たった一人の相撲部員、五所瓦が助っ人部員たちと団体戦優勝を目指す相撲マンガ「うっちゃれ五所瓦」を覚えてますか?
2016年5月2日 更新

たった一人の相撲部員、五所瓦が助っ人部員たちと団体戦優勝を目指す相撲マンガ「うっちゃれ五所瓦」を覚えてますか?

かつては名門相撲部だったものの、部員が一人だけとなり廃部が決定したことで、最初で最後の団体戦を目指した最後の相撲部員、五所瓦。助っ人部員となった仲間たちと一緒に団体戦優勝を目指していく、涙と笑いの相撲マンガ「うっちゃれ五所瓦」を振り返ります。

6,442 view

「うっちゃれ五所瓦」とは

マンガ「うっちゃれ五所瓦」は、1988年から「少年サンデー」で連載された、高校相撲マンガです。かつては名門と言われた武蔵山高校相撲部ですが、現在は三年生の五所瓦角(ごしょがわら かく)がただ一人の部員ということで、来年は廃部が決定しています。一度でいいから団体戦を戦ってみたいと考えた五所瓦が、仲間を探し、仲間と一緒に団体戦を戦う姿を描いています。まっすぐに相撲に向き合う五所瓦と、その姿に共感して助っ人となっていく仲間たち、対戦相手のライバルや悪役監督なども登場して、相撲を知らない読者たちを惹きつけ、平成元年小学館漫画賞を受賞しています。

「うっちゃれ五所瓦」のあらすじ

武蔵山高校三年生、五所瓦 角は、たった一人の相撲部員。来年度以降の廃部が決まった相撲部に最後の花を添えるため、インターハイ団体戦で優勝できるメンバーを集めていた。そんな彼の誠意と熱意に、柔道インターハイ制覇した柔道部主将清川薫、プロレスラー志望のレスリング部員関内孝之、ハッタリとコケオドシを得意とする硬派の応援団員難野一平、小心者だがチョンマゲの似合う巨漢の囲碁部雷電五郎、……といった個性的なメンバーが集結する。
彼らは即席チームメイトながらも、五所瓦の熱意に応えるため一致団結し、自分たちの得意技を駆使して、次々と個性的な敵チームを破り、地区予選を勝ち進んでいく。
本来は運動部員の助っ人を探していた五所瓦でしたが、なかなか集まらずに、硬派大好きの難野や名前と体格だけで選ばれた雷電などが加入します。

「うっちゃれ五所瓦」の登場人物

五所瓦 角(ごしょがわら かく)

五所瓦 角(ごしょがわら かく)

不器用で口数も少ないのですが、相撲に対する気持ちは誰にも負けない熱い心を持っています。くじ運の悪さから、2年続けて優勝した黒島高校の田門と対戦したために初戦敗退でしたが、一番手ごわい相手と言われるほどの実力を持っています。練習相手がいなかったために、まわしを取られると対処できませんでしたが、清川と関内が入部したことで練習することができ、対応できるようになりました。
武蔵山高校3年 大将
清川 薫(きよかわ かおる)

清川 薫(きよかわ かおる)

柔道部の主将で昨年のインターハイ優勝という実力者です。柔道2段ですが、五所瓦の「団体戦で優勝したい」という強い気持ちに打たれ、五所瓦と対戦して相撲の奥深さを知り、相撲部の助っ人になります。柔道技を使って次々と勝っていきますが、逆に柔道技で負けそうになる事も。
武蔵山高校3年 先鋒
関内 孝之(かんない たかゆき)

関内 孝之(かんない たかゆき)

レスリング部の1年で実力はあるものの、プロレスラー志望のためにアマチュアレスリングに物足りなさを感じています。強い相手を求めて相撲部に入部し、プロレス技を発揮して勝利していきます。口調や態度は軽いのですが、勝負に対しては真剣に取り組みます。
武蔵山高校1年 中堅
難野 一平(なんの いっぺい)

難野 一平(なんの いっぺい)

自称「硬派」の応援団員でしたが、五所瓦と清川の勝負を見て感動し、相撲部に押しかけ入部します。実力もなく、まわしを締めた姿はコマのようになり、誰からも勝利を期待されてはいませんが、勝負に対する気持ちは真剣です。勝つためには手段を選ばないので、反則負けも2度とられています。
難野がくじ引きをしたため、黒島高校との初戦での対決を避けることができました。
武蔵山高校1年 次鋒
雷電 五郎(らいでん ごろう)

雷電 五郎(らいでん ごろう)

囲碁2段の実力を持つ囲碁部の生徒でしたが、強そうな名前と巨体だけを理由に、難野に無理やり相撲部に入部させられました。体格はいいものの、気弱な文系男子のため、唯一難野の勢いに押されていますが、難野が考えた作戦で偶然ながらも3勝を挙げています。
武蔵山高校2年 副将

田門 泰造(たもん たいぞう)

黒島高校相撲部主将で、過去2年優勝している高校横綱です。五所瓦と対戦してその実力を認めていますが、冷酷で残忍な性格から、部長とともに「ダーティコンビ」と呼ばれていて、精神的に相手を揺さぶるような手段を選ばないところもあります。他の高校の大将クラスが団体戦メンバーに揃っています。

神田 八十次(かんだ やそじ)

黒島高校の数学教師で相撲部監督です。選手の育成能力や対戦相手の分析など、監督としての能力はありますが、勝つために手段を選ばないところがあり、団体戦のために個人戦でケガをさせるように指示をするなど、教育者としてはいかがなものかと思わざるを得ない人物です。

長谷川 清(はせがわ きよし)

武蔵山高校柔道部部長、柔道5段で国体優勝経験もあるらしい実力者です。教え子を信頼し、清川の意思を尊重して、柔道部から送り出します。こういう指導者が個人的には理想です。
その他にも、杉田工業高校の丙馬一郎(ひのえうまいちろう)や、和樽高校のアルゼンチンからの留学生アントニオ・マルセロなど、個性的な対戦相手がたくさん登場します。
そして、観客の声援や驚き、感嘆の声が、読者の共感を呼びながら、試合をより盛り上げていきます。
五所瓦の活躍を知ったOBや、雷電が所属していた囲碁部の仲間たちの応援もあり、一試合ごとに成長していくチームに、感動とともに声援を送ります。

「うっちゃれ五所瓦」の魅力とは

うっちゃれ五所瓦の魅力は、何と言っても五所瓦のまっすぐに努力していく姿と、その気概に打たれた部員たちが真剣に勝負に取り組む姿です。自分の持てる力を駆使して、優勝を目指していくなかには、「これはないでしょう」と思えるものもありますが、ただの根性物語ではなく、ギャグに笑いながらも青春に涙する感動的なシーンもあり、相撲を知らなくても純粋に楽しめます。
今にして見れば、相撲というマイナーなジャンルに取り組んだのは、当時の若貴ブームに便乗した感じがありますし、正直私も相撲に関してはド素人なのですが、相撲の知識が無くても努力・友情・勝利を綺麗に描いているので、「相撲」が知らなくてもサクサク読めましたし、むしろ「相撲漫画」ではなく「少年漫画」として読むのが正しいと思います。本当にあの最終回は見ていて清々しいものがありました・・・。
52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • バムゼ 2019/5/26 16:13

    懐かしいなあ 胸アツ展開とギャグの塩梅が絶妙で新刊を心待ちにしてました
    今でも時々五所瓦の手作り弁当を思い出してフフッとなります

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

錚々たる昭和の大横綱が兼任した「横綱大関」が38年ぶりに復活することが明らかに!!

錚々たる昭和の大横綱が兼任した「横綱大関」が38年ぶりに復活することが明らかに!!

日本相撲協会は、両国国技館で3月より開催される春場所にて、38年ぶりに横綱が大関を兼ねる「横綱大関」の記載が復活することを明らかにしました。
隣人速報 | 2,038 view
【訃報】親日家で知られたジャック・シラク元仏大統領が死去。相撲や奥の細道へ深い造詣

【訃報】親日家で知られたジャック・シラク元仏大統領が死去。相撲や奥の細道へ深い造詣

1995年から2007年にかけてフランスの大統領を務めたジャック・シラク氏が26日、亡くなったことが明らかとなりました。86歳でした。
隣人速報 | 555 view
【訃報】元関脇・逆鉾として活躍した井筒親方が死去。鶴嶺山、逆鉾、寺尾の「井筒三兄弟」を振り返る!

【訃報】元関脇・逆鉾として活躍した井筒親方が死去。鶴嶺山、逆鉾、寺尾の「井筒三兄弟」を振り返る!

大相撲の元関脇・逆鉾として活躍した井筒親方(本名・福薗好昭さん)が、9月16日に東京都内の病院で亡くなっていたことが明らかとなりました。58歳でした。
隣人速報 | 2,101 view
40歳【安美錦】引退。若手時代には”貴乃花の現役最後の相手”として金星も、その後苦悩

40歳【安美錦】引退。若手時代には”貴乃花の現役最後の相手”として金星も、その後苦悩

大相撲の名古屋場所で優勝争いが盛り上がる中、元関脇で西十両11枚目の安美錦(伊勢ケ浜)が、現役引退を表明しました。
芸術が爆発するだけじゃない!懐かしの「太郎」一覧!!

芸術が爆発するだけじゃない!懐かしの「太郎」一覧!!

日本を代表する男子の名前「太郎」。この記事では、70年代から90年代にかけて活躍した「太郎」を振り返ってみたいと思います。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト