マイネル軍団のG1初制覇は実はこの馬!!マイネルマックス
2016年11月25日 更新

マイネル軍団のG1初制覇は実はこの馬!!マイネルマックス

マイネル軍団と言えば、地味な血統ながらも、常にターフを沸かせてくれる 日本競馬会にはなくてはならない競走馬たちです。 そんな、マイネル軍団のG1初制覇がマイネルマックス、ではマイネルマックスとはどんな馬だったのか?

4,068 view

ブライアンズタイム第三の矢

父ブライアンズタイムは94年に産駒デビュー、初年度から三冠馬ナリタブライアンを送り出すと、次年度もマヤノトップガンが活躍し、サンデーサイレンス、トニービンと並び御三家と呼ばれるほどの一流種牡馬であった。そのブライアンズタイム3頭目の牡馬中央G1制覇がマイネルマックスである。
大種牡馬ブライアンズタイム

大種牡馬ブライアンズタイム

ナリタブライアン、マヤノトップガン、フリオーソなどの名馬を多数輩出、その中のG1馬の一頭がマイネルマックスである。

デビューから朝日杯まで

マイネルマックスのデビューは1996年函館、デビュー戦は3着に敗れたものの、折り返しの新馬戦を勝利し、函館2歳Sを頭差で制する。さらに東京でのG2京成杯も勝利し
重賞を連勝する。ちなみにこの二つの重賞を制覇し、G1に向かうのはミドリマキバオーと同じ臨戦過程である。
96下半期 020 マイネルマックス サラブレッドカード GⅡ - ヤフオク! (1608251)

ミドリマキバオーも函館と京成杯を勝利していた!!

ミドリマキバオーも函館と京成杯を勝利していた!!

唯一のライバルかもしれないクリスザブレイヴ

勝ち方が地味とは言え、圧倒的実績で挑んだG1の朝日杯、しかし、マイネルマックスは重賞を連勝しているにも関わらず、2番人気に甘んじた。そこにはノーザンテースト最後の大物として話題をさらった、デビューから2連勝中のクリスザブレイヴがいたからである。生涯対戦は一度きりだが、G1で人気を分け合ったという観点では、クリスザブレイヴはマイネルマックスのライバルであると言えるかもしれない。
名前も容姿もカッコイイ、クリスザブレイヴ

名前も容姿もカッコイイ、クリスザブレイヴ

しかし、クリスザブレイヴは生涯故障に悩まされ続ける

初物づくしの朝日杯

レースはハイペースで進み、逃げたアサカホマレは早々と失速、代わりに先頭に立った人気薄のオープニングテーマが粘るところをマイネルマックスが最後に差し切り勝ち、クリスザブレイヴは見せ場なく、15着と敗れた。この勝利はマイネル軍団にとっての初G1制覇でもあり、騎手の佐藤哲三にとっても初のG1制覇となる初物づくしのメモリアル勝利となった。
鞍上の佐藤哲三は翌週に披露宴を控えていたので、こちらもメモリアル勝利であった。
また、表彰台での涙も印象的である。
ゴール前ぎりぎりでの差し切り勝ち!!

ゴール前ぎりぎりでの差し切り勝ち!!

佐藤哲三騎手

佐藤哲三騎手

後にタップダンスシチーなどでG1を勝利する佐藤騎手の
初G1制覇はこのレースだった。

クラシックの主役を張るはずが…

2歳チャンピオンとなったマイネルマックスは当然、翌年のクラシック戦線の主役を張る一頭であるはずだった。しかし、春は熱発で順調さを欠き、二戦凡走、秋もそれを引きずってか、まったくいいところが無かった。ちなみにこの年のブライアンズタイム産駒は当たり年であり、サニーブライアンの二冠制覇をはじめ、シルクジャスティスが有馬記念を制覇するなど、スポットは彼らに浴びせられていた。
凪的電脳賽馬−マイネルマックス (1608266)

出典 www.ne.jp

長いトンネルと復調の兆し

4歳となった1998年も低迷は続き、勝利をあげることはできないものの、好走もちらほら見られた。次の勝利は1999年5歳暮れのクリスマスSでおよそ3年ぶりの勝利であった。ようやく、2歳チャンピオンは復調することができたのである。
31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

同期はメジロマックイーン、記録よりも記憶に残る馬・メジロライアン

同期はメジロマックイーン、記録よりも記憶に残る馬・メジロライアン

クラシックの有力候補として常に人気を背負い続けてきた馬・メジロライアン。あと一歩というところでなかなかGIに手が届かない彼を応援するファンの数は同期のスターホース・メジロマックイーンより多かったかもしれません。今回はそんな記録よりも記憶に残る馬・メジロライアンをご紹介します。
concorde | 241 view
日本競馬史上初めてGIを勝利した騙馬・暴れん坊レガシーワールド

日本競馬史上初めてGIを勝利した騙馬・暴れん坊レガシーワールド

騙馬とは、気性が荒く人間の言うことを聞かないため去勢手術をされた牡馬のことを言います。レガシーワールドもそんな騙馬の1頭です。彼もまた気性が荒く、騎手を振り落としてしまうほどヤンチャでした。しかし、騙馬になってその才能が一気に開花します。今回はそんな暴れん坊・レガシーワールドをご紹介します。
concorde | 264 view
3度の難病を乗り越えつかんだ勲章!不屈のGI馬・オフサイドトラップ

3度の難病を乗り越えつかんだ勲章!不屈のGI馬・オフサイドトラップ

みなさんはオフサイドトラップという馬を覚えているでしょうか?8歳まで現役を続け、その間に3度の屈腱炎を克服し、不死鳥のようによみがえった馬でした。しかも8歳で重賞初勝利を挙げ、重賞連勝の勢いでGI・天皇賞(秋)まで制します。今回はそんな不屈の闘志を持ったGI馬・オフサイドトラップをご紹介します。
concorde | 244 view
秘めたるポテンシャルは計り知れず、母になっても輝き続けた1等星・ベガ

秘めたるポテンシャルは計り知れず、母になっても輝き続けた1等星・ベガ

1993年、クラシック戦線に突如現れたシンデレラガール。彼女は瞬く間に階段を駆け上がり頂点へと昇り詰めました。彼女の名はベガ。桜花賞とオークスを制し、牝馬クラシック2冠に輝いた名牝です。その競走生活はわずか1年半と短いものでしたが、競走馬としてだけでなく繁殖牝馬としてもそのポテンシャルは計り知れないものでした。今回はベガをご紹介します。
concorde | 303 view
遅咲きのサクラが府中の杜で満開に!末脚炸裂・サクラチトセオー

遅咲きのサクラが府中の杜で満開に!末脚炸裂・サクラチトセオー

遅咲きのサクラは6歳の秋、府中の杜で満開に咲き乱れました。同じトニービンを父に持つ同期のウイニングチケットほどのスター性はありませんでしたが、後方一気のその末脚に魅了された人は多かったのではないでしょうか。今回はそんなサクラチトセオーをご紹介します。
concorde | 141 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト