”描いて行動すれば叶う”いくつもの人生を経験したかった少女が歩み続ける道は。【桜香純子さん】
2017年8月7日 更新

”描いて行動すれば叶う”いくつもの人生を経験したかった少女が歩み続ける道は。【桜香純子さん】

13歳という早さで”平成のキャンディーズを作る”オーディションに合格し芸能界デビューした「河田純子」。1988年、中学2年で単身上京した彼女は芸能界で10代を過ごした後、会社勤めの傍ら勉強に勤しむ20代を。30代からは美容、健康と心理の世界へ転身して実業家へ。およそ非連続に映るチャレンジ人生、けれどその裏には一貫した想いがある。そんな想いを”描いて行動して叶えてきた”桜香純子さんにお話を伺った。

3,212 view
1980年代、綺羅星のごとく登場したアイドル。

狭き門を超えて芸能界デビューしても、そのまま芸能界で栄光を手にする人はごく僅か。
大半は人知れずその舞台から去って行っただろう。

しかし、挑戦する人の数だけストーリーは存在する。
なかには芸能界という舞台に留まらず、自身の志したフィールドにチャレンジして輝きを増し続ける人も。

今回は10代でアイドルとして芸能界デビュー、20代ではOLの傍ら将来のために学び、30代から再びご自身の夢を追いかける、桜香純子さんにお話を伺った。

”人生をいくつも生きてみたい”想いを描き行動する桜香純子さん

1988年にフジテレビとソニー、集英社が合同で開いた「平成のキャンディーズを作る」オーディション。
これに見事合格し、13歳の春に秋田から単身上京して芸能界デビューしたのが桜香純子さん(当時、河田純子)だ。
桜香純子さん

桜香純子さん

美容カウンセラー、心理コンサルタント。
秋田県出身。
中学2年生の時にCBSソニー(当時)より歌手デビュー。
シングルCD・アルバム・エッセイ集・写真集など多数発売。
1989年にクリスマス限定企画で中山忍、田山真美子とアイドルユニット「楽天使」を結成。
20歳で芸能界を引退し、その後9年間の会社勤務を経た後、美容と健康と心理の世界へ転身。
2009年に内面と外面から女性の美と健康と幸せをサポートする『サロン・ド・エンジェル・エンジェル』を都内でオープン。
現在はサロン経営、メンタルカウンセラー養成、商品開発、講演活動の他、ケニアでの美容・健康・スクール事業にも携わる。
10代で芸能界という夢を叶えた後、20代、30代、40代も変わらず自身の想いを形にし続ける彼女。
一見すると非連続にも映るチャレンジ人生、けれど一貫して変わらない想いで歩み続ける桜香さんに、ミドルエッジ編集部(ミド編)はお話を聞く機会をいただくことが出来た。

中学2年で秋田から単身上京!芸能界を志したきっかけは何でしたか?

芸能界を志したのは“様々な人生を経験したい”と思ったことがきっかけでした。小学4~5年生の頃「このまま秋田で生きる人生を選んだら一つの人生しか生きられないなぁ・・・」と考えていたところ、「役者になったら、色々な人の人生を生きられる!」と思ったんです。それで芸能界を志しました。
幼いころはままごと遊びに木登りや虫遊び、テレビドラマを観るのも好きだった桜香さん。
何でも自由に主体的に決めさせてくれたご両親の元で子供のころから「早く結婚して子供が欲しい」「何かの面倒を見たい」と思う、少しマセた一面もあったそうです。

やがて「色々な人の人生を生きたい!経験したい!」と思うようになった彼女は芸能界を志し、中学生になってオーディションを受け始めます。
当時は「国民的美少女コンテスト」など、オーディションブームでした。私も地元や東京でオーディションを受けて、書類審査で落ちたこともありましたけど、全国大会で2位に選ばれたことが2回ありました。

ただ、なかなか1位にはなれなくて・・・“もう1回だけ”と最後に受けたのがフジテレビとソニーと集英社の合同オーディションでした。裕福な家庭ではまったくなかったので、そう何度も東京へオーディションを受けに行けませんから。母に「これが最後だよ」と言われて受けたオーディションでしたね。
「平成のキャンディーズを作る」という3人組を募集したオーディションは結果として桜香さん一人が見事合格。
中学2年5月に単身上京してソニーの寮に入り、10ヶ月間のレッスンを経ての歌手デビューでした。

”アイドルの氷河期”と呼ばれた時代をストイックに過ごす

実は、初仕事はデビュー前で、テレビCMに出演しました。AIWAのシュトラッサーというミニコンポのCMで、米米クラブさんがCMソングを歌われてたんですけど…AIWAご存知ですよね??今はないんでしたっけ!?

あとはレッスンしたり、雑誌の撮影をしたり、志村けんさんの『だいじょうぶだぁ』に出たりとかもしていました。私が受けたオーディションがフジテレビの『志村けんのだいじょうぶだぁ』、集英社の「DUNK」というアイドル雑誌、それとソニーの合同オーディションだったので。審査員には志村けんさんや当時ヒットメーカーの後藤次利さんもいらっしゃって。

私のデビュー曲から3曲目までは後藤次利さんが作ってくれましたし、デビュー前に『志村けんのだいじょうぶだぁ』で“だいじょうぶだぁギャルズ”もやっていました。デビューと同時に“だいじょうぶだぁギャルズ”は卒業になり、歌手活動がメインになりましたけど。
自身の中2を顧みて、なんだか気恥ずかしい気持ちになるミド編。
AIWAのミニコンポを母親にねだり、月曜夜8時の「だいじょうぶだぁ」にひたすら爆笑していたあの頃…

単身の寮生活だった桜香さんは当時、学校の授業が終わればすぐにレッスンか仕事。
ダンスや歌のレッスンをしたりで、あっという間にデビューという感じだったそうです。

デビューから20歳で芸能界を引退するまでの間、プライベートも仕事と考えていたという桜香さんは、10代をストイックに仕事に打ち込みました。

いまと違って「アイドル」はまるで別世界のことでした

今のような“会いに行けるアイドル”というのでは無かったですね。ただ、私がデビューした1989年は、俗に“アイドルの氷河期”と言われていて。それまで人気だった歌番組とかが直前にすべて無くなったり、アイドルには厳しい時代を迎えつつありました。

とはいえ、私は1989年デビュー組にしては恵まれた環境だったと思います。ソニーさんから売り出して頂いてCDも写真集も沢山出させて頂いて、ツアーも組んで頂いたりと本当に恵まれていたと思います。
デビューからの8年間を芸能界で活躍した桜香さんは、20歳のときに芸能界を引退。
その後、1年間のウェイトレス(アルバイト)を経てOLへと転身されます。
ファンへの想いがずっとあったという桜香さん

ファンへの想いがずっとあったという桜香さん

実は当時、事務所などの事情から正式な引退発表はできていなくて、ファンの方たちから見ると“急に純ちゃんが芸能界からいなくなった”という感じで、心配をかけた部分もあって申し訳ない気持ちをずっと持っていました。
2006年に復活ライブを1回だけ実施して、その時にファンの方々が全国からやって来てくれて、その時に「あの時はごめんなさい、今までありがとう」と初めて言えて、ようやく引退というか、区切りになりました。

「青春時代」だった20代、再び想いを形にし始めた30代

芸能界を辞めてから最初の1年間はウェイトレスをやって、その次は事務作業がとにかく好きだったので、“OLをやりたい”と思って20代はOLをしていました。20歳からが私の青春時代かもしれません。OLの同僚とランチに行ったり、いわゆる普通の楽しいことをたくさん経験しました。

そして、30歳になったら本当にやりたいことをやろうと考えて、20代の頃から色々勉強し始めて、心理カウンセラーを目指して準備をはじめました。30歳になって今の世界に入ったんです。
「10年間の事務作業は意外ですね」

ミド編は思わず、そう口にしてしまいました。
多忙を極めた芸能界を強い意志で過ごされてきたイメージからすると「事務」という言葉が、なんだかとても退屈に感じるような気がしたのです。
それも人生経験として活きています。まだパソコンがないワープロの時代からはじめて、小さな会社でしたが最後は中間管理職までやらせていただいて会社全体を見ていたので、色々な勉強が出来ました。

志したのは「心理カウンセラー」

ただ、いきなり心理カウンセラーと名乗ったところで、急に「あなたの悩み聞きますよ」だけではなく、何か別の窓口もあった方がよいと考えて足裏マッサージとアーユルヴェーダというインドの伝承医学の勉強を始めた桜香さん。

並行してカウンセリングの勉強を進める中で、特に女性が輝くために大切なことが「心」「美容」「健康」の3つと考え、次はエステサロンで修行することとなりました。
結果として、カウンセラーは“いくつもの人生を経験したい...

結果として、カウンセラーは“いくつもの人生を経験したい”という想いを叶える職だったという桜香さん

子供の頃から“何個も人生を生きたい”と思っていたお話しをしましたが、カウンセラーって毎回色々な人の人生を一緒に生きているようなものなんです。カウンセリングをすることで、その人の人生に寄り添い、同じ思いを共有して、より良い人生のために背中をそっと押させていただくこと。
「私が本当にやりたかったことはコレだったんだ!」ということに気付きました。
自分がこうブラウン管の前に立って、カメラの前でお芝居することではなく、本当に色んな経験をしたいということが、今まさに日々やっていることで、だから今やっているお仕事が本当に幸せなんです。
芸能界でストイックに励んだ10代を経て20代のOL時代。
しかしここでも、30歳から本当にやりたいことが出来るための準備に余念がなかった桜香さん。

人並な表現かもしれませんが「芯の強さ」を感じずにはいられません。
30歳になったら本当に好きなことをはじめようって20代の頃から思っていたのでブレなかったですね…。ちなみに合コンは一回も行ったことありません。そんな大人あまりいないかもしれないんですけど(笑)

心配する人や反対する人、誘惑もきっとあったと思うんですけど、全然気にしなかったですね。この人はこう言っているけど私は私、という信じる何かがあったんだと思います。

小さい頃から自分で旗を立てたことに向って・・・で、また旗を立てて向って、という小さな成功体験を積んでいきました。そうはいっても芸能界時代にダイエットが上手くいかなくてスランプに陥ったりとか、正直芸能界自体は売れなかったので、私のことは“知ってる人は知ってる”みたいな感じだったので、そんなに期待に応えられてないな、とか苦しんだり葛藤はありました。けれども揺るがない何かがあったのだと思います。

「時間は未来からはじまる」?

「元アイドル」であることより、それも含めて幼き日の想いをそのままストレートに叶えるために行動する人生。

そんな桜香さんの人生観は、もしかすると現代を生きる私たち誰もにとってヒントとなる言葉な気がします。
主人と33歳で出会って、35歳で結婚するのも運命だったと思います。結婚して私の人生は始まる、と小さい頃から私は漠然と思っていたので。で、結婚できて、小さな頃からの大きな夢が叶いましたので個人的な夢はなくなったんです。残りの夢は世界平和、今の唯一の夢です。世界中のみんながハッピーになること。何より人として最低限の暮らしができて平和に暮らせること。世界の現実は厳しいと思いますが、それでもいつかその日がくることを信じています。

普段私は、時間は未来から始まるものだとお伝えしています。普通は、過去-現在-未来って、過去の経験が今になって、それが未来になるって考えると思うんですけれども。でも最初に人は描いた未来から来て、それを行動することで現在になって、過ぎれば過去になる、という考え方。

例えば「今日お寿司を食べたいなぁ」って思う=それが未来ですよね。実際にお寿司屋さんに行って食べてます=それが現在になって、お寿司屋さんを出る=それが過去になるんですよね。「お風呂上りに喉が渇いたので何か飲みたいなぁ」って未来を描いて、冷蔵庫の中のお水を実際に飲んでると現在になって、飲み終わったら過去になる。全部そうやって流れているのが人生なんですよね。『受験』もそうですよね、『明日何着ていこう』もそうですよね。

「だからまず未来を描きましょう」

「信じれば叶う」ともちょっと異なるのです。
桜香さんご自身の言葉を、読んでいただきたいところです。
”描いて行動すれば叶う”

”描いて行動すれば叶う”

“描く”と“行動”は必ずセットです。描かないで受験しようと思う人はいないですし、就職活動もそうですよね。就職活動しようって決めて、スーツを買ったり挨拶の練習をしたりと行動します。それで当日を迎えます。ちゃんとそのための準備と行動をすれば“今”になるし、過ぎれば“過去”になるんです。それが全てで、そうすれば皆さんが色んなことが変わっていきやすいと思います。
人は悩んだり失敗したことだけは描けないんです、自分のいいようには。でも、例えば“来週旅行に行く”ことを先に決めて準備をしていけばそれは全てできているのに、失敗したことだけは過去から持ってきてしまう。そうすると未来が描けないんですよね。失敗ばっかり。なので、時間というのは「未来~現在~過去」って流れてるんですよ、と伝えているんです。
どうしても過去の失敗に引きずられている人は、未来から持ってくるということをクセづけていけば、誰でも変われるんですよね。

もう一つ、人には生まれてくる前にストーリーがあって、だから人って夢を見るんだと思っているんです。昔は“描いたから叶う”と思っていました。矛盾するようですけど、そもそも決めていないことは夢に見ないと思っています。だから、全部叶っているんだ、というのも思っていて。だから私はあまり高望みもしないんですよね。自分にとってありえない夢は見ていなくて。自分の人生を見た時に、生まれた時に全て決まっていて、叶うことを夢見て夢を見るから頑張れる、っていうのが人生だと思うんです。

例えば20代とか30代で安全な道を選んでしまったり、本当はやりたくないけれどもみたいな人も多いじゃないですか。その人達にとってはこの考え方はわかりやすく、動きやすいと思います。
もしかしたら考え方ひとつなのかもしれません。

しかし、往々にして40代や50代ともなると「過去の経験」が思考を支配することは当たり前のようになっている気がします(少なくともミド編はそうです…)。

そんなとき、桜香さんのこの言葉は思わず「みなさんにも目を通していただきたい!」なんて気にさせられる言葉でした。

そんな桜香さん、2009年に内面と外面から女性の美と健康と幸せをサポートする『サロン・ド・エンジェル・エンジェル』をオープンしてからはサロン経営、メンタルカウンセラー養成、商品開発、出版、講演活動と実に幅広く活躍なさっています。
ところで「主人と33歳で出会って、35歳で結婚する」とありました。桜香さんのご主人は元格闘家の大山峻護選手です。先日、ミド編も取材の機会を頂戴しました。
結婚して人生がスタートするって子どもの頃から漠然と思っていましたが、実際主人と出逢って結婚してからはグンと広がったし、速くなったと思います。主人も主人でそうだと思うんですけど。
そう語ってくださった桜香さん。
「そもそもお二人の出会いは?」と、つい質問してしまうミド編。。。
58 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

【楳図かずお】「おろち」人間の心の機微を描いた異色のホラー作品!【わたしはおろち】

【楳図かずお】「おろち」人間の心の機微を描いた異色のホラー作品!【わたしはおろち】

楳図かずお先生作「おろち」。楳図先生といえばホラー・ギャグ・SF…などと多種に渡り作品を発表された漫画界の巨匠ですが、「おろち」では人間の特に家族間でおこる細やかな感情や歪みを丁寧に描いています。どのような作品かまとめました。
成瀬梨々 | 9,787 view
【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーテ...

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 115,443 view
「あいのり」が配信番組で年内に復活!ラブワゴンのメンバー募集がスタート!!

「あいのり」が配信番組で年内に復活!ラブワゴンのメンバー募集がスタート!!

フジテレビで1999年10月から2009年3月まで放送された人気番組『恋愛観察バラエティーあいのり』が、「FOD(フジテレビオンデマンド)」と「Netflix(ネットフリックス)」で、配信番組「あいのり REBOOT」(仮)として復活することがわかった。
red | 883 view
「ひみつのアッコちゃん」を現代風にリメイク!『ひみつのアッコちゃんμ』がWebコミックで連載を開始!!

「ひみつのアッコちゃん」を現代風にリメイク!『ひみつのアッコちゃんμ』がWebコミックで連載を開始!!

赤塚不二夫原作による少女マンガ「ひみつのアッコちゃん」を現代風にリメイクした「ひみつのアッコちゃんμ(ミュー)」のWebコミックが、本日より連載配信をスタートさせた。毎月1回、第3金曜日に無料で配信される。
red | 1,188 view

関連する記事こんな記事も人気です♪

あの人今何してる!?西田ひかる、高岡早紀らと同期の『北岡夢子』編!!

あの人今何してる!?西田ひかる、高岡早紀らと同期の『北岡夢子』編!!

多分ミドル世代の方ならご存知だと思います、1988年にアイドル歌手としてデビューされ同期には西田ひかる、高岡早紀、田中律子、藤谷美紀、さんなどのがいる北岡夢子さん、やはり全然見かけなくなったので気になり追ってみました。
ギャング | 2,994 view
あの人今何してる!?『山田まりや』編!!

あの人今何してる!?『山田まりや』編!!

1996年にグラビアアイドルとしてデビューされた山田まりあさん明るく好奇心旺盛なキャラクターと、鋭いツッコミや歯に衣着せぬ発言が得意で一時期はバラエティー番組に欠かせない存在でした、最近メディアの出演が減り気になったので追ってみました。
ギャング | 6,414 view
AV女優に転向して「成功した!」または「失敗した↓」アイドルやタレントといえば?

AV女優に転向して「成功した!」または「失敗した↓」アイドルやタレントといえば?

一昔前はヌード写真集を発売するだけで一大ニュースになっていましたが、芸能人がAV女優に転向する事も最近では珍しくなくなりました。芸能界にいた頃はあまり活躍できなかった人も、AV界で輝かしい活躍をされている方や、AV界へ進出してもイマイチな方など様々。そんなAV界に転向した元アイドル・タレントさんについて語りましょう!
あの人今何してる!?『堀越のり』編!!

あの人今何してる!?『堀越のり』編!!

当時ホリプロの「第2回夏のお嬢さんコンテスト」でグランプリを獲得して1998年芸能界入りを果たしバラエティ番組を中心に活躍されていました、いつしか見かけなくなり気になったので勝手に調べてみました。
ギャング | 11,154 view
【男性アイドル限定】好きだったアイドルは誰ですか?思いつくままに名前をコメントしよう!

【男性アイドル限定】好きだったアイドルは誰ですか?思いつくままに名前をコメントしよう!

男性アイドル限定!昔好きだった(今でも好きな)アイドルは誰ですか?とにかく何も考えず、アイドルの名前をコメントし合いましょう!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト