エッ!マジで?元アイドルだったんだ~と言う芸能人の方々!!
2020年8月21日 更新

エッ!マジで?元アイドルだったんだ~と言う芸能人の方々!!

俳優・女優さん・実力ミュージシャンの中には、かつてアイドルとして活躍していたと知って驚く方々がいます。そんな元アイドルの方々をまとめてみました。

20,111 view

三浦大知

 (2219231)

別名 DAICHI、三浦大地 (Folder時代の名義)
生誕 1987年8月24日(32歳)
出身地 沖縄県
ジャンル R&B
ポップ
ダンス
職業 歌手
ダンサー
振付師
エンターテイナー
活動期間 1997年 -
「Folder」	 パラシューター

「Folder」 パラシューター

三浦さんは、1997年に「Folder」の一員として芸能活動を開始されています。

9歳でメインボーカル「DAICHI」としてシングル「パラシューター」を発売して『ポンキッキーズ』にレギュラー出演。

以後「三浦大知」として「Big_heart〜ミクロマンのテーマ〜」などのソロシングルを発売。

因みに、メンバーは、AKINA(宮里明那、1985年6月19日(35歳))
ARISA(仲間愛里紗、1984年8月21日(35歳))
HIKARI(満島ひかり、1985年11月30日(34歳))
NATSU(阿嘉奈津、1984年8月11日(35歳))
MOE(石原萌、1986年5月23日(34歳))
JOE(仲間丈、1985年9月4日(34歳))が、いました。

中山美穂

 (2219284)

生年月日 1970年3月1日(50歳)
出身地 東京都小金井市(長野県佐久市生まれ)
職業 女優、歌手
ジャンル 女優:映画、テレビドラマ
歌手:アイドル歌謡曲、J-POP
活動期間 1982年 -
中山美穂■生意気/「U」

中山美穂■生意気/「U」

1982年、小金井市立緑中学校1年生の時に原宿でスカウトされ芸能界入りされています。

1985年1月、TBS系ドラマ『毎度おさわがせします』のツッパリ少女・のどか役で女優デビューする一方で、アイドル歌手としても活動されています。

1985年10月1日発売「生意気」
1985年12月5日発売「BE-BOP-HIGHSCHOOL」
1986年7月15日発売「JINGI・愛してもらいます」
1986年8月21日発売「ツイてるねノッてるね」
1986年11月21日発売「WAKU WAKUさせて」
等々全てオリコンベスト10入りさせていました💦

反町隆史

 (2219288)

本名 野口 隆史(のぐち たかし)
生年月日 1973年12月19日(46歳)
出生地 日本 埼玉県浦和市(現・さいたま市南区)
職業 俳優・歌手・ファッションモデル
ジャンル テレビドラマ・映画・CM
活動期間 1988年 - 1990年
1994年 -
左側が、反町さん。
デビュー当初はジャニーズ事務所に所属しており、平家派のメンバーとして光GENJIのバックダンサーを務めていました。

当時、中学3年生であった反町さんは、本名の野口隆史で芸能活動をされていましta.

持田香織

持田香織(左)と伊藤一朗(右)

持田香織(左)と伊藤一朗(右)

出生名 持田 香織
別名 持田 かおり
生誕 1978年3月24日(42歳)
出身地 東京都江東区亀戸
活動期間 1985年 -
黒BUTAオールスターズ

黒BUTAオールスターズ

68 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 📺♪ 2020/9/2 13:48

    元は”IDOL”は「偶像」ということで
    揶揄されていたものです 22歳くらいには「売れ残り」と
    一過性で終わると思われたのでしょう

    アイトルゥ 2020/9/1 21:28

    この記事を書いたのは明らかに当時を知らない「にわかライター」さんですね。20代前半~30代前半だと予想します。他の方がコメントしているように中山美穂は、工藤静香・南野陽子・浅香唯と共にアイドル四天王と呼ばれていたくらい普通に売れてた。斉藤由貴や勝俣州和、三浦大知なんかもテレビで散々アイドルだったことは紹介されているし、アイドル時代の映像や曲もそこそこ知られている。その他のタレントはそもそも最初からB級・C級レベルのアイドルまたはグループの一員だったので知らない人が多くて当然。今の地下アイドルのポジションに近かったからね。

    バーボン 2020/8/21 05:28

    たいして売れなかったり
    グループの一員ならば
    知らなくても変じゃないけど
    斉藤由貴や中山美穂なんかは
    歌手として普通に売れてたし
    元アイドルだったのを知らない方が
    逆に不思議。
    書いてるライターが微妙に若い人?
    まぁそれも時代かな?
    でも"ミドルエッジ"なら
    知らない人はいないでしょ。

    すべてのコメントを見る (3)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

杉本彩、宇多田ヒカル、レディー・ガガ…著名人の恋愛に関する名言5選!

杉本彩、宇多田ヒカル、レディー・ガガ…著名人の恋愛に関する名言5選!

何かと気になる著名人の恋愛遍歴。時には恋愛絡みでワイドショーを騒がせる人も大勢いますよね。この記事では、著名人の恋愛観がわかる発言のうち、印象的なものを5つご紹介したいと思います。
女優・高岡早紀(47)、愛娘が選んだ水着を着用した「アラフィフビキニショット」を公開!!

女優・高岡早紀(47)、愛娘が選んだ水着を着用した「アラフィフビキニショット」を公開!!

80年代から90年代にかけてアイドルとして活動し、現在は女優として活躍する高岡早紀(47)が、自身のインスタグラムにてセクシーなビキニショットを披露し話題となっています。
隣人速報 | 46,186 view
浅香唯(50)がライザップに挑戦!果たして結果にコミットすることは出来たのか!?

浅香唯(50)がライザップに挑戦!果たして結果にコミットすることは出来たのか!?

浅香唯(50)が、このたび「RIZAP(ライザップ)」でダイエットに挑戦したことが明らかとなりました。果たして「結果にコミットする」ことは出来たのでしょうか?
隣人速報 | 33,437 view
ヤンマガの創刊40周年記念!最新号に雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されます!!

ヤンマガの創刊40周年記念!最新号に雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されます!!

漫画雑誌「週刊ヤングマガジン」がこのたび40周年を迎えたのを記念し、7月6日発売の最新号『週刊ヤングマガジン 32号』にて雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されています。
隣人速報 | 3,928 view
意外なタレントの親が芸能活動をしていた!「二世タレントの親」特集!!

意外なタレントの親が芸能活動をしていた!「二世タレントの親」特集!!

芸能界でたびたび話題となる「二世タレント」。近年では木村拓哉と工藤静香の娘などが話題となっていますが、それ以外にも、「実は二世タレント」という人は意外に多く存在します。この記事で何人かピックアップしてご紹介したいと思います。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト