アニメ『あらいぐまラスカル』の最終回ってどうだった?
2021年12月6日 更新

アニメ『あらいぐまラスカル』の最終回ってどうだった?

子供のときに観てたけど、最終回ってどんなだったっけ?そんな作品ってけっこうありますよね。そんな方のために、最終回のあらすじをお届けします。これであなたも思い出せるはず?『あらいぐまラスカル』はこんな感じでした。神様ありがとう、ぼくに友達をくれて!

585 view

『あらいぐまラスカル』

制作:日本アニメーション、フジテレビ
放送期間:1977年1月2日から1977年12月25日
放送時間:日曜19:30から20:00
放送局:フジテレビ系列
放送話数:全52話
主題歌:「ロックリバーへ」大杉久美子

スタッフ

監督:腰 繁男(最終回担当)ほか
脚本:宮崎晃(最終回担当)ほか
絵コンテ:池野文雄(最終回担当)ほか
レイアウト:坂井俊一
作画監督:桜井美知代(最終回担当)ほか
美術監督:井岡雅宏
音楽:渡辺岳夫

キャスト

スターリング:内海敏彦

ラスカル:野沢雅子

ウイラード:山内雅人

アリス:富永ミーナ
オスカー:鹿股裕司

クラリッサ:京田尚子

『あらいぐまラスカル』とは

20世紀前半のアメリカ・ウィスコンシン州の農村を舞台に、10歳の少年スターリング・ノースと彼が森でみつけて育てることになったあらいぐま「ラスカル」を通して、1年間の成長を描いた作品。

原作はアメリカの作家スターリング・ノースが1963年に発表した小説『はるかなるわがラスカル』。
本作は《世界名作劇場》の第3作目である。
はるかなるわがラスカル

はるかなるわがラスカル

ガッケン・ブックス サイエンスシリーズ(1964年)

『あらいぐまラスカル』の最終回

第52話「別れと出発の時」

小屋の板壁に、スターリングは自分の名前のイニシャルである「S.N.」と刻んだ。

自転車で、友達のアリスが棒付きキャンディーを持ってやって来た。

ラスカルが、スターリングのベッドの上でキャンディーを舐めている。アリスは部屋を見て言う。
アリス「本も机も何もかもなくなっちゃったわね。やっぱりスターリングはミルウォーキーへ行ってしまうのね」
明日スターリングは旅立つのだった。そしてラスカルと別れるのは今日だ。スターリングは、ひとりでラスカルをコシュコノング湖へ連れて行くと言い、アリスは途中のサンダース河までついて行くことにする。

アリスは新しいキャンディーをラスカルに与えた。
アリス「ラスカル!さあ、もっと食べなさい。おまえがコシュコノング湖の向こう岸で暮らすようになったら甘いキャンディーは一生食べられないかもしれないわよ」

出かけようとするふたり。父親のウィラードも、ラスカルにお別れを言う。
ウイラード「ありがとう。おまえはこの一年、スターリングの本当に良い友達友だったな」

自転車のカゴにラスカルを乗せて走っているスターリングと、それについて行くアリス。

スターリング(…ぼくがあんなに恐れていた日がとうとうやってきた。お父さんの言った通りラスカルは本当に仲の良い友達だった。その友達との別れの日が、とうとうやってきたんだ。そして別れたらもう二度と会うことはないだろう)

サンダース河に着いた。スターリングはカヌーを準備し、アリスがラスカルを乗せる。出発。

スターリング(…ラスカルがぼくとどうしても別れようとしなかったら?いや、ラスカルは大人になったんだ。ラスカルも檻の中の生活よりも、自然の中で自由に生きる道を選ぶだろう)
進むカヌー。

スターリング(…ロックリバーに出るとぼくはコシュコノング湖を目指して一生懸命漕いだ)

ラスカルにキャンディーを与えて休憩する。
スターリング(…おまえはずいぶん大きくなったな。ぼくがおまえと出会った時から比べると目方も13倍になった)

これまでのこと回想する。森へ帰そうとしたスリーレイクスでのことも。
スターリング(ラスカル、ラスカル!あの時おまえが戻ってきてくれて、ぼくはどんなにうれしかったか。だけど今日は…)
コシュコノング湖に到着。
スターリング「どうだ、いい所だろう?気に入ったかい?この辺りには、人間はめったに来ないから、おまえも安心して暮らせるぞ」
ラスカルにサンドイッチをあげる。
スターリング「いいかい?スリーレイクスの時みたいにぼくを追いかけるんじゃないぞ。おまえはここで生きていくのが、一番幸せなんだ」

スターリングは自分のサンドイッチもラスカルにあげた。
スターリング「聞いてくれ、ラスカル。ぼくだっておまえと別れたくないんだ。でも、おまえはもう一人前の大人だし、なんと言っても、自然の中で自由に暮らすのが一番いいんだ。
それに、お嫁さんをもらって子供を作れ。わかったか?ラスカル」

スターリング「そうだよ、お嫁さんだ。夜になれば、きっとおまえのお嫁さんになりたいっていうメスのあらいぐまがやってくると思うよ。だから暗くなるまで待とう。でも今日は満月だからそんなに暗くならないね。それまでふたりで話をしていようよ」
スターリングはラスカルを抱き上げる。ラスカルはスターリングの頬を撫でる。

夜。スターリングはカヌーを岸に近づけた。すると、あらいぐまの鳴き声が聞こえる。一匹のあらいぐまが姿を表した。
スターリング「あっ、あそこにいるぞ!あれがおまえのお嫁さんだ、ラスカル!」

ラスカルを呼んで鳴くあらいぐま。それに同じく鳴いてこたえるラスカル。振り返りスターリングを見る。
スターリング「いいんだよ、ラスカル。行っていいんだ。ぼくらの別れる時がとうとうきたんだ、ラスカル」

仲間とスターリングを交互に見ているラスカル。
スターリング「行っておまえの幸せをつかめ!行け!ラスカル!」
ラスカルはカヌーを降りて、湖岸へと泳ぎ始める。
スターリング「そうだ、それでいいんだ、ラスカル。さようなら、ラスカル。幸せになれ」

ラスカルは仲間のところにたどり着いた。
スターリング「さよなら、ラスカルーっ!達者で暮らせよーっ!」
カヌーを漕ぎはじめるスターリング。その離れて行く姿をラスカルが見つめている。

スターリング(…やっぱり涙が出てきた。ぼくはたまらない気持ちでラスカルとの最後の別れの場所から離れた)
次の日の朝。スターリングの家に友人のオスカーが、自転車でやってきた。しかし家には誰もいない。

スターリングはウイラードと犬のハウザーと共に、母エリザベスの墓前にいた。ウイラードは亡き妻に、スターリングがミルウォーキーへ行くこと、自分はビームストンの農場へ行くことを報告する。
ウイラード「それで、当分ふたりともここへは来られないかもしれない。さびしいだろうが我慢しておくれ、エリザベス」
スターリング「お母さん、ミルウォーキーで中学校に入ります。お父さんがいなくてもしっかり勉強します。都会の子なんかに負けません。それじゃあ、行ってまいります、お母さん」
ハウザーが2度ほえた。

街の中。子分ふたりとキャンディーをなめていたスラミーは、自転車に乗ったオスカーを見つけた。子分たちがオスカーを捕まえる。
オスカー「おい、どいてくれよ、俺は急いでるんだ」
スラミー「なあオスカー、教えてくれよ。スターリングはラスカルをどこへ放したんだ?」
何度かの問答のあと、ついにオスカーは教えた。
オスカー「コシュコノング湖の向こう岸だ。あそこの広い森の中で、今頃ラスカルは、自由に駆け回ってるだろうぜ」
スラミー「あんなところに放したのか…」
オスカー「ま、捕まえたかったら行ってみるんだな。あの森には熊もいるから、反対に食べられないように用心しろ。それじゃあなー!」
オスカーは駅へと向かう。

駅。アリスがやってきたオスカーに手を振る。スターリングを乗せた車もやってきた。
ウイラードが運転し、後ろにはハウザーも乗っている。
スターリング「オスカー!来てくれたのか!やあ、アリス!」

ホームのベンチに座っているスターリング。
オスカー「ミルウォーキーへ行ったら、新しい友だちができるだろうけど、
俺のことも、忘れないでくれよな」
スターリング「当たり前だ!忘れるもんか!」
アリス「あたしのこともね」
スターリング「もちろん!」
三人は手紙の約束をする。

ウイラードと、アリスのおばであるクラリッサも話をしている。
クラリッサ「あんたもさびしいだろ?スターリングと離ればなれになっちまうなんて。でもあの子は偉いよ。やっぱり男の子だねえ。ちっとも悲しそうな顔してないね」
ウイラード「我慢してるんでしょう、きっと」
世界名作劇場メモリアル音楽館『あらいぐまラスカル』

世界名作劇場メモリアル音楽館『あらいぐまラスカル』

『あらいぐまラスカル』の放送30周年(2007年時)記念盤
遠くから汽笛が聞こえてきた。アリスがぽつりと言う。
アリス「…汽車が故障しないかしら。汽車が故障して動かなくなれば、今日はミルウォーキーへ行けなくなるわ…」

スターリングを乗せた汽車はゆっくりと動き出した。汽車を追うオスカーとアリス。
オスカー「体に気をつけろ!」
アリス「お元気でね!スターリング」

窓から顔を出すスターリング。
スターリング「さよなら、お父さん!さよなら、クラリッサおばあさん!」

汽車の速度が上がり、オスカーとアリスは走り出す。
スターリング「見送りありがとう、オスカー!」
オスカー「体に気をつけろーっ!」
スターリング「さよなら、アリス!」
アリス「夏休みに会いましょうねーっ!」
汽車は走って行った。いつまでも手を振るオスカーとアリス。

窓の外の景色を見ているスターリング。

スターリング(ぼくはひとりで出発した。お父さんや友だちの親しい人たちと別れて、
ミルウォーキーでの新しい生活を始めるために出発した。この一年で、ぼくは確かにたくましくなった。これも、みんなのおかげだ。そして、ラスカル。おまえの力も大きかった。ラスカル、いつまでも元気で暮らせよ)
森の中、仲間のあらいぐまと並んで歩いているラスカル。立ち止まり振り返るが、再び歩き出す。

スターリング(みんな、いつまでもお元気で。また会いましょう。僕も元気で頑張ります、みなさん)
小さくなって去っていく汽車。汽笛。

その後の『あらいぐまラスカル』

いまだにキャラクターも含め人気が高い作品で、現在も様々な関連商品が発売されています。

『あらいぐまラスカル公式サイト』の「グッズ情報」によると、最近でもハンドソープ、ぬいぐるみ、卓上カレンダー、スマートフォンポーチなど多種多様なラインナップでした。

またLINEスタンプや、初音ミク等のキャラクターとのコラボもあります。

『ラスカル&キネコ映画祭』というものも聖跡桜ヶ丘の多摩川河川敷「一ノ宮公園」で開催されているようです。

ちなみに2021年東京オリンピック「スケートボード女子」で金メダルを取った西矢椛(13歳)と銅メダルを取った中山楓奈(16歳)がテレビ生出演の際に、競技の合間にふたりで『あらいぐまラスカル』の主題歌「ロックリバーへ」の話をしていたと明かしていました。
中山がCS放送「キッズステーション」で視聴していたそうです。

これによって『あらいぐまラスカル公式サイト』では「スケートボードに乗ったラスカルのイラスト」をTwitterに投稿。ふたりを祝福しました。
22 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「フランダースの犬」「母をたずねて三千里」などの最終回を特集した『世界名作劇場 感動の最終回!名作7選』が発売決定!

「フランダースの犬」「母をたずねて三千里」などの最終回を特集した『世界名作劇場 感動の最終回!名作7選』が発売決定!

ぴあ株式会社より、フランダースの犬、母をたずねて三千里などで有名な「世界名作劇場」を特集したDVD BOOK『世界名作劇場 感動の最終回!名作7選』の発売が決定しました。
隣人速報 | 1,144 view
「あらいぐまラスカル」が40周年!原宿にラスカルショップがオープン!!

「あらいぐまラスカル」が40周年!原宿にラスカルショップがオープン!!

「あらいぐまラスカル」が今年40周年を迎えたことを記念し、9月1日から10月1日までの期間限定で「原宿ラスカルショップ」がオープン!子供の頃にラスカルに慣れ親しんだ人なら要チェック!
隣人速報 | 890 view
今見てもカワイイ!!あらいぐまラスカルを覚えていますか?

今見てもカワイイ!!あらいぐまラスカルを覚えていますか?

モンストのCMで若い人たちにもおなじみ、あらいぐまラスカル。キャラクターは知っているけど、内容まではよく知らないという人が多いのではないでしょうか。ここではそんなラスカルについて詳しくご紹介します!
きゃとらん | 5,215 view
アニメ『サイボーグ009(第2作)』の最終回ってどうだった?

アニメ『サイボーグ009(第2作)』の最終回ってどうだった?

子供のときに観てたけど、最終回ってどんなだったっけ?そんな作品ってけっこうありますよね。そんな方のために、最終回のあらすじをお届けします。これであなたも思い出せるはず?『サイボーグ009(第2作)』はこんな感じでした。サイボーグ戦士、誰がために戦う!
こういち | 871 view
加藤綾菜(33)が夫・加藤茶(78)との結婚10周年ショットを披露!「志村けんとドリフの大爆笑物語」の配信もスタート!!

加藤綾菜(33)が夫・加藤茶(78)との結婚10周年ショットを披露!「志村けんとドリフの大爆笑物語」の配信もスタート!!

タレント・加藤綾菜(33)が自身のインスタグラムにて、夫である加藤茶(78)との結婚10周年を記念した2ショットを披露しました。またフジテレビ系で昨年12月27日にスペシャルドラマ「志村けんとドリフの大爆笑物語」が放送され、このたび同ドラマのFOD(フジテレビオンデマンド)での配信がスタートしました。
隣人速報 | 4,349 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト