%81%84%E9%AD%94%E6%80%A7%E3%81%AE%E8%B5%A4%E3%81%84%E8%96%94%E8%96%87-DVD/dp/B00ITJDJU2/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E5%B0%BE%E5%B4%8E%E9%AD%94%E5%BC%93&qid=1562201023&s=gateway&sr=8-1 (2120155)

【経 歴】

尾崎魔弓は実は道産子だったんですね。北海道で生まれてすぐに埼玉県川口市へ移住しているため、出身地は川口市と公表しています。高校時代に「全日本女子プロレス」が運営するジムで練習生としてトレーニングを積みますが、残念ながら入団オーディションでは不合格となります。しかし1986年17歳の時に旗揚げした「ジャパン女子プロレス」のオーディションを受け見事合格、同年8月17日に遂に夢に見たプロレスラー「尾崎魔弓」が誕生しました。
そして1992年にジャパン女子プロレスが崩壊し、「JWP女子プロレス」に移籍し名実共にトップレスラーとして活躍が注目されました。その後1996年に「OZアカデミー」を結成し、1997年にフリーランスとなり、現在もヒールとして選手育成から選手として活躍しています。
https://www.amazon.co.jp/Masquerade-%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89-%E5%B0%BE%E5%B4%8E-%E9%AD%94%E5%BC%93/dp/B00QKP7Y94/ref=sr_1_56?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E5%B0%BE%E5%B4%8E%E9%AD%94%E5%BC%93&qid=1562201160&s=gateway&sr=8-56 (2120156)

入場曲がカッコイイ

個人的な見解ですが、尾崎魔弓の入場曲はJWP女子プロレス時代に使用された2曲が気に入っています。この曲が流れると会場内には「今日の尾崎はなにをしでかすんだろう」という期待感が漂い出し、ボルテージが上がり出しリングインした際にMAXに到達します。どうですか?尾崎魔弓のイメージにピッタリの選曲だと思いませんか?

Pretty Maids - Red Hot and Heavy

Lita Ford - Can't Catch Me

全ての始まりは「ジャパン女子プロレス」だった、そして…

【ジャパン女子プロレス時代】

全日本女子プロレスのジムに通っていたことは前段でお話しましたが、この時一緒に汗を流していた仲間の中に「井上貴子」さんがいました。オーディションに落選し、「ジャパン女子プロレス」のオーディションに参加する尾崎は1つ年下の井上貴子に「一緒に行かない?」と誘っていたそうです。
しかし井上貴子は全日本女子プロレスへのこだわりからその申し出を断ったそうです。ここでも数奇な運命が絡まり合っていますよね、最終的に2人は別々の道を歩むことになりました。
「ジャパン女子プロレス」では最初からヒールユニット「GUREN隊」の一員としてリング上で暴れまくります、これが現在の尾崎魔弓のルーツだったんですね。しかしここではヒールの専売特許である凶器攻撃や派手なメイクもせず、髪の毛を掴んで振り回すなど戦いの中でラフな攻撃をしかける、当時としては新しいヒール像を確立しました。そんな尾崎魔弓でも女性としての夢はありました。20歳で引退し結婚、23歳くらいで出産という淡い夢を抱いていましたが、実際に20歳になった頃にはプロレスが楽しくて結果的に夢は夢で終わることになります。
プロレス業界に携わる者として、「パンチ田原」氏を知らなければ潜りとも言われるほどの著名人です。
時にはリングアナウンサーとして、またある時にはリング屋さんとして日本全国を飛び回る裏方仕事の親方です。

【JWP女子プロレス時代】

1992年に「ジャパン女子プロレス」が崩壊し、同年設立された「JWP女子プロレス」へ移籍します。
そこにはジャパン女子プロレス時代から苦楽を共にし、リング上でイジメ続けてきた同期であり同郷の「キューティー鈴木」がいました。思えばこの2人に加えてもう1人の同期である「ダイナマイト関西」、そして御大の「デビル雅美」さんという4人が当時の「JWP女子プロレス」の屋台骨だったんですね。そしていつしか団体の顔として団体対抗戦に我先に出陣し、「全日本女子プロレス」のタッグタイトルを手中に収め「反JWP]派のファンやマスコミから一目置かれる存在にまで成長していきました。そして対抗戦ブームも去り、団体内でのトップ争いが激化してくるとその実力も円熟味を増してきました。ある時は真っ赤なコスチュームを身に纏い激しく相手をいたぶり、ある時は「JWP女子プロレス」初のストリートファイトマッチ「ドレスアップワイルドファイト」を行ったり、ヒール道を究め続けていくことになります。
ちなみに女子プロレスら―で「蛍光灯デスマッチ」を初めてやってのけたのも尾崎魔弓でした。
https://www.amazon.co.jp/%E5%B0%BE%E5%B4%8E%E9%AD%94%E5%BC%93-%E9%AD%94%E6%80%A7-JWP%E7%B7%A8-vol-1-DVD/dp/B00UM7G9R4/ref=sr_1_5?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E5%B0%BE%E5%B4%8E%E9%AD%94%E5%BC%93&qid=1562201378&s=gateway&sr=8-5 (2120158)

【OZアカデミー時代】

25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

80年代のアイドル女子プロレスラー歴伝 「ミミ萩原」「キューティー鈴木」「風間ルミ」「尾崎魔弓」のリングにかけた青春を振り返る

80年代のアイドル女子プロレスラー歴伝 「ミミ萩原」「キューティー鈴木」「風間ルミ」「尾崎魔弓」のリングにかけた青春を振り返る

80年代の前半に大活躍したセクシーパンサーであるミミ萩原さん、80年代後半に大活躍したアイドルレスラーの風間ルミさんとキューティー鈴木さん、そして二人のライバルであった尾崎魔弓さんのリングでの戦いの日々を振り返ります。
ガンモ | 64,334 view
昭和生まれで平成を駆け抜けたアイドルレスラー『キューティー鈴木』の現在

昭和生まれで平成を駆け抜けたアイドルレスラー『キューティー鈴木』の現在

平成の時代に巻き起こった「女子プロレス」ブーム、かつての三度と大きく違うのは団体が複数存在した事です。 それにより各団体でエースと呼ばれるアイドル的存在のレスラーも出現し、男性ファンの視線を釘付けにしました。 今回はその中で知る人ぞ知る究極のアイドルレスラーである「キューティー鈴木」をご紹介しましょう。
ディズニー映画の悪役の子どもたちが主人公の最新映画「ディセンダント2」ディズニー・チャンネルにて、10月に日本初放送決定!

ディズニー映画の悪役の子どもたちが主人公の最新映画「ディセンダント2」ディズニー・チャンネルにて、10月に日本初放送決定!

主人公マル役(「眠れる森の美女」マレフィセントの娘)を演じるダヴ・キャメロンと、マルの親友であるイヴィ役(「白雪姫」イーヴィル・クイーンの娘)を演じるソフィア・カーソンから、日本のファンに向けてメッセージ!
女子プロレスラー・ダイナマイト関西が引退!最後まで激しいケンカマッチ!リング以外で病気とも戦ってきた!

女子プロレスラー・ダイナマイト関西が引退!最後まで激しいケンカマッチ!リング以外で病気とも戦ってきた!

1986年にジャパン女子プロレスでデビューしたダイナマイト関西。引退試合を後楽園ホールで行い、最後の相手に同期でライバルの尾崎魔弓を指名。最後の最後まで激しい戦いとなった。今年3月には膠原病や肺がんと戦ってきたことを発表していた。
【女子プロレス・ヒール列伝】彼女たちがいるからベビーフェイスが輝けるんです!!

【女子プロレス・ヒール列伝】彼女たちがいるからベビーフェイスが輝けるんです!!

女子プロのヒールと言えば、北斗の拳の雑魚キャラにも似たいかついフェイスが勢ぞろいします。でも、か弱いベビーフェイスVS極悪ヒールの図式がお決まりの女子プロは、彼女たちの頑張りなくしては成り立ちません。そしてリングを降りれば北斗晶のようにみんなに愛される人柄であることがほとんど。そんなヒールたちの素顔をちょっとご紹介。
青春の握り拳 | 31,397 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト