【ライオネル・リッチー】1980年代一世を風靡した全米ナンバーワン曲5選
2023年2月6日 更新

【ライオネル・リッチー】1980年代一世を風靡した全米ナンバーワン曲5選

ライオネル・リッチーは、1980年代に最も活躍した世界的アーティストの一人です。コモドアーズ脱退後にソロデビューを果たすと、いきなり大ヒット。その後売り出すシングルもことごとくヒットし、1980年代だけで5曲の全米ナンバーワンヒットを記録しました。今回は、そのナンバーワン曲5選をご紹介します。

291 view

コモドアーズからソロへ

ライオネル・リッチーは、1968年から10年以上、コモドアーズのリードボーカルとして活躍していました。1981年にダイアナ・ロスとのデュエットが実現すると、翌1982年、ソロに専念するため、コモドアーズを脱退します。ソロデビュー後は、アルバム、シングル共に大ヒットし、1980年代、約一年おきに5曲のナンバーワン曲が誕生しました。その全曲をご紹介します。

エンドレス・ラブ(1981年)

ライオネル・リッチーのソロ活動最初の曲となったのが、ダイアナ・ロスとのデュエット曲『エンドレス・ラブ』です。作詞・作曲・プロデュースはすべてライオネル・リッチーが手がけ、ブルック・シールズ主演の映画『エンドレス・ラブ』の主題歌として制作されました。

全米シングルチャートでは、1981年に9週連続ナンバーワンを獲得し、年間チャートでも2位に輝きました。ビルボード誌は後に、本曲を "史上最高のデュエット曲" と評しています。

1994年には、ルーサー・ヴァンドロス&マライア・キャリーが同曲をカバーし、全米2位を記録しています。

『エンドレス・ラブ』

トゥルーリー(1982年)

コモドアーズ脱退後、正真正銘のソロデビュー曲となったのが本曲『トゥルーリー』です。全米シングルチャートでは、1982年4週連続ナンバーワンを獲得し、年間チャートでは、集計期間の影響で、1983年の年間47位に終わっています。第25回グラミー賞では、最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞を受賞しました。

ミュージックビデオでは、彼のピアノ弾き語りが見られます。

『トゥルーリー』

本曲は、デビューアルバム『ライオネル・リッチー』に収録されています。同アルバムからは、『ユー・アー』(全米4位、年間29位)『マイ・ラヴ』(全米5位、年間73位)もシングル化されました。

『ユー・アー』

オール・ナイト・ロング(1983年)

デビューシングル、デビューアルバムが共に大ヒットすると、翌1983年、ライオネル・リッチーは、2作目のアルバム『キャント・スロー・ダウン』をリリースします。第一弾シングルの『オール・ナイト・ロング』は、全米シングルチャート4週連続ナンバーワンを獲得し、年間チャートでは、1984年の年間12位を記録しました。

アルバムもまた、全米ナンバーワンを獲得。59週連続でトップ10入りし、年間チャートでは、1984年の年間3位、1985年の年間22位と二年連続で上位ランク入りしています。第27回グラミー賞では、最優秀アルバム賞を受賞しました。

『オール・ナイト・ロング』

ハロー(出逢いの扉)(1984年)

アルバム『キャント・スロー・ダウン』からは、最終的に5曲がシングルカットされ、そのすべてがトップ10入りを果たしました。リリース順とランキングは次の通り。

オール・ナイト・ロング(4週連続1位、年間12位)
ランニング・ウィズ・ザ・ナイト(最高位7位、年間53位)
ハロー(出逢いの扉)(2週連続1位、年間7位)
スタック・オン・ユー(最高位3位、年間32位)
ペニー・ラバー(最高位8位、年間96位)

『ランニング・ウィズ・ザ・ナイト』

そして、アルバムからの2曲目のナンバーワンとなったのが『ハロー(出逢いの扉)』です。「Hello, is it me you're looking for?(やあ、君が探しているのは僕?)」というセリフが印象的で、ミュージックビデオでも、教師と生徒の恋愛ストーリーが見られます。

『ハロー(出逢いの扉)』

セイ・ユー、セイ・ミー(1985年)

1985年は、自身のソロ活動だけでなく、マイケル・ジャクソンと共に、USAフォー・アフリカの『ウィ・アー・ザ・ワールド』作詞・作曲するなど、最も活躍した一年でした。

そして、その年の秋にリリースした楽曲『セイ・ユー、セイ・ミー』が、全米シングルチャート4週連続ナンバーワンを獲得します。1986年の年間チャートでも2位に輝きました。映画『ホワイトナイツ/白夜』のサウンドトラックに収録されており、第58回アカデミー賞では、アカデミー歌曲賞を受賞しています。
23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【洋楽ヒットチャート】1980年代の10年間でアメリカで最もヒットした洋楽トップ10

【洋楽ヒットチャート】1980年代の10年間でアメリカで最もヒットした洋楽トップ10

アメリカのビルボード誌は、毎年の年間チャートに加え、10年ごとに「◯◯年代の10年間チャート」を発表しています。今回は、1980年代(1980年〜1989年)の10年間シングルチャートから上位10曲をご紹介します。アメリカで最もヒットした洋楽を10位からカウントダウンで見てみましょう。
izaiza347 | 580 view
名曲がいっぱい!80年代に流行った洋楽デュエット・ソング!

名曲がいっぱい!80年代に流行った洋楽デュエット・ソング!

80年代の洋楽ヒット・チャートを振り返ってみますと、デュエット・ソングが多くランクインしていることに気づきます。特に大物アーティスト同士だと話題性もバツグンで、皆さんも思わず口ずさんでしまうメロディーが多々あるのではないでしょうか?今回は、そんな思い出に残るデュエット・ナンバーをまとめてみました!
Gaffa | 65,092 view
【洋楽カバー】80年代は洋楽の日本語カバーがたくさん!オリジナルはどんな曲?第2弾!

【洋楽カバー】80年代は洋楽の日本語カバーがたくさん!オリジナルはどんな曲?第2弾!

日本のポピュラー音楽は、時代とともに多様化し、今日までに様々なジャンルが誕生しました。その一因とも言えるのが、洋楽の日本語カバー。今回は、1980年代のカバー曲ブームにフォーカスして、当時ヒットした洋楽カバーと、その元となった楽曲を8選ご紹介します。2022年の記事に続く第2弾です。
izaiza347 | 799 view
【洋楽編】愛すべきワン・ヒット・ワンダー(一発屋)のその他の曲をまとめてみた

【洋楽編】愛すべきワン・ヒット・ワンダー(一発屋)のその他の曲をまとめてみた

80年代・90年代を彩った個性豊かな愛すべきワン・ヒット・ワンダー(一発屋)の皆さん。それはまるで花火のように一瞬の出来事!今回はそんな彼らの特大ヒット以外のその他の楽曲に注目してみたいと思います。
mm | 667 view
トム・ソーヤの冒険が懐かしい!トムやハックと共に子供時代に戻ってみませんか?

トム・ソーヤの冒険が懐かしい!トムやハックと共に子供時代に戻ってみませんか?

1980年に放送された「トム・ソーヤの冒険」は、19世紀の開拓時代のアメリカの大自然を舞台に、少年トムソーヤがハックや仲間たちと共にワクワクするような冒険を繰り広げるというアニメでした。ハックが住む木の上の小屋に憧れた人も多かったのではないでしょうか。毎日が楽しかったあの頃、環境は違っても誰の胸にも仲間と過ごした子供時代は忘れられない思い出です。今回はそんな「トム・ソーヤの冒険」についてご紹介します。
そうすけ | 248 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト