まさに獲物を狙う鷹の末脚!!ブラックホーク
2016年11月25日 更新

まさに獲物を狙う鷹の末脚!!ブラックホーク

ブラックホークは90年代終わりから2000年代初めにかけて活躍した短距離馬である。 堅実だけど勝ちきれない、でも、馬券を買っている方からすると安心。 そして最後に上げた大金星、そんなブラックホークの戦績を振り返りたい。

658 view

デビューから重賞初制覇まで

ブラックホークのデビューは年明け3歳の1月、新馬戦を勝利するが
その後は堅実に走るものの思ったように成績が上がらず、4歳の春に
ようやく3連勝で重賞のダービー卿チャレンジトロフィーを制するのであった。
その後、安田記念に出走するもタイキシャトルの前に11着と初めて掲示板を
外す結果となり、この後、1年以上の休養を取ることとなる。
ブラックホーク : ダービー卿チャレンジトロフィー(ダービー卿CT)の歴代勝ち馬 - NAVER まとめ (1594918)

スプリント路線へ

復帰後も堅実に走り、スワンステークスをレコード勝ち、しかしマイルチャンピオンシップではエアジハードの前に3着と、またしてもG1の壁に阻まれる。転機となったのはスプリント路線に参戦した暮れのスプリンターズステークス、初重賞制覇を果たした横山典弘騎手とのコンビで見事に差し切り勝ち、G1のタイトルを手にする。以降、ブラックホークの主戦場はスプリント路線となる。

1999年12月19日(日) 5回中山6日 第33回 スプリンターズステークス(GI) サラ系4歳以上 1200m 芝・右 外 (国際)(指定) オープン 定量 天候:晴 芝:良 1番人気 5番アグネスワールド(武 豊) 2番人気 10番ブラックホーク(横山典弘) 3番人気 1番マサラッキ(藤田伸二) レース結果...
ブラックホーク - Google 検索 (1594879)

【訃報】ブラックホーク: 競馬茶論 ~サロン・ド・ケイバ~ (1594881)

善戦マン

G1を勝利したブラックホークだったが、その後はイマイチなレースが続き
2着3着はキープをするものの、勝ちきれない日々が続く、しかしながら
馬券を買っているファンからすれば、安心して見ていられる馬でもあった
何故なら、馬券圏内にはきっちりと来てくれるからである。
第45回 京王杯SC (1594884)

記念馬券 ブラックホーク(スプリンターズS) - 競馬ジャパン(今週も10万馬券:無料登録) (1594920)

安田記念制覇

勝ちきれなくとも善戦する。ブラックホークがそんなレースを続けて、1年以上経過していたが、ついに1着のゴールを手にする。そのレースがG1安田記念。2年連続で惨敗しているし、そもそもマイルは長いだろうと思われていたが、追い込み策で見事勝利。2着に人気薄のブレイクタイムが入り、馬連は10万円を超える配当となった。
そして、これが現役最後のレースとなった。

レース結果詳細 → http://db.netkeiba.com/race/200105030611/ 《 チャンネルTOP 》https://www.youtube.com/channel/UCVJ0GzG4l9Y-ASu5OODyZww 《 再生リスト一覧 》https://www.youtube.com/c...

種牡馬時代、その後

ブラックホークは産駒にクーヴェルチュール、チェレブリタと二頭の
重賞ウィナーを出したが、父を超える産駒は生まれず2015年に息を引き取った。
ブラックホークを訪ねて~ブリーダーズスタリオンステーション | 馬産地コラム | 競走馬のふるさと案内所 (1594921)

ライバル達

ブラックホークが活躍した1999年から2001年にかけてのスプリント路線は
アグネスワールド、キングヘイロー、トロットスター、ダイタクヤマトなど
群雄割拠の時代であった。その中でもブラックホークは安定した成績を残した。
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

同期はメジロマックイーン、記録よりも記憶に残る馬・メジロライアン

同期はメジロマックイーン、記録よりも記憶に残る馬・メジロライアン

クラシックの有力候補として常に人気を背負い続けてきた馬・メジロライアン。あと一歩というところでなかなかGIに手が届かない彼を応援するファンの数は同期のスターホース・メジロマックイーンより多かったかもしれません。今回はそんな記録よりも記憶に残る馬・メジロライアンをご紹介します。
concorde | 223 view
日本競馬史上初めてGIを勝利した騙馬・暴れん坊レガシーワールド

日本競馬史上初めてGIを勝利した騙馬・暴れん坊レガシーワールド

騙馬とは、気性が荒く人間の言うことを聞かないため去勢手術をされた牡馬のことを言います。レガシーワールドもそんな騙馬の1頭です。彼もまた気性が荒く、騎手を振り落としてしまうほどヤンチャでした。しかし、騙馬になってその才能が一気に開花します。今回はそんな暴れん坊・レガシーワールドをご紹介します。
concorde | 251 view
3度の難病を乗り越えつかんだ勲章!不屈のGI馬・オフサイドトラップ

3度の難病を乗り越えつかんだ勲章!不屈のGI馬・オフサイドトラップ

みなさんはオフサイドトラップという馬を覚えているでしょうか?8歳まで現役を続け、その間に3度の屈腱炎を克服し、不死鳥のようによみがえった馬でした。しかも8歳で重賞初勝利を挙げ、重賞連勝の勢いでGI・天皇賞(秋)まで制します。今回はそんな不屈の闘志を持ったGI馬・オフサイドトラップをご紹介します。
concorde | 234 view
秘めたるポテンシャルは計り知れず、母になっても輝き続けた1等星・ベガ

秘めたるポテンシャルは計り知れず、母になっても輝き続けた1等星・ベガ

1993年、クラシック戦線に突如現れたシンデレラガール。彼女は瞬く間に階段を駆け上がり頂点へと昇り詰めました。彼女の名はベガ。桜花賞とオークスを制し、牝馬クラシック2冠に輝いた名牝です。その競走生活はわずか1年半と短いものでしたが、競走馬としてだけでなく繁殖牝馬としてもそのポテンシャルは計り知れないものでした。今回はベガをご紹介します。
concorde | 296 view
遅咲きのサクラが府中の杜で満開に!末脚炸裂・サクラチトセオー

遅咲きのサクラが府中の杜で満開に!末脚炸裂・サクラチトセオー

遅咲きのサクラは6歳の秋、府中の杜で満開に咲き乱れました。同じトニービンを父に持つ同期のウイニングチケットほどのスター性はありませんでしたが、後方一気のその末脚に魅了された人は多かったのではないでしょうか。今回はそんなサクラチトセオーをご紹介します。
concorde | 135 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト