鈴木清順監督が持てる才能の全てを注込んで挑んだ怪奇幻想譚「陽炎座」。
2018年5月7日 更新

鈴木清順監督が持てる才能の全てを注込んで挑んだ怪奇幻想譚「陽炎座」。

「三度びお会いして、四度目の逢瀬は恋になります。死なねばなりません。」このセリフが全てか?!独特な映像美と難解な物語。まるで悪夢を見ていつような異様な緊張感を持った鈴木清順監督の代表作のひとつ「陽炎座」です。傑作中の傑作。現在では作ることが不可能と思える映画らしい映画です。

972 view

松田優作

松田優作といえば、昭和を代表する俳優の1人ですね。1973年のテレビドラマ「太陽にほえろ」のジーパン刑事や1979年の「探偵物語」で大人気となりました。
松田優作

松田優作

生年月日:1949年9月21日
没年月日:1989年11月6日(40歳没)
出生地:山口県下関市
身長:183cm
血液型:A型
活動期間:1972年~1989年
映画では森田芳光監督の「家族ゲーム」や角川映画「蘇える金狼」などが代表作といえますが、17年という余りにも短い活動期間に、ゲスト出演、友情出演も含め、26本の映画に出演しています。
初の主演は映画出演4作目で1974年のコメディ・青春映画『「あばよダチ公」でした。
あばよダチ公

あばよダチ公

映画ではアウトロー的な役柄が多く、それが受けて人気俳優となっていきます。
そんな松田優作は、鈴木清順監督の作品に出演することは夢だったらしく、それが実現したのが1981年の「陽炎座」です。

陽炎座

鈴木清順監督といえば、「殺しの烙印」や「ツィゴイネルワイゼン」で知られる日本を代表する大監督の1人です。
「陽炎座」は、「ツィゴイネルワイゼン」に次ぐ43本目の作品に当たります。
鈴木清順

鈴木清順

「ツィゴイネルワイゼン」の成功を受け、後に大正ロマン3部作と呼ばれるシリーズの2作目にあたる怪奇幻想譚「陽炎座」。原作は泉鏡花です。
謎の女とある日知り合った新派の劇作家が、女を追いかけていくうちに不可思議な世界にはまり込んでいくのですが、映像でしか表現できない内容となっています。
陽炎座

陽炎座

公開当時「フィルム歌舞伎」と呼ばれた本作品は、華麗で時として不気味。妖しげな魅力を備えた映像美は、これぞ映画!と言いたくなります。

念願かなって鈴木清順監督作品に主演した松田優作はさすがに熱演しています。素晴らしいです。松田優作の新境地を開かせた作品となっています。

ですが、この映画は相手役の大楠道代を異常なほどに綺麗に見せるための映画となっているんですよね。
大楠道代

大楠道代

大楠道代は当時34歳。脂が乗っているというか、女盛りとでもいうのか、とにかく魅力的。
大楠道代の美しさとも相まって「陽炎座」は鈴木清順としか言いようのない、美意識に貫かれた作品です。

Kagero-za 「陽炎座」 - Trailer 予告編

あらすじ

ダイジェスト版をご覧ください。
ストーリーは分かりにくいですが、全体の独特な雰囲気は伝わるかと思います。

陽炎座(監督:鈴木清順 1981年公開)

それでは、あらすじです。
主人公の松崎春孤を松田優作が、謎めいた女性 品子を大楠道代が演じています。

1926年、新派の劇作家、松崎春狐(松田優作)が、妖しげで美しい女性、品子(大楠道代)と出会うところから物語は始まります。
品子:大楠道代

品子:大楠道代

37 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

 “カルト映画の神様”と呼ばれた鈴木清順監督の浪漫三部作の1本「ツィゴイネルワイゼン」

“カルト映画の神様”と呼ばれた鈴木清順監督の浪漫三部作の1本「ツィゴイネルワイゼン」

「生きているひとは死んでいて、死んだひとこそ生きている」いかにもカルト映画という印象的なセリフですね。あの世とこの世の狭間の世界を圧倒的な演出で描いた「ツィゴイネルワイゼン」。妖しく怖くもあり、たまらなくエロチックでもあるこの映画。独特な映像美の世界に足を踏み入れてみてください!
obladioblada | 2,273 view
瀬戸内海の黒アワビと言われた女!『岩井志麻子』ってどんな人なの!?

瀬戸内海の黒アワビと言われた女!『岩井志麻子』ってどんな人なの!?

最近「有吉反省会」や「5時に夢中」で目立っている岩井志麻子さん。ネットでも岩井志麻子って何者なんだ?と気になる存在の様です。いったいどんな人なのでしょうか?まとめてみました。
ギャング | 2,600 view
天才としか言いようがない!奇跡としか言いようのない80年代のプリンス。

天才としか言いようがない!奇跡としか言いようのない80年代のプリンス。

今でこそ天才と言う評価の定まっているプリンスですが、「パープル・レイン」がヒットするまではキワモノ。日本に置いてはその存在すらあまり知られていませんでした。いえ、知られるようになってからもキワモノですね。天才過ぎますから、プリンスは。
obladioblada | 3,344 view
ハードボイルドとバイオレンスの宝庫!『野獣死すべし』の作家【大藪春彦】を振り返る

ハードボイルドとバイオレンスの宝庫!『野獣死すべし』の作家【大藪春彦】を振り返る

ハードボイルドとバイオレンスの宝庫である大藪春彦さんの作品には、多くの方が熱くなったのではないでしょうか?今回はそんな大藪春彦さんと代表作を振り返ってみたいと思います。
つきねこ | 980 view
昭和のハードボイルド俳優!酒・女・麻雀・逮捕などの逸話まとめ!

昭和のハードボイルド俳優!酒・女・麻雀・逮捕などの逸話まとめ!

昭和という時代には、多くのハードボイルドな俳優がいました。今回はそんな俳優のエピソードをみながら振り返ってみたいと思います。我々の憧れだった俳優が登場しますので、是非最後までお読み頂けると幸いです。
つきねこ | 11,530 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト