2016年11月25日 更新

前田日明 アキラ現れるところ乱あり

前田日明をみていると その強さだけではなく なにか訴えかけてくるもの、メッセージ性を感じてしまう 前田日明には スタイルがあり 意志があり そして恐らく今も夢があり それを追い続けていることだろう

64,431 view

前田日明 入場 Captured - YouTube

出典 youtu.be

無冠 前田日明 - YouTube

前田日明のドラマティックな人生はいまも続いている。
出典 youtu.be

少年時代の前田日明

格闘者 前田日明の時代

格闘者 前田日明の時代

塩澤 幸登 (著)
前田日明の母が父と初めて会ったのは結婚する3日前だった
母はとにかく親の望んだ人と結婚するという古風な人で
逆に父はチャランポランだったという
「ウチの親父は
やさしいときとそうじゃないときの差がありました
瞬間湯沸かし器みたいな
なんで怒ってるんだかわからないような
わかんないときはいつも怒ってるような人で
オレ、2階から1階にポーンと投げられたことありましたからね」
アキラ、バット持ってこい

アキラ、バット持ってこい

前田家の隣に
創価学会に入っているフクシマさんが引っ越してきて
入信者が定期的に集まり
お経をするため
からかなりうるさかった
さらに父はフクシマさんに

「入信しないとお宅のアキラちゃんとヨウコちゃんもどうなるかわかりませんよ」

といわれた
ある日、
お酒でコップで飲んだ父が

「アキラ、バット持ってこい」

といいい
前田が持っていくと
母親は

「持ってきちゃダメ」

次の瞬間、父は隣家に乗り込んで行った

「ガシャン、ガシャン、パリーン、キャー、ガタン、・・・・」

そのまま父は1ヵ月帰ってこなかった
さらばウルトラマン

さらばウルトラマン

「ウルトラマン」の最終回、
「さらばウルトラマン」においてウルトラマンはゼットンに倒された
小学2年生の前田はそれをみて涙を流した
宇宙恐竜ゼットン、前田日明、ゾフィー

宇宙恐竜ゼットン、前田日明、ゾフィー

「ウルトラマンが倒された姿にはぼうぜんとしてボロボロ泣いていました
翌日学校に行ったら友達の中に
ウルトラマンの仇をとるぞ!というヤツが5人くらいはいましたね
仇を取るためには強くならなくてはならない
それが格闘技を志した理由です」
ウルトラマンVSゴモラ

ウルトラマンVSゴモラ

ウルトラマンVSゴモラが放映されたときも

「古代怪獣ゴモラがどんどん大阪に近づいてきて
これはえらいことだなと思ったんです
なので放送された翌日に大阪城を友達と見に行ったら、全然なんともなくて
あんなに壊れたに・・・・と衝撃を受けて
思わず掃除をしているおっちゃんに
「大阪城壊れなかったの?」
ってことがあります」

するとそのおっちゃんは

「おっちゃんな、昨日な徹夜で直してん」

と粋な回答をしてくれたという
少林寺拳法の練習を開始

少林寺拳法の練習を開始

前田日明は
ゼットンを倒すために
少林寺拳法を習い始めた
(後に初段を取得)
「小4から少林寺拳法をやっていました
先生は近畿大学の拳法部の元主将で、
姫路にあるその道場では大人ばかりのなか自分だけが子供だったので、
マスコットみたいに可愛がられました」

中学時代

東光中学校

東光中学校

「中学2年生まではごくごく普通の子でした
そこから突然身長が伸びだしたんです
中2の4月には164cmくらいだったんですが、
中3で175cm、
高1で182cm
高3で189cmと雨後の筍のように伸びていきました
20歳になって192cmでようやく止まったんですが
中2から中3にかけての1年間で11cmも伸びたんです。
そのころは朝起きるたびに自分の視線が少しずつ高くなっているのを感じるほどでした
高校生のころはもうそろそろ止まってくれと思ってタバコをバンバン吸いました
それがなければ2m近くいっていたかもしれませんね」
それをみて自分は父を選んだんです

それをみて自分は父を選んだんです

前田が中学2年のとき、
両親が離婚することになり
(父45歳の熟年離婚)
前田は父と母のどっちについていく?という話になった

「父がね
「お前は男の子だから母親を守れ、俺は外国で1人で生きていくから」っていいながら涙を流すんですよね
それをみて自分は父を選んだんです」

高校時代

北陽高校

北陽高校

離婚後は父と2人暮らしをしていたが
ある日、父は

「2~3か月出張にいってくる」

といい韓国に行き
結婚し
以後
生活費を稼ぐために日本に戻ってきては
前田に1、2万円置いて、
また2か月、3か月、韓国へいくという生活を送った
前田は
高1の終わりから工事現場で働き始めた
やがて父は
韓国で離婚し
日本へ帰ってきたが
すぐに日本で女ができた
父はいった

「昔は15歳で元服だ
16過ぎてるんだから1人で暮らせ」
「頭に来てね
親父をちょっとやっちゃおうと思って
ある夜、包丁を持って玄関で父をジッと待ってたときがあるんです
たまたま帰ってくるって手紙書いてたその日に帰ってこなくて
一晩中待ってて
だんだん(空が)白み始めてくるから
アホらしくなって
なんと自分はバカバカしいことをやっているんだと
父親に振り回されて
自分の人生やないやないかと
自分で生きていこうと決めたんです」
そして
前田は普段は高校と仕事に行き
ホームレスの炊き出しに並んだり
「マグロ漁船に乗ったら1,000万円稼げる」という話を聞くと
「それだ!!」と思ったりしていた
空手とバイクに熱中

空手とバイクに熱中

また
高校時代の前田は
空手とバイクに熱中した
「空手の道場の先生は
わりと寛容に喧嘩も黙認する人で
「やるのはいいんだけど負けちゃいけないよ」と
初段をとったとき
路上教習があって
いちばん最初はホテル街に行って女をホテルに連れ込む男を見つけてシバいた
それ卒業したら
酔っ払い同士の喧嘩に入って止めるフリして両方をシバくんです
それをクリアしたら強そうなヤツ
最後は戦闘服を着てるやつに「行って来い、バッチとってこい」と
その時のバッチ1個だけ持ってますよ」
「俺らの時代にもチェーンを持っている奴とかがいた
でもチェーンなんて腕に巻きつけたら終わりじゃん
だから後はボコボコ
暴走族でバットや木刀を振り回す奴もいたけど
腕を取っちゃえばそれでおしまい
それこそ剣道の有段者とかなら別だけど
だいたい「おりゃー」って叫んでバットを振り回しているだけ
だから振り回している間はバットが当たらない場所で様子を見て
相手が疲れ出したら向かって行く
ナイフを持っていたら
自分の着ている服を脱いで腕に巻きつけるとか
そういう対処はうまかった」
「ワンパン(ワンパンチ)ですよ
ボクシングの試合みたいにずっと殴り合うなんてケンカではあり得ない
まあケンカには前口上もあるから
ケンカは口8割、実技1割、あと運1割」
「輪島さんお疲れ様です、僕ファンです」

「輪島さんお疲れ様です、僕ファンです」

「全ては空手が強くなるためだった
1回、高校の時、相撲取りを襲撃しようとしたんだ
大阪場所の時、部屋の外の公園で待ち伏せして
そしたら100kgくらいのザンバラ頭の序二段くらいの奴が出てきた
後ろから髪の毛を引っ張ってシバいてパンチが効かないようだったら逃げようと思っていた
それで髪の毛を掴もうとしたら後ろから大きな影が近づいてきたんだ
気配を感じて振り向いたら当時の大横綱、輪島
もうそれで作戦中止
「輪島さんお疲れ様です、僕ファンです」って
そしたら輪島さんが「君、体が大きいね、相撲をやらないか?」っていわれ、
「いえいえとんでもない、失礼しました」って立ち去った」
アメリカで空手の道場を開きたい

アメリカで空手の道場を開きたい

出典 4travel.jp
前田は
極真空手の大山倍達の弟子達のように
アメリカで空手の道場を開きたいという夢を持っていた
大学受験に失敗した後は
アメリカに行く金を貯めるためアルバイトに明け暮れた
佐山聡との出会い

佐山聡との出会い

あるとき
前田日明が先輩と公園で練習していると
佐山聡(初代タイガーマスク)がきて聞いてきた

「それはキックですか、空手ですか?」

そしてその後、1週間、
前田と佐山は道場で一緒に練習した
「佐山さんは
身長は小さかったですけど
サイコロみたいに横幅がありましたし
もう組んだらポーンって投げられてどうしようもなかったですね
「力は凄いなぁ」と思ってね」
当時、佐山聡は
アントニオ猪木の付き人やっていて
大阪で出会った前田日明のことを話した
猪木はそのことを新日プロレスの営業部長だった新間寿に話した
そして新間は前田日明を新日本プロレスに勧誘した
208 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

山崎一夫 「困ったときは山ちゃん」 みんなのために密かにがんばって密かに泣いて、そしてみんなに好かれている山ちゃん

山崎一夫 「困ったときは山ちゃん」 みんなのために密かにがんばって密かに泣いて、そしてみんなに好かれている山ちゃん

プロレス業界において ちゃんとしていてるイメージもある山崎一夫 「いや常識人というか、 ただ周りにそうじゃないひとが多かったんで、 新日本の道場に入って寮長が前田(日明)さんなわけで、 そこからおかしいじゃないですか(笑)」
RAOH | 14,097 view
元祖『霊長類最強の男』カレリン。前田日明の引退試合の相手を務めた史上最強レスラー

元祖『霊長類最強の男』カレリン。前田日明の引退試合の相手を務めた史上最強レスラー

「霊長類最強の男」と呼ばれたロシアのレスリング選手、アレクサンドル・カレリン。掴まれた相手は投げ技を怖れてそのままフォール負けを選ぶという圧倒的な破壊力をもつ『カレリンズ・リフト』を武器に13年間無敗だった史上最強のレスラー。そのカレリンの実績や映像、前田日明の引退試合の相手を務めたときのエピソード&貴重動画を紹介。
きちんとチキン | 47,479 view
「Uに捧げた青春! 悪性リンパ腫と戦うレスラー 垣原 賢人」

「Uに捧げた青春! 悪性リンパ腫と戦うレスラー 垣原 賢人」

1980年代後半から1990年代初頭にかけて、日本のプロレス界・格闘技界を華麗に席巻した伝説の団体「UWF(ユニバーサル・レスリング連盟)」 そんなUWF所属選手たちの強烈な個性から芽吹いた若き天才レスラー「垣原 賢人」。 華々しくスポットを浴びた栄光と影が入り混じる格闘人生を振り返る。
taketake | 5,834 view
【一億円トーナメント事件】UWFインターがメジャー5団体のエースに参加を呼びかけた幻のトーナメント!

【一億円トーナメント事件】UWFインターがメジャー5団体のエースに参加を呼びかけた幻のトーナメント!

キミは幻の一億円トーナメントを知っているか?高田延彦率いるUWFインターがプロレス最強を決めようと主要5団体のエースに声をかけたこのトーナメント、幻に終わったが実現したらどうなっていただろう。
青春の握り拳 | 22,653 view
船木誠勝 船木さんが「明日また生きろ」といってくれたからボクは今日も生きています。

船木誠勝 船木さんが「明日また生きろ」といってくれたからボクは今日も生きています。

中学卒業後、新日本プロレス入り。その後、UWF、藤原組を経て、自らの団体「ハイブリッドレスリング パンクラス」を立ち上げた。「秒殺」という言葉が流行り「肉体改造法」はヒットした。ヒクソン・グレーシー戦では落ちても(失神しても)ギブアップしなかった(あきらめなかった)。
RAOH | 12,921 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト