大和和紀先生の名作!『ヨコハマ物語』をもう一度読みたい!
2020年6月4日 更新

大和和紀先生の名作!『ヨコハマ物語』をもう一度読みたい!

大和和紀先生といえば明治時代や大正時代の描写が素晴らしい漫画家さんの一人。その代表格といっても過言ではない『ヨコハマ物語』は何度読んでも飽きない名作でした!令和という新時代を迎えた今だからこそ!新時代を生きた2人の少女の物語『ヨコハマ物語』を振り返ってみましょう!

225 view

『ヨコハマ物語』について

ヨコハマ物語(8) (デザートコミックス) | 大和和紀 | 少女マンガ | Kindleストア | Amazon (2197173)

ヨコハマ物語は1981年から1983年に週刊少女フレンドにて掲載されていました。
作者は大和和紀先生です。単行本は全8巻。

舞台は明治初期。文明開化が進んでいる頃の横浜です。

横浜の大貿易商である叶屋へ奉公に来た卯野と叶屋の娘万里子の成長の物語。

卯野は両親を流行病で亡くし、身内はいません。
いっぽう万里子はお嬢様。

一見タイプの違う二人ですが気が強いところがあいまって仲良しになっていきます。

女性の権利が徐々に出来ていく中、世界へ飛び出していこうとする二人。
しかし自由な卯野と相反して横浜を離れられない万里子。

二人は初めてここで別の道を行くことになります。

万里子は毛嫌いしていた横浜の商人甲斐竜助と、卯野はずっと好きだった幼馴染の医師森太郎と結婚することになります。

でももともとは万里子と森太郎が想い合っていたりなんかでその辺の複雑な恋模様も楽しめます。

明治の動乱期に強く生きた女性二人の物語!

作者 大和和紀先生

大和和紀先生は1948年3月13日生まれ。
北海道札幌市出身です。

高校生から漫画を描き始めました。
旧姓である「一ノ関」から「一ノ関和紀」名義の作品もあります。

「大和」は実母の旧姓です。

1966年『週刊少女フレンド』にて「どろぼう天使」でデビューしました。
1977年には「はいからさんが通る」で第1回講談社漫画賞少女部門を受賞しました。

代表作には「はいからさんが通る」「アラミス’78」「あさきゆめみし」「N.Y.小町」「菩提樹」などをはじめとして多数あります。

大佛次郎記念館での展示会

横浜開港160周年を迎えた2019年には大佛次郎記念館にてヨコハマ物語の展示会も行われました。

ストーリーを振り返る!

万里子と卯野の出会い

ヨコハマ物語 夢草紙―明治編―(1) | Amebaマンガ (旧 読書のお時間です) (2197211)

流行病で両親を亡くし、故郷から離れ叶屋での奉公をすることになった卯野。
叶屋には同じ年の美しい万里子がいました。
最初は可憐にみえた万里子ですが実はとんだおてんば娘。
最初はとまどう卯野でしたがだんだんと意気投合する二人でした。

甲斐竜助

竜助は一代で甲斐貿易を起こしたやり手の社長。

少年時代に実は万里子に一目ぼれをしており、いつか万里子と結婚することを願っていたんですよね。

女遊びも激しく、金遣いも荒く、成り上がりな感じで最初は毛嫌いしていた万里子。

万里子の父の船が火事にあい、莫大な借金を抱えた時にその借金を肩代わりする代わりに万里子との結婚を実現。

当時万里子は幼馴染の森太郎が好きだったんですよね。多分森太郎も。

でもいつしか竜助を思うようになる万里子でした。

天野森太郎

 (2197522)

森太郎は万里子の幼馴染。
森太郎の祖母麗花さんと万里子は昔からの喧嘩友達。

森太郎は東京の医学部を卒業後、万里子と結婚の約束をしてアメリカへ留学しました。
しかしその間に万里子は家の借金を救うために竜助と結婚。

その後卯野がアメリカへ渡り、看護婦として森太郎のお手伝いをするうちに卯野の温かさに癒され二人は結婚しました。

森太郎のことが忘れられずアメリカへ行こうとする万里子

ヨコハマ物語 夢草紙―明治編―(4) | Amebaマンガ (旧 読書のお時間です) (2197578)

無理やり竜助と結婚させられた万里子。
密かにアメリカへ行く計画を卯野と立てていました。

でも結局その船は嵐に巻き込まれて難破。
万里子はアメリカへは行けず・・・

そして結局生まれ育った横浜から離れられない万里子の代わりに卯野がアメリカへ行くことになったんですよね。

ここが大きな運命の転換期だったのかな。

万里子の結婚を祝福する森太郎

ヨコハマ物語 夢草紙―明治編―(8) | Amebaマンガ (旧 読書のお時間です) (2197531)

卯野と結婚し帰国後、万里子に再会。

約束を破って結婚してしまった万里子はやっと森太郎と話ができました。

この時の卯野はドレスを着こなし、英語もペラペラでちんぴらみたいなのを追っ払ってかっこよかったんですよね~。

森太郎と卯野の帰国の理由

2人が帰国した理由に医療麻酔としての阿片の取り扱いがありました。

これをきっかけに森太郎と竜助がもめるんですよね。

多分竜助は森太郎と万里子の関係にまだいらついてたんじゃ?
あと万里子を奪った負い目などもあり。(もうその頃万里子は竜助を好きになっていたと思うんだけど)

意外と気の弱い竜助。

とにかく阿片の輸入に大反対の竜助。
でもそんな時に竜助が大怪我をし、森太郎が手術をすることに。

阿片を使いたくない竜助は麻酔なしで手術!

麻酔なしの処置の苦しみを経験して、阿片の輸入に許可がおりました。

叶 柊一郎

34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

30代からの保湿ケアは【エクストラリッチローション】温泉水から生まれた化粧品

30代からの保湿ケアは【エクストラリッチローション】温泉水から生まれた化粧品

エイジングケアへの実感を高める、美容液成分95.8%配合【エクストラリッチローション】30代を過ぎた年齢肌に、温泉水から生まれたエクストラリッチローションで集中ケア!
ぽっこりさんに嬉しい成分!『快調茶』でキレイもスッキリも手に入れよう!

ぽっこりさんに嬉しい成分!『快調茶』でキレイもスッキリも手に入れよう!

なんだかスッキリしない、ぽっこりが気になってきた、そんなお悩みがある方に『快調茶』が選ばれるポイントや女性に嬉しい成分などをお伝えします!
一条ゆかりさん『砂の城』――恋とは熱く切なく激しいもの……しかし、包(くる)むような思いの形を示した男の愛し方に迫りましょう。

一条ゆかりさん『砂の城』――恋とは熱く切なく激しいもの……しかし、包(くる)むような思いの形を示した男の愛し方に迫...

「恋とは?」「愛とは?」を痛切に問われる名作中名作の一条ゆかり先生の『砂の城』。静かに強烈に語り、問いを突きつけるその行方は……?その答えは一途にフランシスを想い続けているフェランの中にヒントが隠されているかもしれません!今回は彼をクローズアップしましょう!
me*me | 1,654 view
第3の生理用品!世界初の純国産の月経カップ【ROSE CUP】最大12時間までの使用が可能

第3の生理用品!世界初の純国産の月経カップ【ROSE CUP】最大12時間までの使用が可能

第3の生理用品を掲げるROSE CUP。全て日本の工場で作っている純メイドインジャパンの月経カップです。装着して最大12時間までの使用が可能。

関連する記事こんな記事も人気です♪

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
女の嫉妬はなぜこんなにややこしいの?――『あさきゆめみし』から解く、六条御息所の自己肯定の弱さからくる嫉妬に燃え尽きてしまった恋物語

女の嫉妬はなぜこんなにややこしいの?――『あさきゆめみし』から解く、六条御息所の自己肯定の弱さからくる嫉妬に燃え尽きてしまった恋物語

80年代の月刊誌『mimi』にてあざやかに展開された『あさきゆめみし』。六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)は年上の才女でしたね。教養深く筆も達筆で和歌もうまい。そんな気高い完璧な女性がなぜ年下の源氏の君に翻弄され挙句、自滅してしまったのでしょうか。そのわけを探っていきたいと思います。
me*me | 90 view
80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

「The・かぼちゃワイン」で有名な漫画家・三浦みつるが自身のTwitterにて、新作描きおろしである「バック・トゥ・The・かぼちゃワイン」をもって漫画家を引退することを発表しました。
隣人速報 | 11,683 view
80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

月刊少女漫画雑誌「りぼん」の創刊60周年を記念したイベント「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」が、2017年1月9日~3月31日までの期間限定で開催される。今回、80年代~90年代に連載された人気漫画が東京スカイツリーを彩る。
red | 2,448 view
【なな色マジック】ななつ数えて目を開けたら願いが叶う、菜々子のとっておきのおまじない。女子小学生を夢中にさせた殿堂入りの少女漫画です。

【なな色マジック】ななつ数えて目を開けたら願いが叶う、菜々子のとっておきのおまじない。女子小学生を夢中にさせた殿堂入りの少女漫画です。

1980年代のなかよしの中でも特に人気のあった作品です。次から次に出てくる超絶イケメン達が、全員ヒロイン菜々子に惚れます。モテモテモテまくりなのにちょっとお転婆、そして鈍感。泣いたらみんなが助けに来ちゃう。双子の姉は芸能人。少女漫画の王道といえる甘酸っぱい恋のエッセンスもたくさん詰まった素敵ストーリーです。
cyomo | 9,256 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト