彼氏の存在?契約問題?なぜキャンディーズは「普通の女の子」に戻りたかったのか。人気絶頂で解散した本当の理由とは?
2020年7月20日 更新

彼氏の存在?契約問題?なぜキャンディーズは「普通の女の子」に戻りたかったのか。人気絶頂で解散した本当の理由とは?

当時流行語にもなった「普通の女の子に戻りたい!」という名言を残したキャンディーズ。彼女たちがこの言葉を発した真相について紐解いてみたいと思います。

3,309 view

なぜキャンディーズは「普通の女の子」に戻りたかったのか?

70年代を代表する3人組アイドルグループ・キャンディーズ。「年下の男の子」「春一番」など、後世に残るヒット曲を多数輩出した彼女たちですが、人気絶頂だった1977年7月17日、日比谷野外音楽堂で行われたコンサートで突如「普通の女の子に戻りたい!」と解散宣言を行い、世間を騒然とさせました。この記事では、トップアイドルに登り詰めた彼女たちがなぜ「普通の女の子に戻る」という選択を決断したのか、その真相について紐解いてみたいと思います。

こちらは当時の解散報道。

キャンディーズ解散を伝える NHKニュース

殺人的なスケジュールが限界だった。

まず指摘されているのは、売れっ子アイドルの宿命ともいうべき「殺人的なスケジュール」。全盛期のピンク・レディーの睡眠時間が「1~2時間」「仮眠で45分」などと言われていますが、キャンディーズも例に漏れず睡眠時間は短く、せいぜい3~4時間程度​であったと言われています。
 (2202188)

解散宣言直前の1977年6月21日に発表した「暑中お見舞い申し上げます」
そして、キャンディーズの面々を体力的に追い詰めていった要素として挙げられるのが「深夜のレコーディング」。当時の彼女たちは昼間はテレビやラジオへの出演、コンサートなどを行っており、新曲のレコーディングについては、結果としてそれらの仕事を終えてからやるしかありませんでした。深夜にスタジオ入りし、翌朝までレコーディングを行うといったハードなスケジュールの中、3人で歌っていたはずがいつの間にか人が減っている(一部メンバーが寝落ちしている)といったこともあったそうです。

「8時だョ!全員集合」出演時の様子。番組放送終了後、レコーディングスタジオに向かったのでしょうか?

田中好子が年下男性と交際していた。

上述のような殺人的スケジュールが続く中で、田中好子(スー)は年下男性とひそかに交際をしていました。その男性はバンド「スペクトラム」のギタリストとして有名な西慎嗣で、西が1977年にキャンディーズのバックバンドに加入したのが出会いのきっかけでした。そんな二人ですが、当時スーが20歳であったのに対し西は16歳。まさに「年下の男の子」との交際でした。そしてその直後である同年7月、キャンディーズは解散宣言を行うこととなります。
 (2202200)

西慎嗣が所属していた「スペクトラム」
交際開始→解散発表という流れであったため、スーと西との交際が解散の原因の一つではないかと指摘されることがあります。確かに、当時のキャンディーズのスケジュールをこなしていては、恋人として一緒に過ごすこともままなりません。そのため「普通の女の子」に戻ることを決断したのでは、という指摘には説得力があります。なお、西との交際は1年ほどで自然消滅し、結局長続きはしなかったとのことです。

売れる前から解散を口にしていた。

「売れる前から​解散を考えていた」という話もあります。1973年に「あなたに夢中」でデビューした当時のキャンディーズは周囲から期待されておらず、3人の間にも「デビューからの3年間だけ頑張る」という共通認識があったと言われています。
 (2206072)

1973年9月1日発表のデビュー曲「あなたに夢中」が収録されたアルバム。
その後、1975年の「年下の男の子」や1976年の「春一番」などが大ヒットし、人気に火が付いた彼女たち。しかしながら、その時点でデビューから既に3年近くが経過しており、さらに前述の「3年間だけ頑張る」に加えて「自分たちの一番良い時に解散したい」という意向もあったため、結果的に1976年に解散することはなかったものの、解散は時間の問題だったと言われています。
 (2202194)

1976年3月1日発表の大ヒット曲「春一番」

そもそも、契約満了だった。

30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 山海旅人 2020/7/21 08:14

    三年契約という事実はありません。
    そもそも、当時の渡辺プロは一年更新です。
    NHKにマスコットガール出演にあたり、キャンディーズとの契約はしていません。スクールメイツとしてのマネージメント契約をしただけです。マスコットガール卒業後、田中好子は日本テレビのドラマに出演してます。これはスクールメイツのマネージメント契約には違反しません。焦った伊藤蘭が「私を事務員だけにはしないで下さい」と渡辺晋社長に手紙を書き、ようやくキャンディーズとしての契約が実現し歌手デビューしました。1976年の更新時には、1977年からは、シングル・アルバム・ライブのみ三人で活動し、その他はピンで活動すること。伊藤蘭の日芸卒業を保証することを条件に契約更新しました。大里マネージャーも準備にはいります。しかし、それを松下制作部長が反故にすることが発覚します(発覚日は1977.3.29)。
    そこで、契約更新しない旨の内容証明を出すも、それも無視。そこで、ピンクレディーライブの千秋楽とキャンディーズのライブの初日が重なる1977.7.17に解散宣言しました。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

キャンディーズの後釜として期待された!セクシー路線のアイドルグループ「フィーバー」

キャンディーズの後釜として期待された!セクシー路線のアイドルグループ「フィーバー」

70年代後半、キャンディーズの後釜として結成されたアイドルグループのひとつである「フィーバー」について振り返ってみたいと思います。
普通の女の子から歌手に戻った!?元キャンディーズの伊藤蘭が41年ぶりに歌手としてソロデビュー!!

普通の女の子から歌手に戻った!?元キャンディーズの伊藤蘭が41年ぶりに歌手としてソロデビュー!!

70年代に一世を風靡したアイドル「キャンディーズ」の元メンバーで、現在は女優として活躍する伊藤蘭が、41年ぶりに歌手としてソロデビューすることが明らかとなりました。
隣人速報 | 2,058 view
キャンディーズが“普通の女の子”になっちゃった後に活躍した妹分!トライアングル!!

キャンディーズが“普通の女の子”になっちゃった後に活躍した妹分!トライアングル!!

キャンディーズが解散表明した頃、“キャンディーズの妹分”としてデビューした3人組「トライアングル」を覚えていますでしょうか?この記事では、キャンディーズが“普通の女の子”になった後に活躍した妹分「トライアングル」について特集したいと思います。
音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「‘70 ‘80 ‘90 Best」シリーズ!今回はその集大成と言える「昭和J-popに酔いしれる!!」に収録した84曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。曲のチョイスは「何故この曲?」なんて堅いことは言いっこなし(笑、有線さながらのバックミュージックに使えて、そして懐かしむミドルエッジの王道を是非ご堪能ください。
SMAP25周年のベスト収録50曲が決定!ファンによるリクエスト投票の結果も発表!

SMAP25周年のベスト収録50曲が決定!ファンによるリクエスト投票の結果も発表!

SMAPは25周年を記念して、ファン投票による最後のベストアルバム「SMAP 25 YEARS」を12月21日に発売する。今回、リクエスト投票結果による収録50曲が発表された。
red | 730 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト