「忘れろ、ジェイク、ここはチャイナタウンだ」、ハードボイルドのお手本といえる大傑作“チャイナタウン”
2017年5月24日 更新

「忘れろ、ジェイク、ここはチャイナタウンだ」、ハードボイルドのお手本といえる大傑作“チャイナタウン”

「忘れろ、ジェイク、ここはチャイナタウンだ」とは、映画“チャイナタウン”に出てくるセリフで、イギリスの「ガーディアン」紙が選んだ映画史上最高の「ラストの名セリフ」のベスト10に入っています。もっともこのセリフだけでは何のことやらさっぱり分かりませんが、映画の中で耳にするとグッと心に沁みること請け合いです。ハードボイルドならではのセリフ、そして登場人物のファッションも含めた雰囲気がたまらない大傑作です。

921 view

Chinatown

チャイナタウン

チャイナタウン

監督:ロマン・ポランスキー
脚本:ロバート・タウン
製作:ロバート・エヴァンス
出演者:ジャック・ニコルソン
    フェイ・ダナウェイ
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
撮影:ジョン・A・アロンゾ
編集:サム・オスティーン
配給:パラマウント映画
公開:1974年6月20日(アメリカ)
上映時間:131分
1974年に公開されたアメリカ映画「チャイナタウン」は、アカデミー脚本賞、ゴールデングローブ賞 作品賞、ゴールデングローブ賞 主演男優賞、ゴールデングローブ賞 監督賞、ゴールデングローブ賞 脚本賞を受賞したフィルム・ノワールの傑作です。

舞台は1930年代後半のカリフォルニア州ロサンゼルス。ハードボイルドには30年代、そしてロサンゼルスという街がよく似合います。
離婚問題を専門に扱う私立探偵がミステリアスな事件に巻き込まれてゆくという、まさにレイモンド・チャンドラーの小説を彷彿とさせる時代背景とストーリーです。

私立探偵ジェイク・ギテスを演じるのは、ジャック・ニコルソンです。
ジャック・ニコルソン

ジャック・ニコルソン

本名:John Joseph "Jack" Nicholson
生年月日:1937年4月22日
出生地:ニュージャージー州
国籍:アメリカ合衆国
活動期間:1958年~現在
ジャック・ニコルソンは今や押しも押されもせぬハリウッドを代表する名優ですが、本作出演当時は「イージー・ライダー」で注目されていたとはいえ、将来を期待された若手といったポジションです。

そして相手役を務めたのはフェイ・ダナウェイです。彼女も大女優としてのポジションを確立していますね。
フェイ・ダナウェイ

フェイ・ダナウェイ

本名:Dorothy Faye Dunaway
生年月日:1941年1月14日
出生地:アメリカ合衆国フロリダ州バスコム
国籍:アメリカ合衆国
活動期間:1962年~現在
まさにクールビューティーといった佇まいには惚れ惚れします。

Staff

監督はロマン・ポランスキーが務めています。
ロマン・ポランスキー

ロマン・ポランスキー

本名:Rajmund Roman Liebling
生年月日:1933年8月18日
出生地:フランス、パリ
国籍:ポーランドとフランスの二重国籍
「水の中のナイフ」、「ローズマリーの赤ちゃん」などで既に成功を収めていたロマン・ポランスキーでしたが、「ローズマリーの赤ちゃん」の翌年に女優であり妻でもあったシャロン・テートがカルト教団に襲われ惨殺されるという忌まわしい事件が起こりました。
このことによりロマン・ポランスキーはアメリカを去り活動拠点をヨーロッパに移します。「チャイナタウン」はロマン・ポランスキーのハリウッド復帰第一作になります。
そのためか、よほど気合が入っていたのでしょう。監督以外にもジェイク・ギテスの鼻を切るというアブない用心棒役として出演もしています。
 (1869853)

ナイフで鼻を切られるジェイク・ギテス
監督といえばもう1人、ジョン・ヒューストンが役者として、しかも悪役で出演しています。
ジョン・ヒューストン

ジョン・ヒューストン

本名:John Marcellus Huston
生年月日:1906年8月5日
没年月日:1987年8月28日(満81歳没)
出生地:ミズーリ州
国籍:アメリカ合衆国
ジョン・ヒューストン監督といえば、ハードボイルド映画の最高傑作ともいわれる「マルタの鷹」の演出で知られていますが、「チャイナタウン」への出演はロマン・ポランスキーがオマージュを捧げたのでしょう。
それにしても上手く使っています。はまり役です。
本作でアカデミー賞を受賞した脚本のロバート・タウンはもちろん素晴らしいのですが、スタッフの中では撮影を担当したジョン・A・アロンゾの仕事ぶりが目を引きます。「チャイナタウン」で第47回アカデミー撮影賞にノミネートされましたが、陰影のある美しい画面が印象的です。
 (1869890)

光と影のコントラストがなんとも美しいです。
音楽はジェリー・ゴールドスミスです。ジェリー・ゴールドスミスといえば、「猿の惑星」、「パピヨン」、「オーメン」、「エイリアン」、「スタートレック」に「ランボー/怒りの脱出」などなど数え上げるときりがないほど多くの映画音楽を担当している映画音楽界の巨人ですね。
「チャイナタウン」でも素晴らしく雰囲気のある音楽を披露しています。

チャイナタウン/ オーケストラ バージョン

Story

25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ゴーイン・バック・トゥ・チャイナ」の歌手 鹿取洋子さんは、実業家として活躍中

「ゴーイン・バック・トゥ・チャイナ」の歌手 鹿取洋子さんは、実業家として活躍中

松田聖子や田原俊彦と同じ1980年に「ゴーイン・バック・トゥ・チャイナ」で歌手デビューした鹿取洋子。モデル並に長身でスタイリッシュな彼女は、他のアイドルとは一線を画した都会的なイメージでした。歌手から女優活動、そして現在は、実業家として活躍している鹿取洋子さんについて。
アカデミー賞受賞を逃してしまった優秀傑作映画、あれこれ!!④

アカデミー賞受賞を逃してしまった優秀傑作映画、あれこれ!!④

アカデミー賞受賞を逃してしまった優秀傑作映画、あれこれ!!③では1970年頃までのアカデミー賞を受賞できなかった「名作・傑作」映画をご紹介したが、その続きを書こうと思う。さて、どんな作品があるのでしょうか!?

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト