外国産馬創世記!!タイキブリザード
2016年11月25日 更新

外国産馬創世記!!タイキブリザード

良血、外国産馬、藤澤厩舎。これだけのブランドが揃えば嫌でも期待をしてしまいます。 そんなブランドを兼ね備えたのがタイキブリザード。しかし、詰めの甘さなど どこか親しみを持てる馬でもあった。そんなタイキブリザードの戦歴を追っていきたい。

792 view

タイキブリザードの血統

父シアトルスルー

父シアトルスルー

父シアトルスルーはアメリカの三冠馬!!
さらに、兄にブリーダーズカップターフなど、G1レース6勝をしたシアトリカルを持つ超良血馬である。

デビュー

良血馬として期待をされたタイキブリザードはデビューから2連勝を飾る。
新馬戦、条件戦にすぎないかもしれないが、実はこの時の2着は
カネツクロスとサクラローレルという後のスターホースであった。
重賞戦線を賑わせた逃げ馬カネツクロス

重賞戦線を賑わせた逃げ馬カネツクロス

96年の年度代表馬サクラローレル

96年の年度代表馬サクラローレル

重賞のカベ

その後、タイキブリザードは重賞レースに挑み続けるが
2着続きと勝ちをおさめることはできず、大器の片鱗は匂わせるものの
なかなか結果を出すことはできなかった。
シアトリカルの弟もこの時は福島や札幌を転戦するオープン馬にすぎなかった。
馬ぐるみ た~な行 (1601310)

G1での好走

4歳になり、オープン特別を勝利したタイキブリザードは思い切って
G1安田記念に挑戦し、ここを3着と好走する。続く宝塚記念も2着に好走し
その実力がG1クラスであることを証明するのであった。
第64回安田記念 歴代優勝馬ピックアップ ハートレイク|GⅠ特集|競馬情報ならJRA-VAN (1601311)

出典 jra-van.jp

好走ではなくイマイチに

春に活躍したタイキブリザードは秋のG1制覇に期待がかかる。
しかし、オープン特別の富士ステークスを2着、ジャパンカップは4着
暮れのグランプリ有馬記念は2着と勝ちきれないレースが続いた。
第29回ジャパンカップ 歴代優勝馬ピックアップ ランド|GⅠ特集|競馬情報ならJRA-VAN (1601312)

出典 jra-van.jp

初重賞制覇

そんなタイキブリザードの重賞制覇は5歳の春、産経大阪杯を人気に応えて
勝利し、ようやく重賞ウィナーの仲間入りを果たす。
しかし、その後の京王杯は2着、安田記念はハナ差の2着と
またもG1を勝ちきれずにいた。これで3度目のG1レース2着である。
タイキブリザード突然死の原因と理由は??経歴について調査!! | シンのブログ (1601314)

今回紹介する『レジェンドレース』の主役は、1996年の東京新聞杯を勝ち、そして大一番の安田記念も制したトロットサンダーです。 舞台はその安田記念。ジェニュインにハートレイク、ヒシアケボノ、フラワーパーク、ヒシアマゾン……そうそうたるメンバーが揃うなかで1番人気に支持され、メンバー中最速の上りで直線一気、トロットサ...
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

出馬表決定!G1競馬2018【安田記念】みんなの『事前予想』で勝ち馬を当てろ!~過去データを振り返るクイズ付~

出馬表決定!G1競馬2018【安田記念】みんなの『事前予想』で勝ち馬を当てろ!~過去データを振り返るクイズ付~

日本中央競馬会の初代理事長を務めた「安田伊左衛門」に由来する【安田記念】。第68回を迎える2018年の日程は6月3日(日)!みんなの勝ち馬予想アンケートを見て、レースの参考にしてみて下さい!(クイズは第1回~第67回までの結果から出題)
G1競馬2017【安田記念】みんなの『事前予想』で勝ち馬を当てろ!~過去データを振り返るクイズ付~

G1競馬2017【安田記念】みんなの『事前予想』で勝ち馬を当てろ!~過去データを振り返るクイズ付~

春、東京開催で行われるG1レースの最後を飾る【安田記念】!第67回を迎える2017年の日程は6月4日(日)。みんなの勝ち馬予想アンケートを見て、レースの参考にしてみて下さい!
大種牡馬・サンデーサイレンスの初年度産駒、幻の3冠馬・フジキセキ

大種牡馬・サンデーサイレンスの初年度産駒、幻の3冠馬・フジキセキ

サンデーサイレンス。この馬の名は競馬をよく知らない人でも1度は聞いたことがあるのではないだろうか。日本の競馬を変えた偉大なる種牡馬・サンデーサイレンス。その初年度産駒に「フジキセキ」という名の馬がいる。ディープインパクトと並びサンデーサイレンスの最高傑作といわれる名馬である。今回はそんなフジキセキをご紹介します。
concorde | 151 view
ダイイチルビー “華麗なる一族”のラストガールは希代の名牝となった

ダイイチルビー “華麗なる一族”のラストガールは希代の名牝となった

ダイイチルビーは、1990年~1991年に大活躍した人気の牝馬です。今でこそ古馬牝馬の混合のG1勝ちは当たり前ですが、90年代初頭の安田記念、スプリンターズステークスの勝利はかなりセンセーショナルでした。1991年のJRA賞最優秀5歳以上牝馬およびJRA賞最優秀スプリンターを獲得したのも当然の結果だと思います。戦績 国内:18戦6勝  総賞金 43171.2万円
S nobo | 400 view
颯爽と風のようにターフを駆け抜けたマイルの女王!ノースフライト

颯爽と風のようにターフを駆け抜けたマイルの女王!ノースフライト

みなさんは「ノースフライト」という牝馬をご存知だろうか?彼女の競争生活はわずか1年半。クラシック戦線の真っ只中にひっそりとデビューし、颯爽とターフを駆け抜けたマイルの女王。今回はそんなマイルの女王・ノースフライトをご紹介したいと思います。
concorde | 181 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト